神社・仏閣

2019年11月25日 (月)

京阪大津線訪問記(2019.11.23)(1)

23日(勤労感謝の日)、わたしは京阪大津線の方へ出かけてきました。往路の京阪線は、最寄り駅から三条まで出町柳行きの普通に乗りました。途中、特急連絡駅の枚方市駅や丹波橋駅では、出町柳行きの特急が満員電車状態でした。また、10分程度の遅れも出ていました。まあ、この日は予報では翌日(24日)は天気が崩れることと、紅葉も見頃なところが多く、まさに行楽シーズンだったからでしょう。

Dsc_2558

 

Dsc_2559


びわ湖浜大津駅へ着いたのは、10時過ぎでした。
この日は「響け!ユーフォニアム」のラッピング電車(600形617+618)の運行日でした。少し待つと、石山寺行きの列車がやって来ます。
4日の時は山側を写したので、今度は反対側の湖側を写すことに。
で、結果はご覧の通り。ちょうど日光が石山寺側を向いていたので、やや逆光気味に・・・。

Dsc_2560

 

Dsc_2565


このあと紅葉狩りも兼ねて、三井寺に向かいました。
三井寺駅で下車したときに、沢山の観光客がいたのには驚きました。
三井寺に向かう道中でこれまた有名な琵琶湖疏水があったので、少しそれを見ながら三井寺に向かいました。

Dsc_2570


三井寺に着きました。
画像に見えるのは、仁王門といって、重要文化財に指定されています。


Dsc_2571


三井寺は、正式には「園城寺(おんじょうじ)」といいます。


Img_3389


紅葉を見ながら散策してもよかったのですが、40分もかかるとのことなので、(もったいないかもですが)今回はパスしました。

Dsc_2575

 

Dsc_2577


というわけで、今年は「プチ紅葉狩り」に。
上の2枚は同じもみじの写真です。上がぼけを強調(絞りを小さく)、下はその逆でピントの合う範囲を広く(絞りを大きく)したものです。

Dsc_2580


先ほど写したもみじをバックに遠景で。

Dsc_2584


三井寺を後にしたわたしは、前から一度行ってみたかった場所へ。
その前に踏切で、「ユーフォ」のラッピング電車が通りかかりました。

Dsc_2588


さて、その場所とは、京阪電車の広告などでも取り上げられらことのある、石坂線の電車が琵琶湖疏水を渡るシーンが見えるところです。
まず、石山寺行きの旧塗装の700形が通過。

Dsc_2597


続いて、坂本比叡山口行きの新塗装の600形をキャッチ。
念願かなって良かったです(^^)。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

石清水八幡宮に参拝(後編)

前編の続きです。

Dsc_2419


石清水八幡宮を出て、ケーブル八幡宮山上駅へ向かいました。

八幡の竹とゆかりのある、エジソンの記念碑を見て・・・。


Dsc_2423


時計台の下で、こんなものを発見。

Dsc_2428


ここにも、小さな神社が。
三女神社です。

Dsc_2431


ケーブル八幡宮山上駅近くまで戻ってきました。

Dsc_2435


その前に、こちらへ。

Dsc_2436


急な階段をのぼると、展望台へ。
以前はなかった、こんなオブジェ(?)が!!

Dsc_2437


展望台からは、京都の風景が一望できます。この日は薄曇りでしたが・・・。
さて、この時ちょうど、鉄橋へ向かう京阪電車が見えました。

Dsc_2443


近くには、実際の眺めを縮小表示した案内板があります。


Dsc_2448


小説家、谷崎潤一郎の文学碑です。

Dsc_2454


ケーブル八幡宮山上駅へ戻ってきました。
展望台からはむしろ、下りの階段の方が結構きつかったです・・(>_<)。

Dsc_2459


Dsc_2462


ホームでは、「あかね」が発車待ちをしていました。

Dsc_2464


乗車してからほどなくして、ケーブル八幡宮駅へ到着です。

Dsc_2466


次に乗るのは、親子連れが多かったです。

Dsc_2476


京阪線の石清水八幡宮駅へ戻ってきました。
この駅の駅舎の写真は、あまり撮ることはなかったですが、せっかくなので・・・。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

石清水八幡宮に参拝(前編)

