サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

泉北高速鉄道

2017年2月 1日 (水)

「せんぼくトレインフェスタ2016」に参加しました。(4)

こちらの記事の続きになります。

わたしが最後に訪れたのは、こちらの模型コーナーでした。


Dsc_6460

Dsc_6463

泉北高速の開業とともにデビューした、100系です。


Dsc_6465

100系の基本編成表も掲示されていました。


Dsc_6471

こちらは3000系です。

このほか、5000系や7000系も展示されていました。


Dsc_6478


このあと見たのが、鉄道模型の運転会。
南海「ラピート」が停車中。
そのホームから、電車(泉北3000系?)が発車。


Dsc_6479

そのあと、泉北の「ハッピーベアル」ラッピング電車が通過。


Dsc_6484

2つの列車のすれ違いを堪能(^^)。


Dsc_6495

こちらは、別のフロア運転会。

近鉄「しまかぜ」や・・・。

Dsc_6496

2種類のラピート(?)と2両編成の車両たち。


Dsc_6500

本物そっくり(?)のコントローラーの前を、懐かしい「国鉄新快速色」(のちに阪和線の113系も同じカラーとなった)の電車(165系?)が通過。

ちなみに、このフロア運転のレールやコントローラーは、上の画像の赤丸で囲っているように、すべて「KATO」製のものを利用しているのが見受けられました。

こちらを見物後、会場をあとにしました。
(完)

※次回は、去年11月に京阪大津線を訪問した記録をお送りする予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年1月26日 (木)

「せんぼくトレインフェスタ2016」に参加しました。(3)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_6436

このあと、屋外へ。

泉北のマルチプル・タイタンパー(略称:マルタイ)とご対面。


Dsc_6443

Dsc_6445

こちらも「定番」となった「ミニ電車乗車」コーナー。
まずは・・・。
なぜか、叡電の「きらら」coldsweats02sign02


Dsc_6450

Dsc_6451

Dsc_6452

続いては、おっhappy01

泉北の100系ok


Dsc_6450_1

100系電車の前面を拡大してみました。

これは「区間急行」の運行札?


Dsc_6456

このあと、この建物で模型関連のイベント会場へshoe
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年1月22日 (日)

「せんぼくトレインフェスタ2016」に参加しました。(2)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_6372

こちらは、車両展示のコーナー。
南海の「ラピート」がゲスト出演sign02
子供たちも興味津々happy01


Dsc_6381

Dsc_6382

ここまで表現できるのも、デジイチだからこそできる演出かな?


Dsc_6385

「定番」の展示車両ならび。
手前から泉北7020系、南海50000系「ラピート」。そして、泉北5000系の「ハッピーベアル」。

Dsc_6400

「ハッピーベアル」は記念撮影用のステップ付き。



Dsc_6402

ちなみに、この「ハッピーベアル」のデザインは、漫画家の松本零士氏がてがけられたものです。


Dsc_6404

このあと、ふたたび構内へ侵入!?


Dsc_6417

Dsc_6418

「空気ばね」と書かれた段ボール箱にいろいろなシールがベタベタと貼られています。

「空気ばね」とは、鉄道車両でいう線路の上を走る台車の構造のひとつ。

従来の「コイルばね」(旧国鉄の103系などに採用)よりも、乗り心地がとても良くなるものです。


Dsc_6420

その奥では大規模な鉄道系イベントでは「定番」となった、「電車と綱引き」をやっていました。


※おまけ画像


Dsc_6427

構内をうろうろしていると、こんなものを発見coldsweats02
なぜか「ドアにご注意」(阪急のものか?)のステッカーがsign03

いったい、これは何なのか・・・(T_T)???


