サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

鉄道博物館、施設

2016年12月28日 (水)

京阪電車散策記-くずはモール「SANZEN HIROBA」へ-(2016.10.30)

こちらの記事の続きになります。


「キキララ」と「天の川ツーリズム」のスタンプラリーを楽しんだあと、まだ時間にゆとりがあったので、くずはモールの「SANZEN HIROBA」に出向くことにしました。


Dsc_6744

Dsc_6746

Dsc_6750

目的ですが、もちろん「京阪の旧3000系特急車(3505号車)」を見に行きました。

実は、こちらは恥かしながらの「デジイチ撮影」。
やはり、スマホより臨場感があります。


20161030_123441

20161030_123413

もちろん、復元された車内へも侵入(笑)。
最前列のシートに座って、VTRを堪能しました。


Dsc_6758

この日の展示コーナーは、近年まで京阪の車両に掲出されたHMなどでした。


Dsc_6755

ことし、8000系やこの旧3000系にも掲出された「京阪特急65周年」のHMも展示されていました。


Dsc_6761

歴代のHMも撮影camera
このあと、休憩もかねて構内にあるクレープ屋さんで軽食をとりました。


20161030_121658

メロンソーダともに。
ごちそうさまでした(合掌)。

このあと、帰路に着きました。(完)

※おまけ画像


20161016_084218

元「きかんしゃトーマス」ラッピング車の8000系(8010編成)。
ほかの編成と異なり、ヘッドライトはこの段階(2016年10月)で原型を保っていました。


20161016_104737

一方、こちらは「快速特急 洛楽」の8000系。


20161016_104806

(少しブレてしまいましたが)同列車は「出町柳行き」ですが、往年の運転区間と同じく「洛楽」のHMはこの画像の駅で取り外されました。
(以上、三条駅にて)


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年4月 7日 (木)

梅小路公園へ行ってきました。(2016.3.6)(3)

こちらの記事の続きになります。

Img004
このパンフレットは、案内所でいただいたものです。
とても、楽しそうな雰囲気が感じ取れました。

Dsc_5176
Dsc_5178
案内所から歩くshoeこと数分、市電ひろば(以下、広場)に到着です。
この広場は、この案内板に書かれているように、2年前(2014年)の3月にオープンしました。
市電の歴史と当時の写真も掲載されています。

あと、当時の路線図が刻まれている場所があったのですが、分からず写真を撮り忘れてしまいました・・・weep

こちらのサイトに、その画像が掲載されています。

Dsc_5210
広場には、4両の市電が展示されています。
この画像の左側が「市電カフェ」(505号車)、右側が「市電ショップ」(703号車)、奥の2両は休憩所に活用されています。

Dsc_5267
Dsc_5265
休憩車両は、「市電カフェ」側に1605号車、「市電ショップ」側に890号車がそれぞれ開放されています。

Dsc_5256
せっかく来たので、何か買っていくことに。
「市電ショップ」には、こんな掲示が。

中に入ると、グッズはほとんどが子供向けの商品でした(失礼)。

20160309_132545
食品も販売していたので、そちらを購入することに。
これは、京都の漬け物屋さん「もり」の京つけもの。

20160307_102104
700形がデザインされた、「市電ドロップス」。
味は抹茶味。
裏面は、京都タワーをバックに走る市電のデザインです。

あと、聖護院八ッ橋総本店の「聖(ひじり)」という名前の京菓子と「抹茶プリン」を購入しました。

20160307_101831
このあと、「市電カフェ」で軽食をとりました。

画像の「つりわパン」は、乾パンをこのようなデザインにされたとのこと。
食感は、カリカリとしたクッキーのようでした。

そのほか、京都美山(みやま)牛乳のソフトクリームと、京赤しそジュースをいただきました。
この日は、気温が高めだったので、ソフトクリームを食べるのには、ちょうどよかったですdelicious

20160306_121101
このあと、許可をいただいて、車内(店内?)を撮影。
この画像に見えるつり革は・・・?

