JR

2020年5月10日 (日)

「学研都市線で行こう!スタンプラリー2018」に参加しました。(4)

(3)の続きです。

Dsc_9725_

 

Dsc_9737


加茂方面のホームから広い構内を観察。大きな信号機や架線柱、変圧器などが見て取れました。

Dsc_9735


ポイント部分は木の枕木、奥には保線小屋らしきものが見えます。

Dsc_9744


見渡すと広い構内。向こうから「大和路快速」がやって来ました。

Dsc_9754

 

Dsc_9760


(上)1番・2番のりばの列車案内表示。(下)奈良線の京都行き普通電車が到着。

Dsc_9764


奈良・天王寺側のホームは橋上駅舎を介した、近代的な造りになっています。

Dsc_9770


復路は、この区間快速塚口行きに乗りました。

P_20190119_7


一度訪れたかったこの駅で下車しました。

P_20190119_6


去年3月のダイヤ改正による駅名変更で「寝屋川公園駅」となるまでは、開業時(1979(昭和54)年10月1日)から「東寝屋川駅」と名乗っていました。
ウィキペディアによれば、寝屋川市内には「東寝屋川」という地名がなく、地元住民から駅名変更を求める声が上がっていて、2018(平成30)年11月、JR西と寝屋川市は「まちづくり連携協定」を締結し、現駅名へ変更されました。駅名変更による費用1.2億円は寝屋川市側が負担しました。

P_20190119_8


ホームは打上トンネルの下にあるので、このようになっています。

P_20190119_9


この駅は、寝屋川市内で唯一のJR駅(開業当初は国鉄駅)となっています。

P_20190119_10


そばには記念碑が建てられています。

P_20190119_11


寝屋川の民話の中に出てくる鉢かづき姫の像。これは寝屋川市のイメージキャラクターにもなっています。
詳しくは、寝屋川市のHPをご覧ください。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

「学研都市線で行こう!スタンプラリー2018」に参加しました。(3)

(2)の続きです。

P_20190119_5


木津駅にやって来ました。
こちらは東口。

Dsc_9700


一方、こちらは西口。木津駅は京都府木津川市にある、京都府最南端にあるJRの駅です。現在の橋上駅舎は2007(平成19)年4月1日に使用を開始しました。木津川をデザインした外観、木材の流通で栄えた町(旧・木津町)の歴史にちなみ、随所に木目調のデザインを取り入れています。

Dsc_9697


西口からはきのつバスという、コミュニティバスが発着しています。

Dsc_9711_


ホームへ戻ります。
同駅は島式ホーム2面4線を有しています。1番のりばが学研都市線(松井山手・四条畷方面)と奈良線(京都方面)、2番のりばが大和路線(加茂方面)と奈良線(京都方面)、3・4番のりばが大和路線と奈良線(奈良・天王寺方面)となっています。

Dsc_9712


奈良線の奈良行き普通電車が3番のりばから発車します。

Dsc_9714


2番のりばに大和路快速が到着。奥の電車は学研都市線の電車。

Dsc_9715


大和路線と奈良線の同駅の駅名標。加茂は関西線(亀山までの非電化区間の名称)の接続駅、上狛は奈良線の駅、平城山駅には吹田総合車両所奈良支所が隣接しています。

Dsc_9734


同駅の東側のホームは、レトロな木造建築となっています。

Dsc_9752


歴史を反映して構内はこんな風に広くなっています。

Dsc_9753


1番・2番のりばのホームにある待合室はこんなデザインです。

(つづく)

*****************************

新型コロナウイルスの影響で出された緊急事態宣言における外出自粛でストレスを感じていますが、「家鉄」で乗り切りたいです。みなさん、お身体、大切になさってください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年4月29日 (水)

「学研都市線で行こう!スタンプラリー2018」に参加しました。(2)

(1)の続きです。

Dsc_9609


四条畷駅から木津方面の電車に乗って、次にやってきたのは河内磐船駅。

Dsc_9616_


同駅の松井山手・木津方面の時刻表。
土・休日の欄を見てみると、12時台~14時台は15分おきに各駅停車が、それ以外の時間帯は快速も発着します。(注:この時刻表は2018年3月17日改正のものです)

