サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

このブログとの関連リンク

最近のトラックバック

鉄道コム

  • 鉄道コム

お天気娘の天気予報

建築物

2019年4月 7日 (日)

~JR西日本 鉄道むすめフェスタ2019~に参加しました(後編)

前編の続きです。
今回は、時空の広場にある吹き抜けから見たJR大阪駅ホームの様子を紹介します。


Img_0015



画像向かって右側から2番のりば(大阪環状線内回り)、3番・4番のりば(福知山線など)、5・6番のりば(JR神戸線、JR宝塚線)、7・8番のりば(JR京都線)となっています。


Img_0022

目線を少し上に。
向かって奥に見えるダイキン工業のイメージキャラ、ぴちょんくんです。
往路の環状線乗車の際、初めて目に留まりました。

 

Img_0023



各ホームにはホームドアや乗車位置などが標記されていて、数十年前とは装いをまったく異にしています。


Img_0130



2番のりばでは大阪環状線用車両の323系が発車、5番のりばには221系の快速電車、また4番・6番のりばにも電車が到着しています。
このように列車が次々とやってくるのを見ていると楽しいものだと思います。
親子連れにの方にはある意味良いスポットとなるのではないでしょうか。


Img_0133


目線を大阪環状線のホームへ。
221系の外回り列車が発車。
右奥に見える建物は梅田阪急ビル。その手前にはバスターミナル。
バスが所狭しと並んでいる様子がうかがえます。


Img_0134



1番のりば(環状線内回りホーム)に221系が入線。
その奥のバスターミナルにはカラフルなバスがたくさん並んでいます。


Img_0136



今度は5・6番のりばを見てみることに。
6番のりばとその向かいの7番のりばのホームには転落防止のためのホームドアが設置されています。
一方、5番のりばには5年ほど前にJRゆめ咲線(桜島線)の桜島駅ホームで見た昇降式ホーム柵らしきものが設置されています。


Img_0190


前編で紹介したイベントを終えたあと、もう一度見てみることに。
3番のりばに智頭急行の「スーパーはくと」のHOT7000系が到着するところです。


Img_0193


このあと、帰路へ着くため大阪環状線のホームへ。
201系電車が到着していたので、乗車することに。
JRブランド中心となった昨今、いわゆる旧国鉄型の部類に入る201系。
淡い緑色の乗務員室を見てみると、旧国鉄型の面影がそこかしこに散りばめられていました。
画像中央には「森ノ宮電車区」と書かれたものを見つけました。


Img_0195


現在の環状線の”顔”となった323系とすれ違いました。
運転台部分も旧国鉄時代とほとんど変わりません。


Img_0198



今度は「ユニバーサルワンダーランド」のラッピング編成(201系/LB06編成)とすれ違いました。

 

Img_0197



乗降扉周りは扉注意喚起のステッカーや小型の広告ステッカー、他社にもある扉案内標記プレート(〇号車〇番ドア)が貼ってあります。
ドア窓は金具押さえとなっていて、103系よりもすっきりとした印象を受けました。


Img_0199



わたしがこの時乗車したのは、「1号車」にあたるクハ200-137号車でした。


Img_0204


京橋駅にて下車し、発車するのを眺めてみることに。
乗車したクハ200-137ほか8両編成はLB14編成でした。
行先表示は、大阪環状線の路線記号の「O」印と天王寺となっていました。


Img_0206



京橋駅を発車したオレンジ色の201系。
そのとなりには、225系の関空・紀州路快速の姿が見えました。
323系の増備により、オレンジ色の201系も数が減ってきているとのこと。
そんな時に、こういったかたちで乗車できたのは良かったと思いました。

このあと京阪に乗り、帰宅しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

鉄道コム

web拍手 by FC2

2019年3月27日 (水)

大阪天満宮へ行ってきました。(後編)