Dsc_6433

もうひとつはこれupwardright

そばにいたスタッフの方に聞いてみると「私も分かりません」とのこと・・・。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年1月16日 (月)

「せんぼくトレインフェスタ2016」に参加しました。(1)

「鉄道ネタ」がしばらくストップしていたので、去年のものから時系列で書いてまいります。

*************************************

昨年、鉄道系大イベントで唯一参加した「せんぼくトレインフェスタ2016」(10月15日開催)の模様などをお伝えします。


20161015_090546

京阪→地下鉄堺筋線に乗車し、天下茶屋へ。

乗車する列車がくるまで時間があったので、ホームでしばし電車trainを観察。

まずは「極楽橋ゆき 特急こうや」と泉北7000系。


20161015_091051

続いて、おなじみ「ラピート」と6300系のトップナンバー。


20161015_122421

このあと、泉北の和泉中央行きに乗車し、イベント会場のある光明池駅にて下車。


20161015_094128

20161015_094203

20161015_094243

先日のダイヤ改正で新設された列車「泉州ライナー」(11000系)を見ることができましたhappy02


Dsc_6352

同イベント開始の10時過ぎに現地(光明池車両基地)に到着。

まずは、鉄コレ(泉北3000系)などを購入後、辺りを見物。


Dsc_6365

展示車両を見る前にしばし、基地構内をぶらりと見物shoe
これは、シングルアームパンタグラフ?


Dsc_6366

これはクーラーかな?


Dsc_6369

Dsc_6371

このあと、車両展示のコーナーへ向かいしました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2015年1月23日 (金)

南海「ピーチラピート」&「トッキュウジャー・サザン」ほかを撮影(1)

今回は南海のお話です。

格安航空会社として知名度が高い「ピーチ・アビエーション」社とコラボし、あの50000系「ラピート」のうち1編成を塗り替え、昨年9月7日~今年の8月31日まで運行するPeach×ラピート ハッピーライナー」(以下、ピーチラピート。自分もそう呼んでいる)と、今年の1月7日まで運行された、特急「サザン」10000系のうちの1編成の和歌山寄り先頭車に、これまた子供達に大人気の「裂車戦隊トッキュウジャー」のラッピング車(以下、トッキュウジャー・サザン)を撮影するべく、昨年の12月19日、南海なんば駅にて開催された「クリスマスグッズ販売会」でグッズを購入したあと、帰路(南海線なんば-天下茶屋間)を利用して、上記の2列車などの撮影をエンジョイしました。

当日、わたしが撮影したの2列車の発車時刻は・・・。

「ピーチラピート」:14時5分

「トッキュウジャー・サザン」:14時20分


でした。

Dsc_1356

Dsc_1352

なんば駅ホームでまずわたしが撮影したのが、13時35分発の「ラピート」でした。
(今回は、すべてスマホによる撮影です)
下の画像の車番で分かったのですが、この編成はかつて期間限定で大好評を博した「赤いラピート」の編成でした。

詳しくは、当ブログのこちらの記事をご覧ください。

Dsc_1364

続いて、お待ちかねの「ピーチラピート」が到着しました。
ちなみにこのホームは、21年前の1994(平成6)年の50000系「ラピート」のデビューに合わせ、造られたラピート専用ホームとなっています。

Dsc_1376

この「ピーチラピート」には、50505Fが抜てきされています。

Dsc_1380

Dsc_1396

「トッキュウジャー・サザン」の撮影も兼ねていたので、発車シーンを見たかったのですが、あきらめて移動しました。

Dsc_1357

時刻は多少前後しますが、「ラピート」と同じ空港線を走る空港急行airplaneで、元泉北高速鉄道の3000系を譲受し、新たに南海3000系となった車両を見ることができました。

Dsc_1399

「ラピート」用ホームから移動した際に見た、連絡通路の列車発車案内です。
時刻がちょうど14時(午後2時)でした。

列車案内表示も、現在はLED、もしくは液晶表示が主流となってきましたが、この南海では、従来の主流であった「フラップ式(俗称:パタパタ式)」が使用されているのも、ひとつの特徴と言えるでしょう。

Dsc_1415

再びホームへ。
「トッキュウジャー・サザン」が到着していました。

Dsc_1404

Dsc_1408
10904号車に施された「トッキュウジャー」のラッピングです。本当は1枚で収めたかったのですが、ホームのスペースの都合上、2枚となりましたcoldsweats01