Dsc_9613


この電車の車掌さんは女性でした。ここ最近は女性の運転手さんも見かけることが多くなりました。

Dsc_9634


このあと、場所を移動。「ダイレクトエクスプレス直Q」という名前の京阪の高速バスがやって来ました。

Dsc_9632


学研都市線では、ほとんどの列車がJR東西線直通で、321系と207系の4ドア車が運用に就いています。到着したのは321系の普通(各駅停車)松井山手行き。

Dsc_9639_


この駅に来たのは実は初めてで、以前から行ってみたいと思っていましたが、なかなかこちらに行く用事もできませんでした・・・。この駅はご存知の通り、京阪交野線の河内森駅との接続駅となっています。同駅の京橋寄りでは、このような京阪交野線との立体交差があります。しかし、こんな感じで電車はうまく並んでくれません。

Dsc_9641_


この207系は221系と同様の体質改善車。外観では前面デザインの変更、車体の補強、ヘッドライトのHIDフォグランプ化、行先表示のフルカラーLED化などが行われています。

Dsc_9636

 

Dsc_9651

 

Dsc_9660

 

Dsc_9671


この日写した京橋方面の列車。
上から207系の普通京橋行き、同じく207系の区間快速西明石行き、207系体質改善車の快速塚口行き。321系の普通西明石行きです。それにしても各駅停車でJR神戸線の西明石まで運転されるとは、非常にロングランだと思います。しかし、かつては山手線や大阪環状線のような路線向けの性能の103系を東海道・山陽緩行線(当時)で使っていました。それに比べるとずっとましだと思います。

Dsc_9679


京橋側に戻って京阪交野線の電車を撮影。約1時間程の滞在でいろいろ見ることができました。
このあと、再び電車に乗りました。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年4月25日 (土)

「学研都市線で行こう!スタンプラリー2018」に参加しました。(1)

 

Img255


2018年末に地元の施設に所用で出向いた際、待ち時間にこんなパンフレットを見つけました。
「学研都市線もしばらく乗ってないし、行ってみるか」と思い立ち、期限の迫った翌2019年1月に出かけました。

P_20190119_1


今回は混雑する京橋方面へは行かずに、東側の終点の木津駅まで乗ってみることに。
そんなわけで最初に訪れたのは、四条畷駅。その前にどうしても見ておきたいところがあったのです。

P_20190119_2


グーグルマップで店舗の画像は出てきたこのお店。

P_20190119_3


そのお店は「エイト模型」という、昔ながらの鉄道模型を扱うお店でした。わたしがNゲージ鉄道模型を始めた30年ほど前、当時はもちろんネット検索もなく、当時購入していたトミックスとKATOのカタログの巻末にあった販売店リストから見つけたのがこのお店でした。なぜこのお店を選んだのかは今となっては分かりませんが・・・。自転車移動がメインだった当時、暑い日も寒い日も当時の自宅から片道約40分かけて出向いたという、今では「なぜ?」という思い出があります。バスで行こうと思えば行ける場所ですが、バスでも乗り換えて行かねばならず、収入も少ない当時は自転車移動を選んだのではないかと思います。最後に来店したのが20年以上前なので、今は当然ながら店を閉めています。

P_20190119_4


ところ変わって、ホームへ。名所案内には四条畷神社やハイキングコースなどが記されています。この中の飯盛山へはわたしが小学生の時分、ボーイスカウトに入隊していた頃に、毎年1月に日の出を見るために山登りをしていたという思い出があります。集合場所には午前3時ごろに集合したので、この時は支度などで、午前2時ごろ起きていたのと思います。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年4月11日 (土)

JRおおさか東線訪問記(4)

