サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

鉄道コム

  • 鉄道コム

京都鉄道博物館

2018年3月30日 (金)

京都鉄道博物館で、オレンジ色の103系を見てきました。(後編)

前編の続きです。

今回、屋根上も見ることができました。

Dsc_8524

103系や113系など、一般車国鉄型電車標準の冷房装置、AU75形です。


Dsc_8529

列車無線アンテナ(左中央)と信号炎管(右)です。


Dsc_8552

このあと、車内へ入れました。
照明は暗めになっていました。


Dsc_8550

乗務員室裏側です。
ここが、いわゆる「かぶりつき」の場所なのですが、鉄道会社や車両によってスタイルはいろいろです。
この103系の場合、国鉄型のためスペースはこのように限られたものとなっています。


Dsc_8545

802号車の運転台です。
客室と異なり、室内色は原型のグリーン系です。


Dsc_8547

こちらにはブレーキハンドルが見えます。


Dsc_8558

乗降扉です。
30N工事施工の扉は、ほぼ原形です。
ドア注意喚起のステッカーは、JRになってから張り付けられたものです。


Dsc_8561

広告枠には、「大阪環状線2017」と題して、様々な取り組みが掲示されていました。
これは、玉造駅前にできた103系を模した商業施設「ビエラ玉造」と103系電車とのコラボ写真です。

わたしも真似しましたが、とても楽しかったものと記憶しています。


Dsc_8569

国鉄~JR初期は「シルバーシート」と呼ばれていた、お年寄りの方などの交通弱者向けの座席は、JR西では1990年代末に「優先座席」と名を変え、大きなステッカーと座席デザインの変更などで、大きく様変わりしました。


Dsc_8572


843号車の乗降扉には、「ありがとう103系」、「さようなら103系」と題して、様々な103系の写真が掲示されていました。

画像は、この京都てっぱくに保存されている、クハ103-1号車について書かれたものです。


Dsc_8586

国鉄時代は「非常用ドアコック」(標記上は「非常用ドアコツク」)と呼ばれた非常用機器の設置場所を示すサインボードです。
JR西バージョンは、こんなデザインになっています。


P_20171105_1 P_20171105_2

このあと、お昼が近かったので、昼食はこれを購入しました。
「ありがとう大阪環状線103系弁当」という、企画商品です。


P_20171105_3

ふたを開けると、環状線の路線図とともに、「大阪の象徴 103系」という解説が載っていました。

大阪では、やはり「オレンジ色の電車=環状線の103系」というイメージが定着しているのかもしれません。
(かつては、片町線(学研都市線)でも走っていましたが・・・)


P_20171105_4

中身は、大阪の名物(串カツなど)が入っていました。
とても美味しかったです。

このあと、もう少し見て回りたかったのですが、かなりの人混みだったので、この日は足早に帰宅しました。


P_20171105_5

この日はおみやげにミュージアムショップでこれらを注文しました。
京都名物の八つ橋とわらび餅です。

デザインもいい感じgood

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年3月19日 (月)

京都鉄道博物館で、オレンジ色の103系を見てきました。(前編)

今回は、京都鉄道博物館(京都てっぱく)で去年の11月に期間限定で展示された、オレンジ色(大阪環状線で活躍した)の103系を見てきた備忘録を書かせていただきます。

この日は、大阪環状線(以下、環状線)で運転され、「103系」にちなんだ2017年10月3日をもって運行終了した、森ノ宮支所所属のLA04編成の先頭車(クハ103形)2両(843号車および802号車)が同館の車両工場にて展示されました。

Dsc_8500


Dsc_8506


Dsc_8516


Dsc_8519


この日展示されたクハ103-802号車には、環状線開業30周年記念、843号車には同じく開業50周年記念の際に掲出されていたHMを取り付けて展示されました。


Dsc_8489

ここで、展示された車両の細かな場所を見てゆきましょう。
環状線内回り向き先頭車の802号車は、「弱冷房車」となっています。


Dsc_8492

乗務員扉の手掛け。
わたしは、ここまで観察してなかったのですが、JRになってから取り付けられたものと思われます。


Dsc_8487

なお、末期の森ノ宮支所に在籍していた103系には、新車のようリニューアルする「体質改善40N」と、製造後30年程度まで使用できる工事「体質改善30N」の2種の車両が使用されていました。

