サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

ケーブルカー・ロープウエイ

2016年10月30日 (日)

3連休の過ごし方【3】石清水八幡宮へ(後編)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_6259

石清水八幡宮へ参拝する際は、この細い道をとおります。


Dsc_6266

Dsc_6268

その途中には、ご覧のようなものも見受けられます。

少し話がそれましたが、展望台へ向かいます。
以前はさほど問題なく登れた階段なのですが、今回は少し苦労しました。
自分も「まだ若い」のですが・・・coldsweats01


Dsc_6275

ここが展望台と呼ばれている場所です。


Dsc_6289

この望遠鏡が、ここが展望台と呼ばれる所以(ゆえん)です。

このほかに、小説家の谷崎潤一郎の記念碑もあります。


Dsc_6303

手持ちのカメラで一枚camera
快晴の空がいい感じ♪。


Dsc_6284

まわりにいた方が「京阪電車が見える」と言っていたのが、この場所。
今回は望遠レンズは持参していなかったのですがcoldsweats01、大阪方面に向かう電車を撮影することができました(*^ー゚)bグッジョブ!!


Dsc_6309

このあと下山するため、男山山上駅へ。


Dsc_6316

乗車する車両は、往路と同じ1号車でした。


Dsc_6320

ここで、赤矢印にご注目を。
この男山ケーブルカーの御守りは電車に掲げられている「成田山不動尊」のものではなく、「石清水八幡宮」のものが掲げていました。

これには、今まで気がつきませんでした・・・。


Dsc_6325

帰路のケーブルカーは、なぜか乗客が自分ひとりだったので、前部に座り、前面展望が楽しめました。


Dsc_6328


Dsc_6334

2号車とすれ違い。


Dsc_6340

ケーブル八幡市駅が見えてきました。


Dsc_6343

Dsc_6344

この画像の赤矢印のものは、帰宅してから分かったのですが、「ひえぞうくん」という駅構内に冷風を送るもののようです(先端にダクトのようなものがみえる)。
もし、間違っていたら、ご指摘いただければ幸いです。


20161010_101045

帰路に就く前に、7両編成の淀行き急行を撮影できました。
この画像だけスマホのものですが、スマホのカメラはこういったとっさの時に役に立ちます(^^)。(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年10月27日 (木)

3連休の過ごし方【3】石清水八幡宮へ(前編)

10月の3連休の最終日の10日は、昨年国宝に指定され、何かと話題となっている、「やわたのはちまんさん」の愛称で親しまれている、石清水八幡宮へ出向きました。

京阪線の八幡市駅で下車。

大阪方面に向かって少し歩いたところに、男山ケーブル乗り場があります。

この日は朝早めに到着したので、20分間隔で運転されていました。


Dsc_6209

ケーブルカーが到着し、乗り場へ。
記念撮影用のパネルは、この日の日付になっていました。


Dsc_6210

「ケーブル開業60周年」のHMは外されていましたが、「祝 国宝記念」のHMは掲出されていました。

ケーブルカーの奥に見える「青いもの」は何なのでしょうか・・・?


