サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

SL

2015年11月21日 (土)

43年間、ありがとう。梅小路蒸気機関車館~最後の訪問~(2015.5.31)(5)

こちらの記事の続きになります。

このあとわたしは、静まり返った雰囲気の館内を見回したのでした。

Dsc_4226

転車台を望みます。

Dsc_4230

嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車けん引用のディーゼル機関車、DE10形です。

Dsc_4231

アングルを変えると、来年(2016年)4月29日に開館が決まった、京都鉄道博物館の工事中の建物が見えました。

Dsc_4238

Dsc_4252

Dsc_4254

扇形車庫内を望むと、まだ移動されていない機関車も何両か見受けられました。

Dsc_4234

動態保存機のC62形2号機は、この場所に置かれていました。

Dsc_4283

向かって右側には、かつて、交通科学博物館にて展示されていた「義経(よしつね)号」を見ることができました。

このあと、扇形車庫内へ。
2年前と比べて、展示物が激減していました。
「京都鉄道博物館の工事が順調に進んでいる証拠だ」と、自分は思いました。

Dsc_4273

扇形車庫から見た、新幹線の走行シーンです。
新幹線の速さの関係で、なかなかうまくいかなったのですが、何枚目かで成功(?)しました。

Dsc_4255_2

車庫館内には「閉館まで、あと91日」という看板を見受けました。

出来るならば、閉館の8月に行きたかったのですが、諸般の事情で叶いませんでした。

話は変わりますが、わたしはまだ、昨年この梅小路にオープンした「市電ひろば」に足を運んでいないのです・・・。
博物館が開館するまでに、一度は訪問したく、考えております。

Img012

先日部屋を片付けていたら、このような本が出てきました。
これまで、何度か通った記憶をたどりながら、少しづつ目を通しています。

最後にひとこと。

「43年間、本当にありがとう。また来年会いましょう」(完)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年11月15日 (日)

43年間、ありがとう。梅小路蒸気機関車館~最後の訪問~(2015.5.31)(4)

こちらの記事の続きになります。

今回は、後編です。

Dsc_4102
整備場へ到着。
SLの煙と空の模様のコントラストが何とも言えない雰囲気confident

Dsc_4119

ただいま、点検整備中。

Dsc_4139

Dsc_4163

給水作業のあと、石炭を投下。
これで、整備完了です。

Dsc_4169
転車台に向かって、動き出しました。

Dsc_4173

このC56形の姿ですが、自分が生まれて初めてSLの走行シーンを見た(施設内ですが)、今から24年前の1991(平成3)年に森ノ宮で催された「大阪環状線開業30周年イベント」以来なのです。

まさか、こういったかたちで「再会」できたとは・・・。
嬉しい限りですconfident

Dsc_4175

Dsc_4176

「SLスチーム号乗り場」へ戻るため、再び転車台へ向かいます。

Dsc_4179

Dsc_4182

Dsc_4188

Dsc_4192

同機の真正面を捉えることができました(*^ー゚)bグッジョブ!!。

Dsc_4201

Dsc_4205

Dsc_4208

そして、「SLスチーム号乗り場」へ向かいます。

Dsc_4214

係員さんの誘導で、客車と連結します。

Dsc_4222

連結完了。
次回の運転に備えるのでした。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年11月 1日 (日)

43年間、ありがとう。梅小路蒸気機関車館~最後の訪問~(2015.5.31)(3)

こちらの記事の続きになります。

Dsc_4017

この日、最終の運転が終わり、これからSL(この日はC56形160号機)に石炭や水を補給するため、転車台(ターンテーブル)を回転するシーンを見たのでした。

今回は、前編です。

Dsc_4018

Dsc_4037

SLが動き出しました。

Dsc_4041

転車台へ向かいます。
(あえて、モノクロにしてみました)

Dsc_4044

これから、SLが回転します。

Dsc_4047

Dsc_4048

Dsc_4056

Dsc_4061

Dsc_4065

このあと、もう1回転しました。
正直、感動しましたconfident

Dsc_4078

これから、石炭や水の補給設備へ移動します。

Dsc_4082


Dsc_4086

係員さんの操作のもと、補給設備へ向かいます。

Dsc_4089

Dsc_4091

この時のSLの煙の凄さに、驚きましたcoldsweats02

Dsc_4096

これから、点検整備や石炭や水の補給が行われます。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年10月 9日 (金)

43年間、ありがとう。梅小路蒸気機関車館~最後の訪問~(2015.5.31)(2)

こちらの記事の続きになります。

資料展示室を見学したあと、「SLスチーム号」(15時15分発の便)に乗車する運びになりました。

ちょうど真ん中あたりの席があいていたので、そこに座ることに。

Dsc_3963

すると、すぐ向こうにうわさで聞いていた、展示車両用のオレンジ色(大阪環状線時代)に復元された、103系(クハ103-1)を見ることができました。

そばにいた女性も「環状線の電車や~heart01」という具合に、写真を撮っていらっしゃいました。

Dsc_3977

Dsc_3973

その近くには、かつては同館の扇形車庫で保存されていた車両も見ることができました。

上:9600形(9633号車)
下:C55形(1号車)