去る27日、2013(平成25)年から毎年恒例となった、「やわたのはちまんさん」の愛称を持つ、石清水八幡宮の参拝に出かけました。

Dsc_2358


京阪線の石清水八幡宮駅に到着したのは9時前でした。
ここから、石清水八幡宮参道ケーブルのケーブル八幡宮駅へ向かいました。

Dsc_2359


ホームでは、「あかね」(1号車)が発車待ちをしていました。

Dsc_2362


前回訪れたときは、「こがね」(2号車)のほうでした。
さっそく、乗ることに。

Dsc_2363


Dsc_2364


車内を撮影。
上が山上駅側。下が八幡宮口駅(麓)側。


Dsc_2367Dsc_2369


乗降ドアは、山上側に向かって右側が黄色基調、左側が赤基調。

Dsc_2376


この日のケーブルカーの車内放送は七五三にまつわるアナウンスと、音楽家の向谷実氏が作曲された七五三バージョンのBGMが流れていました。
御本殿前にも七五三向けの記念撮影用パネルが。七五三詣りの親子連れも、ちらほら見かけました。もう、そんな時期なんですね。

Dsc_2385

 

Dsc_2390

 

Dsc_2391


御本殿前を少し回ったあと、ほかの参拝客も向かわれていた、御本殿の左側の道をめぐってみました。
実は、ここを回るのは初めてなんです(^^ゞ・・・。
京都府より文化財の指定を受けた校倉(あぜくら)など、素晴らしいものを見て回れました。

Dsc_2397


御本殿前まで戻ってきました。
ずらりと並んだ灯篭が見事。

Dsc_2399


平成28年(2016年)2月9日、国宝に指定された御本殿。
貞観元(859)年に建立され、幾度の修理などを経て、現在の社殿は、寛永11(1634)年に徳川三代将軍家光公により修造されました。

Dsc_2401


さて、「7代目おけいはん」の三条けい子さんの中吊り広告や「おけいはんねっと」のページで以前から気になっていた御本殿の装飾について、少し観察してみることに。
楼門(ろうもん)に見える鳩の錺金具(かざりかなぐ)、その少し上には龍虎の欄干彫刻が施されているのが確認できました。
「おけいはんねっと」で紹介されていた、「目貫きの猿」や「流れ左三つ巴紋」は、昇殿参拝で拝見できるとのこと。

Dsc_2402


この日は11時から「秋季献茶祭」という祭典行事が執り行われるという旨のお知らせが、南総門に右側に掲げられていました。また、左側には「奉祝 天皇陛下御即位」の垂れ幕が掲げられていました。

このあと、

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

大阪天満宮へ行ってきました。(後編)

前編の続きです。

梅の花を見たあと、気になっていた催し物である水墨画の奉納式をみました。

Dsc_0336


絵師の方が書き始めたところです。
舞台左に見える女性が朗読を、右側の女性が楽器(何かは不明)を奏でていました。


Dsc_0374


ダイナミックな音楽とともに、絵師の方の筆は進みます。


Dsc_0408



描く方がふえて、見ていて楽しくなってきました。


Dsc_0423


水彩画が完成しました。
このあと舞台にて挨拶がありました。
舞台の一番左の女性は「この奉納式ですが今年初めて行われました」と語っていらっしゃいました。


Dsc_0434


完成した水彩画です。
二つの巨木と鳥が二羽が描かれた作品となりました。


Dsc_0474


水彩画奉納式を見終えたあと帰路に着こうと思いましたが、そばでは賑やかな音楽と人だかりが。
この日、同時に催された伊賀NINJAフェスタという「伊賀忍者のショー」が始まっていました。
面白そうだったので、見ていくことにしました。


Dsc_0522


くのいちの方も出演されていました。


Dsc_0511


この日、出演された伊賀忍者の衣装をまとった皆さんです。
忍者の里、三重県伊賀市から来られたとのこと。
ちなみにショーの中でバク転をしたシーンもあり、迫力ありましたが残念ながらきれいに写っていなかったので割愛させていただきます(^^ゞ。
あと、ショーの後半では忍者衣装のちびっこたちが参加したものもあり、とても面白かったです。

Dsc_0524


このあと、帰路に向かうことに。


Dsc_0537



天満宮近くの商店街でパレードをやっていました。
わたしの手前には忍者姿のちびっこが歩いている姿が目に留まりました。


P_20190302_3


京阪のなにわ橋駅へ向かう途中に国指定重要文化財である大阪市中央公会堂が見えました。
帰宅してから調べてみると、中央公会堂は去年(2018年)の11月17日に開館100周年を迎えたとのことです。
この建物を見たのも本当に久しぶりでした。
(完)