前編の続きです。

梅の花を見たあと、気になっていた催し物である水墨画の奉納式をみました。

Dsc_0336


絵師の方が書き始めたところです。
舞台左に見える女性が朗読を、右側の女性が楽器(何かは不明)を奏でていました。


Dsc_0374


ダイナミックな音楽とともに、絵師の方の筆は進みます。


Dsc_0408



描く方がふえて、見ていて楽しくなってきました。


Dsc_0423


水彩画が完成しました。
このあと舞台にて挨拶がありました。
舞台の一番左の女性は「この奉納式ですが今年初めて行われました」と語っていらっしゃいました。


Dsc_0434


完成した水彩画です。
二つの巨木と鳥が二羽が描かれた作品となりました。


Dsc_0474


水彩画奉納式を見終えたあと帰路に着こうと思いましたが、そばでは賑やかな音楽と人だかりが。
この日、同時に催された伊賀NINJAフェスタという「伊賀忍者のショー」が始まっていました。
面白そうだったので、見ていくことにしました。


Dsc_0522


くのいちの方も出演されていました。


Dsc_0511


この日、出演された伊賀忍者の衣装をまとった皆さんです。
忍者の里、三重県伊賀市から来られたとのこと。
ちなみにショーの中でバク転をしたシーンもあり、迫力ありましたが残念ながらきれいに写っていなかったので割愛させていただきます(^^ゞ。
あと、ショーの後半では忍者衣装のちびっこたちが参加したものもあり、とても面白かったです。

Dsc_0524


このあと、帰路に向かうことに。


Dsc_0537



天満宮近くの商店街でパレードをやっていました。
わたしの手前には忍者姿のちびっこが歩いている姿が目に留まりました。


P_20190302_3


京阪のなにわ橋駅へ向かう途中に国指定重要文化財である大阪市中央公会堂が見えました。
帰宅してから調べてみると、中央公会堂は去年(2018年)の11月17日に開館100周年を迎えたとのことです。
この建物を見たのも本当に久しぶりでした。
(完)

**************************************

繰り返しますが、当ブログサービスの全面リニューアルが先日行われました。
管理画面の変更など、大規模なものとなりました。
リニューアル後しばらくはトラブルが多々見受けられましたが、少しずつ収束の方へ向かっているようです。

まだ記事作成に慣れていないわたしですが、今後とも当ブログをよろしくお願いします<m(__)m>。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

 

web拍手 by FC2

2017年4月24日 (月)

JR大阪環状線訪問記(2016.12.4) -ビエラ玉造初訪問-

去年の12月4日、テレビ番組などで何かと話題になっている、JR大阪環状線の玉造駅に出来た「ビエラ玉造」を電車とのコラボとの撮影も兼ねて、見に行ってきました。

本当は、もう少し早く見に行きたかったのですが・・・

さて、この「ビエラ玉造」は、JR西が「大阪環状線改造プロジェクト」の一環として、造られたものなのです。


20161204_084655

乗車してきたのは、環状線では引退寸前(?)となった103系。


20161204_084708

玉造駅の駅名標。
「大阪環状線改造プロジェクト」でこんな風に生まれ変わりました(^^)。


Dsc_7073

これが、ビエラ玉造。想像していたよりデッカイ建物

このビエラ玉造についての詳細は後にして、ここでは以前見た雑誌と同じような写真を撮影してみたく、この場所へ赴いてみたのでした。


Dsc_7084

今回のターゲットは、もちろん先ほど乗車した103系。
まずは、201系「ハリー・ポッター」のラッピング車を撮影。
こうしてみると、ビエラ玉造の「デカさ」が分かるかと思います


Dsc_7094

201系同士のすれ違い。
(このほかに、「大和路快速」用の221系も見れました)


Dsc_7102


そして、待つことおよそ30分。
待ってました103系

Dsc_7111

これで、電車とのコラボ写真はお開きにしました。
このあと、ビエラ玉造の建物を少し観察することにしました。


20161204_093423

この「ビエラ玉造」は前の写真でもふれた、オレンジ色の103系電車を模したユニークなデザインが印象的な、玉造駅高架下に造られた商業施設です。


20161204_093523


同施設の周辺地図です。

ちなみに「2014」という数字は、開業した年からとっています(開業年月日は、2014(平成26)年3月18日)。


20161204_093618

1階の一角には「フレッツ」という100円ショップ(100均)があります。
その下の柵に環状線改造プロジェクトの横断幕が見えます。


20161204_093655

同施設の案内図。

1階は、セブン・イレブン(コンビニ)(開業当時はラーメン店)、フレッツ(100均)、ANYTIME FITNESS(フィットネスジム)。
2階は、キッズファースト(保育園)となっています。


