サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

交通科学博物館

2017年4月12日 (水)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(11)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_2687_2414dsc_2687

Dsc_2688_2415dsc_2688

ふたたび、館内の展示物を見学。

見事な出来栄えの鉄道絵画(?)を2つ発見。
でも、右上の漢字が読めな~い・・・weep


Dsc_2689_2416dsc_2689

こちらは、国鉄東名高速バス。
前面には「ドリーム号 東京駅」、ナンバープレートには「国鉄ハイウェイバス 東名1号車 1969」と記されています。

これら、鉄道車両以外の展示物(自動車や飛行機など)は、残念ながら大半が姿を消してしまいました・・・think

このあと、以前の記事でもアップした、同館が2002年7月に建設した屋外展示場「プラットホームプラザ」へ移動しました。

「プラットホームプラザ」とは、2代目京都駅の旧1番線ホーム上屋を移設したものです。

今回は同館の入口側の展示物の一部を見てみましょう。


Dsc_2700_2424dsc_2700

Dsc_2701_2423dsc_2701

「鉄道記念物」に指定された、233号蒸気機関車。


Dsc_2699_2425dsc_2699

こちらは、ファンの間では「2枚窓の湘南電車」として知られる、80系電車(クハ86形1号車)。
前述の「2枚窓」のいわゆる「量産車」の写真は多数残されていますが、保存車はゼロ。
この1号車が保存車として抜てきされたのは、何よりも素晴らしいことだと、わたしは思います。

ちなみに右の写真の電車は、東海道新幹線開業前に「特急こだま号」として東海道線を疾走した、151系電車です。


Dsc_2702_2422dsc_2702

これは、皇室・貴賓(きひん)客用のマロネフ59形と呼ばれる寝台客車です。

ご覧のように、右側に見える階段を上がると、ホームを模した造りとなっていて、照明やベンチ、洗面台など、当時の旧1番線ホームの情景が忠実に再現されています。


Dsc_2703_2421dsc_2703


このあと、弟ファミリーと合流して帰路につきました。

次回、わたしが同館を訪れたのは、閉館というお知らせが同館のHP上に掲載された、翌年に持ち越されたのでした…。
(つづく)

※当シリーズは、これでいったんお休みさせていただきます。
また、間を置かせていただきますことを、ご了承ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年4月 5日 (水)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(10)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_2598_2328dsc_2598

このあと、ふたたび弟ファミリーと合流。

模型運転ショーの時間となっていたので、ショーを堪能。
わたしたちが見た位置は、「山の駅」、「星の駅」や観覧車などメルヘンチックにとんでいて、とても楽しかったですhappy01


Dsc_2654_2383dsc_2654

模型運転ショーを見終わったあと、今度は実は今まで足を運んだことのなかった、「第2展示場」に向かうことにしました。


Dsc_2656_2382dsc_2656
Dsc_2657_2381dsc_2657

ここの展示車両を見物。
電気式ディーゼル機関車DF50形。


Dsc_2658_2380dsc_2658
Dsc_2659_2379dsc_2659

旧国鉄時代の一昔前のポピュラーな入れ替え用ディーゼル機関車DD13形。


Dsc_2660_2378dsc_2660
Dsc_2661_2388dsc_2661

こちらは、DD54形液体式ディーゼル機関車。
この車両は、京都の梅小路にある、京都鉄道博物館(きょうとてっぱく)に移設され、保存されています。


Dsc_2667_2394dsc_2667

踏切の模型の前で楽しむ親子。


Dsc_2668_2395dsc_2668

これは、何に使うものなのcoldsweats02sign02


Dsc_2669_2396dsc_2669

答えはこちら。
「回転交流機」という「電車に直流電気を送る機械」と書かれています。
ちなみにこれは、「準鉄道記念物」に指定されています。


Dsc_2670_2397dsc_2670

一通り見物した後、ふたたび本館へ。

本館へ向かう途中の階段には、このように新幹線のほか、旧国鉄の車両のモニュメントが貼り付けられていました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年4月 1日 (土)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(9)

みなさん、お待たせしました。
鉄道ネタを再開します。

まずは、備忘録から。

こちらの記事
の続きになります。

館内をある程度、見学した後、わたしは特別展の「特急百年」を見ました。
ありとあらゆる展示物に、思わず圧倒されました。


Dsc_2532_2265dsc_2532

さて、ここからはふたたび館内を見学。
膨大な数のSLのナンバープレートcoldsweats02

その下には、700系「レールスター」の模型が。


Dsc_2534_2266dsc_2534

Dsc_2537_2277dsc_2537

そのそばには、このようなコーナーが(都合により、抜粋)。
「初代ドクターイエロー」(921形)の姿も。


Dsc_2558_2300dsc_2558

このあと、このコーナーを見学。
ここについて詳しいことは、もうかれこれ3年経つので、ほとんど覚えていませんが、ここでは関西の民鉄各社の歴史や由緒ある車両の模型を展示されていました。