LA04編成には、この2種が混結されていました。
詳しくはわかりませんが、このLA04編成が最後まで環状線に残った理由は、乗降扉や側窓が、このような原型だったのかもしれません。

ちなみに、2005(平成17)年からの環状線への201系転入後の103系は、先頭車が高運転台で、車齢が比較的若い車両で揃えられていました。


Dsc_8512

Dsc_8513

この日には、こんなものが。
子供にもわかりやすいように、展示されている2両の103系について説明されたパネルが掲示されていました。

※おまけ画像


Img502

以前、当ブログで記事に書いた、1991(平成3)年4月に森ノ宮区(当時)で開催された、環状線開業30周年のイベントの中の1枚です。

この頃は、環状線は103系の天下でした。


20140329__1

在りし日のクハ103-802号車の1枚。
丸ビルと絡めて。

次回は、車内などを紹介します。(続く)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月27日 (土)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(8)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_5574

このあと、3階のスカイテラスへ。
手前にはJR貨物の京都貨物駅、奥には東寺の五重塔が見えます。

もう夕暮れ時でしたが、澄み切った青空、心地よい風が吹いて気持ちが良かったですconfident


Dsc_5575

フェンス越しですがcoldsweats01、左奥に京都タワーが見えました。


Dsc_5577

1枚目の画像の角度を西側へ向けてみたらcamera、ちょうど新幹線bullettrainが走り去るシーンを写すことができましたhappy01


Dsc_5578

再び角度を変えて撮影。

赤矢印で示したところが、旧二条駅舎ともと「梅小路蒸気機関車館」の「扇形車庫」で、SL約20両が展示されています。

今回は時間の関係で見学はできませんでしたが、次回訪問時にはぜひとも見学したいと思っております。


Dsc_5580

このあと、再び1階へ。

もう、閉館時間も迫ってきていたので、名残惜しい気持ちになって見学しました。


Dsc_5586

交通科学博物館から移設されたSL、230形233号です。


Dsc_5584

同機のナンバープレートと、鷹取工場の復元銘板。


Dsc_5585

製造銘板(メーカーズプレート)も撮影camera
レトロな雰囲気がとてもいい感じ。


Dsc_5579

最後に、しめでこの構図を。
これだと、500系新幹線が主題という感じに。


Dsc_5582

そこで、角度を変えてもう一度。
時間も押していたし、これで良しとしました。

**************************************

この日は、なかっちょさんとご一緒させていただき、有意義なひとときを過ごすことができました。

改めまして、この場をお借りしてお礼申し上げます。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月21日 (日)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(7)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_5556

Dsc_5557

このあと、わたしがいる2階中央の吹き抜けから、1階に展示している少しだけ見物。

まず目に入ったのは、2両の貨車。
(ヨ5000形5008号車、ワム3500形7055号車)


Dsc_5565

新たに展示車両となったEF66形35号機のほか、交通科学博物館から移設されたものも(「こだま号」のカットモデルなど)。


Dsc_5569

角度を変えてみると、こんなふうになっています。

この画像からは見えませんが、交通科学博物館から移設された、1800形蒸気機関車(1801号機)、EF52形電気機関車(1号機)、新たに展示された100系新幹線(122形5003号車)も、同館では展示されています。

では、同館の看板展示車両である3両をこの角度から見てみましょう。


Dsc_5566

Dsc_5567
(上)手前から583系(クハネ581形35号車)、500系新幹線521形1号車。
(下)489系(クハ489形1号車)。

これはまた、迫力があるなぁーcoldsweats02sign03と感じました。


Dsc_5570

機関車の先頭に掲出されたヘッドマークの展示も大好評(^^♪。


Dsc_5571

SLのナンバープレートもズラリhappy01sign03


Dsc_5573

これは、踏切の操作体験でしょうか?


