このブログとの関連リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

鉄道コム

  • 鉄道コム

最近のトラックバック

お天気娘の天気予報

JR

2019年6月 9日 (日)

大阪環状線の201系運用終了にちなんで~わたしの撮影記録より~(後編)

前編の続きです。

_dsc0571


_dsc0580


2014(平成26)年2月、わたしは初めてJRゆめ咲線(桜島線)を訪ねてきました。
この日は「おかげさまでICOCA10周年」のラッピングを桜島駅で見ることができました。

_dsc0613


桜島駅で撮影した201系の車内。
体質改善工事施工後も原型の面影を残すのは、ステンレス製の乗降扉、吊り革と網棚くらいです。

_dsc0655


_dsc0696


ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の最寄り駅、ユニバーサルシティ駅に到着したハリーポッターのラッピング編成(上)、安治川口駅に進入する、西九条行き電車(下)。

Dsc_0269


Dsc_0284


「おかげさまで 環状運転50周年」記念のHMを掲出(上)。2014年4月6日に閉館した、交通科学博物館閉館をPRするHMを掲出(下)。(共に2014年3月 大阪駅にて)

Dsc_0963


「ユニバーサルワンダーランド」のラッピング編成。(2014年9月 大阪駅にて)
この編成には残念ながら、遭遇する機会はほとんどありませんでした・・・。

Dsc_1463


中にはこんな部分ラッピングも。
「2015年年賀はがき発売」をPRしたもの。(2014年12月 大阪駅にて)

Dsc_2503



Dsc_2503_1


ところ変わって京橋駅。
行先表示器はLED表示に。
環状線の路線記号を示す「O」と「大阪環状線」の文字。LED表示は、視認性抜群です。
ところで、環状線の路線記号はなぜ「O」になったのか。
あくまでも推測ですが、「環状線は路線が円形になっているから」でしょうか?(そのままですね(^^ゞ)。(2015年8月撮影)

Dsc_7131


寺田町駅に到着。(2016年12月撮影)

Dsc_7112


2014(平成26)年3月18日に環状線玉造駅前にオープンした商業施設、ビエラ玉造。わたしも遅ればせながら、前出の寺田町駅に向かう前に立ち寄ってみました。この日は103系とのコラボ撮影が主な目的でしたが、201系とのコラボも写しました。

Dsc_7405


Dsc_7426_


最後に紹介するのは、年が明けた2017(平成29)年1月にもう一度出向いたときの写真です。
103系や当時は「新鋭」だった323系のほか、201系を写したものを紹介します。

**************************************

以上、環状線を走る201系を駆け足で紹介してきました。
環状線の201系の運用終了をもって、同線の運用車両はすべて3ドア(323系、221系、223系、225系)となり、スムーズな乗降が実現する運びとなりました。
JR西の発表では、今後主要駅のホームドア設置を進めていくとのこと。
環状線のオレンジ色の201系の引退後、残る201系は、奇遇にも103系と同じウグイス色の201系(大和路線、おおさか東線ほか用)となりそうです。
国鉄時代に颯爽と登場した元祖「省エネ電車」、201系の活躍を見ることができるのもあとわずかかもしれません・・・。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

2019年6月 5日 (水)

大阪環状線の201系運用終了にちなんで~わたしの撮影記録より~(前編)

JR西のHPの発表によると、大阪環状線で2016年度から導入してきた新型車両323系の全車が投入を完了することとなり(くわしくはこちら(JR西のニュースリリース))、今月7日(金)をもって大阪環状線、JRゆめ咲線で運用されていたオレンジ色の201系は運用を終了することとなりました。
今回はそれにちなんで、大阪環状線とJRゆめ咲線(桜島線)で活躍してきた201系をわたしの拙い撮影記録から振り返ってみたいと思います。

Img_0001


大阪環状線(以下、環状線)で活躍してきた201系。以前はJR京都・神戸・宝塚線の普通電車(京阪神緩行線)にて7両編成で運転されていましたが、321系の導入により他線への転用が始まり、環状線を受け持つ森ノ宮電車区(当時)で2005(平成17)年12月より営業運転を開始し、同線の主だった103系を順次置き換えてゆきました。
なお、環状線への転入された車両は、すべて体質改善工事を施工した車両となりました。
画像はスカイブルーのまま運用についている車両です。
場所は大阪城公園駅のホームです。いつ頃の撮影かは記憶していませんが、おそらく2007年~頃と思われます。この時はどういうわけか(笑)、子どもが数人いました。