余談ですが、以前ある場所でこの「烈車戦隊トッキュウジャー」のオープニングテーマを聞いたのですが、歌詞を聞くとあらビックリcoldsweats02sign03

作詞を担当した方は、きっと鉄道ファンに間違いありませんsign03

さて、この特急「サザン」は、和歌山市寄りに「指定席車」(12000系もしくは10000系)、なんば寄りに「自由席車」(7100系などの4扉の一般車)が併結して運転(12000系のペアは8000系。以前は指定席車のみの列車も存在していた)されています。

ちなみにこの時の「自由席車」は・・・。

Dsc_1426

8000系の増備で、今ではおよそ3分の1ほどまでに両数が減ってしまった7000系でした。

Dsc_1418

7000系の側面表示です。
「サザン」の文字に装飾がされていたのは、今まで気が付きませんでしたcoldsweats01

Dsc_1425

この日は、空港急行の運用に就いた7000系も見ることができました。

Dsc_1432

Dsc_1437
帰路に乗車する列車まで時間が少しあったので、高野線の車両をひとつだけ撮影しました。

オールステンレス製が幸いして、全車健在の6000系 による、橋本行きの急行です。
表示器の「高野山連絡」という表記は、初めて目にしました。

Dsc_1439

帰路は前述したとおり、天下茶屋駅まで乗車し、大阪市交堺筋線に乗り換えて帰宅しました。

画像は乗車した、2000系による普通列車でした。
車掌さんは女性の方でした。(つづく)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2014年6月30日 (月)

南海の「赤いラピート」に遭遇+@

南海は、人気列車ラピート50000系デビュー20周年記念「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) episode 7 「虹の彼方に」」の上映にタイアップした、赤い彗星の再来 特急ラピート ネオ・ジオン・バージョンという期間限定(4月26日~6月30日)で、赤色をまとったラピートを運行していて、大変な人気ぶりと聞いていました。

装具が届いた2日後の25日、私はその赤いラピート(いろいろな呼ばれ方があるようですが、たいてい、これでわかりますcoldsweats01)を見に行くべく、南海の難波駅へ赴いたのでした。

南海の難波駅(以下、同駅)のホームまで上がるのは、久々のことでした。

同駅には、12時前に到着しました。

「ラピート」の停車する専用ホーム(9番ホーム)にはゲートらしきものがあり、女性の係員さんがいたので、念のため(?)、撮影のためにホームに入っても構わないかどうかを尋ねると、入っても構わないとのことだったので、ホームへ入りました。

この段階では、同駅12時発の普通のラピートでした。

しばらくすると、そのラピートがホームに入線してきました。

私はホームの1番前に行きました。
(すべてスマホによる撮影です)

Dsc_0437

Dsc_0439

このラピートの一番の特徴は、やはり車両のデザインでしょう。
それは、車体がすべて曲線でデザインされ、直線が全くないという点です。

Dsc_0443

側窓もすべて、関西国際空港(関空)へのアクセス特急という使用目的から、航空機をイメージした楕円(だえん)形となっています。

Dsc_0451

「ラピート」とは、ドイツ語で「速い」という意味です。
その「ラピート」のロゴマークは、ご覧の通りプレート式となっています。

Dsc_0452

ラピートは6両編成×6編成(36両)、在籍しています。

この5号車が、50000形を名乗ります。
ちなみに、今回見たのは50001号車なので、トップナンバー編成となります。

Dsc_0460

いよいよ、関空airplaneに向かって発車します。

このあと、お待ちかねの・・・eyesign02

Dsc_0468

赤いラピート「ネオ・ジオン・バージョン」が到着しましたhappy01sign03
この時間帯には、結構人が集まっていました。
特に親子連れが多かったです。

それでは、ここからこの「赤いラピート」の特徴を見て行きましょう。

Dsc_0473

この5号車(50000形50002号車)に、この「赤いラピート」向けのプレミアムなシートがあると聞きました。

Dsc_0475

プレミアムシートを拝見(わずかですが・・・)。
よく見るとeye、側窓にもエンブレムがラッピングされていますね。

Dsc_0480

Dsc_0481

それにしても、「ここまでやる」とは・・・。

Dsc_0495

私はこの場所で、同駅をあとにするのを待っていました。
この車体の周辺で記念写真cameraを撮影している方が結構多かったです。

Dsc_0497

運転手さんが乗り込み、いよいよ発車です。
楽しいひと時でした(^^)。

さて、この駅は、阪急の梅田駅や近鉄の大阪上本町駅と同じ構造(頭端(とうたん)式)となっており、南海最大のターミナル駅でもあるため、ひっきりなしに列車が発着しています。