ここでは、展示されていた模型の一部を紹介してまいります。


Dsc_2560_2298dsc_2560

まずは、南海の20001系「こうや号」(デラックスズームカー)。


Dsc_2563_2295dsc_2563

近鉄の20100系「あおぞら」。


Dsc_2566_2292dsc_2566

阪神の通勤形電車、5201形。


Dsc_2569_2301dsc_2569

続いては、京阪。
2600系の源流ともなった、「スーパーカー」こと2000系。


Dsc_2572_2304dsc_2572

栄光の「テレビカー」、旧3000系特急車。


Dsc_2574_2306dsc_2574

こちらは、現在までの阪急スタイルを築き上げた、2000系電車。


Dsc_2580_2311dsc_2580

こちらは、大阪市交通局の最初路面電車とのことthink


Dsc_2582_2321dsc_2582

最後は、現在も活躍を続けるJR西日本の321系電車。

このあとわたしは、別の場所へ移動しました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年9月 3日 (土)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(8)

こちらの記事の続きになります。

この日はデジイチを持参していたので、展示車両の構図を変えてみました。


Dsc_2401_2139dsc_2401

まずはこちら。
この車両は、旧国鉄の「元祖特急形」である、151系特急形のカットモデルです。

これはいわゆる「定番構図」だと思われますがcoldsweats01・・・。

Dsc_2403_2141dsc_2403


Dsc_2404_2142dsc_2404

こちらは、「大阪環状線50年」の記念HMを掲出した、旧国鉄初の通勤型の高性能車両である、101系電車のカットモデルです。

この電車では、パンタグラフの上げ下げや扉の開閉操作を来場者が実演できました。
(わたしは、子供の時から必ずこれで遊んでいました(^^ゞ)

この2両ですが、残念ながら「京都鉄道博物館(京都てっぱく)」には移設されず、同館の開館から閉館まで展示されていました。

さて、この構図ですが、下からの角度で撮影してみました。
個人的には下の画像が迫力あると思いますが、いかがでしょうか・・・?



Dsc_2402_2140dsc_2402

こちらは、1800形蒸気機関車。
新年を祝う、装飾が施されています。

この車両は、京都てっぱくに移設されました。


Dsc_2408_2146dsc_2408

こちらは、当ブログには何度かアップしている、0系新幹線です。ここに展示されていた4両の0系は、京都てっぱくに移設されました。

その右側には・・・。


Dsc_2407_2145dsc_2407

実際に使用されていた、反転フラップ式案内表示器です。

わたしが子供のころは、実際に操作体験ができたのですが(おもしろかったです)、その後(いつかは覚えていませんが・・・)はこの画像のとおり、表示が固定されました。


Dsc_2412_2150dsc_2412


Dsc_2413_2151dsc_2413


Dsc_2414_2152dsc_2414

続いてはこちら。

0系新幹線で使用されていた部品です。


Dsc_2416_2154dsc_2416


Dsc_2415_2153dsc_2415

こちらは、名古屋駅で使用されていた新幹線用の発車票です。

このような機械があるとは、わたしも知りませんでしたcoldsweats02
(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年3月17日 (木)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(7)

こちらの記事の続きになります。

Dsc_2380_2119dsc_2380
このあと、「プラットホームプラザ」と呼ばれる展示スペースを撮影しました。
2両のSLと1両のディーゼル特急車両が並んでいます。
2両のSLの間にそびえ立っているのは、腕木式(うでぎしき)信号機と呼ばれる、現在の自動信号機に代わる前に使用された、手動の信号機です。
この信号機は、現在では非常に貴重な存在となっています。

Dsc_2374_2113dsc_2374
最初は特急「はつかり」に使用された、キハ81形です。
晩年は、画像のように特急「くろしお」に使用されました。

Dsc_2376_2115dsc_2376
「こうはく50周年」のHMを掲出したSL、C62形26号機です。

Dsc_2377_2116dsc_2377
Dsc_2386_2125dsc_2386

Dsc_2378_2117dsc_2378
そのとなりが、「デゴイチ」の愛称でおなじみのD51形2号機です。
(6)で紹介した、食堂車ナシ20形は、このSLの後ろに展示されています。