Img_0002


JRゆめ咲線直通列車の運用についた、201系(クハ201-120ほか8連)。
車体のラッピングですが原版を見ると「岡山デスティネーションキャンペーン(DC)」によるものでした。
JR西の車両へのラッピングは、この頃から始まったものだと思われます。

Img_0003


ところ変わって、桜ノ宮駅にて。
画像左側には桜の花が咲いているようにみえます。

Img_0004


こちらは当時の「新旧交代」をうかがわせる1枚。
転入間もないスカイブルーの201系(右)と「古参」クラスになる103系(クハ103-32ほか8連・左)の並び。
この頃は103系では先頭車の向かって前面窓の左下に車番を、201系ではスカートに標記されるようになり、わたしでも市販の車両編成表があれば、各車の編成番号がわかるようになりました。

Img_7668

Img_7651


前出の4枚の写真はフィルムによるものでした。
ここからはデジタルカメラでの撮影によるものです。
まずはこちら。
2012(平成23)年3月11日、京橋駅にて(上)、大阪駅にて(下)。
この頃になると車番がスカートから前面窓下に移っています。ただ、フォントは今のものと少し違って見えます。

Img_7556


表示幕が「京橋行き」の201系。
この編成では「大阪環状線50年」の記念HMを掲出しています。

 

Img_0926

Img_0927


弁天町駅にて撮影した201系(2012年5月26日撮影)。
この編成では先頭車前面の車番が前面窓左側とスカートの両方に標記されています。また、クーラーもオリジナルのAU75系から新型のものに交換されているように見えます。
下の写真を見ると、行先表示器が原型の「幕表示(JR西タイプ)」です。また、「弱冷車」をあらわすステッカーも1号車と2号車となっています(現在は2号車と7号車を弱冷車に設定)。

Img024


今回の記事を作成するにあたり、参考にさせて頂いた「鉄道ピクトリアル」(2006年4月号/No.774)(電気車研究会刊)です。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

2019年5月30日 (木)

きょうは久々に・・・

先月の21日のお話です。
阪神なんば線((阪神)尼崎-(近鉄)大阪難波間)が開業して今年の3月20日で開業10周年を迎えました。
同線が開業したことにより、阪神の三宮(現・神戸三宮)から近鉄奈良線の奈良(現・近鉄奈良)が一本の線路で結ばれることとなり、神戸~奈良間の交通アクセスが飛躍的に向上しました。
それを記念して、阪神と相互乗り入れ先の近鉄では、相互直通運転開始10周年記念グッズが発売されました。
遅ればせながらその情報を聞いたわたしは、グッズの在庫状況を事前に問い合わせして、近鉄の大阪上本町駅でわたしが欲しかったものが手に入ることが分かったので、出かけてきました。

Img_0628


往路は京阪で天満橋まで乗車し、OsakaMetro谷町線に乗換え、谷町九丁目で下車。
現在の谷町線の日中の列車はすべて大日-八尾南間の通し運転になり、御堂筋線ほどではないですが、着席のチャンスはあまり見込めません・・・。
また、谷町九丁目駅の発車時刻表の掲出は、画像のように交通局時代と変わらずです。
堺筋線でも以前、同じようなものを見た記憶があります。
あくまでも個人的な見解ですが、(OsakaMetroは)どうも路線や駅にによって、掲出物関係の種類や設置位置などにはバラつきがあるようです・・・。

Img_0629


久しぶりに来た、地下鉄谷町線・谷町九丁目駅から近鉄の大阪上本町駅までの連絡通路。
まだ人気は少なかったです。
前回(およそ5年前?)に来た時と比べ、幾分きれいに見えたのは気のせいでしょうか?

Img_0636

近鉄大阪線の乗り場がある大阪上本町駅で記念グッズを購入後、ふと大阪線のホームを見渡してみました。
最初の予定では往路と同じ谷町線を使うことにしていましたが、近鉄大阪線の電車に乗るのもご無沙汰で、俊徳道駅で下車すれば今年3月のJR西のダイヤ改正で新大阪まで全線開通したJRおおさか東線に乗って帰れることが分かったのでその経路に変更しました。