**************************************

繰り返しますが、当ブログサービスの全面リニューアルが先日行われました。
管理画面の変更など、大規模なものとなりました。
リニューアル後しばらくはトラブルが多々見受けられましたが、少しずつ収束の方へ向かっているようです。

まだ記事作成に慣れていないわたしですが、今後とも当ブログをよろしくお願いします<m(__)m>。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月23日 (土)

大阪天満宮へ行ってきました。(前編)

去る2日、この日は気候が良かったので少し出かけることにしました。
この時期は梅のシーズン。
京阪のHP内の京阪沿線 梅の名所で目的地を探すことに。
その結果、枚方市の山田池公園か大阪市北区の大阪天満宮のどちらかに絞り込みました。
しかし、ツイッターで阪神なんば線開業10周年記念の1日乗車券が発売されることが分かり、まずは京阪で中之島駅まで乗車して徒歩で阪神の福島駅へ向かい、購入することができました。


Img258



この乗車券(1dayチケット)は阪神全線(神戸高速線をのぞく)と近鉄奈良線が1日乗り降り自由になるというもの。

わたしは特に奈良方面へ行く機会がないままだったので、この乗車券を使っていろいろと楽しんでみたいと思っています。
なお、有効期限は今月20日~5月31日までのお好きな1日となっています。

次は大阪天満宮まで向かうため、京阪の中之島駅まで戻り、なにわ橋で下車。
時刻は正午をまわっていたので、道中のコンビニでお昼を買って近くで少し休憩。

このあと大阪天満宮に到着。
地元では「天満の天神さん」として親しまれています。
大阪天満宮へ来たのはおよそ6年ぶりだったので、少し迷いましたが・・・。
参拝後、境内の出店でぜんざいをいただきました。

そのあと少し周辺を歩いてみました。
しかし、6年前に来た時と違って境内の様子が変わった感じがしました。
そう思ったのは自分だけかもしれませんが・・・。
梅の花が見当たらないのです・・・。
デジイチを持参したのですが、しかたがないのでスマホでぶらりと歩きながら撮影することに。



P_20190302_1


すると、こんなものを見つけました。

牛の石像です。
これについて、少し調べてみました。
「学問の神様」として名高い、菅原道真(845年-903年)と深い関係があることがわかりました。
よろしければこちらのサイトをご覧ください。


Dsc_0526
境内にはもう一つの牛の像があります。
6年前に出向いた時にこれを見ているとそばにいた方が「この牛の像を触ると、身体の不調な所が良くなるよ」と聞いたのを思い出しました。


P_20190302_2



こちらは梅花殿。
1928(昭和3)年の大阪天満宮1025年大祭の記念建造物です。
1999(平成11)年7月16日には、国の登録文化財に指定されています。
この日は小学生や中学生の皆さんの書写が展示されていました。

さて、この日にここに来た目的がもうひとつありました。
それは、水墨画の奉納式が13時から催されるのです。
しかし、本殿横の掲示板には13時半からに変更されていました。
その間にもう少し歩いてみると・・・。
Dsc_0272


ありました、ありました。
梅の花が。
周りではデジイチを持った方がチラホラと。
というわけで、わたしも撮影したのでした。


Dsc_0261


梅の花にぴったりの琴の音色が流れていました。


Dsc_0286


Dsc_0334


白い花ももちろんありました。


Dsc_0282

Dsc_0281


(おそらくですが)今まで見たことのなかった種類もありました。


Dsc_0290


蜜蜂(?)が止まっているところを狙ってみました。


Dsc_0316

Dsc_0330


ボケ味を出してみるのもデジイチならでは。


Dsc_0314


ほかの方をすこし入れてみました。

この頃、思わぬサプライズが!!
「神前挙式」をされているお二人を見ることができたのです。
このような体験は、はじめてでした。

そして時刻は13時半を回り、水墨画の奉納式が始まっていたので本殿前へ向かいました。


(つづく)