Dsc_2700_2424dsc_2700
Dsc_2701_2423dsc_2701

ナシ20形の後ろには、「鉄道記念物」に認定されたSL、230形が展示されています。
「プラットホームプラザ」には、ほかにも展示物がありますが、それはのちほど。

Dsc_2382_2121dsc_2382
Dsc_2383_2122dsc_2383
「プラットホームプラザ」のななめ向かいには、こちらも「鉄道記念物」で、国内最古のSL、7100形「義経号」が展示されています。

この「義経号」は、京都の「梅小路蒸気機関車館」の最後の訪問(2015年5月)の際に見ることができました。

Dsc_2384_2123dsc_2384
その「義経号」が展示されている背後には、1階が企画展示室、2階がホールとなっている建物があります。

自分ですが、2階のホールには入った記憶がないですcoldsweats01

Dsc_2381_2120dsc_2381
この建物の階段からは、こんな感じの見晴らしです。
ちなみに、奥には大阪市交中央線が横方向に走っています。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年2月25日 (木)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(6)

大阪市港区にあった鉄道博物館「交通科学博物館」(愛称:こうはく。以下、同館)は、2014年4月6日に、閉館しました。

最後に書いた記事から、かなり間があいてしまいました。
あらためて、続きを書かせていただきます。


**************************************

こちらの記事の続きになります。

この日は、2013年の1月5日。
きっかけは前夜にわたしの弟からかかってきた1本の電話。

弟いわく「甥っ子を連れて、電車を使ってどこかへ出かけてみたい」とのことで、「こうはくならどうか?」と返事したところ、okとのことだったので、弟ファミリーと来館する運びとなりました。

Dsc_2315_2087dsc_2315

この時はまだ、甥っ子も小さかったのと、普段は車を運転する弟夫婦が久々の電車trainやバスbusを利用したので、移動に少し時間がかかり、到着したのが11時半ごろでした。

ちなみに、この日は「特急百年~時代とともに駆ける~」という企画展があったので、自分にとってもグッドタイミングgoodでした。

到着がお昼前だったので、来館手続きを済ませたあと、昼食をとることにしました。

Dsc_2316_2088dsc_2316

それが、こちら。
かつて「走るホテル」と呼ばれていた、20系客車の食堂車「ナシ20形」でした。

同館が開館していた頃は、この車両を使って、食事ができたのです。

Dsc_2348_2097dsc_2348

あまり、記憶にないのですがcoldsweats01、HDDに保存している画像から、ここで食事をしたようです。

このあと、わたしと弟ファミリーは別行動に。

わたしは、購入して間もないデジイチを持参して、同車の外観の写真も何枚か撮影しました。

Dsc_2320_2092dsc_2320

Dsc_2319_2091dsc_2319

Dsc_2321_2093dsc_2321

外観もやや痛みがちですが、適度に補修がされているようです。

Dsc_2317_2089dsc_2317

「南シナ」という文字が見えますが、調べたところ、最終配置の車両基地(品川客車区)だということが分かりました。

Dsc_2323_2095dsc_2323

反対側の表記です。
「7-11 鷹取工」という表記が見えますが、調べたところ、「7月11日 鷹取工」という意味のようです・・・。
自分では、そこまでしか分かりませんでした・・・think。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2014年5月30日 (金)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(5)

こちらの記事の続きになります。

「コウハク家の歴史」の特別展を見たあと、私の記憶の限りでは、小学生の時分に母と弟の3人で行った時に見た、鉄道ジオラマショーを見に行きました。

今回は11時30分からの部(ショーの時間は、およそ15分)を見に行きました。

この日も、数多くの子供たちが見受けられました。

「子供の頃、自分もあんな感じだったんだなぁ~」と、ひしひしそう感じたのでした。

11時30分になり、ジオラマ内の操作場所にいる同館の職員の方のアナウンスが聞こえ、いよいよショーのスタートですsign03
(自分が子供の時は、この職員さんの声はどこから聞こえていたのか、ず~っと、気になっていました)

さて、アナウンスで「虹の駅」や「星の駅」、そして「山の駅」というのが出てきますが、こういった設定は、私が子供の時にはありませんでした。

さて、写したものは・・・。

多少、御見苦しいところがある点をご了承下さい。

Img_0818

上に見える線路に新幹線(N700系?)が通過してゆき、その下に見えるコンテナ基地では、貨物列車が基地を出ていくシーンです。
(この段階で、開始から5分ほど経過しました)