Img_0637


俊徳道駅は普通(各停)しか停車しないので、ちょうど発車待ちをしていたこの「五位堂行き」に乗ることにしました。
大阪線の普通列車では「高安行き」や「河内国分行き」は見たことがありますが、五位堂行きの列車を見たのは初めてでした。
さらに、着席した車内から別の列車の車両の種別行先表示幕が動くのが見えました。
「普通大和朝倉行き」というのは初めて見ました。
それにしても、表示幕が動いて、いろいろな表示を見ていると、思わず楽しくなっちゃいます(^^♪。
ちなみにわたしの地元を走る京阪バスでは、ついこの間まで行先表示が「字幕表示式」のバスが走っていましたが、主流となったLED表示式の新車が導入され姿を消してしまいました。

Img_0645


大阪上本町から電車に揺られること8分ほどで、俊徳道駅に到着します。
近鉄の駅から少し歩いたところにあるのが、JRおおさか東線のJR俊徳道駅です。
開業から10年経過しましたが、きれいな印象を受けます。
ちなみに、JR西の駅ではじめて駅名のあたまに「JR」が付いた駅は、大和路線の「JR難波駅」(旧駅名は湊町)になります。
わたしは、まだ訪れたことがありませんが・・・(^^ゞ。

Img_0651


赤い四角で囲ったところが、JRおおさか東線で今回開業した区間になります(放出(はなてん)-新大阪間)。
新大阪駅まで開業する以前は、大阪府における難読駅名のひとつ、放出(はなてん)駅まででした。
例として京阪線からおおさか東線に乗る場合は、京橋で学研都市線(片町線)に乗り換え、四条畷・木津方面へ2駅目の放出駅で乗り換えるようになっていました。
現在は京阪の野江駅から、今回新たにできた「JR野江駅」で徒歩連絡で乗り換えることができるので、全線開業前のような手間は省けるようになりました(ただし、京阪野江駅は普通しか停車せず、自動化された車内放送でも乗換えの案内はない)。
もちろん、新幹線利用などで新大阪駅、久宝寺駅で大和路線に乗換え、奈良方面へ向かうのも、便利になりました。

Img_0653


同線の普通列車用の201系がやってきました。2018(平成30)年までは103系も運用されていました(いずれも吹田総合車両所奈良支所所属)。また、このほかに同線を経由して大和路線の奈良駅と新大阪駅を結ぶ直通快速(207系および321系を使用)も運転されています(新大阪開業以前は、奈良駅から学研都市線とJR東西線経由で尼崎駅までの運転だった)。
電車の後ろに見える鉄橋は、近鉄大阪線の俊徳道駅(名古屋・伊勢方面側)に設けられたものです。

Img_0654


わたしが乗った車両では、窓ガラスにおおさか東線全線開業記念のシールが貼られていました。

Img_0656


JR野江駅の駅名標です。次の駅は城北公園通駅です。

Img_0657


高架のホーム下にあるコンコースです。

Img_0658


JR野江駅の駅舎です。
かつては貨物線と人道が併設していた淀川橋梁(赤川鉄橋。2013(平成25)年10月で閉鎖)を渡り、京阪の野江駅の大阪側に見える鉄橋はおおさか東線の全線開業により、おおさか東線の201系や直通快速の姿も見ることができます。

Img_0667


さて、今回購入したグッズですが・・・。
ミニミニ方向幕2個セット、ピンバッジ(近鉄 ver.)、クリアファイルの3点です。

Img_0683


この中で面白いのはやはり、このミニミニ方向幕だと思います。
阪神車両は9000系(LEDタイプ)、近鉄車両は5800系(方向幕タイプ)をモデルとしています。
表示例として「区準(区間準急)大和西大寺行き(阪神)」と「快急(快速急行)三宮行き(近鉄)」にセットしたものがこちらです。
各社の実車通り、側面の列車種別は略称となっています。

Img_0685


どちらもそれぞれ25種類の表示が可能で、どちらの商品もこんな表示が収録されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

2019年4月 7日 (日)

~JR西日本 鉄道むすめフェスタ2019~に参加しました(後編)

前編の続きです。
今回は、時空の広場にある吹き抜けから見たJR大阪駅ホームの様子を紹介します。



Img_0015



画像向かって右側から2番のりば(大阪環状線内回り)、3番・4番のりば(福知山線など)、5・6番のりば(JR神戸線、JR宝塚線)、7・8番のりば(JR京都線)となっています。


Img_0022

目線を少し上に。
向かって奥に見えるダイキン工業のイメージキャラ、ぴちょんくんです。
往路の環状線乗車の際、初めて目に留まりました。

 