Dsc_5572

再びフロアへ。
こんな近未来的な体験コーナーもありましたよ(^^♪。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月17日 (水)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(6)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_5548

このあと、トワイライトプラザに展示のトワイライトエクスプレスの客車をチラ見して向かったのは・・・。


Dsc_5549

かつては、梅小路蒸気機関車館の入口でもあり、資料館でもあった旧二条駅舎。
同館になってからは、ミュージアムショップとなりました。
ここで、来館したお土産として、同館オリジナルのキーホルダーなどを購入しました。


Dsc_5551

このあと、ふたたび本館2階へ。



Dsc_5550

少し歩くと、壮大な鉄道ジオラマがcoldsweats02
しかし、今回は時間の関係でこの1枚だけに・・・。


Dsc_5552 Dsc_5553

次に見学したのがこちら。
「アコモデーション」(ここでは、車両の客室設備)の移り変わりについて学ぶための模型が展示されていました。


Dsc_5554

先日、阪急千里線の北千里駅が「日本初の自動改札機」を導入して、50周年を迎えたのも記憶に新しい、自動改札機の模型をくぐります。

その先には、少し見づらいですが、「切符のいろいろ」と題し、いろいろな種類のきっぷが展示されていました。


Dsc_5555

ここでは、「時間に正確な鉄道」と題し、一昔前(フラップ式)の列車発車案内表示器が展示されていました。

向かって左側をくぐると・・・。


Dsc_5559

先ほどとはさらに昔へタイムスリップ。


Dsc_5560

その横には解説パネルを設置。


Dsc_5562

そのそばには、こんなものも。
駅から荷物を送る受付所です。
今でいう「宅配便」ですね。

このエリアではこのほか、昔の運賃表、乗客が切符を購入するための「出札口」、「昔の駅員が行っていた仕事」と題して「駅事務室」の展示がなされていました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月12日 (金)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(5)

こちらの記事の続きになります。

引き込み線の展示車両を見学したあと、次にまわったのはこちらでした。


Dsc_5546

「車両のしくみ」という、鉄道車両の動く部品などが展示されており、その名の通り、「鉄道車両の仕組み」が分かるというコーナーです。


Dsc_5534_2Dsc_5535


ここでは、車両を動かす「台車」を見ていきましょう。

(上)オハフ33形という客車に使用されていた、TR23形台車。
(下)京阪1700系に試験導入された、汽車会社製の空気ばね台車、KS50形台車です。


Dsc_5536 Dsc_5537


(上)スエ30形客車(救援車)に使用されていた、TR11形台車。
(下)阪急が誇る名車、2000系に使用されていたFS345形台車です。

こんな具合に、いろいろな台車が並べられていました。
   

Dsc_5540 Dsc_5539


次に見学したのはこちら。
いろいろな車両の「運転台」を、実車のものをモデルに紹介していくコーナーです。

ここでは、221系電車の紹介。

運転台は見れませんでしたが、パネルには「非常時における通り抜けの有無」についての解説があり、「通路を確保した運転台」の例として、この221系電車が取り上げられていました。


Dsc_5542

こちらは、0系新幹線の運転台。


Dsc_5543

解説パネルが見づらいですがcoldsweats01、これはDE10形ディーゼル機関車の運転台。


Dsc_5544

こちらは、同じくディーゼル機関車のDD51形の運転台です。


Dsc_5541 Dsc_5545


最後はブルートレインもけん引した電気機関車、EF66形。
ちょうど、男の子が操作していていたので、少しだけ。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月 5日 (金)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(4)

このシリーズの最後の記事を書いてから、およそ1年間放置してしまってました・・・(>_<)。
なのでこれから、当時撮影した写真と、京都鉄道博物館(京都てっぱく、以下同館)のHPを参考にしながら、書きまとめていきたいと思っているので、しばしおつき合いくださいませ<m(__)m>。