20160306_121115
広告のスペースに「つりかわパン」coldsweats02sign02
これには、少しおどろきました。
(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年3月30日 (水)

梅小路公園へ行ってきました。(2016.3.6)(2)

こちらの記事の続きになります。

Dsc_5154

京都市バスの七条(ななじょう)大宮・京都水族館前のバス停で下車し、南へ歩くと京都水族館へ向かいます。

その目の前に、京都市電(以下、市電)の車両(935号車)が案内所として展示されています。

Dsc_5167
その車内はこんなふうになっていて、京都市内を市電が走っていた、当時の写真などが展示されています。

Dsc_5172
車内にいらっしゃったスタッフさんのお話や掲示物によると、この車両(900形)は1957(昭和32)年に製造され、うち一部の車両はワンマン化(1900形)され、市電全廃の1978(昭和53)年9月まで活躍しました。
その後、15両は広島電鉄に移籍し、広島電鉄1900形になり、現在も全車現役です。

わたしが小学生の修学旅行(広島と山口)に行った際、広島電鉄に乗車したのが、この1900形だったのを、今でも記憶していますconfident

将来、機会があれば、広島に行きたい・・・と考えています。

それでは、車内の様子を紹介します。

Dsc_5156
運転台です。
赤矢印で示した、「開ひ運転厳禁」と書かれていたのが、どういう意味なのか、気になっています。

Dsc_5171
当時の路線図です。京都市内を縦横無尽(じゅうおうむじん)に走っていたことがうかがえます。

Dsc_5175
こちらは、「終車通過時刻表」、現代風に表現すると「終電案内」でしょうか・・・?
どちらも下部には、当時の広告が掲示されています。

Dsc_5168
Dsc_5173
この広告は、当時上映された、映画のPRでしょうか?

Dsc_5174
こんな広告も発見coldsweats02sign01
「長崎屋」・・・。
昔、地元の駅前にありました。
思わず、なつかしさが込み上げてきました・・・confident

このあと、「市電ひろば」へ向かいました。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年3月27日 (日)

梅小路公園へ行ってきました。(2016.3.6)(1)

6日、気候が良かったので、京都の梅小路公園に出向いてきました。
また、2年前(2014年)の3月にオープンした、「市電ひろば」にも立ち寄りました。

今回は、4月29日に開館が決定した、「京都鉄道博物館」(以下、博物館)の建物ができる場所を見てきたので、それを紹介します。

Dsc_5234
左に見えるのが、昨年の8月に閉館した、梅小路蒸気機関車館(以下、同館)です。その右隣に見えるのが・・・。

Dsc_5241
博物館の入口と思われる建物がすでに完成していました。
自分が3年前に訪れた、名古屋の「リニア・鉄道館」とよく似ていると思いました。

Dsc_5239
展示車両もちらっと見えました(左からSLのC62形、80系電車、0系新幹線)。
すべて、大阪市港区にあった交通科学博物館から運ばれたものですね。

Dsc_5248

わたしが同館へアクセスしていた時は、京都市バスで、梅小路公園前のバス停から向かっていました。
上に見える高架は、JR嵯峨野線(山陰線)です。

2019年の春には、このあたり(京都-丹波口間)に新駅ができるとのこと。
その新駅ができると、アクセスが今より良くなりそうですねconfident

Dsc_5233
上の看板の近くにポツンとたたずむ、京都市電の静態保存車、2000形。
ウィキペディアによると、この2000形は1964(昭和39)年~1965(昭和40)年に計6両製造され、この2001号車を除く5両は、伊予鉄道へ譲渡され、現在も活躍中とのことです。
(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年1月14日 (木)

くずはモール「SANZEN-HIROBA」へ(2015.12.26)(2)