ではここで、「ラピート」以外の車両を見てみましょう。

Dsc_0467

こちらは、南海線用7000系の老朽化による置換えを目的に増備が進んでいる、8000系(2代目)です(初代8000系は、2001年に6200系に編入)。

この8010編成は、今年(2014年)製造された(8010F~8013F)で、現時点における最新ロットとなります。

この8000系ですが、車内インテリアなどがJR東のE233系に似ていて、「関西の民鉄車両ではあまり個性が無い」という話を聞いたことがあります。

そう言われればそうかも知れませんが、外から見た印象では、「別に悪くはない」と、個人的には思いました。

Dsc_0499

こちらは、南海線特急初代「サザン」10000系旧1000系の足回りを流用し、車体は新造)の置換え用に製造された、12000系「サザン・プレミアム」です。

車体デザインは個人的には、あまり好きではないのですが、プラズマクラスターという除菌装置のようなもの(?)を、鉄道車両では初採用とされたことが、大きな特徴でしょう。

ちなみに現在の特急「サザン」では、和歌山港寄りが指定席車(12000系または10000系)、難波寄りが自由席車(12000系は8000系、10000系は7100系と7000系)という編成となって運転されています。

この画像の12000系は、トップナンバー編成(12001編成)で、併結相手の8000系も(画像はありませんが)、トップナンバー編成(8001編成)であることを確認できました。

Dsc_0509

このあと、帰路に就くことに。
JR大阪環状線との乗り換え駅の新今宮駅までのきっぷを購入していたので、乗車および下車は南海線、高野線のどちらでもOKだったのですが、ホームを見渡し、泉北高速線の準急和泉中央行き(12時54分発)に乗車しました。

発車待ちをしていたのは、泉北高速では初期製造車の廃車や、南海に譲渡車が発生している、現役最古参の3000系です。

あとで分かったのですが、この3511編成は、現役の3000系で唯一スカート(排障器)が取り付けられていない編成であることが分かりました。

Dsc_0510

新今宮駅でホームを降りると、難波方面ホームに6000系、これまたトップナンバー編成(6001号車ほか)が、目に入ったので撮影しました。

ちなみに、先ほどの泉北3000系も含めると、この日は車番の下1ケタが「1」づくしでしたhappy01

S

最後に紹介するのは、モバイル鉄道スタンプラリーekiSh(エキッシュ)で購入した、デジタルコンテンツ「南海 50000系特急ラピート」ですhappy01。 

web拍手 by FC2

2013年5月15日 (水)

泉北高速鉄道 泉ヶ丘車両基地にお邪魔しました。(2)

こちらの記事の続きになります。

集合場所(泉北高速泉ヶ丘駅改札前)に集合および受付完了後、私達は泉北高速(以下、同社)の泉ヶ丘車両基地まで徒歩にて移動しました。

少し急な坂道を通る事、およそ15分。

同社の泉ヶ丘車両基地に到着しました。

この段階で、現場の担当の職員の方からの簡単な説明と、前述の集合場所で確認した今回の行事のおおまかな流れを取り合わせた上で、今回の行事の目的である「同社の車両の撮影」となりました。

Dsc_1888_11166dsc_1888
Dsc_2098_11372dsc_2098

まず、7000系唯一の2連、7551Fから撮影をしました。

Sdsc_2139_11413dsc_2139

7000系7503Fの前面の貫通扉を開けた状態です。

Dsc_2106_11380dsc_2106

続いて上の写真ですが、右に見えるのが7000系7505F、その隣に見えるのが・・・。

Dsc_2128_11402dsc_2128

1999年6月23日に同社泉ヶ丘駅前に府立大型児童館「ビッグバン」(以下、同館)が開館しました。

同館の開館記念と活動支援のため、同館の館長でもある松本零士氏がデザインを手がけられたペイント列車(愛称「ハッピーベアル」1999年5月5日運行開始)、5500系5505Fです。