Img_0023



各ホームにはホームドアや乗車位置などが標記されていて、数十年前とは装いをまったく異にしています。


Img_0130



2番のりばでは大阪環状線用車両の323系が発車、5番のりばには221系の快速電車、また4番・6番のりばにも電車が到着しています。
このように列車が次々とやってくるのを見ていると楽しいものだと思います。
親子連れにの方にはある意味良いスポットとなるのではないでしょうか。


Img_0133


目線を大阪環状線のホームへ。
221系の外回り列車が発車。
右奥に見える建物は梅田阪急ビル。その手前にはバスターミナル。
バスが所狭しと並んでいる様子がうかがえます。



Img_0134



1番のりば(環状線内回りホーム)に221系が入線。
その奥のバスターミナルにはカラフルなバスがたくさん並んでいます。



Img_0136



今度は5・6番のりばを見てみることに。
6番のりばとその向かいの7番のりばのホームには転落防止のためのホームドアが設置されています。
一方、5番のりばには5年ほど前にJRゆめ咲線(桜島線)の桜島駅ホームで見た昇降式ホーム柵らしきものが設置されています。


Img_0190


前編で紹介したイベントを終えたあと、もう一度見てみることに。
3番のりばに智頭急行の「スーパーはくと」のHOT7000系が到着するところです。


Img_0193


このあと、帰路へ着くため大阪環状線のホームへ。
201系電車が到着していたので、乗車することに。
JRブランド中心となった昨今、いわゆる旧国鉄型の部類に入る201系。
淡い緑色の乗務員室を見てみると、旧国鉄型の面影がそこかしこに散りばめられていました。
画像中央には「森ノ宮電車区」と書かれたものを見つけました。


Img_0195


現在の環状線の”顔”となった323系とすれ違いました。
運転台部分も旧国鉄時代とほとんど変わりません。


Img_0198



今度は「ユニバーサルワンダーランド」のラッピング編成(201系/LB06編成)とすれ違いました。

 


Img_0197



乗降扉周りは扉注意喚起のステッカーや小型の広告ステッカー、他社にもある扉案内標記プレート(〇号車〇番ドア)が貼ってあります。
ドア窓は金具押さえとなっていて、103系よりもすっきりとした印象を受けました。



Img_0199



わたしがこの時乗車したのは、「1号車」にあたるクハ200-137号車でした。



Img_0204


京橋駅にて下車し、発車するのを眺めてみることに。
乗車したクハ200-137ほか8両編成はLB14編成でした。
行先表示は、大阪環状線の路線記号の「O」印と天王寺となっていました。



Img_0206



京橋駅を発車したオレンジ色の201系。
そのとなりには、225系の関空・紀州路快速の姿が見えました。
323系の増備により、オレンジ色の201系も数が減ってきているとのこと。
そんな時に、こういったかたちで乗車できたのは良かったと思いました。

このあと京阪に乗り、帰宅しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

2019年3月30日 (土)

~JR西日本 鉄道むすめフェスタ2019~に参加しました(前編)

去る21日、わたしはJR大阪駅5階の時空(とき)の広場に出向いてきました。
そのきっかけは、某鉄道グッズショップからのメールでした。

「大阪駅なら移動もそれほどかからないし・・・」と思い立ち、出かけたのでした。
さて、出発前日まで「時空の広場」の行きかたがウェブサイトを見ても分からなかったので、時空の広場がある大阪ステーションシティに問い合わせることに。

同イベント開始時刻は13時からでした。
また、前述のメールのリンク先(同イベントのお知らせ)に大まかなプログラムも記載されていました。「鉄道むすめ」のグッズなどを販売するということを知り、グッズも早めに購入したかったので大阪駅に13時頃到着するように乗車する列車を経路検索アプリで調べておき、自宅を出ました。

大阪駅の大阪環状線ホームには13時頃到着。
この日は久しぶりに環状線を利用したので、環状線の大阪駅の発車メロディ「やっぱ好きやねん」を聞きたかったので、しばらくホームにいました。
ここでふとJR神戸線(姫路・網干方面)を発車する新快速を見ると、1両だけ見たことのない車両が・・・。
それは、今回のダイヤ改正で登場した新快速Aシートという有料座席サービスの車両でした。
帰宅後、JR西のHPで確認すると、その車両を組み込んだ列車は大阪駅13時発の列車でした。
いきなりだったので写真は撮れませんでしたが、ラッキーな気分になれました(^O^)。