Dsc_6212

ちなみに国宝記念のHMですが、京阪線の車両では1000系と2400系の大半の編成に掲出されています。

まもなく発車の時刻なので、乗車しました。


Dsc_6220

車内放送のメロディは今年の4月29日より、現在は音楽館の代表取締役社長を務める向谷実氏が作曲されたものになりました。

わたしはこの関連イベントに参加しましたが、「石清水八幡宮にふさわしい、とても素晴らしいメロディーだ」と感心しています。


Dsc_6232

もう一台のケーブルカーとのすれ違い。
このあとは・・・。


Dsc_6236

当ブログで何度かアップしていますが(^^ゞ、やはり、この景色は素晴らしいと思っています。


Dsc_6237

男山山上駅を降りて、山道を歩くこと数分。
石清水八幡宮へ到着です。

まず参拝を済ませ、去年購入したお守りを返納し、新しいお守りの購入、そのあとおみくじを引きました。

おみくじの内容は、一言でいうと「今の自分の状態とほぼ当てはまっている」のですcoldsweats02

「やっぱり、パワースポットはすごい」とあらためて感心しました。

このあと、上の写真も含め、持参したデジイチで撮影しました。


Dsc_6238

Dsc_6240

本殿向かって左下には、七五三祝いの記念撮影ボードがありました。


Dsc_6244

ここでは絵馬が奉納されておりました。


Dsc_6252

このあと、本殿をあとにしました。


Dsc_6256

この日は少し時間があったので、いろいろと観察してみました。
「祝 国宝」ののぼり。


Dsc_6254

この「ボーイスカウト募集」の看板ですが、ボーイスカウトはわたしが小学生の時に入隊していました。

個人的には、しんどい経験が多かったですがthink、今となっては「よき思い出」となっています。


Dsc_6274
「八幡宮裏参道 一望絶賛の景色(パノラマ)」表する、展望台。
ケーブルカーで下山する前に、立ち寄ることにしました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします、

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年5月13日 (金)

「祝 男山ケーブル60周年」のイベントに参加しました。(2)

こちらの記事の続きになります。


わたしが体験乗車したのはA班(八幡市駅13時7分発)でした。

S20160504_130841

上の画像の広告(クリックすると、拡大します)の通り、(1)正月上り、(2)正月下り、(3)七五三上り、(4)七五三下りの順でメロディが流れるという内容です。

ちなみに、上りとは八幡市駅→男山山上駅、下りはその逆になります。

まずは、正月向けのメロディーから。
その前に、作曲された向谷氏からのメッセージが流れて、ビックリcoldsweats02

ちなみに正月向けは、初詣時期に流すもので、「高速運転」で短め(1分強)となっています。
通常時とこの正月向けは、邦楽器を使用して、天空と下界のへの移動を強く意識したとのことです。

20160504_131308
男山山上のホームにて。
「ようこそ」のパネルの裏側には、こんな表記が。
今まで気が付きませんでしたcoldsweats01

20160504_134638
この日のケーブルカーの運転はこのようになっていました。

20160504_134841
このあと、「正月下り」→「七五三上り」と乗車して、最後は「七五三下り」に乗車して、「特別列車試乗」はおしまいです。

20160504_135851
当日限定の記念撮影用パネルとケーブカーのコラボ。

20160504_140345
男山山上駅14時7分発の便をcamera
この日限定の「赤いハトマーク」も写せました(*^ー゚)bグッジョブ!!。

そのほか、八幡市駅では「ケーブル60年の歩み」というパネルも展示されていました。

このあと、遅めのお昼です。

20160504_140828
20160504_144528

京阪線八幡市駅から歩いて数分の「石清水八幡宮頓宮(とんぐう)」という場所で「八幡うまいもん祭り」というイベントを開催していたので、立ち寄ってみました。

20160504_143158
出店の各店で、いろいろな名産品を購入後、画像の「焼うどん」と「たこ焼き」を購入。
800円でした。

20160505_194959
京阪のグッズ販売会のブースもあったので、いくつか購入しました。
明日(14日)発売されるCD「発車メロディコレクション 2016」。
このCDに、男山ケーブルのメロディなどが新たに収録されています。
興味のある方は、ぜひ購入されてみてはいかがでしょうか・・・。

20160507_143257
20160507_143324
こちらも、14日から発売の鉄コレ「京阪大津線700形 鉄道むすめラッピング電車」です。

このあと、帰路につきました。
その帰路ですが、枚方市駅発の各停淀屋橋行きの運転手さんが女性の方でした(車掌さんは男性)。

京阪の「女性の運転手」は初めて見たので、正直驚きましたcoldsweats02。(完)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年5月 7日 (土)

「祝 男山ケーブル60周年」のイベントに参加しました。(1)