こちらの記事の続きになります。

Dsc_2851

3505号車の側面中央部は、可動式のステージになっています。

Dsc_2852

再び、車両前頭部へ。
この説明書きがあったのは、まったく知りませんでした(^^ゞ。

Dsc_2831

展示物コーナーでは、京阪のツイッターで知ったのですが、叡電本線・鋼索線(ケーブルカー)開業90周年にまつわる展示をしていました。

Dsc_2846
入口から向かって左側には、前回来た時にはなかったカフェコーナーがオープンしていました。

Dsc_2842

その手前側には、「京阪特急」のシンボルの「ハトマーク」など、京阪線の車両に過去に掲出されたヘッドマークを展示しています。

Dsc_2844
右横には、それぞれのヘッドマークの解説のパネルがあります。

Dsc_2845

ハトマークを撮影camera
1900系以前の特急用車に使用された、前面差し込み式のものです。
年季が入っていますconfident。(完)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年1月 9日 (土)

くずはモール「SANZEN-HIROBA」へ(2015.12.26)(1)

昨年の12月26日、京阪の「旧3000系特急車」(3505号車)が保存されている、くずはモールの「SANZEN-HIROBA」(さんぜん・ひろば)に出向いてきました。

Dsc_2810

この日は、ひとけはまばらでした。

Dsc_2811
3505号車に久しぶりのご対面。
「京阪特急65周年」と初代の「特急」HMを掲出していました。
ファンにとっては、うれしいサービスです(^^)。

Dsc_2817

Dsc_2829

こうして見ると、さながら「ホームで発車待ち」といった雰囲気を感じ取れましたconfident

Dsc_2818

車内へ入りました。貫通路の独特の仕上がりの壁紙、素敵な絵画、貫通扉の向こうには、ジオラマがちらりと見えました。

Dsc_2821

運転席の方を望みます。
座席はもちろん、補助いすも当時のものに復元されています。

Dsc_2828
このあと、乗務員室へ。

名物だったテレビでは、この「SANZEN-HIROBA」の竣工記念のビデオの上映をしていました。

Dsc_2824

運転席を撮影camera

Dsc_2822

車内から向かって右側の座席から。
シートの座り心地も満点です(^^)。
乗車気分を少し体験してから、車内を出ました。(つづく)

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年9月22日 (火)

念願の「くずはモール SANZEN HIROBA」へ(5)

こちらの記事の続きになります。

Img_3445

ジオラマの左隣には、「わたしのまち・京阪沿線」と題した衛星画像のパネルが展示されています。

Img_3465

Img_3468

右隣りには「京阪電車の進化」と題した、年表をパネル化したものを展示。
その下には「京阪電車デジタルライブラリー」(タッチ式のモニターパネル)が設置されています。

Img_3481

Img_3483

そのとなりには、8000系の運転シミュレーターを設置。
画像から「枚方市ー樟葉間」のものであることが分かります。

Img_3482

かくいう自分は、2600系のバージョンにチャレンジ。
結果は・・・?
「やっぱ、難しかった」です(^^ゞ。

Img_3484

Img_3485

これまで見た展示物を、もう一度眺めてみました。

Img_3480

Img_3488

Img_3507

Img_3506

Img_3505

運転シミュレーターの右隣にあるのが「トレインウォール」。

旧3000系特急車の設計図や同車がデビューしたころのダイヤグラム(運行図表)、そのほか先に紹介した懐かしいHMや、京阪の歴代車両を紹介したプレートや、歴代使用してきたレールが展示されています。

Img_3499

Img_3500

「デジタル動態保存」されている、旧3000系3505号車を臨みます。
手前には現在の車両のカラーリングの腰掛があり、くつろぎのひと時を過ごすことができます。

このあと、この「SANZEN-HIROBA」をあとにしたのでした。(完)

さて、京阪のHPによると、今年の12月末頃まで(予定)、「京阪特急65周年記念」のHMを掲出しているとのこと。

時間ができたら、見にいくことにしています。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2014年8月13日 (水)