Dsc_3965

以前、同館で見た時は朽ち果てた姿をさらしていた、旧形客車(オハ46 13)もきれいにお色直しされていました。

こちらも展示品となるようですねconfident

さて、「SLスチーム号」ですが、大きな汽笛を鳴らしたあと出発し、「線路はつづくよ~どこまでも~♪」のメロディに乗せながら、展示線を往復しました。

途中、嵯峨野線(山陰線)の列車が走っているのが見え、近くにいた子供が手を振っていたのが、印象に残っていますconfident

機関車が最初のところまで戻ってきました。

Dsc_3990

記念に1枚camera

Dsc_3994

この日、最後の便(15時30分)がまもなく発車します。
この日のけん引機は、あの「SL北びわこ号」のけん引機、「C56 160号機」でした。

Dsc_3995

すごい迫力を感じ取れました。

Dsc_3997

まもなく、出発です。

Dsc_4003

やや薄曇りの空でしたが、乗れて、撮れて、本当に「来てよかった」・・・そんな気持ちでした。

この便のあと、転車台でSLを回転する姿を見ることとなります。(つづく)

最後までご覧いただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年10月 4日 (日)

43年間、ありがとう。梅小路蒸気機関車館~最後の訪問~(2015.5.31)(1)

今年の8月をもって、43年間の歴史の終止符をうった、京都の梅小路蒸気機関車館。

現在は昨年の4月に閉館した、大阪・弁天町の交通科学博物館(以下、こうはく)の展示品などを集結させ、2016年の春に鉄道博物館、「京都鉄道博物館」をオープンさせるべく、目下工事中であります。

今回は自分にとって、最後の来館となった5月31日の記録をつづって行きます。

Dsc_1870

往路は、京阪の東福寺からJR奈良線に乗り換え、京都駅へ。
そこから市バスで現地に向かいました。

往路では、初めて「トーマス特急」に乗ることができました。

Dsc_1872

JR京都駅での一コマ。

スカイブルーの初期型103系(クハ103-135ほか4連)を見ることができました。

Dsc_1874

京都駅から市バスに乗り、現地へ向かいました。

京都タワーを背景に1枚camera
なお、京都の市バスの「回送」の表示は「回送車」となっていたのに、少し驚きました。

Dsc_1876

道路がやや混んでいたので、少し遅れて現地へ到着。
ここからは、デジイチの出番です。

新しい博物館がオープンすると、この「旧二条駅舎」はどのようになるのでしょうか・・・。

今回の主な目的は・・・。

(1)「SLスチーム号」への乗車

(2)「SLスチーム号」けん引の機関車の転車台での運転の様子を観察

(3)「京都鉄道博物館」の工事の概観を観察

…といった具合です。

(2)が最後の「SLスチーム号」の運転が終わってからとなるので、午後から出かけたのでした。

Dsc_3943

Dsc_3949

旧二条駅舎内の展示物(資料展示館)は、これまで何度か見てきたので、今回は必要最小限としました。

(上)投炭練習機

(下)C11形実物展示カットモデル

・・・などを見ました。

館内から聞こえる、SLの汽笛の音が、何とも心地よく聞こえてきましたconfident。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年9月30日 (水)

シリーズ MY PHOTO 【27】リニア・鉄道館の展示車両(17) ケ90形蒸気機関車

今回は、こちらです。

Dsc_6501_5499dsc_6501

Dsc_6509_5507dsc_6509

ケ90形という、蒸気機関車です(屋外展示)。

ケ90形は、1918(大正7)年に製造され、東濃鉄道(現在のJR大多線)という軽便鉄道(線路幅762㎜)に配属され、1926(大正15)年に東濃鉄道の一部が国有化され、鉄道省(のちの国鉄)の車籍となりました。

その後、1930(昭和5)年に廃車となり、浜松工場で保存されたのち、教習所での教材として使用されました。

1968(昭和38)年2月に稲沢第2機関区で修繕され、その後、静態保存されていましたが、このリニア・鉄道館の開館にあわせ、移設されました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年1月19日 (月)

シリーズ MY PHOTO 【19】リニア・鉄道館の展示車両(10) C57形(139号機)

今回紹介するのは、こちらです。

Dsc_7166_6089dsc_7166

Dsc_7169_6092dsc_7169

ファンの間では「シゴナナ」という愛称で親しまれている、C57形蒸気機関車の139号機です。

同機の動態保存で一番有名なのは、何と言っても、JR山口線を走る「SLやまぐち号」でしょう(旧国鉄時代から継承)。

ちなみに、同機は「貴婦人」という呼び名もありますが、この呼び名は前述の1号機(1次形)と同機(2次形)のみに当てはまるのです(同機は1号機~201号機が製造され、1次形~4次形の4つに分類される)。