GW中盤の4日(みどりの日)、京阪の男山ケーブル60周年のイベントに参加するべく、京阪のケーブル八幡市駅に出向きました。

20160504_122817
現地に到着したのは、11時半ごろ。
すでに行列ができていました。

発売開始の12時からおよそ30分後に、購入することができました。

Img115
1日乗車券の表紙です。

Img116
この乗車券のポイントは、硬券となっていて、大人の場合は、乗車時に鋏(はさみ)を入れてくれて(乗車券の下側)、子供の場合は、「小」というところをななめにカットするというものです。

Img118
この券は、指定した時間の列車(A班~F班、各70名)に乗車すると、「正月」と「七五三」のメロディを一足先に聴けるという内容のイベントの参加券です。

京阪のHPでは、「先着順の(この券を)お配りします」とのことだったのですが、乗車券購入時に選ぶことができたので、一番時間の早いこのA班を希望しました。

このいわゆる「体験乗車」は、(時間の関係から)最初はパスしようか悩んでいたのですが、運よく(?)このA班に参加できたので、参加することにしました。

さて、この券によると「正月上り」が八幡市駅13時7分発となっています。

ちょうど、12時45分の便に乗れるので、まずは「通常の車内放送」を聴くことにしました。

20160504_125555
画像のBose(ボーズ)製のスピーカーと、パイオニア製のカーオーディオが新たに搭載され、臨場感あふれる車内放送をエンジョイできましたhappy01

20160504_130147
トンネルを抜けると、すばらしい景色が堪能できます。
ここ数年は、京阪線のダイヤ改正の関係で、電車とのコラボが見れないのが玉にきずですが・・・coldsweats01
Img117
男山山上駅に設置してある、記念スタンプ(少し、はみでてしまいましたが・・・coldsweats01)を乗車券に押して、折り返しの13時の便で下山しました。

ちなみに、この新しい車内放送は、音楽家の向谷実氏がプロデュースしたものです。

このあと、「体験乗車」に参加します。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年10月27日 (火)

先週末のお出かけは・・・。

体調不良のため、しばらくお休みしていました・・・think

久々に記事を書かせていただきます。

**************************************

今回は先週末のお出かけのお話です。

24日は、京阪から発売された、鉄コレ「1000形」(特急時代色・一般色)、Bトレ「80形」を最寄り駅で購入しました。

25日は、今年に入ってまだ行っていなかった、京都府八幡市の石清水八幡宮への参拝でした。

Dsc_2682

京阪八幡市駅から少し歩いたところにある、男山ケーブル乗り場です。
往路は、13時15分の便に乗車しました。

Dsc_2698

「やわたのはちまんさん」として親しまれている、石清水八幡宮が「国宝に指定される」との告知が。

Dsc_2685

ケーブルカーの所要時間は3分ほど。
途中、車窓からはこんな景色を臨むことができます。

Dsc_2686

本殿へ参拝してから、スマホで撮影。
本殿は修復工事中でした。

あと、この日は木枯らし1号が吹いて、道中はけっこう寒かったです。

Dsc_2688

南総門周辺を撮影。

七五三の記念撮影をされている方も見受けられました。

Dsc_2690

このあと、帰路へ。
北風を見に受けながら、ケーブル乗り場へ。

Dsc_2691

Dsc_2694

乗り場へ行くと、ちょうどケーブルカーが到着。
係員さんいわく、14時発車とのことでした。

Dsc_2695

下山後、きれいな花が咲いているのが見えたので、1枚camera
(本当は、もっと良いショットがあったのですが・・・(^^ゞ)

このあと、帰路に就いたのでした。

あらたな御守りも授かり、軽い森林浴もできて、気分がリフレッシュできましたconfident

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2014年9月 3日 (水)

シリーズ「2014年版 スルッとKANSAI 夏の3dayチケットを使って」2日目「1年半ぶりの”えいでん”&叡山ケーブル」(1)