念願の「くずはモール SANZEN HIROBA」へ(4)

皆様、今日からお盆ですね。
私は17日に、母の三回忌がある以外は、15日と16日に、出かける予定にしております。

**********************

こちらの記事の続きになります。

今回は、こちらを紹介します。

Dsc_0081

京阪沿線をかたどった、ジオラマです。

Img_3443

Img_3444

中央にはモニターがあり、「ひらパー」の乗り物らしきもの(?)が写っています。

画像に写っている、この2人の子供は兄弟でしょうか?
それはさておき、2人の子供は何かを操作していますね。

それを見てみましょう。

Img_3448

Img_3447

Img_3446

からくり操作(「ひらかたパーク」)のハンドルなど(上)。

左から2番線、1番線のハンドル(説明は後述)(中)。

からくり操作(「京都の祭行列」)のハンドル(下)。

・・・となっています。

両端の「からくり操作」は無料ですが、ジオラマ内のHO(1/80スケール)ゲージの鉄道模型の運転(中央の2つのハンドルを使用)は、1回(約3分)につき、200円必要です。

Dsc_0082

Dsc_0083

では、ほんの少しですが、ジオラマの様子をご覧いただきます。

Img_3449

Img_3451

このジオラマの両サイドの下側には、こんなお楽しみを発見happy01

左側には、中之島駅の様子(3000系の模型付きで)を。右側には、出町柳駅の様子(旧塗装の8000系の模型付きで)を、それぞれ再現しています。(つづく)

web拍手 by FC2

2014年8月10日 (日)

念願の「くずはモール SANZEN HIROBA」へ(3)

台風11号の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

**********************

こちらの記事の続きになります。

2度目の訪問時には京阪電車の模型が展示されていましたが、初めて赴いた6月13日の時は、違うものが展示されていました。

Img_3453

今回は、その展示物などを紹介します。

Img_3458

まずは、「なつかしのポスター展示コーナー」から。
右側のものから順に見ていきましょう。

右側は、冷房化や当時の6000系並みにリニューアルされ、2008年に引退した、1900系のリニューアル編成デビューのPRと、自律分散式列車運行管理システムというものが、「12月10日から稼働しました」という内容の広告ポスターです。

左側は開業80周年(1990年。上)と開業90周年(2000年。下)記念関連の京阪特急のPR広告です。

掲載時期ですが、右側(上)が1985年頃、(下)が1987年頃、また左側のものは、上が1990年頃、下は2000年頃のものと思われます。

Img_3459

こちらですが、右側の上の広告では、「7200系がまもなくデビューします」と記載されてあり、下は現在でも好評な8000系のダブルデッカー車がデビューしたという広告です。

また、左側の上の広告は、当時の6000系6011Fの写真が掲載され、「77両が快走中です」というキャッチフレーズ、下の広告は、1983(昭和58)年12月4日に当時の京阪線の架線電圧が1500Vに昇圧されるのを前に、「試運転を行っています」という内容のPR広告です。

話は逸れますが、6000系のリニューアルの第1弾編成は、情報収集の結果、6011Fの説が濃厚のようですsmile

掲載時期ですが、右側(上)が1994年頃、(下)が1997年頃、また左側のものは、2枚とも1983年頃のものと思われます。

Img_3460

こちらですが、右側の上の広告は「鴨東線の開業工事が進んでいます」という内容、下は「深草駅のリニューアル(当時は「改装工事」と呼んでいた)工事が完了しました」という内容の広告です。

一方、左側の上の広告は「京都地下線(東福寺-三条間)の工事が着々と進んでいます」という内容、下の広告は「浜大津駅の移設・統合化工事を始めました」という内容です。

掲載時期ですが、右側(上)が1989年頃(広告の右下には「京阪電車」ではなく、「鴨川電鉄」と表記sign01)、(下)が1987年頃、また左側(上)は、1986年頃、(下)は現在の駅舎の工事のPRで、1980年前後のものと思われます。