(3)の続きです。

Dsc_0191


今度はJR俊徳道駅で下車しました。
次の駅、JR河内永和駅は近鉄奈良線の河内永和駅との乗り換え駅になっています。

Dsc_0193


この駅では上下の列車が入れ替わるようにホームへ入ってゆきます。

Dsc_0194


エスカレーター部分はほかの駅同様、このように装飾されています。

Dsc_0196


この駅は近鉄大阪線の俊徳道駅との乗り換えとなっています。久宝寺方面側からは、近鉄線の大きな鉄橋が見渡せます。

Dsc_0199


ここからJR線と近鉄線の列車が立体交差するのを見ることができます。しかし、なかなかそのようにはいきません。うまくいってもこんな感じです・・・。

Dsc_0212

 

Dsc_0213

 

Dsc_0214


でも、見ていて楽しいので、しばらく滞在していました。しばらく待っていると名古屋、伊勢方面に向かう12200系+22000系「ACE」の特急を見ることができました。
「アーバンライナー」に変わる、新しい名阪特急80000系「ひのとり」の増備で12200系が置き換えられていくということは以前お話ししました。そうすると、うまく時間が合えば、この構図で近鉄の「ひのとり」との立体交差が見られるかと思います。

Dsc_0245


放出駅まで戻ってきました。到着した321系の普通西明石行き(学研都市線→JR東西線経由)、これに乗りました。

Dsc_0249


京橋駅に着きました。
おおさか東線の新大阪延伸後、京阪線の京都方面からおおさか東線へは(普通に乗らないといけませんが)野江駅からJR野江駅へ徒歩で行けるので、京橋の方へ行かずに済むようになりました。

Dsc_0253


学研都市線の京橋駅ホームには、ホームドアが設置されています。

Img_1541


さて、続いては新大阪延伸後のおおさか東線での一コマ。JR淡路駅は阪急の淡路駅へ徒歩で結ばれるようになりました。これまでだと阪急の淡路駅へはわたしの場合、京阪線で北浜まで乗り、OsakaMetro堺筋線に乗り換え、北千里・高槻市方面の電車で行くのが一番簡単でしたが、先ほどと同様に野江経由でおおさか東線で新大阪方面の電車に乗れば、(徒歩連絡になりますが)運賃も安くて済むようになりました。ただ、おおさか東線の普通電車(新大阪-久宝寺間)は15分間隔なので、1本逃すと結構待たないといけませんが・・・。

Img_1547


完成したばかりのJR淡路駅の駅舎。高架下の駅として無駄なく出来ていると思います。

Img_1548


阪急の淡路駅で所用を済ませ、帰路に着くべく久宝寺方面の電車を待っていると、直通快速用の207系が通過。これはその折り返しの回送列車ですね。


Img_1549


そのあとの新大阪行きの普通電車には、奈良沿線をイメージしたイラストがラッピングされていました。
先日の発表でJR京都・神戸線への225系投入で、221系の転入による201系の置き換えが完了すると、JR西からも201系は姿を消すのでしょうか?はたまた、和田岬線や播但線などの103系を置き換えるのか・・・?今後の201系の動きが気になるところです。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

JRおおさか東線訪問記(3)

(2)の続きです。

Dsc_0144


久宝寺駅から放出行きの電車に乗って、まず降りたのは久宝寺駅の隣の駅の新加美(しんかみ)駅。

Dsc_0146


おおさか東線の各駅の階段やエスカレーター部分はこんなデザインになっています。

Dsc_0147


駅舎は高架下にあり、モダンなデザインとなっています。

Dsc_0153


このあと、目的の直通快速の撮影に。
こちらは321系の列車。

Dsc_0162


このあと、放出方面のホームへ移動。普通電車はこんな感じに。

Dsc_0170

 

Dsc_0172


次の直通快速は207系によるもの。

Dsc_0176

 

Dsc_0177


後続の普通電車に乗って、今度は衣摺加美北(きずりかみきた)駅へ。

Dsc_0182


この駅の駅舎はすっきりとした印象を受けました。

Dsc_0184


高架下の道路の支柱には、おおさか東線延伸のPRが。

Dsc_0190


その近くには同駅と関連のある八尾街道と御本山道(ごほんざんみち)について記した解説パネルが。

Dsc_0185


少し西の方に歩くとこんな建物を発見。尾道ラーメンのお店もありました。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

JRおおさか東線訪問記(2)