2日目ですが、先月27日に約1年半ぶりに叡山電鉄(以下、えいでん)に乗車と撮影をし、初めて叡山ケーブルに乗り、比叡山の麓や鞍馬まで行ってきました。

この日、えいでんの出町柳駅に着いたのは、10時40分頃でした。

まずは、10時45分発の鞍馬行き(デオ800形2連)に乗車して、となりの駅である元田中駅で下車しました。


Dsc_0882

ふとした理由から、駅の近くにある、田中神社へ参拝したのでした。
(スマホで撮影)

このあと、1年半ぶりに「えいでん」を撮影するべく、元田中駅から鞍馬の方向に向かって、沿線を歩きました。

Img_3551

今回は今、走っているえいでんを撮影するため、コンデジを持参しました。

まずは、鞍馬へ向かうきらら(デオ900形)を撮影。

Img_3552

続いて、今回初めてこの目で見た、「まんがタイムきらら」とのコラボ企画電車である、ハナヤマタという作品のHMを付けた、デオ724号車の出町柳行きを撮影できました。

Img_3553

Img_3554

このあと、こちらも初めて見た、えいでん版「パト電」、シモガーモ・パトレイン がやって来たので、撮影しました。

Img_3555

Img_3556

このあと、元田中駅まで戻り、新しくなった踏切を観察しました。

Img_3557

ホームへ上がり、今度は叡山ケーブルに乗るため、ケーブルのある八瀬比叡山口駅まで乗車です。

その時です。

出町柳行きの列車が、もう1両の「ハナヤマタ」HM付きの、モ722号車を見ることができました。

Img_3560

先ほど見た、デオ724号に乗車し、八瀬比叡山口まで乗車です。

Img_3571

ほどなくして、八瀬比叡山口駅へ到着です。

Img_3564

このロゴマークも、もちろんチェックしましたよsmile

Img_3573

Img_3574

小さな番傘(?)のある橋を渡り、高野(こうやたかの)川を眺めると・・・。

Img_3575

叡山ケーブル乗り場のある、ケーブル八瀬駅へ到着です。

わたしは12時10分発の便に乗車しました。

ケーブルカーとしては日本最大である、高低差561m、所要時間はおよそ9分で、ケーブル比叡駅に到着です。

Dsc_0890

こちらが、比叡山頂まで行ける叡山ロープウェイ乗り場である、ロープ比叡駅です。

今回は乗車しないので、駅舎内を少し見学しました。

Dsc_0887

中はこんな風になっていました。

Dsc_0884

さて、ここからの景色を眺めようとしたら・・・。
えっ、かわらけ投げcoldsweats02sign02

Dsc_0889

かわらけ投げの輪っかが入ったのが、少々気になりましたが、良い景色でした(^^)。

Dsc_0891

Dsc_0893

このあと、12時30分の便で、もう一度ケーブルカーに乗りました。

Img_3576

Dsc_0894

ケーブルカーを降りて、再びえいでんの八瀬比叡山口駅へ戻りました。(つづく)

web拍手 by FC2

2014年8月21日 (木)

石清水八幡宮へ・・・。そして・・・。

昨年は初の試みである、夜間特別拝観のあった、石清水八幡宮
自分にとっても初めてだった、夜の神社参拝・・・。

早いもので、あれから1年が経ちました。

今年は、その夜間の参拝の情報も入っていないので、20日の午前中に1年ぶりに石清水八幡宮へ参拝することにしました。

最寄り駅には、8時40分頃に到着。

最寄り駅8時47分発の、普通出町柳行きに乗車して、石清水八幡宮へのアクセス駅である、八幡市駅まで乗車したのでした。

乗った車両ですが・・・。

Dsc_0786

なんと、この上ない偶然sign02

先日、試運転で見た、13000系13022Fだったのですhappy01sign03
(今回も、すべてスマホによる撮影です)

