サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

工事中現場の様子

2016年8月20日 (土)

阪堺電車訪問記(2016.7.24)(4)

こちらの記事の続きになります。

このあと、浜寺公園方面の電車に乗って、「阪堺電車の定番撮影スポット」である、住吉大社(電停は住吉鳥居前)付近で、久々に撮影cameraを楽しみましたhappy01

Dsc_5654


Dsc_5658


Dsc_5662


このあと、今回の訪問では初めて見た「堺トラム」の第3編成「青らん(せいらん)」に遭遇しましたhappy01



Dsc_5667


在来車とのコラボ。



Dsc_5669


そして、「青らん」は天王寺駅前に向かって行きました。


Dsc_5679


にぎやかラッピング電車同士のすれ違いsmile

さて、このあと、今回のミッションのひとつである「旧住吉公園電停跡」の探索に出向きました。


Dsc_5680


この画像のように、旧住吉公園電停への線路は閉鎖されていました。



Dsc_5682


Dsc_5683

これらの画像のように、周辺は工事中の状態でした・・・。

あと、同社のHPで「電停前に写真撮影機を設置しました」という記事を見るべく、やはり約2年半ぶりなのか、散々歩きたおしても、見つけられず・・・weep

少し、くやしかったですが、あきらめました・・・。


Dsc_5687

浜寺公園方面の住吉鳥居前電停で次の電車を待っていると、先ほど撮影した「青らん」がやってきましたhappy01

もちろん、この「青らん」に乗車して、浜寺公園方面に向かうことにしました。(つづく)

※補足:上の画像を「ペイント」でサイズ変更して「上書き保存」すると、「・・・は共有違反です」という、原因不明の(?)エラーメッセージが何度やっても表示されるので、この画像のコピーしたものを「ペイント」で再度加工すると、回避できました。
このような現象は、今まで体験しなかったことなので、不安にさらされていました・・・(涙)。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年3月27日 (日)

梅小路公園へ行ってきました。(2016.3.6)(1)

6日、気候が良かったので、京都の梅小路公園に出向いてきました。
また、2年前(2014年)の3月にオープンした、「市電ひろば」にも立ち寄りました。

今回は、4月29日に開館が決定した、「京都鉄道博物館」(以下、博物館)の建物ができる場所を見てきたので、それを紹介します。

Dsc_5234
左に見えるのが、昨年の8月に閉館した、梅小路蒸気機関車館(以下、同館)です。その右隣に見えるのが・・・。

Dsc_5241
博物館の入口と思われる建物がすでに完成していました。
自分が3年前に訪れた、名古屋の「リニア・鉄道館」とよく似ていると思いました。

Dsc_5239
展示車両もちらっと見えました(左からSLのC62形、80系電車、0系新幹線)。
すべて、大阪市港区にあった交通科学博物館から運ばれたものですね。

Dsc_5248

わたしが同館へアクセスしていた時は、京都市バスで、梅小路公園前のバス停から向かっていました。
上に見える高架は、JR嵯峨野線(山陰線)です。

2019年の春には、このあたり(京都-丹波口間)に新駅ができるとのこと。
その新駅ができると、アクセスが今より良くなりそうですねconfident

Dsc_5233
上の看板の近くにポツンとたたずむ、京都市電の静態保存車、2000形。
ウィキペディアによると、この2000形は1964(昭和39)年~1965(昭和40)年に計6両製造され、この2001号車を除く5両は、伊予鉄道へ譲渡され、現在も活躍中とのことです。
(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年11月21日 (土)

43年間、ありがとう。梅小路蒸気機関車館~最後の訪問~(2015.5.31)(5)

こちらの記事の続きになります。

このあとわたしは、静まり返った雰囲気の館内を見回したのでした。

Dsc_4226

転車台を望みます。

Dsc_4230

嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車けん引用のディーゼル機関車、DE10形です。

Dsc_4231

アングルを変えると、来年(2016年)4月29日に開館が決まった、京都鉄道博物館の工事中の建物が見えました。

Dsc_4238

Dsc_4252

Dsc_4254

扇形車庫内を望むと、まだ移動されていない機関車も何両か見受けられました。

Dsc_4234

動態保存機のC62形2号機は、この場所に置かれていました。

Dsc_4283

向かって右側には、かつて、交通科学博物館にて展示されていた「義経(よしつね)号」を見ることができました。

このあと、扇形車庫内へ。
2年前と比べて、展示物が激減していました。
「京都鉄道博物館の工事が順調に進んでいる証拠だ」と、自分は思いました。

Dsc_4273

扇形車庫から見た、新幹線の走行シーンです。
新幹線の速さの関係で、なかなかうまくいかなったのですが、何枚目かで成功(?)しました。

Dsc_4255_2

車庫館内には「閉館まで、あと91日」という看板を見受けました。

出来るならば、閉館の8月に行きたかったのですが、諸般の事情で叶いませんでした。

話は変わりますが、わたしはまだ、昨年この梅小路にオープンした「市電ひろば」に足を運んでいないのです・・・。
博物館が開館するまでに、一度は訪問したく、考えております。