Img_0821

ジオラマの奥の方は、このような感じでした。

Img_0822

夕方という時間設定となり、照明はピンクががっています。
その段階で、285系「サンライズ瀬戸・出雲」が走り抜けます。

Img_0824

そして、時は経ち、夜になりました。
辺りは真っ暗になりましたが、高層ビルの照明はついています。

Img_0825

これは、上と同じ時間帯なのですが、カメラの露出設定を変えていたのかもしれません・・・(記憶にないです・・・(T_T))。

Img_0829

Img_0830

「おはようございます。朝になりました」とアナウンスが入り、夜が明けました。

300系(上)と500系(下)新幹線が、ジオラマを駆け抜けますhappy01

Img_0831

2系列の新幹線がすれ違います。

Img_0833

このあと、EF66牽引の、今はもう見ることができないブルートレインが走り抜けて行きます。

Img_0835

そのあとにこの地域では、大阪環状線でなじみのある、オレンジ色の103系(アナウンスでは「いちまるさん系」と言っていた)がやってきました。

Img_0837

画質が少し荒っぽいですが、目の前を走り抜けて行くのは、381系による、パノラマ編成「くろしお」(現在は廃止)です。

Img_0842

続いて、500系新幹線の下に見えるのは、JR京都・神戸線(JR西のアーバンネットワークにおける愛称。それぞれ、東海道・山陽線に該当)を走る223系です。

Img_0844

再び夕暮れ時となり、N700系が走って行きます。

Img_0845
カメラを虹の駅がある、高層ビルが立ち並ぶ場所へ向けてみました。
一番右端の円筒形のビルは、きっとJR大阪駅の近くにある大阪マルビルを意識したものでしょう・・・。

Img_0846

再び夜更けとなり、500系新幹線が走り去って行きました。

およそ15分間の鉄道ジオラマショーは、これで終了です。

ショーの見物と、撮影の同時進行は、とても疲れたという記憶がありますsad

ご参考までに、このジオラマショーで使用されている車両の模型の大きさ(縮尺)は、1/80スケール(HOゲージ)です。(つづく)

web拍手 by FC2

2014年5月27日 (火)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(4)

こちらの記事 の続きになります。

今回は後編をお送りします。

このあと、私が見たのがこちらでした。

Img_0801

昭和30~40年代頃の鉄道のある街並みと題したジオラマです。

Img_0803

Img_0804

駅を出発したのは、キハ58系の列車でしょうか・・・。

Img_0805

のどかな雰囲気ですねぇ・・・confident

Img_0806

次に見にいったのが、こちら。

当時の国鉄が、国内初の寝台特急電車として世に送り出した、581系電車の模型と、それにまつわる資料の展示です。

Img_0810

Img_0811

こちらは、国鉄初のコンテナ特急列車「たから」号です。
緩急車(上の画像の手前の車両でHMが掲出されている)と、コンテナがいかにも当時の国鉄らしい発想だと思いました。

Img_0815

続いて見に行ったのが、コウハク商店と名乗る、いわゆる「駄菓子屋さん」です。

少し、立ち寄って(笑)みましょう。

Img_0813

Img_0814

たばこを販売しているカウンターやピンクの電話機telephone、お店の中の雰囲気を再現していまいた。

私が子供の頃にも駄菓子屋さんはありましたが、こんなにレトロではなかったです・・・。

Img_0816

続いてこの夕焼け通りという、アーケードが目に入りました。

Img_0817

オリエンタル座という看板が目立つshine、当時の文化についての展示がされていました。

これで、特別展「コウハク家の歴史」はお終いです。(つづく)

web拍手 by FC2

2014年5月24日 (土)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(3)

こちらの記事の続きなります。

続いて見に行ったのが、こちらでした。

Img_0779

「コウハク家の歴史」(「コウハク」とは、交通科学博物館(この博物館の略語。「紅白歌合戦」とは無関係ですangry)と題して、「昭和のレトロな生活用品」などを展示する、交通科学博物館(以下、同館)の開館50周年を記念した企画展でした。