022

前置きが長くなってしまいました・・・。
当日「時空の広場」で行われた同イベントは、JR西グループの鉄道むすめ4名が集結するという内容で、大阪では初めてとなるイベントでした。

グッズを購入後、14時から開始の地域の魅力発信や観光PRステージの実施を見ました。


030


まずはJR西和歌山支社白浜駅のキャラクター、黒潮しららちゃんと担当者が白浜(和歌山県西牟婁(むろ)群白浜町)が登場。
画像は黒潮しららちゃんが着用しているアロハシャツについてお話されていたものです。


069


続いてJR西福知山支社城崎温泉駅のキャラクター、城崎このりちゃんが登場。
画像は浴衣を着用した城崎温泉観光大使の皆さまが来場されたシーンです。


090
093


続いて、位置情報ゲーム「駅メモ」ことステーションメモリーズ!((株)モバイルファクトリーが開発・運営)についてのお話を聞きました。
このゲームの名前は聞いたことはありましたが、個人的にはあまり興味は持てず(失礼)でしたが、大まかな内容は知ることができたので、暇なときに入れてみたいと思いました。

110


このあとは会場内に設置された「鉄道むすめ」キャラクターの写真撮影用パネルで撮影を楽しみました♪。
まずは先ほど出演された、城崎温泉観光大使の皆さまと📷。
城崎このりちゃんのプチバージョンのパネルも登場しました(^^)。

129
132



続いて、今回登場した鉄道むすめ(城崎このりちゃん、黒潮しららちゃん、嵯峨ほづきちゃん)のパネルが登場。
嵯峨ほづきちゃんは、熊野詣姿のパネルも登場しました。

170


16時からは各社の「鉄道むすめ」プロジェクト担当者のトークショーがありました。
各社の鉄道むすめキャラクター製作のきっかけや今後の展開など、ディープな話も飛び交い面白かったです。
あと、周りの参加者の方を見てみると、自分より目上の人も見受けられました。
そのあとは、非売品のオリジナルグッズなど素敵な景品がゲットできるという「じゃんけん大会」が。
会場内は大変盛り上がって幕となりました。

172


このあと、もう一度パネル撮影。
JR西日本メイテックの米原はるかちゃんも加わりました(^^♪。

この日は皆さま、お疲れ様でした。


Img_0309
Img_0310


ここからはこの日購入できたグッズを紹介します。
今鉄道グッズで流行りのキラ鉄ファイル☆から。
今回は嵯峨ほづきちゃんとシーサイドラインの柴口このみちゃんの2種を購入。


Img_0307

続いて、アクリルフィギュア(画像中央奥)、缶バッジ(画像右上)など。


Img_0313


そして、今回登場した鉄道むすめがデザインされた記念硬券セットです。

次回はJR大阪駅ホームの列車撮影記録を紹介します。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございした。

鉄道コム

web拍手 by FC2

2019年1月20日 (日)

京阪宇治線沿線へお出かけ(5)

(4)の続きです。

この日の締めくくりは、宇治川を渡るJR奈良線の電車撮影です。


Dsc_9107

まずは、宇治橋から宇治川に向かって写してみました。
ウグイス色の103系に代わって、奈良線での運用を開始した205系(4両編成)が通過しました。


Dsc_9110

次は京阪宇治駅の方へカメラを向けました。
221系の普通電車がやってきました。
先頭車は転落防止ホロを装着しています。
初めてこの構図を見た時は「京阪とJR西の宇治駅は、おなじ場所にあったのか?」などと、今では笑えないことをつぶやいていました


Dsc_9115

このあと、上の写真の右側に見える京阪の宇治駅舎の近くに移動しました。
221系6両編成のみやこ路快速が通過。


Dsc_9118

続いて、205系の普通電車。
205系は以前、阪和線で活躍していた車両です。
クーラーの交換、車内インテリア更新などの一連のリニューアル工事は、阪和線在籍時代に施工済み。
帯色も阪和線時代と同じ水色のままですが、旧国鉄時代によくあった誤乗などもないようです。
仮に帯色を103系と同じ色(かつての山手線と同じ色)に変えるとなると、やはり費用がかかるのでしょうか・・・。