20161204_093759

電車を模した案内板、その後ろには保育園「キッズファースト」のかわいらしいPRが(#^.^#)。


20161204_093941

同施設の側面を望みます。
1階のフィットネスジム、2階の保育園のデザインもとてもいい感じです
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2014年10月18日 (土)

シリーズ MY PHOTO 【17】鉄道友の会行事参加での一コマ

2か月ぶりにお送りする、このシリーズ。

今回は、今年の8月の下旬に参加した鉄道友の会主催のバスツアー「信楽高原鐡道訪問バスツアー」でのワンシーンをお伝えします。

_dsc2402

昨年の台風18号による被害で、信楽高原鐡道(以下、同鉄道)は長らく不通となっていましたが、今年の11月下旬にようやく運転再開となる同鉄道の車両や建築物を見学した帰路で大沙(おおすな)川トンネル を見学しました。

地図は、こちらになります。

このトンネルを見学している間に、JR草津線を走る列車が何本か見ることができました。

この場所を引き上げる際の最後に見たのが、「湖西線開通40周年」のHMを掲出した、湘南色の113系(C10編成、吹田総合車両所京都支所所属)だったのです

JR西日本の113系のうち、湘南色となっているのは、今年8月現在、この編成のみということを「鉄道ピクトリアル」(2014年10月号)で知ることができたのでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年11月 9日 (土)

10月の3連休【1】閉鎖となった、赤川鉄橋へ(3)

こちらの記事の続きになります。

_dsc7921



時刻は17:00になり、お月様が見えました。

S_dsc7930





これから、自分にとって最後となる、同鉄橋を渡り、帰路へ就きます。



_dsc7935




_dsc7938





_dsc7942





よく観察したら、いろいろなものがあることに気が付いたのでした。





_dsc7932





_dsc7934





_dsc7940



このような光景も、もう二度と見ることはできないでしょう・・・。




_dsc7949



その反対側の風景を見ていた時に、踏切の音が聞こえました。
振り向いてみると・・・。





_dsc7950




EF510形「レッドサンダー」けん引の貨物列車が通過したのでした。





_dsc7954





_dsc7955




_dsc7957



この貨物列車が、自分がこの鉄橋で見た「最後の貨物列車」なのでした・・・。


※おまけ画像



S_dsc7978


18:00頃に到着した、大阪市交谷町線の太子橋今市駅のコンコースで見つけた、30系引退記念の掲示物です。(完)

web拍手 by FC2

2013年11月 7日 (木)

10月の3連休【1】閉鎖となった、赤川鉄橋へ(2)

こちらの記事の続きになります。



貨物列車が通過したあと、私は再び河原へ降りました。

_dsc7873




きれいな青空に、きれいな風景、釣り人もいらっしゃいました。




_dsc7875



ハトさんもいました。




_dsc7879





空を舞う鳥もキャッチ。



_dsc7877_2




河原から同鉄橋を望んでみました。




_dsc7880




そのそばには、コスモスの花が咲いていました。
こういった「自然に咲いているコスモス」を見たのは、これが初めてだったと思います。



_dsc7885



踏切の音が聞こえたので、同鉄橋へ戻りました。

こういった構造も、今はもう見ることができません・・・。



_dsc7888


遠くに機関車が見えてきました。





_dsc7891





_dsc7892





先ほど見た、EF65形2050号機の単機運用のようです。


私の近くにいた方々もさかんにシャッターを切っていました。


時刻は16時半をまわっていました。



_dsc7896




再び河原へ降りてみました。
伊丹空港へ向かう飛行機が見えました。




_dsc7913




_dsc7904




_dsc7906




この河原では、白、赤紫、薄紫色の3色のコスモスを見ることができました。



_dsc7901




その場所からの同鉄橋の光景です。
うまく太陽の光が入ってくれました。



_dsc7908



_dsc7909



_dsc7912_2

その数分後に、EF210形けん引の貨物列車が通過しました。





_dsc7917




何ともきれいな夕暮れ時でした。(つづく)

web拍手 by FC2

2013年11月 4日 (月)

10月の3連休【1】閉鎖となった、赤川鉄橋へ(1)

先月12日のお話です。

先月いっぱいでJRおおさか東線延伸工事のため、84年の歴史に幕を閉じた、国内でも珍しい「人道橋」だった、赤川鉄橋(赤川仮橋。以下、同鉄橋)
私がブログを書いていてお知り合いになった、なかっちょさんが主催された撮影会に参加させていただきました。