**************************************

2019.3.24 追記:当ブログの記事作成画面が先日大きく変化したため、「(管理画面に)ログインできない、画像が思うように貼れない、正しく画像が表示されない、(書いた)記事を「保存」すると、意味不明のエラーメッセージが出る」など、不具合が相次ぎ、本記事を公開するまでにかなりの時間を要することとなってしまいました・・・。
「前の画面の方が良かった」と正直感じています・・・。
今後、不具合が解消されるまで記事の更新間隔が間延びする可能性があります。
読者の皆様にはしばらくご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月18日 (火)

「平成最後の紅葉狩り」in京都府八幡市(3)

Dsc_9270

 

 

 

(2)の続きです。
神應寺へ向かいました。


Dsc_9271

 

 



入口に着きました。


Dsc_9274

 

 



これが、観光案内所の方が言われていた、約170段の階段です。
初めて聞いたとき「本当に登れるのか?」と不安を感じました・・・。


Dsc_9276

 

 



道中には、こんなうっそうとしたところも。


Dsc_9277

 

 



なんだかんだ言って、階段をのぼり切れました。


Dsc_9278

 

 



境内には、立派な梵鐘も。
庭掃除をされていたひとりの男性がいました。
その方いわく「一週間ほどくらい前が、ちょうど見頃だったんだけどねぇ・・・」
う~ん、ちょっぴり残念・・・


Dsc_9279

 

Dsc_9284

 

 

 

でも、せっかくなので、境内をめぐってみました。
梵鐘の背後に、立派に紅葉した大きな樹木を見つけました。


Dsc_9285

 

 



いろいろと周囲を眺めていると、先ほどの男性が「こもれびルートには行かれましたか?」
とたずねてきました。
「いいえ」と答えると「こもれびルートに行くと、まだまだきれいな紅葉を見ることができますよ」との返事が。
そのあと行きかたを教えてもらい、男性にお礼を言ったあと、わたしはこもれびルートに向かったのでした。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

web拍手 by FC2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

「平成最後の紅葉狩り」in京都府八幡市(2)

(1)の続きです。


Dsc_9207

 

 



これが本堂です。
わたしがこのあたりで撮影していたころ、大勢の団体客がやってきました。
付き添いのガイドさんが「素晴らしいお話が聞けますよ」と言っていました。
どんなお話だったのでしょうか・・・?
わたしも聞いてみたかったです


Dsc_9213

 

 



こういった光景もいいものだと思いました。


Dsc_9226

 

 


Dsc_9229

 

 



このあたりは見事に赤く色づいていました。

 

Dsc_9236

 

 



黄色く色づいていたものもありました。


Dsc_9237

 

 



お地蔵様の近くにも。


Dsc_9247

 

 



このあと、善方律寺をあとにしました。
ここだけでおよそ1時間滞在してしまいました
でも、見物客もさほど多くなく、ゆっくり見ることができたと思っています。


Dsc_9259

 

 



次の目的地である、神應寺へ向かう前に少し休憩を取ることに。
向こうに見える橋は安居橋(あんごばし。たいこ橋ともいう)といいます。
このあたりに来ると、京阪電車の音が聞こえてきました。
八幡市駅はここから近いようです。


Dsc_9261

 

 



安居橋はこんな感じです。


Dsc_9264

 

 



橋の上から電車の姿が見えたので
このあと、安居橋をあとにしました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

「平成最後の紅葉狩り」in京都府八幡市(1)

先週末から急な冷え込みとなりましたが、冬らしい気候となりましたね。

 

さて、今回は去る2日に地元から比較的近場である八幡市(京都府)の紅葉を見てきました。
この日は香里園駅10時58分発の普通出町柳行きに乗車し、八幡市駅で下車しました。

ここでふと気がついたことが。
以前、乗車したことのある急行出町柳行きが枚方市駅で快速特急・洛楽の通過待ちを見たことがありました。その急行はこの日乗車した普通のあとに運用される列車です。現時点ではまだ「洛楽」を見ていないので「今回乗車した普通のあとに通過するのを撮れるのでは・・・?」と思い、同駅の3番線(大阪方面)ホームの大阪寄りに急いで移動したのでした。

 

カメラを準備すると、ほどなく列車通過のアナウンスが流れ、少し焦ってしまいました・・・(汗)。


Dsc_9146

 

 



Dsc_9148

 

 



6号車のプレミアムカー。
1扉への改造に際し、大阪寄りの乗降扉を埋めた後が見て取れました。


Dsc_9149

 

 



