「自分なりのNゲージ鉄道模型」車両工作

2021年2月 1日 (月)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」続 GMエコノミーキット2610系の動力をコアレスモーターに交換する

先日、近鉄2610系などにマッチする動力台車枠と床下機器パーツのセットがグリーンマックス(GM)から発売されました。早速、去年エコノミーキットを組み立てた2610系の動力をコアレスモーターに交換したものに付け替えることにしました。

コアレスモーターに交換した際の記事については以下をご覧ください。

「GMエコノミーキット2610系の動力をコアレスモーターに交換する」(1)

Img_6145


セット内容は、台車枠と床下機器パーツからなっています。

Img_6146


それでは、作業に入ります。
まず、ボディをコアレスモーターから外します。

Img_6147

 

Img_6149


続いて、台車枠を取り付けます。この際、向きをよく確認します。今回は手持ちのGMのカタログの掲載ページを見ながら作業しました。

Img_6150


台車をコアレスモーター本体に組み戻します。

Img_6151


床下機器パーツです。(逆さですが)「1」と書いてある方が手前側になります。(GMのカタログでいうと、製品写真が写っている側)

Img_6152


床下機器パーツをゴム系接着剤で固定します。

Img_6153


車体(ボディ)を組み戻して完成です。

Img_6155


このあと、走行テストを行いました。問題なく動きました。

Img_6156


カプラーは、電車向けのKATOカプラー密連形A(グレー)にふたたび交換しました。連結すると、こんな感じです。
なお、実車はのちの更新工事でパンタグラフを下枠交差式に交換しました。その完成品が先月、グリーンマックスより発売されました。このモデルも近く、下枠交差式パンタに交換したいと考えています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」 はじめての室内灯取り付け(KATO編)

今回は、室内灯(KATO製)取り付けの備忘録を紹介します。

Img_5647


今回購入したのは、「LED室内灯クリア(電球色)6両分入り」。セット内容はこのようになっています(照明板、集電シュー、室内灯ユニット、カラーフィルター)。

Img_5648


手持ちのKATOの「SLやまぐち号セット」の客車に取り付けました。まずは手始めにオロテ35 4001(1号車)から。あらかじめ、車体は分解しておきます。古い製品は分解のしかたが異なるので、製品の説明書に従います。なお、今回はカラーフィルターは使用しません。

Img_5649


それでは、取り付けに入ります。
まず、集電シューを差し込みます。最近の製品は動力車も同様の取り付け方ですが、一部の動力車は集電シューを加工して組み込みます。詳しくは説明書などを参考にしてください。

Img_5650


続いて、室内灯ユニットを集電シューに接触するように取り付けます。

Img_5651


最後に照明板を床板にセットします(画像は仮に取り付けています)。照明板は印刷面が上になるように注意します。

Img_5653


オロテ35(1号車)とスハテ35(5号車)は前の画像のように照明板がはみ出でしまうので、画像のように一部をカットします。カットは溝の部分を折るだけでOKです。なお、ほかの3両はそのまま取り付けできます。

Img_5654


車体を組み立てる前に、室内灯が点灯することを確認するとよいでしょう。。

Img_5656

 

Img_5657


最後に元通りに組み立てて完了です。この客車の場合、こんな感じで点灯します。
KATOのLED室内灯はトミックス製と異なり、基本的には工具は不要で簡単に取り付けできます。

今回の作業にあたっては、KATOのカタログ、以下のサイトを参考にさせていただきました。

室内灯の取り付け方【KATO】 /鉄道模型通販・Nゲージ ミッドナイン

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」 はじめての室内灯取り付け(トミックス編)

今回は、わたしがはじめてチャレンジした室内灯(トミックス製)取り付けの備忘録を紹介します。
「はじめてなので、1両で完結できるものはないか」と手持ちの車両を探してみると、今から10年前の2010年に購入したトミックスの単品発売のキハ52を見つけました。

Img_4643


というわけで、トミックスのキハ52 115(大糸線)(品番:2481)に対応する室内照明ユニットLC(白色LED・幅狭タイプ)(品番:0733)を購入しました。
以前は電球式の照明ユニットも発売されていましたが、現在発売されているものはすべてLEDとなっています。鉄道模型の世界も「省エネ」の時代になりました(笑)。

Img_4644


さて、製品のセット構成は・・・。
照明ユニット本体と遮光シールがそれぞれ1個ずつ入っています。
なお、品番0737は同じ白色LEDで6個入りとなっています。

Img_4646


それでは、作業に入ります。
まずは、遮光シールを本体のLED部分に貼ります。このように本体に巻き付けるような感じです。

Img_4647

 