私が同鉄橋に到着したのは、14時過ぎでした。





_dsc7837_2






この日は晴天に恵まれ、ちょうど良い気候でした。


実は私がこの場所を初めて訪れたのは、今年の6月のことでした。
(詳しいことは、こちらの記事をご覧くださいませ)



詳しい事はよく分からないのですが、JRの貨物列車は「遅れや運休は頻繁で、(この場所にも)貨物時刻表の通りには来ない」と、先日いろいろと調べてみて分かりました。


今回は、私が到着した14時~15時過ぎに同鉄橋を通過した貨物列車の写真を紹介します。




_dsc7843




まず、14時半頃に通過した貨物列車です。


機関車はJR貨物色のEF65形2050号機国土交通省鉄道に関する技術上の基準を定める省令によって、100km/hを超える運転を行う際に新たな保安装置(運転状況記録装置)の搭載が義務付けられた。これの有無による、JR旅客会社とJR貨物が所有する本形式の最高速度の相違を区別するために、2012年5月からJR貨物所有の本形式に対して車両番号が元番号に1000を加算する措置が取られている)(ウィキペディアより引用)でした。

_dsc7851




_dsc7853



JRの貨物列車(今回はコンテナ列車)は、やたらと(組成が)長いのが特徴で、自分の目の前で見るだけでも迫力満点でした!!



次に通過する貨物列車は、いつ来るか分からないとの声が聞こえたので、いったん北の踏切の方へ歩いて行きました。



_dsc7855




踏切から降りて、河原から見た時の光景です。




この次に踏切の音が聞こえたのは、15時頃でした。



_dsc7856






今度は、前述した踏切付近からです。


機関車は、EF66形100番台の122号機でした。



_dsc7858




_dsc7859




_dsc7866



_dsc7868



今回の列車は、連結されているコンテナ貨車などもきちんと写っていました(^^)。




_dsc7871




_dsc7872



今はもう見ることのできない掲示物です。(つづく)

web拍手 by FC2

2013年7月29日 (月)

「赤川仮橋」へ行ってきました。(2013.6.22)