後追いで。
種別標記が「快速特急・洛楽」に変更後の姿を写したのは、これが初めてでした。
ちなみにこの列車は、淀屋橋駅11時発の便です。

このあと駅の近くの観光案内所へ。
京阪のHPで紹介されていた、善方律寺(ぜんぽうりつじ)と神應寺(じんのうじ)の2か所を回ることにしていたので、その旨を伝えると、観光マップを受け取りました。

善方律寺は過去に訪れたことがありましたが、神應寺は今回初めてでした。
案内所の方いわく「神應寺は、境内まで170段ほどの階段があり、上の方はさらに急になっているので気を付けて。また、男山ケーブルも見れますよ」とのこと。

その結果、まずは善方律寺へ向かうことにしました。

道中の道は、途中まで石畳になっていました。


Dsc_9152

 

 



しばらくすると、こんな建物が。


Dsc_9153

 

 



松花堂美術館にて9日まで開催されていた「公益財団法人 やわた市民文化事業団設立35周年記念事業・平成30年特別展 少女ゴコロと竹久夢二」のポスターが。

詳しくはググってみてください(^^ゞ。


Dsc_9154

 

 



このあたりの道は、東高野街道といいます。
善方律寺まで約500m。
往来する車に注意しながら先へ進みました。

しばらくすると善方律寺に到着しました。
過去にここへ訪れたのは、3、4年ほど前だと記憶しております。
その時はスマホで簡単に済ませていましたが、今回はデジイチ持参でガチです。


Dsc_9163

 

 


Dsc_9172Dsc_9183

 

 

 

 

 


Dsc_9183_2

 

 



絞りを変えたり、露出補正をいじったり・・・。
結構多く写しましたが、自分の納得したものは、数少なかったです・・・。
また、カメラで写したものを肉眼で見たものと同じように写すのは、なかなかうまくいかないようです。
設定を臨機応変に変えてみると良いと思うのですが・・・。
デジイチなので、レンズを変えてみるとまったく違う仕上がりになるのではないか・・・と、つくづく実感しました。


Dsc_9197

 

 



手前の葉っぱを主題とし、まわりをぼかしてみました。


Dsc_9198

 

 



こういったものも絵になる構図ではないかと思います。


Dsc_9171

 

 




Dsc_9202

 

 



今度は道端に落ちた紅葉を写してみました。


Dsc_9204

 

 



これは道沿いの木に落ちた紅葉です。
なかなかいい感じだと、我ながらそう思いました。

もう少し、続きます。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

web拍手 by FC2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

京阪宇治線沿線へお出かけ(2)

(1)の続きです。

 

休憩後、散策を再開しました。


Dsc_9062

 

 



鐘楼(しょうろう)を見つけました。
この鐘をついていた人を見たので、納経所の方に訊いてみると「ついても構いませんよ」とのことでした。

初めての鐘突きを体験。
良い思い出ができました


Dsc_9063

 

 



もう少し歩いてみると・・・。


Dsc_9065

 

 



三重塔です。


Dsc_9063

 

 



Dsc_9066

 

 



三重塔を背景に。


Dsc_9067

 

 



鐘楼の裏手から。
紅葉がいい感じ


Dsc_9073

 

 



これは、阿弥陀堂。


Dsc_9074

 

 


Dsc_9080

 

 


Dsc_9082

 

 



この日は天気も良く、見応えがありました。


Dsc_9077

 

 



こんな花も見つけました。


Dsc_9085

 

 



「7月より8月にかけて百種のハスが開花します」という看板を見つけました。
ウィキペディアによるとハスの花は「早朝に咲き昼には閉じる」とのこと。
ハスの花は、自分の目ではまだ見たことがないので、機会があれば早起きして見てみたいと思いました。


P_20181119_1

 

 



境内を後にし、お土産屋さんでこんな商品を購入しました。

このあと、三室戸駅まで向かいました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

京阪宇治線沿線へお出かけ(1)

私事で恐縮ですが、10月下旬あたりから体調が比較的良くなってきたので、久しぶりにお出かけすることにしました。

 

今は紅葉狩りのシーズン。
まずは京阪のHPをチェック。
5年前に紫陽花を見に行った、三室戸寺(みむろとじ)へ行くことにしました。


Img254

 

 