Img_4648


続いて、ユニットの先端をカットします。今回取り付けるキハ52の場合は、先端から四つ目の目盛(青矢印)の部分までカットします(上の画像)。カットしたあと、切り口をやすりできれいにします(下の画像)。
なお、この工程は車両により異なるので、各製品の説明書を参考にしてください。


Img_4650


次に、ユニット本体の2本の集電スプリングの先端(赤丸で囲った部分)の巻き方が細かくなっている部分をカットします。(画像はカット後です)。このキハ52もそうですが、動力車にはこの工程が必要です。

Img_4651


そのあと車両を分解します。集電スプリングがシート部の接点(2か所の穴)に入るようにセットします。なお、車両によってはユニット本体を両面テープで固定するものもあります。製品に付属の説明書に従ってください。

Img_4654


取り付けが完了しました。こんな感じになりました。これは良い雰囲気を醸し出していると思いました。
今回は初めてなこともあり1両だけでしたが、これから少しずつ取り付ける車両を増やしていきたいと思います。

Img280


今回の作業にあたっては、この本が大変役に立ちました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GMエコノミーキット2610系の動力をコアレスモーターに交換する」(2)

(1)の続きです。

Img_4441


続いて、コアレスモーターと一緒に購入した「台車枠・床下機器セット」(品番:8486)の床下機器パーツを取り付けます。交換前の動力ユニットのキットから取り付けた床下機器パーツと形状が異なり、色もやや濃いですが、手持ちの余った床下機器パーツを取り付けるとなると加工が大掛かりとなってしまうので、ここは目をつぶることにしました。

Img_4443


取説のイラスト通りにこの床下機器をゴム系接着剤で取り付けます。

Img_4444


ボディ(車体)をはめ込んでみます。床板部分の左側がはみ出てしまいました。

Img_4445


取説に記載されている通り、スペーサーを現物合わせでカットします。

Img_4447


再度はめ込んでみました。
これで完成です。交換前より見た目が良くなった感じがしました。


Img_4460

 

Img_4462


このあと、テスト運転をしました。走行についてはほぼ問題ないですが、今回動力を交換した動力車の動きが細かに振動するのが少し気になりました。あと、今回はトミックスのワンハンドル形のパワーユニット「DU-101」を使用しました。本来はレバーを加速に合わせるとレバーの位置(1~3)に合わせて加速のしかたが変化するのですが、この動力ユニットはどういうわけか、急に走り出す(いわゆる「ラピッドスタート」)という現象が起こってしまいました。理由はよくわかりませんが・・・。

Img_4463


後から組み立てた、増結用2両編成の1437系(下の2両)と一緒にトミックスの車両ケースに収めました。
できれば、手持ちの銀色ダイキャスト製(大昔!!)の製品も交換していきたいと考えているのですが、コアレスモーターの価格も高めで一度には無理・・・といった感じです(しかし、「銀色ダイキャスト製」の動力ユニットが動作確認をすると、まだ動くことが確認できてます)。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GMエコノミーキット2610系の動力をコアレスモーターに交換する」(1)

今回は、手持ちのグリーンマックス(GM)のエコノミーキット2610系の動力ユニットを同社から発売されている「コアレスモーター」の動力ユニットに交換することにしました。それについての備忘録です。

Img_4423


今回、購入したのはコアレスモーター動力ユニット(品番:5712)と動力台車枠・床下機器セットA-04(新KDタイプ(KD301)+4064AM)(品番:8486)。この2点です。

Img_4425


中身を開封してみました。画像手前側の丸い穴が2つ開いている方が、向きが右になります。この2つの穴を見ると、トミックス車両の床下・座席部分と似た感じがします。

Img_4426


まずは取説の手順通り、台車を外します。この時、シャフトを外さないように気を付けます。

Img_4428


次に、この台車枠パーツを取り付けます。余分なランナーをニッパーなどでカットします。

Img_4431


交換前の動力ユニットやほかの車両には、いつやったか覚えてないのですが(汗)、カプラーをKATOカプラーNと交換していました。なので、このユニットの台車のカプラーもKATOカプラーに交換します。この画像はうっかり台車からパーツが外れてしまったのですが、この方が交換しやすかったです。

Img_4432


台車枠の取り付け方は、以前の記事で紹介した「鉄道コレクション」やバンダイの「Bトレインショティー」とほぼ同じなので割愛します。
この段階で、ほかの車両と確実に連結できるか確認しておくとよいでしょう。


Img_4435Img_4436


このあと、コアレスモーター本体に台車を取り付けてから、ほかの車両と確実に連結できるか確認しておきます。
(左がク2710形、右がサ2760形)