先月22日、私は以前から話題となっている「赤川仮橋(あかがわかりばし)」に行ってまいりました。

当日の経路は以下の通りです。

最寄り駅→京阪北浜→地下鉄堺筋線北浜→阪急千里線淡路下車

余談ですが、阪急の淡路駅のホーム幅は非常に狭く、そこにひっきりなしに列車(阪急京都線の特急も停車)がやってきて、利用者も多い事に驚きました。






S130622_101623

ご参考までに、往路で撮影したものです。

あらかじめプリントアウトしておいた地図を見ながら、歩く事約20数分、ようやく現地に到着したのでした(到着時刻は、10時40分頃でした)。

私が到着した頃に列車が通過する時刻だったので、カメラを取り出しましたが、いっこうに列車は来ませんでした・・・(T_T)。

愚痴をこぼしても仕方がないので、「赤川仮橋はどういった所なのか」を以前から知りたかったので、赤川仮橋(以下、この橋)を観察しながら、往復してみました。



Dsc_5597_14360dsc_5597



この橋の手前の踏切には、ご覧の様な注意書きを見る事ができました。



Dsc_5601_14364dsc_5601


こちらが、その閉鎖予告の看板です。
名義上は、JRおおさか東線の路線延長に関連しているようです。

実は私は、このおおさか東線は知ってはいますが、一度も乗車した事がございません。

時間ができたら、JR大阪環状線に乗車して、天王寺から大和路線経由で乗車してみたいと考えております。

さて、本題に戻りましょう。



Dsc_5607_14370dsc_5607



これがこの橋の目印となるものですね。




Dsc_5602_14365dsc_5602_2



これから、この橋を横断します。




Dsc_5608_14371dsc_5608



これが歩行者や自転車の通行ができる、人道橋と呼ばれているものです。

この通路が「地域住民の足」となっているそうです。




Dsc_5615_14378dsc_5615



奥の方まで見渡すと、ご覧の様な感じです。




Dsc_5638_14400dsc_5638



Dsc_5652_14412dsc_5652



上の画像のように、人道橋と鉄道橋の境目は木製の柵で仕切られていました。

鉄道橋の線路は、下の画像のような構造となっていました。




Dsc_5640_14402dsc_5640




Dsc_5644_14404dsc_5644



さすが、一級河川である淀川

景色も良かったです。

この橋の一番奥までたどり着いたのが、最初の場所からおよそ25分ほどでした。

その奥の場所の付近には、貨物列車狙いでしょうか・・・?
カメラを持った方が数名いらっしゃいました。
また、先ほどの看板もありました。

このあと、最初に来た場所まで戻りました。
この人道橋ですが、やはり利用者は結構多かったです。




Dsc_5651_14411dsc_5651



これは帰路で写したものですが、右側にいる方たちは、おそらくこの淀川の景観を眺めにきたのでしょう・・・。




Dsc_5609_14372dsc_5609



もとの場所まで戻ってきました。

ここにある踏切は、ご覧の様な感じでした。

時刻はまだお昼前だったので、阪急の淡路駅までぶらりと歩きながら、帰路へ就いたのでした・・・。

閉鎖まで、もう少しあるようなので、涼しくなってから、再訪して貨物列車も見てみたいと考えております。

※おまけ画像




Dsc_5616_14379dsc_5616




鉄橋のかたわらに、鳩がたたずんでいました・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年3月16日 (土)

昨日は「しまかぜ」と・・・。

昨日(15日)の大阪は、朝方は少し寒かったですが、お昼前からは、暖かくなりましたね。

かくいう私ですが、鉄道友の会主催の行事で、今月21日にいよいよデビューする、話題の近鉄の観光特急である、50000系「しまかぜ」(以下、同車)の試乗会に参加してまいりました。

当日の集合場所は、近鉄の大阪上本町駅の大阪線ホームの改札前でした。

その大阪上本町駅までですが・・・。
最寄り駅→京阪本線天満橋→大阪市交谷町線谷町九丁目という経路でした。

京阪線では、通勤準急という列車に初めて乗車しました。
しかも、2400系で現在稼働している旧塗装編成、2456Fでした

Sbsh0281

Sbsh0282


諸事情で、携帯のカメラで撮影しました(下車した天満橋駅にて)。

試乗前の僅かな時間でしたが、同車の現物を見るのは、初めてでしたので、本当に心の中がワクワクしていました。

そして、同車の到着時刻となりました。

Dsc_9840_8808dsc_9840

こちらなのですが、運転台の後部は、ハイデッカー構造となっていて、「小田急の10000系「HiSE」みたい!!」と私は思ったのでした。

それでは、この超ゴージャスな車内から撮影した写真を用いて、「しまかぜ」の魅力をほんの少しながら紹介させていただきますね。

Dsc_0093_8588dsc_0093


ク50100形の運転台は、ご覧のような感じでした。

Dsc_0016_8652dsc_0016


サ50400形は、2階建て構造のカフェ車両と銘打っております。

Dsc_0109_8916dsc_0109


今回の試乗は名張までで、この間に座席の転換を行いました。
「自動」かと思いきや、「手動」だったので、少し唖然(゜.゜)な気持ちになってしまいました。

座席転換後、大阪上本町へ折り返すのですが、私の座席位置は窓側になりました。

この写真は、名張に停車中に撮影したものですが、同駅を出発してから私は、めったに来れない近鉄線の沿線の車窓からの風景を、たくさん撮影しました。

近鉄の関係者の皆様、そして鉄道友の会の幹部の皆様には、この場をお借りして、厚く御礼申し上げる次第でございます。

この試乗会の後、私はこの日で役目を終える、JR貨物の梅田貨物駅を訪問したのでした。


Dsc_0298_8568dsc_0298


大阪市交谷町線に乗車し、東梅田駅で下車して現地まで歩いていると、この写真のようなものを見つけました。
Dsc_0316_8551dsc_0316_2
他の方も撮影されていた場所がこの写真のあたりです。



Ssbsh0287_2


この後、お仕事があったので、帰路に就きました(この写真は、携帯で撮影したものです)。

※オマケ画像

Dsc_0328_8539dsc_0328



梅田貨物駅の背後には、JR線がありました。
ちょうど特急サンダーバード」が向かってきたので、こんな感じで撮影してみました。

Dsc_0350_8524dsc_0350


この日の夜は、自宅のベランダから三日月が見えました。
この写真を撮影するのには、かなり戸惑ってしまいました・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 web拍手 by FC2

2013年2月12日 (火)

今回は・・・。

今回の内容ですが・・・。

昨日(11日)、近所へお出かけした際に撮影した写真を紹介します。

昨日の午後、近所のツタヤにレンタルした商品を返却する日でした。

本当は自転車で出向いても良かったのですが、時間に余裕があったので、歩いて移動する事にしました。

少し歩いて気が付いたのですが、周辺の会社は祝日だった関係でしょうか?