こちらの記事
の続きになります。

次に向かったのは引き込み線。
この引き込み線とは、同館の館外に延び、実際の営業線とつながる線を活用して、現役で運行している車両なども臨時で展示できるというものです。

では、この日見た展示車両を紹介してまいります。


Dsc_5514

Dsc_5516

梅小路蒸気機関車館時代は、自分が訪問したころはあまり保存状態が良くなかった、旧型客車、オハ46形13号車も、美しい姿になりました。


Dsc_5513

「国鉄型客車」の証。
「日本国有鉄道」の銘板。

次はこちら。
洗練されたカラーとフォルム。


Dsc_5520

Dsc_5521

Dsc_5522_2

ここまで見たら、もうわかりますよねwink


Dsc_5529

JR西が運行していた豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス」に連結されていた「サロンカー」、オハ25形551号車です。


Dsc_5533


Dsc_5530

Dsc_5524

一方、こちらは同じく「トワイライトエクスプレス」の電源車で荷物室を備える、カニ24形12号車。

引き込み線に展示されていた車両は、以上の3両でした。


※おまけ画像


Dsc_5532

検修庫で憩う、2両の客車。
次に向かうべき鉄路は何処だろうか・・・。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年5月28日 (土)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(3)

こちらの記事の続きになります。

プロムナードをひと通り見学し、中庭を通ります。

Dsc_5493
これは、昔使われていた、腕木式信号機です。
今も、一部のローカル私鉄などで見ることができます。

このほかに転てつ器(ポイント)など、線路にまつわるものが展示されていました。

Dsc_5487
こちらが「トワイライトプラザ」。

右側の機関車が、かつて「トワイライトエクスプレス」をけん引していた、EF81形(103号機)、左側が「ゴハチ」ことEF58形の150号機で、ファンの間からは「イゴマル」(150号機の語呂合わせ)というニックネームで親しまれていました。

Dsc_5495

「トワイライト」の食堂車、スシ24形の横には、往年の方にはなつかしさを感じさせる、洗面台が設置されていました。

自分も鉄道雑誌の昔の駅構内の写真で見たことがあります。

Dsc_5496
その手前にはベンチが設置されていました。
ちなみに向かいには「ブルートレイン色」のオロネ24形(4号車、A寝台車)が展示されていました。
写真は撮りましたが、ここでは割愛させていただきます(^^ゞ。

Dsc_5503
こちらは、前面が国鉄型機関車のスタンダードなスタイルのEF65号機(1号機)です。

Dsc_5506
Dsc_5507
その向かいには、数多くの方々の夢とあこがれを運んだ、「トワイライト」のロビーカー、スロネフ25形(501号車)「スイート」が展示されていました。

この車両を間近でみたのは、今回がはじめてでしたcoldsweats02。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年5月24日 (火)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(2)

こちらの記事の続きになります。

入口で入館券を受け取り、エントランスホールを通り、最初に駅のプラットホームを模したプロムナードの展示車両を見学しました。

Dsc_5440
最初に目eyeにとまったのが、こちら。
80系電車のトップナンバー(クハ86001)。
きれいshine姿になっていました。

同車はいわゆる前面が「2枚窓」が有名なのですが、残念ながら保存車両はゼロで、最初に製造されたこの車両だけが唯一の保存車両です。

Dsc_5441
こちらは、「シロクニ」ことC62形(26号車)蒸気機関車です。

Dsc_5447
0系新幹線のトップナンバー4両(先頭車2両、グリーン車、食堂車各1両)もきれいな姿で保存されていました。

やはり「元祖新幹線」だけに、見学者の人気は高く、わたしたちはサーッと見学しておきましたcoldsweats01

Dsc_5483
Dsc_5482
ディーゼル機関車DD54形(33号機)(上)、その後ろに「走るホテル」と呼ばれていた、20系客車の食堂車(ナシ20形24号車)が展示されていました。