(1)の続きです。

Dsc_0118


ホームからコンコースへ向かう階段の途中にこんなポスターが。

Dsc_0119

 

Dsc_0125


コンコースを歩いていると、こんなものを発見。
「天文十年(1541年)ごろつくられたまち 久宝寺寺内町へのご案内」と書かれたパネルがありました。
久宝寺寺内町については、公式ホームページに詳しく書かれています。
ちなみに久宝寺駅の住所は、大阪府八尾市竜華町です。

Dsc_0120


南出口へ降りてみました。

Dsc_0121


少し歩いたところに「久宝寺遺跡の碑」と刻まれた石碑がありました。

Dsc_0122


南出口の構内には、バス乗り場やタクシー乗り場があります。

Dsc_0124


久宝寺駅へ戻ります。

Dsc_0126


コンコースからホームを望みます。
奈良方面ホームとJR難波・放出方面のホームにかかる屋根は、ずれて配置されています。

Dsc_0130


ホームへ降りると、尼崎行きの直通快速がやって来ました。
新大阪延伸後の直通快速は、尼崎-放出間の運転(JR東西線経由)を取りやめ、新大阪-奈良間の運転に変更されました。

Dsc_0139


今度はおおさか東線の途中下車をするため、放出方面へ向かいます。
ここで、221系を観察。この221系の前面には「012」と表記されています。「012」の「0」はクハ220形を意味します。その後ろの「12」が車番となるので、この編成はクハ220-12ほか4両編成のNA429編成と分かります。ちなみにこのクハ220形はクモハ220形ともに吹田総合車両所奈良支所のみの配置で、同京都支所(京キト/嵯峨野線と湖西線用)と網干総合車両所(近ホシ/東海道・山陽線の快速用)には配置されていないという特徴があります。

Dsc_0142


一方こちらは前面に「1」と表記されています。「0」の表記がないのは(クモハとクハ)「221形」を指します。したがってクハ221-1ほか6両編成のNC601編成となります。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

JRおおさか東線訪問記(1)

Img261


去年(2019年)3月16日、おおさか東線(2008年3月15日、放出(はなてん)-久宝寺間が部分開業)の放出-新大阪間が開業しました。
この開業により、新大阪や奈良方面へのアクセスが便利になったのは、言うまでもありません。
実はわたしは、おおさか東線の存在は知っていたのですが、なかなか用事が出来ず、乗る機会に恵まれませんでした。これを機会に部分開業のおおさか東線に乗ってみようと思い立ち、2019年2月24日に足を運んでみることにしました。

余談になりますが、今年の3月15日は大阪府吹田市の千里丘陵で日本万国博覧会(大阪万博)が開催されてちょうど50年にあたります。

Dsc_0076


この日はJR京橋駅から学研都市線に乗って、まずは当時の始発駅である放出駅へやって来ました。
おおさか東線で運用される201系は、大和路線と共通運用となっています。かつてはおおさか東線の開業時から使用された103系も運用についていましたが、2018年1月をもって運用から外れました。
なお、2020年度からJR京都線、神戸線などへの225系投入に伴い、余剰となる221系を大和路線、おおさか東線へ順次転用し、201系は置き換えられる予定となっています。

Dsc_0077


回送電車が発車しました。向こうに見えるのは京橋、JR東西線方面へ向かう学研都市線(片町線)の電車。

Dsc_0080


放出駅は、学研都市線との接続駅です。左は学研都市線の列車、快速木津行き。

Dsc_0095


ホームを少し観察。酔客対応のために線路方向へ向きが変えられたベンチ。その向こうには「城東貨物(北)線」の標識があります。

Dsc_0097


まずは、通しで久宝寺まで乗車です。この久宝寺行きの電車に乗りました。

Dsc_0098


久宝寺駅に着きました。

Dsc_0099


久宝寺駅はかつては、駅構内に竜華(りゅうげ)操車場(のちに竜華信号場に変更、現在は廃止)が広がっていましたが、同操車場の廃止後、1997年より跡地の再開発が行われ、2006年に竣工し、大きく様変わりしました。現在は島式ホーム2面4線を持ち、画像のように橋上駅舎があります。