ほとんどの会社や工場がお休みでした。

そこで、閃いたアイデア。

「こういう日こそ、こういったものを撮るチャンスだ」

というわけで、いくつか紹介させていただきます。

Sdsc_4947_4242dsc_4947
Sdsc_4956_4251dsc_4956
Sdsc_4957_4253dsc_4957
Sdsc_4966_4261dsc_4966
Sdsc_4974_4267dsc_4974
Sdsc_5006_4291dsc_5006
Sdsc_5062_4341dsc_5062

いかがでしょう?

「鉄道写真が出てこないじゃないか!?」
おっしゃる通りでございます。
そこで今回は同じ「乗り物」京阪バスの写真を紹介します。

Sdsc_4961_4256dsc_4961
Sdsc_4962_4257dsc_4962


いつ頃から走り始めたのかは分かりかねますが、京阪バスでは、タウンくる という小回りの利く小型のバスを運転しています。

地元のHPによりますと市内の公共交通空白地域に「タウンくる」(道路の狭い地域でも走れる小型バス)を運行しています」とあります。

さて、話は変わって、10日の読売新聞の記事にこのような内容のものを見つけました。


時速443キロ 試験用新幹線

この記事によると
「955形 新幹線試験電車(300X)という車両の車内展示を、「リニア・鉄道館」において、今月25日まで行っている」と記述してあります。

そこで名古屋市にあるリニア・鉄道館のHPを見たのですが、アクセスにすごくオトクな切符がある事が分かりました。

「これを使わない手はない!!」

そう思った私。
来週、このリニア・鉄道館に行く事に決めました。

※オマケ画像

Syui

昨日の夕方、聴いたCDなのですが、シンガー・ソングライター、YUIさんが昨年12月の活動休止を契機に発表した2枚のベストアルバムGREEN GARDEN POP」 ORANGE GARDEN POP」 です。

この2枚のCDを聴きながら、彼女のウィキペディアを閲覧していたのですが、「この2枚のCDだけで、彼女のすべてが分かる!!」と述べても過言ではございません。

YUIさんに興味や関心をお持ちの皆様は、ぜひ一度お聴きになってみて下さいませ。

「素晴らしいアーティスト!!」と感じる事は間違いないと、私は確信しております。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 web拍手 by FC2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 阪急電鉄 近畿日本鉄道 南海電鉄 南海高野線 こうや花鉄道 阪神電気鉄道 阪堺電気軌道 えいでん(叡山電鉄) JR JR貨物 嵐電(京福電気鉄道) 嵯峨野観光鉄道 大阪市交通局 Osaka Metro(大阪市高速電気軌道) 泉北高速鉄道 神戸電鉄 能勢電鉄 北急(北大阪急行) 和歌山電鐵 大阪モノレール 山陽電気鉄道 北神急行電鉄 京都市交通局 地下鉄 モノレール ケーブルカー・ロープウエイ ローカル私鉄 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 鉄道模型 MY PHOTO 過去の撮影記録から 交通科学博物館 京都鉄道博物館 梅小路蒸気機関車館 リニア・鉄道館 鉄道博物館、施設 SL 新幹線 国鉄型車両 鉄道の話題 イベント 鉄道グッズ・部品 鉄道関連書籍 鉄道DVD 花と鉄道 博物館・美術館・展覧会めぐり 鉄道景観 ブルーリボン賞・ローレル賞 ご挨拶 お出かけ、散策 お知らせ お店訪問 グルメ スイーツ ネイチャー(自然) イルミネーション 神社・仏閣 バス 景観 旅行 日記 風景 風景写真 建築物 工事中現場の様子 空港 飛行機 PHOTO カメラ アート クッキング PC 写真加工 ekiSh TV テレビ観戦 動画(YouTube) アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 スポーツ 日記・コラム・つぶやき

貸切電車として走る阪堺モ161形161号車

当ブログへようこそ!!

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