Dsc_0788

京阪線の改札を出て、男山ケーブル乗り場へ向かいます。
(余談ですが、右側に見えるのは、たしか13000系(13021F)だったように見えました…)

Dsc_0790

ケーブル乗り場は、以前とほとんど変わっていませんでした。

Dsc_0791

往路は9時30分の便(1号車)に乗車です。

Dsc_0792

男山ケーブルカーの車両の銘板です。

「川崎重工 平成13年」となっています。

デビューしてから、もう10年以上が経つのですね。

Dsc_0793

Dsc_0795

所用時間およそ3分で、男山山上駅に到着です。

Dsc_0796

駅構内にある、男山ケーブルの解説パネルです。
その下には、iPad(アイパッド)らしき(?)ものが置いてあり、スライドショーが写っていました。

いつの間に、こういったものが設置されたのかは分かりませんが、情報のデジタル化は、ここ最近では病院など、至るところで見ることができます。

Dsc_0799

しかし、駅舎は昔のまま・・・。
このレトロさが良いgoodですねconfident

このあと、本殿へ向かい、参拝を済ませ、昨年購入した御守りも返却し、新しいものを購入しました。

おみくじも引きました。

読んで嬉しい内容でした。
正直、気持ちが洗われた気分になりました。

さて、今回は時間があったので、風景が一望できる、展望台へ向かいました。

ケーブルの駅からも含めて、移動中に感じたことですが・・・。

●とにかく、涼しいこと。

●ミンミンゼミなど、自分の住んでいる地域では聞くことのないセミの鳴き声が聞けた。


緑が多く、心が癒された。

大雑把に表現すると、以上の3点でしょうか・・・。

山道を歩くこと、およそ10分ほどで、展望台に到着です。

Dsc_0802

展望台からの風景より、1枚選んでみました。

Dsc_0804

この画像は、スマホのカメラのパノラマ機能を使ったものです(クリックすると、別ウインドウで表示されます)。

この展望台で休憩したあと、帰路へ就きました。

Dsc_0805

このまま進むと、男山山上駅まで行けるのです。
この道を通ったのは、今回が初めてでした。

Dsc_0806

復路は、10時30分の便に乗車です。
2号車が発車待ちをしていました。

京阪線のホームへ移動する前に、せっかくなので、駅の近くにある八幡市観光案内所でおみやげを購入後、京阪線ホームへ移動しました。

Dsc_0808

八幡市駅発10時42分発の普通中之島行きに乗車しました。
これまた、偶然にも13000系(13022F)でしたhappy01

これは、最寄り駅のホームで撮影したものですが、LED式のヘッドライトの仕組みがよく分かりました。

info:13000系2次車(京阪線用7連、20番台(13021、22F)が運用に入った結果、(あくまでも個人的な憶測ですが)寝屋川車庫を以前から観察した限りでは、この13000系の導入で廃車となるのは、2200系の抵抗制御編成(2224F、2225F)の2編成となるようです。

web拍手 by FC2

2013年8月31日 (土)

石清水八幡宮「夏の夜間特別拝観」へ・・・。

25日、私は「どこか出かけるところはないかな・・・?」と思案していました。

最初は「嵐電の嵐山駅」を候補に挙げていたのですが、その日の週間天気予報と照らし合わせて、結局場所的にも近くて、話題となっている京都府八幡市の石清水八幡宮において、初の企画である「夏の夜間特別拝観」に行く事としたのでした。