Dsc_0100


このあと、わたしが乗った列車は回送列車となり、留置線へ移動します。隣のホーム(3番のりば)には、折り返し放出行きの列車が到着しました。

Dsc_0107


このあと、221系の大和路快速がやって来ました。今回のダイヤ改正では、大和路快速はすべて8両編成となりました。(改正前は6両編成と8両編成が混在していた)

Dsc_0111


先ほど乗った編成が、折り返し放出行きの電車としてホームに到着です。

Dsc_0116


1番のりばに大和路線の普通電車、2番のりばには和歌山線直通の高田行き快速が停車中。
この高田行き快速などの和歌山線直通の列車は、今年のダイヤ改正をもって、大半の列車が取りやめになりました。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年2月20日 (木)

京阪石山坂本線 京阪石山駅方面へお出かけ

今回は15日のお話です。

Img_4308


この日は京阪石山坂本線の京阪石山駅の方に出かけてきました。

Img_4307


京阪石山駅はJR琵琶湖線の石山駅との乗換駅です。
今回は、JR茨木までバスに乗り、JR線を利用しました。
移動中の車内からは、TWILIGHT EXPRESS 瑞風や285系ハローキティはるかとのすれ違いで初めて実車を見たり、京都総合運転所の留置車両や石山駅を降りてから通過したコンテナ列車でテンションが上がったり・・・(笑)。楽しいひと時を過ごせました。
画像は京阪石山駅からびわ湖浜大津方面を望んだものですが、このように石坂線とJRの車両を一緒に見ることもできます。

Img_4305


京阪石山駅の名物(?)、「鉄道むすめ」のひとり、石山ともかちゃんのパネル。
パネルの下には以前来た時にはなかった広告が入っていました。

Img_4321


京阪石山から往路はこれに乗りました。かつて、京阪特急色をまとった600形(603-604)が、3月8日に開催される「第75回びわ湖毎日マラソン大会」のPRラッピングが施されていました。

Img_4323


石山寺駅を出ると、こんな案内看板があります。これを見ると、瀬田の唐橋も石山寺も歩いて10分ほどのところにあると書いています。

Img_4324


少し歩くと白髭(しらひげ)大明神社、その横には今では数少なくなった丸型の郵便ポストもあります。

Img_4327


バス停の向こうに見えるのは、瀬田川。ちょうどカヌーを漕いでいるのが見えました。

Img_4331

 

Img_4333


この辺りは、東海自然歩道と呼ばれているそうです。

Img_4340


このあと、石坂線の電車撮影のため、少し移動。
隣の駅の唐橋前駅に向かって線路沿いに歩き、踏切の手前辺りでこんな写真が撮れます。

Img_4342


そして、待っていたのがこちら。
今年の3月3日までの運行となり、15日よりラストランのヘッドマークを掲出することとなった、700形(701-702)の「80型復刻塗装」。
なんと、2枚看板でした。

Img_4344


去年の11月に出向いたときは逆光気味でしたが、この日は薄曇りでした。こんな天候だとこんな写真が撮れます。

Img_4347


石山寺駅に戻ってきました。今年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公である明智光秀にちなんで、石坂線でもラッピング電車が21日から運行開始します(600形609-610を使用)。
詳しくは知りませんが(汗)、明智光秀はこの辺りがゆかりの地のようです。

Img_4348


まずは、お約束の(?)の石山ともかちゃんのパネルと一緒に(笑)。

Img_4351


折り返し、坂本比叡山口行きとして発車待ち。
この702号車をよく見ると、外板に補修してあるのが見られ、やや車体に傷みがあるように見受けられました。何はともあれ、見れてよかったです(^^)。
帰路はこの電車に乗車し、往路と同じ経路で帰宅しました。

Img_4358


当初の目的はこのグッズを買うだけでしたが、前出の700形の80型復刻塗装のラストランの情報が入り予定変更、それも写せて良かったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年1月20日 (月)