Img012

先日部屋を片付けていたら、このような本が出てきました。
これまで、何度か通った記憶をたどりながら、少しづつ目を通しています。

最後にひとこと。

「43年間、本当にありがとう。また来年会いましょう」(完)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年10月 9日 (金)

43年間、ありがとう。梅小路蒸気機関車館~最後の訪問~(2015.5.31)(2)

こちらの記事の続きになります。

資料展示室を見学したあと、「SLスチーム号」(15時15分発の便)に乗車する運びになりました。

ちょうど真ん中あたりの席があいていたので、そこに座ることに。

Dsc_3963

すると、すぐ向こうにうわさで聞いていた、展示車両用のオレンジ色(大阪環状線時代)に復元された、103系(クハ103-1)を見ることができました。

そばにいた女性も「環状線の電車や~heart01」という具合に、写真を撮っていらっしゃいました。

Dsc_3977

Dsc_3973

その近くには、かつては同館の扇形車庫で保存されていた車両も見ることができました。

上:9600形(9633号車)
下:C55形(1号車)

Dsc_3965

以前、同館で見た時は朽ち果てた姿をさらしていた、旧形客車(オハ46 13)もきれいにお色直しされていました。

こちらも展示品となるようですねconfident

さて、「SLスチーム号」ですが、大きな汽笛を鳴らしたあと出発し、「線路はつづくよ~どこまでも~♪」のメロディに乗せながら、展示線を往復しました。

途中、嵯峨野線(山陰線)の列車が走っているのが見え、近くにいた子供が手を振っていたのが、印象に残っていますconfident

機関車が最初のところまで戻ってきました。

Dsc_3990

記念に1枚camera

Dsc_3994

この日、最後の便(15時30分)がまもなく発車します。
この日のけん引機は、あの「SL北びわこ号」のけん引機、「C56 160号機」でした。

Dsc_3995

すごい迫力を感じ取れました。

Dsc_3997

まもなく、出発です。

Dsc_4003

やや薄曇りの空でしたが、乗れて、撮れて、本当に「来てよかった」・・・そんな気持ちでした。

この便のあと、転車台でSLを回転する姿を見ることとなります。(つづく)

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2013年7月 9日 (火)

くずはモールへ赴いてみたけれど・・・。

7日に京阪電車のイベント「七夕Station 2013」関連の写真撮影に枚方市駅へ向かう前に、以前から話題となっていた「京阪旧3000系の3505号車が保存展示のため、くずはモールへ搬送された」という情報を入手し、その「くずはモール」のある、樟葉駅へ赴いてみました。

時間帯が7時半過ぎということもあり、人出もまばらでしたので、くずはモールの周辺を歩いて廻ってみました。

すると・・・。


Dsc_6029_14435dsc_6029


Dsc_6030_14436dsc_6030


Dsc_6031_14437dsc_6031

ご覧のように、大掛かりな改装工事をしているようでした・・・。

工事の期間は2013年2月21日~2014年2月28日と記載されていました。

また様子を見計らって、何度か訪れておきたいと、考えております。

余談ですが、後述の病院へ向かう道中と、このくずはモールの様子を見てから、枚方市駅へ移動した時にたまたま「七夕 Station 2013」のHMを掲出した編成(7000系7004F)に乗車できました(病院の日は、淀屋橋行きの列車に運用されているところを見ました)。

p.s.先週の金曜日、大きな病院で自分の原因不明だった症状の特定が出来ました。

ただその先生は「(レントゲン撮影の結果)背骨が曲がっているのが、筋肉の痛みの原因のひとつです。
身体は取りかえることはできませんから、
その身体にやさしくゆるめて、緊張をゆるめてあげる対処法
(半身浴、ストレッチなど)が有効です」
とおっしゃっていました。

今後は、前述の先生がおっしゃった事を守りながら、地道にゆっくりと趣味活動を続けていけたら・・・と考えております。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

京阪3000系「水の路」ラッピング電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