軽い夕食を済ませたのち、最寄り駅17時30分発の急行樟葉行きに乗車し、樟葉で普通に乗り換え、石清水八幡宮のある八幡市駅まで向かいました。

石清水八幡宮へ向かうケーブルカー(男山ケーブル)は、18時15分の便に乗車しました。

_dsc6910

画像は、乗車していた方が降りられてから撮影したものです。

京阪特急のシンボルである「ハト」をあしらったHMと、車内には夜間拝観関連でしょうか・・・。
提灯が吊るされていました。

このあと、石清水八幡宮の「本殿」へ向かいました。



_dsc6917




本殿へ向かう参道は、ご覧のようにライトアップがなされていました。
まだこの時間帯は明るかったです。



_dsc6921




本殿への参拝と、御守りなどを購入後、ライトアップされた本殿を撮影してみました。




_dsc6927




_dsc6931




「ちょっと設定を変えるだけで、こんな風に撮れるのか・・・」と持参したデジイチの性能には、正直驚きました・・・。




_dsc6937





_dsc6947

参道では下の画像のように、提灯を持った参拝客も見受ける事ができました。



_dsc6966




暗くなった参道を歩いてゆくと・・・。




_dsc6977_2




画像では少しわかりにくいかもしれませんが、「男山一のくすのき」という看板を見つけました。




_dsc6977




こちらがそのくすのきの一部です。

そばにいたカメラを持っていた方が「(このくすのきを撮るのは)難しいですね」とおっしゃっていました・・・。




_dsc7006





_dsc7019




最後に撮影したのが、この「エジソン記念碑」です。

このあと、「ほんまもん・京みやげ広場」という場所で、抹茶味の冷し大福をごちそうになってから、帰路に就きました。

帰宅したのは、21時前でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年7月 6日 (土)

「宇治・伏見・八幡 1dayチケット」を使って・・・。(2)

こちらの記事の続きになります。

続いて私が向かったのは、京阪宇治線の観月橋駅へ下車し、中書島の方角へ少し歩いた場所にある、淀川澱川橋梁でした。

前回(先月16日)にも訪れましたが、その時は望遠レンズを持ち合わせていませんでした。

今回は、望遠レンズを使用し、ご覧のような写真が撮影できました。

Dsc_5910_14474dsc_5910



Dsc_5905_14470dsc_5905



Dsc_5898_14453dsc_5898


Dsc_5908_14473dsc_5908


京阪線の方を見ると、ご覧のような感じになっていました。


Dsc_5917_14495dsc_5917


このあと、うまいタイミングで、「宇治線開業100周年記念HM」の掲出編成(13000系10003F)を撮影する事ができました。



お昼前になり、暑くなってきたので、最後は久しぶりに岩清水八幡宮へ赴く事にしました。



Dsc_5921_14493dsc_5921


京阪本線八幡市駅で下車し、大阪方面へ少し歩いた場所に、ケーブル乗り場があります。
男山ケーブル乗り場の改札(乗車券売り場)で、ご覧のようなものを見つけました。

Dsc_5923_14491dsc_5923



そのすぐ近くには、手書きのメッセージボードなどが見受けられました。

ちなみにこの日は、15分間隔で運転されていました。



Dsc_5928_14487dsc_5928


男山山上駅への所要時間は、約3分です。
また、「鋼索線としての橋梁の高さが日本一」という記録を持っています。

画像の車両は、2001年に登場した2代目の車両です。
この列車(12時発)に乗車しました。


Dsc_5955_14520dsc_5955


男山山上駅のホームで、ご覧のようなものを見つけました。

ここから、石清水八幡宮へ向かいます。



Dsc_5965_14527dsc_5965


途中で、ご覧のような看板を見つけました。

歩くことおよそ10分、岩清水八幡宮に到着です。
岩清水八幡宮へ赴いたのは、本当に久しぶりでした・・・。

せっかくですので参拝を済ませ、そのあとチケットの特典だった、オリジナル鳩形キーホルダーを受取り、岩清水八幡宮をあとにしました。

Dsc_5980_14539dsc_5980

男山山上駅まで戻りました。

向かって左側に紫陽花が見えました。



Dsc_5984_14543dsc_5984


今度乗車するのは、1号車でした。
ちょうど、13時発の便でした。


Dsc_6000_14582dsc_6000


車内は、ご覧のような感じです。



Dsc_5990_14549dsc_5990



こちらは、ブレーキハンドルです(正式名称は「手ブレーキハンドル」です)。
山上駅にこのケーブルカーの巻き上げ設備があり、これを制御してロープを制御し、このケーブルカーは動くのです。
このケーブルカーの車体自体には、動力は備わっていません。