今回は、その前編です。

Img_0783

ちなみに「コウハク家」は、このような家族設定となっていました。
では、順番に見ていきましょう。

Img_0781

Img_0782

レトロなホーロー看板の横には、昭和30年代前半に登場したダイハツの車が展示されていました。

Img_0785

Img_0786

昭和35年製の三菱のスクーター(今でいう、小型のバイクですね)も展示されていました。

Img_0790

Img_0791

当時の軽自動車(スバル)です。
丸っこい車体は、モノコック構造を採用したものだそうです。

Img_0784

当時の民家(?)の塀(へい)はブロック塀ではなく、このような感じだったのですね。

現役最古参のテレビアニメ「サザエさん」などにも度々出てきますね。

そして、左側に見えるのが当時の郵便ポストなのです。
この丸い形のポストは、地域によっては現存しているものも見受けられます。

ちなみに私の地元にも、このポストはあります(現在は新築住宅の完成により、少し(数メートル)離れた場所に移設されました)。

Img_0787

昭和30年代に数多く存在した民家の一部屋が再現されていました。
当時の雰囲気が何となくイメージできますね。

Img_0788

昭和31年製の二眼レフカメラcoldsweats02と、昭和40年代のカメラcameraなどの展示です。

私が高校生の時分に今は亡き母が「これ、使っていいよ」って言って、使わせてもらったカメラが、右側のものと似たようなカメラでした・・・。

そして、いよいよ・・・eye

Img_0789

昭和37(1962)年に「交通科学館(現在の同館)がオープンして話題となり、コウハク家が日曜日に遊びに行く」という設定のパネルですね。

私の子供の頃もそんな雰囲気でした・・・confident

Img_0792

Img_0794

これらは、当時同館では展示されていなかった、当時画期的かつ斬新だった、鉄道車両です。

Img_0797

昭和30年代の大阪駅前を再現したジオラマです。

現在のような地下鉄網がなかったころは、下のような大阪市電が、また奥には当時の車が紹介されています。

Img_0799

そのあと見たのが、昔テレビのCMでよく映っていた豪華客船さんふらわあです。

この「さんふらわあ」、こんな昔からあったのですね。
全然知らなかったです。(後編へ続く)

web拍手 by FC2

2014年5月21日 (水)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(2)

こちらの記事の続きになります。

ひかりレールスターの普通個室を見たあと、そのとなりに置いてあったのが・・・。

Img_0718

Img_0719

1965(昭和40)年に使用されていた、乗車券印刷機というものです。

Img_0720

Img_0721

そのあと見たのが、こちらです。

鉄道記念物に指定された、EF52形電気機関車の1号機です。

Img_0726

Img_0727

Img_0728
このあと、後から見ることにしている鉄道ジオラマショーの開始前の様子を見に行きました。

Img_0729

続いて、こんな企画を(当時)催していたので、見に行きました。

Img_0730

ここで、ブルートレイン(以下、ブルトレ)を牽引する機関車に掲出されたHM(ヘッドマーク)を紹介します。

ブルトレの元祖として、登場当時はその豪華さから、走るホテルの称された「あさかぜ」

そのとなりの「あかつき」も今となっては「懐かしい」ですね・・・confident

Img_0739

さて、こちらですが・・・。

もともとは「富士」、「はやぶさ」と、それぞれ独立した列車だったのですが、合理化(運用の効率化)の関係で、晩年は「富士/はやぶさ」と、2つの列車を1つの列車に仕立てたのでした。

「はやぶさ」は、ご存じの通り、現在は東北新幹線E5系用列車の愛称として、親しまれていますね。

Img_0740

このHMですが、現在隔日、大阪-札幌間で運転されている、超豪華臨時寝台列車トワイライト・エクスプレスです。

この列車も、現在建設が進んでいる北海道新幹線が開業すると同時に廃止(列車に使用されている車両の老朽化も関連している)される公算が見えてきている段階です。

※2014.5.28.追記:この「トワイライト・エクスプレス」ですが、車両の老朽化を理由に、今年度をもって引退との発表がありました。



ではここからは、ブルトレのテールマーク(客車の最後尾に掲出されているもの)と、ブルトレのパイオニアである、20系客車の模型を見ていきましょう。

Img_0731

こちらが、20系時代の「あさかぜ」のテールマークです。
最初は(電車特急もそうでしたが)、ご覧のように文字(ローマ字入り)のみでした。

Img_0732

70年代後半~80年代前半に流行したブルトレブームshineによって、牽引する機関車が掲出するHMともに、このテールマークもイラスト(図案)化されていきました(模型の客車は、ナハネ20形寝台客車)。

Img_0734

2012年3月のダイヤ改正で、臨時列車となった(2013年以降は、設定なし)日本海も、最初は20系客車でした。

模型のナシ20系客車は、この交通科学博物館に1両保存展示され、平日は弁当の販売、土休日はレストランとして活用されていました。

Img_0735

Img_0736

Img_0737

一部は、寝台特急電車581系・583系も用いられていた「明星」、「彗星」、「なは」。
「つるぎ」という列車も、かつて存在していましたね。

この「つるぎ」は、来年(2015年)開業する北陸新幹線(金沢-長野間)の列車名のひとつに決まりました。

模型の20系客車も車内のインテリアなどが分かるようになっていました。

Img_0741

最後に20系の後継車となる、14系寝台客車スハネフ14形を紹介します。(つづく)

web拍手 by FC2

宇治川派流の桜と京阪電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