Img_4437


このあと、動作確認をしました。問題なく動きました。
なお、取説には「台車枠を付けない状態では動作が不安定になりますのでご注意ください」とあります。

Img_4438


上の画像の奥が交換前の動力ユニット(いわゆる「黒ダイキャスト製品」)、下が購入したコアレスモーターの動力ユニットです。交換前の動力ユニットがまったく動かなくなってしまったので、今回の購入に至りました。
今回は、ここまでです。
次回は、床下機器パーツの取り付けなどをお送りします。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「はじめての「鉄コレ」Nゲージ化」(2)走行用パーツセットとパンタグラフの取り付け

(1)の続きです。


Img_1948


両側の先頭車をNゲージで走行できるようにするための加工を行います。
画像のパーツセットには、金属車輪、アーノルドカプラーユニット、カプラースペーサー、金属ウェイト(オモリ)が入っています。

Img_1958


まず、中間車と同じ要領で車体から床板と座席パーツを取り外します。
画像のように、デフォルトではプラ製の車輪が装着されています。

Img_1959


これを、パーツセットに付属の金属車輪に交換します。
車輪は少し押し込みながら外すと、うまく外すことができます。
これで、Nゲージの信号機や踏切などにあるようなセンサーレールにも対応できます。

Img_1962

 

Img_1963


次に、中間車と同じ要領でカプラーユニットを取り付けます。
デフォルトで装着されているアーノルドカプラーは、ディスプレイ用に作られているため、耐久力が非常に弱いのです。
パーツセットに付属のアーノルドカプラーはバネ付きのものなので、安心です。

Img_2044


連結面の間隔は、こんな感じになります。
なお、今回は使用しませんでしたが、連結面間隔が極端に狭くなった場合はカプラースペーサーを使い、適宜調整します。

Img_1964


次の作業は、走行時の重さのバランスを取るためのウェイトを床板の室内側に組み込みます。
鉄コレの床板についている3つの穴に合わせて、ウェイトをはめ込めばOKです。
グリーンマックスのキットと違って、ウェイトの接着や「オモリ止め」パーツの固定の作業はなく、簡単に取り付けられます。

Img_1966


最後に、中間車のパンタグラフを交換します。
トミックス製の補修用の分売パーツを使用します。使用する種類は製品のパッケージに記載されているので、それを参考にします。
ここでの注意点としては、パンタグラフを外すときは、土台の左右を持って上に引っ張って外すことです。
交換パーツを取り付ける際は、穴の位置を確認して上から押し込みます。
交換後はディテールも良くなり、見た目も引き締まります。
ディスプレイにする際でもこのパンタグラフの交換作業だけでも行えば、良いかと思います。

Img_1968


これで、この車両もNゲージ化が完了しました。
あとは、レールを敷設したレイアウトで走行を楽しむだけです(^^♪。

この作業に取り組むにあたり、以下のサイトを参考にさせていただきました。

鉄コレをNゲージゲージ化する/鉄道模型通販・Nゲージ ミッドナイン
ホビーサーチブログ 鉄コレ101系鶴見線を”Nゲージ化”する

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「はじめての「鉄コレ」Nゲージ化」(1)付属パーツの取り付けと中間車への動力ユニット取り付け

 

Img_1564


今回はトミーテックさんから発売されている、模型好きの方を中心に根強い人気を持つ鉄道コレクション(「鉄コレ」の愛称で呼ばれている、全国の鉄道車両をモデルとしたディスプレイモデル)で初めてNゲージ化(Nゲージのレイアウトで走行させる)した備忘録を紹介します。
初めてNゲージ化にトライした商品は、トミーテックさんの「ジオコレ」のサイト内の動画などでも紹介された伊豆箱根鉄道3000系(3506編成)ラブライブ!サンシャイン!!「HAPPY PARTY TRAIN」ラッピング電車3両セットです。
この車両の実車は見たことはありませんが、このラッピングに用いられている作品は個人的に好みなので、初めて鉄コレでNゲージ化した製品としました。

Img_1920


まずは付属パーツの取り付けから。
無線アンテナはパッケージに記載のとおり、先頭車の屋根パーツ裏側の指定の位置に、1mmドリル(ピンバイスを使用すると良い)で穴をあけ、アンテナを差し込みます。差し込んだら、屋根パーツの裏側にプラ用接着剤(タミヤセメントがおすすめ)を塗布すると、安定します。
なお、パーツは非常に小さいので、破損や紛失には気をつけてください。
ちなみに、この取り付け作業は「上級者向け」とパッケージに記載されているので、あくまでもアクセント的なものととらえて、無理におこなう必要はないでしょう(わたしも進んでしないほうです(^^ゞ)。