Dsc_6024_14572dsc_6024


淀川橋梁と、京滋バイパスが見えました。

Dsc_6027_14570dsc_6027


このトンネル内で、すれ違い(画像は2号車)を行います。

このあと、京阪線に乗り換え、帰路に就きました。(完)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2012年8月 2日 (木)

京阪「3000系特急車 最後の夏 ~京阪線1日乗車券~」を使って・・・(その4)

 (その3)の続きになります。



 旧3000系の特急を見送った後、私が見たのは、この車両でした。



画像



 今では「旧塗装」と呼ばれるようになった、2400系2456Fでした。



 実は、この2400系と1000系の「旧塗装編成」が現在も運用に就いているのです。



画像



 2400系2453F(2012.7.29 中書島にて)



画像



 1000系1501F(2012.7.7 枚方市にて)



画像



 1000系1506F(2012.7.29 出町柳にて)



 私は「2600系よりかは(車齢が)新しいから、このままの塗装で、しばらく安泰かな・・・」と思っているのですが、「このまま廃車になるのかも・・・」という声も聞いています。



 以上4編成の今後の行方が気になった次第です。



 本題に戻ります。



 三条駅にてスタンプ押印とシールを受け取った私は、「シールラリー」最後のポイントの駅、祇園四条駅へ向かうのでした。



画像



 3000系3006Fの特急に乗車しました。



 祇園四条駅で、最後のスタンプと達成賞引換済のスタンプの押印とシールを受取り、京阪線の「シールラリー」は制覇できました。(^^)



画像



 こちらが、京阪線の「プレミアムカード」になります。



 残りの「富山地方鉄道」と「大井川鐵道」のカードも欲しいのですが、やっぱり「少し遠い・・・」。(汗)



 さて「1日乗車券」を持っていて、まだお昼まで時間があったので、しばらくご無沙汰だった「男山ケーブル」に乗るため、今度は男山ケーブル乗り場のある八幡市駅へ向かいました。



 まず特急に乗車して丹波橋駅に向かい、接続している準急に乗り換えるという経路となりました。



画像



 乗車した特急(8000系8005F)です。



画像



 5000系5554Fの準急。この列車に乗り換え、八幡市駅へ向かいました。



 中書島駅では、宇治線への13000系導入が完了したのでしょうか。



 往路と今回の経路で、13004Fと13005Fを見ました。



 中書島駅、淀駅と停車し、八幡市-淀間にある淀車庫でかつて宇治線などで運転されていた2600系の試作冷房車、2621Fが留置されているのを目撃しました。

Simg_1496




Simg_1649


上の画像は7月7日、下の画像はこの日(同22日)に撮影したものです(矢印の車両)。


 「休車」の貼り紙も無かったです。


 ちなみに撮影に失敗しましたが、同29日も同じ位置留置されていました。


 京阪サイドや自分たちのようなファンにとって、この編成はある意味「貴重な存在」だと思うので、「先頭車1両は静態保存されるかも・・・」と勝手に憶測している次第です。


 八幡市駅に到着しました。



画像



 下車時にもう一度撮影しました。



画像




画像



 いったん改札を出て、ロータリーへ向かうと、このようなものを見つけました。


 少し調べてみました。すると「発明王で有名なエジソンが白熱電球を発明した際、八幡市の石清水八幡宮境内に生えている竹をフィラメントに採用した」(ウィキペディアの内容を一部引用)との事でした。


 その「竹」をモニュメントにしたものと思われます。


 このモニュメントを見た後私は、「男山ケーブル」の乗り場へ向かいました。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 

より以前の記事一覧

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