これは、わたしも知らなかったです。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月18日 (水)

もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(3)

こちらの記事の続きになります。


それではこれから、同館に保存展示されているSLを紹介します(「SLやまぐち号」として運転されていた、「貴婦人」の愛称を持つ、C57 1号機の現状につきましては、こちらをご覧ください)。

_dsc6815



こちらは1070形1080号機です。

_dsc6760



9600形9633号機です。


その左に写っているのはC11形64号機です。



Simg_26432013720



8620形8630号機です(これは、前回訪問した7月20日に撮影したものです)。

_dsc6768




D50形140号機
です。

_dsc6741




C51形239号機です。




_dsc6779




C53形45号機です。




_dsc6719



C55形1号機です。



_dsc6774



「デゴイチ」の愛称を持つ、D51形1号機です。
SLの代名詞とも言える機関車です。




_dsc6775



お召列車を仮定したという設定で、お召列車の装飾が施された、C58形1号機です。

_dsc6748



前々回(2011年1月)に同館を初めて訪問した時は、「SLスチーム号」に抜擢されていて、体験乗車もした想い出がある、D51形200号機です。

この時は、テンダ(炭水車)部分が手前に向いていました。



_dsc6750



「SL北びわこ号」 のHMを掲出した、C56形160号機です。




_dsc6762


B20形10号機です。



_dsc6777



C59形164号機です。



_dsc6767




D52形468号機です。



_dsc6734


C61形2号機です。
この日は転車台の上に置かれていました。

以上、紹介したSL各機の詳細は、同館のHP(こちら)に詳しく書かれています。



_dsc6723



この日の同館の扇形車庫です。
「999」のHMを掲出したC62形1号機が中央に見えました。(つづく)

p.s.先日の台風の被害にあわれました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月14日 (土)

もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(1)

先月の17日のお話です。

私は前回(7月20日)に大雑把な見学に終わってしまった、梅小路蒸気機関車館(以下、同館)へ、もう一度訪問することにしました。



_dsc6620




現地には、開場(10時)前に到着するように、前もって時刻を調整しました。


開場時刻の10時になり、入場しました。


この時は上の画像のように「銀河鉄道999」のイベントを開催していました。


同館へ入場後、999のうちわを受け取り、まずは「999」のイベントを見て回ることにしました。

_dsc6633




S_dsc6673



999のイベント会場の入り口は、ご覧のような感じでした。



S_dsc6671




S_dsc6660


まず、999のイベントの説明と、C62形で運用された、有名な列車のパネルを見ました。



S_dsc6661



S_dsc6662


続いて、「999とC62との関わり」、そして私もこの時に駆け付けた日の模様のレポートのパネルを見ました。


それではここで、999のモデルとなった機関車(C62の1号機と2号機)をご覧いただきます。

_dsc6763



まずは1号機です。

原作で用いられた「999」のHMと、徐煙板(デフレクタ)には「999」のサインが描かれていました。



_dsc6693



続いて2号機です。

同機は「SLスチーム号」として、動態保存されています。

今回はデジイチを持参したので、この「SLスチーム号」の動くシーンを動画で撮影もしました。

自分が撮影したものは、あまりたいしたものではないので、別の日に同館へいらっしゃったkaz_ez6さんが、同機の見事な動画を撮影していらっしゃいます。

こちらからご覧いただけます。

興味のある方は、ぜひご覧くださいませ。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年8月 1日 (木)

シリーズ MY PHOTO【10】「リニア・鉄道館」の展示車両(2)映画館のような迫力!!

「リニア・鉄道館」シリーズの第2回は、こちらです。



Dsc_6638_5630dsc_6638



画像の3車種は、同館では「世界最速を記録した高速鉄道のシンボル」という名目で展示されていました。

左から順に「C62形蒸気機関車(愛称:シロクニ)」「955系新幹線試験電車」(300X)超電導リニア「MLX 01-1」です。

C62形は、国内最大最速のSLです。

同館では1954(昭和29年)に、狭軌(レールの幅が1067㎜)鉄道のSLとしては世界最高速度(時速129km)を記録した、17号機が展示されていました。

955系は、JR東海1996年に新幹線の最新・最良の高速システムを追及するために開発した試験車両です。

電車方式による当時の世界最高速度(時速443km)を記録しました。

MLX01-1は、2003年山梨リニア実験線で、鉄道の世界最高速度(時速581㎞)を記録した、超電導リニアモーターカーです。

どの車両も「優れもの」だとは、思いませんか?

ちなみにバックのスクリーンは、映画館のような圧倒的な迫力でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

より以前の記事一覧

京阪3000系「水の路」ラッピング電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