Img_1921


次に、付属のヘッドマークパーツを先頭車に取り付けます。付属のシールのなかからお好みのものをヘッドマークパーツ(円形のもの)に張り付け、両面テープやゴム系接着剤などで取り付けます。
画像のようにHMは実車より大きく見えますが、ここは目をつぶるとしましょう(笑)。

Img_1924


さて、ここからはタイトル通り、鉄コレのNゲージ化作業に入ります。
鉄コレのほとんどは、パッケージにNゲージ化に必要な別売りパーツが記載されています。まずは、これらを用意するところからはじめます。
この製品に使用するものは、動力ユニット、Nゲージ走行用パーツセット、トミックス製分売パーツのパンタグラフです。

Img_1925


この製品に必要なパーツです。
なお、動力ユニットに取り付ける台車枠(レリーフ)は、動力ユニットに付属のものは取り付けず、製品パッケージに記載しているとおり、製品に付属の台車枠を使用します。

Img_1930


まず、鉄コレ車両を分解します。
ボディから床板と座席パーツを取り外します。
そのあと、製品に付属の台車枠(レリーフ)を動力ユニットに取り付けます。
バンダイから発売の組み立てキットの「Bトレインショーティー」を組み立てたことがある方ならお気づきかと思われますが、取り付け方は、そのBトレとほぼ同じです。

Img_1931


製品の床下機器も動力ユニットに取り付けます。取り付けがゆるい場合は、プラ用接着剤で固定させると良いでしょう。
製品のパッケージに記載のイラストなどを見ながら、向きを間違えないようにしましょう。
なお、この作業はグリーンマックスの車両キットの組み立ての際の、床下機器パーツを床板に固定させる作業とほぼ同じです。

Img_1932


次に動力ユニットに付属しているカプラー(アーノルドカプラーユニット)を取り付けます。
動力ユニットは、多くの鉄コレ車両に対応できるように車体より若干短めに作られています。
余分に開いてしまう隙間を埋めるパーツがこのスペーサーと呼ばれるもので、S・M・Lの3種類付属しています。
この製品ではパッケージに記載のとおり、画像のSサイズを使用します。これをランナーから切り出します。

Img_1941


スペーサー(Sサイズ)を前後に取り付けた状態です。

Img_1943


Img_1944


スペーサーを取り付けたら、カプラーを取り付けます。
上は動力ユニットの下から見たもの、下は同じく上から見たものの画像です。
取り付け作業は、さほど難しいものではないのですが、はじめてのわたしはよく分からなかったので(汗)、メーカーさんに問い合わせてようやく分かりました。
この製品の場合は中間車となるので、前後2か所に取り付けます。
一つつけることができたら、2つ目からは大体のコツはつかめて、取り付けにも苦労しないと思います。

Img_1946


最後にボディを組み合わせて完成です。
次回は走行用パーツの取り付けについてです。

この作業に取り組むにあたり、以下のサイトを参考にさせていただきました。
鉄コレをNゲージ化する/鉄道模型通販・Nゲージ ミッドナイン
ホビーサーチブログ 鉄コレ101系鶴見線を"Nゲージ化”する
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 阪急電鉄 近畿日本鉄道 南海電鉄 南海高野線 こうや花鉄道 阪神電気鉄道 阪堺電気軌道 えいでん(叡山電鉄) JR JR貨物 嵐電(京福電気鉄道) 嵯峨野観光鉄道 大阪市交通局 Osaka Metro(大阪市高速電気軌道) 泉北高速鉄道 神戸電鉄 能勢電鉄 北急(北大阪急行) 和歌山電鐵 大阪モノレール 山陽電気鉄道 北神急行電鉄 京都市交通局 地下鉄 モノレール ケーブルカー・ロープウエイ 地方交通、第3セクター 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 キット製作 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 ジオラマ製作 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 ストラクチャー 「自分なりのNゲージ鉄道模型」車両工作 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 鉄道模型 MY PHOTO 過去の撮影記録から 交通科学博物館 京都鉄道博物館 梅小路蒸気機関車館 リニア・鉄道館 鉄道博物館、施設 SL 新幹線 国鉄型車両 鉄道の話題 イベント 記念切符、鉄道グッズ、鉄道部品 鉄道関連書籍 鉄道DVD 花と鉄道 博物館・美術館・展覧会めぐり 鉄道景観 ブルーリボン賞・ローレル賞 ご挨拶 お出かけ、散策 お知らせ お店訪問 グルメ スイーツ ネイチャー(自然) イルミネーション 神社・仏閣 バス 景観 旅行 日記 風景 風景写真 建築物 工事中現場の様子 空港 飛行機 PHOTO カメラ アート クッキング PC 写真加工 ekiSh TV テレビ観戦 動画(YouTube) アニメ・コミック スポーツ 日記・コラム・つぶやき