続いては、当時展示されていたHM(標識板)を見てみましょう。

Img_3462

これら3種は、かつて(1990年頃まで)よく見られたものです。

左から順に・・・。

●貨車に掲出されていたもの。

●直通急行(大阪-京都間。この場合は淀屋橋-三条間)に掲出されていたもの。

試運転列車に掲出されていたもの。

・・・となります。

Img_3455

これらですが、自分は見た記憶がまったくありません・・・coldsweats01

●左の2種は、京阪線-交野線直通列車に掲出されていたもの。

●右のものは、「源氏物語ウォーク」というイベントの開催で、2007年に8000系1編成に掲出。

Img_3461

これら3種は、交野線にまつわるものです。

このうち、中央のものは、七夕奉納列車と銘打って、2006年に1900系1929Fにより運転されたものだそうです。

これだけは、ここで初めて見ました・・・(^^ゞ。

Img_3456

これら3種は、この「SANZEN-HIROBA」に展示されている、3505号車を含む、旧3000系特急車(8000系30番台時代を含む)に掲出されていたものです。

中央のものは、旧3000系用のダブルデッカー車がデビュー記念に掲出されたもので、1995年12月の車番変更前に掲出されたものです。

Img_3464

これら3種は、現在掲出中の、2200系デビュー50周年、7000系および8000系デビュー25周年につながるシリーズ(笑)ですね。

左から順に・・・。

●1900系(1810系の編入車からカウントして)デビュー50周年を記念して掲出されたもの。

●5000系デビュー40周年を記念して、掲出。

●6000系デビュー30周年を記念して、掲出。

このうち、6000系のものは昨年(2013年)、デザインと色違いで計4種あり、記憶に新しところです。

Img_3457

これらは、京阪電車の歴史において、節目となった出来事があった際に掲出される類(たぐい)のものです。

左から順に・・・。

●ひらかたパーク 開園100周年を記念して、掲出。

●昨年(2013年)、淀屋橋延伸50周年を記念して、掲出。

京阪電車 開業100周年を記念して、掲出。

最後に紹介するのは・・・?

Img_3491

京阪特急のシンボルマークである、ハトの特急のHMを囲んで、HMのオンパレードですhappy01
(これらは、先ほど紹介したものとは別の場所に展示しています)

(つづく)

web拍手 by FC2

2014年7月12日 (土)

念願の「くずはモール SANZEN HIROBA」へ(2)

こちらの記事の続きになります。

さあ、これから3505号車の車内へ入ります。
後側の扉から入りました。
すると・・・eye???

Dsc_0060

なんと、なんとsign03
貫通路側の化粧版が、あの彩雲(さいうん)模様、向かって左側には、泰西(たいせい)名画を飾る、あの走る画廊が見事に再現されていましたhappy01sign03

Dsc_0061

さらに、さらにsign03
広告入り(くずはモールですが)の座席までsign03
復元させるために、京阪サイドがどこかに保管していたのかもしれませせん。

Dsc_0064

座席の番号プレートも、しっかりと再現されています。

Dsc_0062

縦長の広告枠には、1972年4月当時の路線図(京阪電車 観光案内図)が再現されていました。

このあと、車両前方へ移動しました。

Dsc_0067

車内全体がきれいに整備され、当時(そのままではないですが)のテレビもしっかりと再現。
運転台は、5月16日から開始された運転体験ができるようになりました。

Dsc_0070

さて、テレビですが・・・。
当時のテレビ(20型ブラウン管テレビ)の枠を再現していました。

映像は、以前発売された、旧3000系のDVD(現在は再編集したブルーレイ版とともに発売中)でした。

では、運転体験の方を見てましょう。

Dsc_0069

この運転体験では、前面(運転士からの目線)だけではなく、側面の車窓も同時に楽しむことができるのです!!

映っているのは、寝屋川車庫です。
と、いうことは・・・?