中書島駅でいったん下車し、これを購入しました。

宇治線の一部の駅に設置されている、この作品のキャラの等身大パネルも見ておきたかったので。
こちらについては、後ほど。

三室戸駅(こちらは「みむろど」と呼ぶ)で下車。
三室戸寺は三室戸駅から徒歩15分のところにあります。

何せ五年ぶりに訪れるので、経路も忘れてしまいました・・・。
しかし、前を歩いていた人のあとをついていくと、問題なく現地へつきました(笑)。

途中、JR奈良線の踏切が鳴ったので一旦停止。
すでに大阪環状線と阪和線では姿を消した103系。
(JR西の一部路線をのぞく)同系の「最後の牙城」となったウグイス色の103系(吹田総合車両所・奈良支所)が残り数編成となったことと、先日の「中之島線クイズラリー」の移動中にスカイブルーの205系の姿を目撃したので、それも気になっていました。

通過した列車は、やはりスカイブルーの205系
言うまでもなく、元阪和線用(吹田総合車両所・日根野支所)の車両です。

 

気になっていた車両を間近に見ることができました。
こちらについても。詳しくは後ほど。


Img002

 

 



さて、到着した三室戸寺。
受付でパンフレットをいただきました。

五年前は本堂まで行かず、紫陽花鑑賞だけで帰宅したのを思い出しました・・・。
今回は、改めて本堂まで行きました。


Dsc_9044

 

 



この三室戸寺、紫陽花だけではなく、ツツジやシャクナゲも見ることができるとのこと。
中でもツツジは二万本。
またの機会に訪れてみたいと思いました。


Dsc_9046

 

 



この階段をのぼります。
やや急な階段でしたが、問題なく上れました(汗)。


Dsc_9047

 

 



Dsc_9052

 

 



Dsc_9053

 

 



階段をのぼる前に周辺の紅葉を写しました


Dsc_9057

 

 



本堂へ着きました。


Dsc_9055

 

 



西国十番観音霊場・明王山三室戸寺の重要文化財などの解説が書かれた看板。


Dsc_9056

 

 



参拝を済ませた後、付近を散策。

このようなものを見つけました。

宇賀神(狛蛇)・・・財運、金運の蛇神。撫でると、財運、良運がつくといわれている。

 

Dsc_9061

 

 



こちらは、「狛犬」ならぬ「狛兎」。

福徳兎(狛兎)・・・幅60センチの大きな球を抱いている。玉の中に卵型の石があり、それが立てば願いが通じるといわれている。


Dsc_9059

 

 



本堂前には・・・。

宝勝牛・・・勝運の牛。大きく開いた口の中石の玉があり、これを撫でると勝運がつくといわれる。


Dsc_9058

 

 



これは若乃花、貴乃花の両横綱の運勝祈願の手形。

あとこのあたりではハスの花も見ることができるとのこと。

このあと、少し休憩しました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 阪急電鉄 近畿日本鉄道 南海電鉄 南海高野線 こうや花鉄道 阪神電気鉄道 阪堺電気軌道 えいでん(叡山電鉄) JR JR貨物 嵐電(京福電気鉄道) 嵯峨野観光鉄道 大阪市交通局 Osaka Metro(大阪市高速電気軌道) 泉北高速鉄道 神戸電鉄 能勢電鉄 北急(北大阪急行) 和歌山電鐵 大阪モノレール 山陽電気鉄道 北神急行電鉄 京都市交通局 地下鉄 モノレール ケーブルカー・ロープウエイ ローカル私鉄 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 鉄道模型 MY PHOTO 過去の撮影記録から 交通科学博物館 京都鉄道博物館 梅小路蒸気機関車館 リニア・鉄道館 鉄道博物館、施設 SL 新幹線 国鉄型車両 鉄道の話題 イベント 鉄道グッズ・部品 鉄道関連書籍 鉄道DVD 花と鉄道 博物館・美術館・展覧会めぐり 鉄道景観 ブルーリボン賞・ローレル賞 ご挨拶 お出かけ、散策 お知らせ お店訪問 グルメ スイーツ ネイチャー(自然) イルミネーション 神社・仏閣 バス 景観 旅行 日記 風景 風景写真 建築物 工事中現場の様子 空港 飛行機 PHOTO カメラ アート クッキング PC 写真加工 ekiSh TV テレビ観戦 動画(YouTube) アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 スポーツ 日記・コラム・つぶやき