ナシ20形では、レストランとして営業されています。

Dsc_5460
Dsc_5461
旧形客車2両(マロネフ59形1号車(上)、スシ28形301号車(下))。
以上の車両は、大阪市港区にあった「交通科学博物館(こうはく)」に展示されていたものです。

Dsc_5485
この電車は、旧国鉄時代から「大阪環状線の代名詞」だった、103系のトップナンバー(クハ103-1号車)です。

Dsc_5470
同車は、製造当初は首都圏(今でいう、JR東日本エリア)を走っていましたが、のちに大阪環状線へ移り、長期にわたり活躍。
晩年は製造当初のパートナーだったクハ103-2号車とペアを組み、阪和線で活躍したあと、引退。その後、吹田総合車両所で保管。

そして、同車は「103系のトップナンバーの1両」として、引退時に近い状態でこの鉄博に保存されました。

車内もこの通り、緑系の化粧版や青色の座席など、今では「なつかしい姿」となっています。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年5月21日 (土)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(1)

きのう(20日)、なかっちょさんとご一緒していただき、先月開館した京都鉄道博物館(以下、鉄博)に行ってきました。

入館時間がやや遅めだったため、駆け足dash気味でひと通り見物できました。

館内で撮影したものは次回以降にアップして、今回は入館券などを紹介します。

20160521_104127
20160521_1042191

館内の受付で、「グランドオープン」の入館記念券を受け取りました。

上の画像のベージュ色の券が硬券といって、今となっては、貴重なものになります。

20160521_104258
梅小路蒸気機関車館時代の「旧二条駅舎」内の一角が「ミュージアムショップ」になり、鉄道にまつわるさまざまな商品が発売されていました。

この日も混雑していて、今度はいつ頃行けるのか分からなかったので、キーホルダーなど、数点を購入しました。

画像は、わたしの星座が「みずがめ座」なので、このキーホルダーを購入しました。(つづく)

なかっちょさん、ご一緒いただき、ありがとうございました。お疲れ様でした。

※おまけ画像

20160521_104716

えいでんのHPを見て、「欲しい!!」と思っていた鉄コレ「叡電デナ21型」をえいでんの出町柳駅に立ち寄り、購入できました。
このあと帰路へ就き、帰宅したのは、20時前でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 | 阪急電鉄 | 近畿日本鉄道 | 南海電鉄 | 南海高野線 こうや花鉄道 | 阪神電気鉄道 | 阪堺電気軌道 | えいでん(叡山電鉄) | JR | JR貨物 | 嵐電(京福電気鉄道) | 嵯峨野観光鉄道 | 大阪市交通局 | 泉北高速鉄道 | 神戸電鉄 | 能勢電鉄 | 北急(北大阪急行) | 和歌山電鐵 | 大阪モノレール | 山陽電気鉄道 | 北神急行電鉄 | 京都市交通局 | 地下鉄 | モノレール | ケーブルカー・ロープウエイ | ローカル私鉄 | 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 | 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 | 鉄道模型 | MY PHOTO | 過去の撮影記録から | 交通科学博物館 | 京都鉄道博物館 | 梅小路蒸気機関車館 | リニア・鉄道館 | 鉄道博物館、施設 | SL | 新幹線 | 国鉄型車両 | 鉄道の話題 | イベント | 鉄道グッズ・部品 | 鉄道関連書籍 | 鉄道DVD | 花と鉄道 | 博物館・美術館・展覧会めぐり | 鉄道景観 | ブルーリボン賞・ローレル賞 | ご挨拶 | お出かけ、散策 | お知らせ | お店訪問 | グルメ | スイーツ | ネイチャー(自然) | イルミネーション | 神社・仏閣 | バス | 景観 | 旅行 | 日記 | 風景 | 風景写真 | 建築物 | 工事中現場の様子 | 空港 | 飛行機 | PHOTO | カメラ | クッキング | PC | 写真加工 | ekiSh | TV | テレビ観戦 | 動画(YouTube) | ウェブログ・ココログ関連 | スポーツ | 日記・コラム・つぶやき

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