Dsc_2137_11411dsc_2137

こちらは、3000系という現在の同社の車両では、現役最古の車両となります。

Dsc_2131_11405dsc_2131

ご覧いただいているのは、初期に製造されたセミステンレスの車両(3511F)です。

この3000系は、1975年~1990年の間に60両が製造されました。

なお今回は見る事ができませんでしたが、同車の運用をさらに柔軟にし、かつ編成の自由度増加に貢献するため、従来6連で運用していた一部の編成を分割して4連+2連に組み替えた際、中間車を先頭車に改造した3000系50番台という2連の増結用車両が1999年に3編成(計6両)登場しました。

老朽化による余剰廃車は、2006年より始まりました。
また、今年(2013年)には3513Fほか、計4編成が南海に譲渡されました。

詳細につきましては、こちらをご覧下さい。

最後になりましたが、今回の行事を開催するにあたって、泉北高速鉄道の関係者の皆様、そして鉄道友の会阪神支部の幹部の方々に、厚く御礼申し上げる次第でございます。

※おまけ画像

Img021


前回のお話 の内容がきっかけで、購入した泉北高速鉄道の「スルッとKANSAI」カードです。(完)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年4月23日 (火)

泉北高速鉄道 泉ヶ丘車両基地にお邪魔しました。(1)

17日(水)、私は鉄道友の会の行事「泉北高速鉄道車両撮影会」に参加すべく、集合場所である泉北高速鉄道(大阪府都市開発)光明池駅改札前に出向いたのでした。

光明池駅改札前の集合時刻は、10時30分でした。

私ですが、初めての泉北高速鉄道という事でしたので、往路の経路は以下のような経路で、前述の場所へ赴く事としました。

最寄り駅→京阪北浜→大阪市交堺筋線天下茶屋→南海天下茶屋から「和泉中央行き準急」に乗車

Dsc_1749_11033dsc_1749
Dsc_1756_11039dsc_1756

まず、5000系(5507F)に乗車し、泉ヶ丘駅で下車しました。

この泉ヶ丘駅の近くにある大阪府立大型児童館ビッグバンに隣接する冒険遊び場ちょっとバンに保存展示されている、同社の開業時に導入した車両100系現・廃車)の588号車を見に行く事にしました。

しかし、場所がどこか分からなかったので、折り返して再び和泉中央行きの列車(5000系)に乗車し、今度は集合場所である光明池駅へ向かいました。

到着し、改札を出ると・・・。

「あれ、誰もいない・・・('_')!?」

駅員さんに訊いたお話によると、どうやら1時間ほど早く到着してしまったようです・・・(汗)。

というわけで、まだ時間があったので、私が向かったのは、同線の終点である和泉中央駅でした。

Dsc_1776_11056dsc_1776


上の写真の車両に乗車したのでした(詳細は、後ほど)。

Dsc_1797_11076dsc_1797
Dsc_1803_11081dsc_1803
Dsc_1811_11089dsc_1811
程なくして、和泉中央駅に到着しました。

Dsc_1809_11087dsc_1809
この車両は、折り返し「準急(南海)なんば行き」となりました。

この列車で再び泉ヶ丘駅へ向かったのでした。

Dsc_1815_11093dsc_1815
Dsc_1814_11092dsc_1814

この車両の乗降扉上部には、ご覧のような案内表示器が設置されていました。

Dsc_1819_11097dsc_1819


再び、ビックバンへ訪れました。
銀河鉄道999」などでおなじみの松本零士氏が手がけられたイラストを見つけました。

こうしているうちに集合時刻が迫ってきたので、泉ヶ丘駅まで戻り、光明池駅まで乗車しました。

Dsc_1857_11135dsc_1857

Dsc_1858_11136dsc_1858


今回乗車した、列車はなんと南海の6000系 (しかも6003Fという事は、初期に製造されたものですね)に乗車できました。

このあと、集合場所である同駅の改札前に赴いたのでした。

次回は、光明池車両基地での模様をお届けしますね。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

京阪3000系「水の路」ラッピング電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