Dsc_9126

奈良方面へ向かう205系の普通電車。
この日は曇っていましたが、空模様もこのような感じでした。


Dsc_9132

「そろそろお開きに・・・」と思っていましたが、もう少し粘ってみました。
すると・・・、ウグイス色の103系がやってきました
この時、わたしとおなじカメラを持った男性とそばを通りかかった女性が、京都方面へ向かっていくシーンを自分とともに撮影していました。
そばにいた男性は「この電車をさがしていたが、偶然通りかかったのでびっくりした」、そばを通りかかった女性は沿線の方らしく、奈良線が「省線」と呼ばれていた頃のこと、過去に何度かお召し列車が運転されていたことなど、奈良線にまつわるいろいろなお話を聞くことができました
また、この103系を求めて東京から来られていた方もいたとのこと。

・・・すでにご存知のとおり、このウグイス色の103系(吹田総合車両所・奈良支所所属)も現在はすべて運用終了しています。
わたしがこの103系を見たのも、これが最後となりました・・・。


また、先述の女性のお話では「奈良線の全線複線化の工事が進められている」とのこと。
まったく知りませんでした。
よく観察すると、宇治川を渡る奈良線の線路は単線でした。
このあとわたしは帰路へ着くため、宇治線の電車に乗りました。

※おまけ画像


P_20181118_1

P_20181118_2

最寄り駅に到着し、バスの発車時間まで少し時間があったので、この時に開催されていた毎年恒例の「ちびっこアーティストギャラリー」を見てきました。

作品を見て回ったところ、「駅長賞」にわたしが通園していた幼稚園児の作品、「最優秀駅長賞」には、なんとわたしの弟が通学していた小学校の児童の作品が展示されていました
あと、どの作品も昨今の京阪電車の様子をよく観察されているものが多く、本当にびっくりしました
このあと、帰路に着きました。

この日は久しぶりに楽しいひと時を過ごすことができました(^^♪。
(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年3月19日 (月)

京都鉄道博物館で、オレンジ色の103系を見てきました。(前編)

今回は、京都鉄道博物館(京都てっぱく)で去年の11月に期間限定で展示された、オレンジ色(大阪環状線で活躍した)の103系を見てきた備忘録を書かせていただきます。

この日は、大阪環状線(以下、環状線)で運転され、「103系」にちなんだ2017年10月3日をもって運行終了した、森ノ宮支所所属のLA04編成の先頭車(クハ103形)2両(843号車および802号車)が同館の車両工場にて展示されました。

Dsc_8500


Dsc_8506


Dsc_8516


Dsc_8519


この日展示されたクハ103-802号車には、環状線開業30周年記念、843号車には同じく開業50周年記念の際に掲出されていたHMを取り付けて展示されました。


Dsc_8489

ここで、展示された車両の細かな場所を見てゆきましょう。
環状線内回り向き先頭車の802号車は、「弱冷房車」となっています。


Dsc_8492

乗務員扉の手掛け。
わたしは、ここまで観察してなかったのですが、JRになってから取り付けられたものと思われます。


Dsc_8487

なお、末期の森ノ宮支所に在籍していた103系には、新車のようリニューアルする「体質改善40N」と、製造後30年程度まで使用できる工事「体質改善30N」の2種の車両が使用されていました。

LA04編成には、この2種が混結されていました。
詳しくはわかりませんが、このLA04編成が最後まで環状線に残った理由は、乗降扉や側窓が、このような原型だったのかもしれません。

ちなみに、2005(平成17)年からの環状線への201系転入後の103系は、先頭車が高運転台で、車齢が比較的若い車両で揃えられていました。


Dsc_8512

Dsc_8513

この日には、こんなものが。
子供にもわかりやすいように、展示されている2両の103系について説明されたパネルが掲示されていました。

※おまけ画像


Img502

以前、当ブログで記事に書いた、1991(平成3)年4月に森ノ宮区(当時)で開催された、環状線開業30周年のイベントの中の1枚です。

この頃は、環状線は103系の天下でした。


20140329__1

在りし日のクハ103-802号車の1枚。
丸ビルと絡めて。

次回は、車内などを紹介します。(続く)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年11月 3日 (金)

梅田の阪急百貨店で開催された「鉄たび展」を見てきました。(後編)

こちらの記事の続きになります。


P_20170827_143859_vhdr_auto P_20170827_145730_vhdr_auto

ここからは、会場奥で行われた運転会の模様をお伝えします。
レイアウトの中央にはいろいろな車両がズラリ。
これらは原信太郎氏が製作、収集した一番ゲージ(縮尺約1/32)という大型模型です。