近鉄と京阪とJR西と・・・。

今回は、18日のお話です。
この日は京阪の鴨東線開業30周年記念のスタンプラリー(後期)に参加する予定にしていましたが、来る3月14日にデビューする運びとなった近鉄の新型名阪特急「ひのとり」(80000系)のシート体験イベントが近鉄大阪難波駅で開催されているという情報を知り、急きょ、近鉄大阪難波駅へ足を運びました。

Img_3988


(分かりにくいかと思いますが(汗))、「ひのとり」シート展示の会場です。会場では「プレミアム車両」に設けられるシート体験ができました。座り心地はというと、今まで体験したことのないくらいゴージャスなものでした。

Img279


新型名阪特急「ひのとり」のデビューパンフレットです。

Img_4020


シート体験のあと、簡単なクイズに答えて景品のクリアファイルがもらえました。

Img_3989


このあと、本題のスタンプラリーを楽しむべく、淀屋橋駅まで移動しました。大阪難波での用事が思いのほか早く終わったので、当初の予定より1本早い「快速特急洛楽」(10時30分発)に乗ることができました。
さて、この画像をよくよく見てみると・・・。大阪寄りの壁面の一部がはがされた状態になっていました。

Img_4019


淀屋橋駅→出町柳駅→神宮丸太町駅→三条駅の順にスタンプを押して、景品のマスキングテープ(後期分)がもらえました。

Img_3995



Img_4004Img_4007


Img_4009


このあと、中書島駅まで移動し、宇治線に乗り換え。
目的は、宇治線の4駅に設置してある「響け!ユーフォニアム」の等身大パネルを見に行くこと。
ここでは設置駅4駅(中書島駅、六地蔵駅、黄檗駅、宇治駅)のパネルを紹介。
すでにご存じの方は多いかと思いますが、18日はあの事件から半年が経った日でもあります。この日テレビやネットなどでそのニュースが取り上げられていました。また、六地蔵駅のパネルのそばには「「ユーフォニアム」のイベントをお楽しみの皆様へ」と題されたお願い事のポスターがありました。

Img_4011

 

Img_4013


このあと、もう一つ気になっていた場所へ。JR奈良線の宇治川付近の複線化工事の様子を見に行きました。
工事は進んでいて、ご覧のように、あの「名撮影ポイント」へ入ることはできませんでした。(敷地外から撮影)

Img_4010


ちょうど205系の普通電車がやってきました。(敷地外から撮影)

Img_4014


京阪の宇治駅を望みます。
画像左側に見えるようにJR奈良線の下を通る道も閉鎖されていました。

これを見た後、お昼過ぎを回っていたので、帰宅しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 阪急電鉄 近畿日本鉄道 南海電鉄 南海高野線 こうや花鉄道 阪神電気鉄道 阪堺電気軌道 えいでん(叡山電鉄) JR JR貨物 嵐電(京福電気鉄道) 嵯峨野観光鉄道 大阪市交通局 Osaka Metro(大阪市高速電気軌道) 泉北高速鉄道 神戸電鉄 能勢電鉄 北急(北大阪急行) 和歌山電鐵 大阪モノレール 山陽電気鉄道 北神急行電鉄 京都市交通局 地下鉄 モノレール ケーブルカー・ロープウエイ ローカル私鉄 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 鉄道模型 MY PHOTO 過去の撮影記録から 交通科学博物館 京都鉄道博物館 梅小路蒸気機関車館 リニア・鉄道館 鉄道博物館、施設 SL 新幹線 国鉄型車両 鉄道の話題 イベント 鉄道グッズ・部品 鉄道関連書籍 鉄道DVD 花と鉄道 博物館・美術館・展覧会めぐり 鉄道景観 ブルーリボン賞・ローレル賞 ご挨拶 お出かけ、散策 お知らせ お店訪問 グルメ スイーツ ネイチャー(自然) イルミネーション 神社・仏閣 バス 景観 旅行 日記 風景 風景写真 建築物 工事中現場の様子 空港 飛行機 PHOTO カメラ アート クッキング PC 写真加工 ekiSh TV テレビ観戦 動画(YouTube) アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 スポーツ 日記・コラム・つぶやき