Dsc_0071

はい(^^)。
まもなく最寄り駅に到着します。

Dsc_0072

最寄り駅を出発しました。
次に停車する駅などのデータは、貫通扉左下に見える小型のモニターで分かるようになっています。

Dsc_0073

香里園駅に到着です。
今回は急行のコース(淀屋橋-香里園間)を体験されたようです。

この運転体験では、急行のコースのほか、特急(淀屋橋-枚方市間)、普通(中之島-守口市間)と、計3種類のコースがあります。

この運転体験は、約20分楽しめます。
ただし、ネットによる事前予約が必要となります。

それでは、再び車内の様子を見てみましょう。

Dsc_0076

まさに、デビュー当時に近いかたちで、きれいな状態で復元されています。

Dsc_0078

側窓の上段は開いた状態となっています(この窓は固定されていて、動かすことはできません)。
種別表示器のある窓は、開きません。

Dsc_0077

ここupwardrightも要チェック箇所ですeye

なんと、補助いすの注意書きまで再現されているでは、ありませんかhappy01

思う存分、車内を見学後、前の扉から外へ出ました。

Dsc_0079
「テレビカー」のロゴマークに、当時としては豪華だった座席、「3505」の車号表記など、繰り返すようですが忠実に再現されていて、「言うこと無し!!」です。

この車両を知らない世代の方でも、この3505号車1両だけで、かつての京阪のフラッグシップだった3000系特急車の素晴らしさを知ることができますねconfident

Dsc_0080

3505号車の横には、京阪線全線の駅の今昔写真を並べたパネルが展示されていました。

「SANZEN-HIROBA」は、これだけではありませんよwink。(つづく)

*****************************

info:京阪では、2200系がデビュー50周年、7000系と8000系がデビュー25周年を今年(2014年)迎えることとなり、今月19日より記念乗車券(京阪線1日乗車券)の発売、記念乗車券の購入者を対象に記念スタンプラリーの開催、また、2200系、7000系、8000系の全編成(一部例外あり)に特製HMを掲出して運転されます(11月16日まで)。

詳しくはこちらをご覧ください。

web拍手 by FC2

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 | 阪急電鉄 | 近畿日本鉄道 | 南海電鉄 | 南海高野線 こうや花鉄道 | 阪神電気鉄道 | 阪堺電気軌道 | えいでん(叡山電鉄) | JR | JR貨物 | 嵐電(京福電気鉄道) | 嵯峨野観光鉄道 | 大阪市交通局 | 泉北高速鉄道 | 神戸電鉄 | 能勢電鉄 | 北急(北大阪急行) | 和歌山電鐵 | 大阪モノレール | 山陽電気鉄道 | 北神急行電鉄 | 京都市交通局 | 地下鉄 | モノレール | ケーブルカー・ロープウエイ | ローカル私鉄 | 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 | 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 | 鉄道模型 | MY PHOTO | 過去の撮影記録から | 交通科学博物館 | 京都鉄道博物館 | 梅小路蒸気機関車館 | リニア・鉄道館 | 鉄道博物館、施設 | SL | 新幹線 | 国鉄型車両 | 鉄道の話題 | イベント | 鉄道グッズ・部品 | 鉄道関連書籍 | 鉄道DVD | 花と鉄道 | 博物館・美術館・展覧会めぐり | 鉄道景観 | ブルーリボン賞・ローレル賞 | ご挨拶 | お出かけ、散策 | お知らせ | お店訪問 | グルメ | スイーツ | ネイチャー(自然) | イルミネーション | 神社・仏閣 | バス | 景観 | 旅行 | 日記 | 風景 | 風景写真 | 建築物 | 工事中現場の様子 | 空港 | 飛行機 | PHOTO | カメラ | 写真加工 | PC | ekiSh | TV | テレビ観戦 | 動画(YouTube) | ウェブログ・ココログ関連 | スポーツ | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