P_20170827_143953_vhdr_auto

それでは走行写真をどうぞ。
スマホで撮影したので、画質の方はあまり期待しないでください

まず目に飛び込んだのは、SLがけん引する旅客列車。


P_20170827_144659_vhdr_auto

続いて、同じくSLによる貨物列車。


P_20170827_145628_vhdr_auto

留置線ではこんな感じに。


P_20170827_145648_vhdr_auto P_20170827_145657_vhdr_auto


こちらは寝台特急「あさかぜ」。
紺色のEF58と20系客車を組み合わせでナイス


P_20170827_144748_vhdr_auto

このあと、いよいよ「或る列車」の運転の時間に。
画像奥に見えるのが、「或る列車」をけん引する機関車(だったはず?)です。


P_20170827_150041_vhdr_auto

「或る列車」は約20分ほど運転されました。
スマホで撮影した拙い写真ですが、雰囲気だけでも感じ取っていただければ幸いです。

P_20170827_150046_vhdr_auto P_20170827_150049_vhdr_auto

この時は結構人が集まっていました。
列車が走行しているのを見ているだけでも楽しかったです。

「或る列車」の運転終了後、この会場をあとにしました。


P_20170827_150902_vhdr_auto

ここでは、JR九州が運行している「JRKYUSHU SWEET TRAIN 或る列車」のPRをしていました。


Img235

最後にこの「鉄たび展」にて購入した、オリジナルグッズの紹介。

こちらは、見事な仕上がりの鉄道模型のワンシーンをデザインしたクリアファイル。


P_20171024_194400_vhdr_auto

一方こちらは水戸岡鋭治氏がデザインを手がけた、JR九州の人気列車を系統樹に見立てたおしゃれなデザインのトートバック。
ちなみに同じデザインのクリアファイルも購入しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年10月27日 (金)

梅田の阪急百貨店で開催された「鉄たび展」を見てきました。(前編)

Img230

去る8月17日~28日に、梅田の阪急百貨店にて開催された、「鉄たび展」。
わたしは、25日に見てきました。

概要は割愛させていただき、当記事では同イベントの展示物を中心に紹介していきます。


P_20170827_140105_vhdr_auto

2014(平成26)年に亡くなられた「鉄道模型の神様」、原信太郎氏の紹介です。


P_20170827_140114_vhdr_auto

神奈川県横浜市にある、原鉄道模型博物館の紹介です。

ちなみにわたしは、2011(平成23)年の8月20日に天六(天神橋筋六丁目)にある「大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館」にて開催された「原信太郎 鉄道模型を極める-関西の鉄道・まち」という特別展を見てきました。

その時の模様は、こちらの記事をご覧ください。 


P_20170827_140817_vhdr_auto

それでは、展示物を見ていきましょう。
これは、スイスの国鉄の車掌鞄(カバン)。


P_20170827_140910_vhdr_auto

その横には、世界各国の古い時刻表が。


P_20170827_140945_vhdr_auto

続いて、車両模型の展示。
上からオリエント急行(ベルギー)、ナハ22000系(日本)、サザン・パシフィック鉄道客車(アメリカ)。


P_20170827_141307_vhdr_auto

「ガラス電車」で知られる、ドイツ国鉄ET91形電車です。
わたしは「鉄道ファン」(交友社刊)の記事ではじめて実車を知りました。


P_20170827_142641_vhdr_auto

一方こちらは、日本の車両。
左に見えるのは阪急の「京とれいん」、その隣は近鉄の「しまかぜ」。


P_20170827_141345_vhdr_auto

再び車両以外の展示品です。
これは、オリエント急行の食堂車のランプ。

かつて運転されていた「北斗星」や「トワイライトエクスプレス」の食堂車のランプも、これをヒントにしたのかもしれません。


P_20170827_142131_vhdr_auto

原信太郎氏が青年時代に駅で押されたスタンプ帳です。
これらは、1934(昭和9)年~1936(昭和11)年に押されたものです。


P_20170827_142157_vhdr_auto

戦前に発行された切手(夫婦岩のデザイン)に、昭和11年12月27日付けの消印が押してあります。
「那智の滝」がデザインされていて「那智」と記載されているので、おそらく(当時の)那智郵便局で押されたものと思われます。


P_20170827_142603_vhdr_auto

関西の観光列車・豪華列車と題して、阪急の「京とれいん」、近鉄の「しまかぜ」、「青の交響曲(シンフォニー)」のイメージが展示されていて、その下に先ほど紹介した模型が展示されていました。


P_20170827_141757_vhdr_auto


現在JR九州が運行している観光列車「JRKYUSU SWEET TRAIN 或る列車」の原点となった豪華客車列車「或る列車」について解説したパネルです。

「或る(ある)列車」という、なんともいえない不思議なネーミングがとても印象に残りました

(後編につづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年6月10日 (土)

JR大阪環状線訪問記(2017.1.28)‐玉造駅にて~新旧世代交代のとき~-

1月28日、もう一度JR大阪環状線の玉造駅へ出向きました。

その目的は前回と同じく、以前見た雑誌と同じアングルの写真(今回は商業施設「ビエラ玉造」の建物(巨大な103系を模したデザイン)を横目に大阪環状線を走る電車が疾走するもの)を撮るため、もうひとつは営業運転に就いた大阪環状線用の新型車両「323系」に乗車と撮影をすることでした。

まずは、京橋駅から外回りの電車に乗車。
画像はありませんが、乗車できたのが大阪環状線の新型車両の323系でした。

すれ違う電車を見ても、環状線の電車は201系か、この323系。
「環状線プロジェクト、順調に進んでるなぁ」
心の中でそう思いました・・・。

玉造駅で下車し、同じアングルの場所へ。


Dsc_7375 Dsc_7377

しばらく待っていると、またもや323系。
「323系、着実に数を増やしているな」
この時、そう思いました。

ちなみに、この先の線路はS字カーブになっていて、見ているだけでも楽しいです(^^)。


Dsc_7378

そのS字カーブの先に見えたのが・・・。


Dsc_7383

103系です写せてよかったです


Dsc_7387

カメラをホーム側へ向けて撮影して、見送りました。


Dsc_7426

時間は前後しますが、201系を撮影。
オレンジ色の201系が見れるのもあとわずかでしょうか・・・。


Dsc_7417

大阪環状線改造プロジェクトによる新車として大阪環状線専用として導入された、323系。
今後の活躍が楽しみです。


Dsc_7418

外回り電車の201系と並ぶ。


Dsc_7419

そして、大阪方面へ向かう同系を見送りました。
このあと帰路へ着くことに。


20170128_101706

乗車した電車は、先ほど撮影した103系。
車番を確認すると、ちょうど1周してきた編成となります。
左側に見える電車は・・・。


20170128_101740

323系です。
まさに「新旧の世代交代」の一場面を撮影できました。

このあと、103系に乗車し帰宅しました。

**************************************


20170312_09560411

20170311_2148151

先日購入した、323系のNゲージ(1/150スケール)鉄道模型(トミックスから発売)。
側面には「トミックス40周年記念」のロゴも。

トミックスさん、遅ればせながら40周年、おめでとうございます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 阪急電鉄 近畿日本鉄道 南海電鉄 南海高野線 こうや花鉄道 阪神電気鉄道 阪堺電気軌道 えいでん(叡山電鉄) JR JR貨物 嵐電(京福電気鉄道) 嵯峨野観光鉄道 大阪市交通局 Osaka Metro(大阪市高速電気軌道) 泉北高速鉄道 神戸電鉄 能勢電鉄 北急(北大阪急行) 和歌山電鐵 大阪モノレール 山陽電気鉄道 北神急行電鉄 京都市交通局 地下鉄 モノレール ケーブルカー・ロープウエイ ローカル私鉄 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 鉄道模型 MY PHOTO 過去の撮影記録から 交通科学博物館 京都鉄道博物館 梅小路蒸気機関車館 リニア・鉄道館 鉄道博物館、施設 SL 新幹線 国鉄型車両 鉄道の話題 イベント 鉄道グッズ・部品 鉄道関連書籍 鉄道DVD 花と鉄道 博物館・美術館・展覧会めぐり 鉄道景観 ブルーリボン賞・ローレル賞 ご挨拶 お出かけ、散策 お知らせ お店訪問 グルメ スイーツ ネイチャー(自然) イルミネーション 神社・仏閣 バス 景観 旅行 日記 風景 風景写真 建築物 工事中現場の様子 空港 飛行機 PHOTO カメラ アート クッキング PC 写真加工 ekiSh TV テレビ観戦 動画(YouTube) アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 スポーツ 日記・コラム・つぶやき

貸切電車として走る阪堺モ161形161号車

当ブログへようこそ!!

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