記念切符、鉄道グッズ、鉄道部品

2020年10月16日 (金)

水間鉄道で活躍する、もと東急7000系(初代)の思い出

今回は思い出話です。

Img030


わたしがよく購入している「鉄道ピクトリアル」(電気車研究会刊)。
2020年6月号の特集は「東急7000系(初代)の記録」と題して、現在は東京急行電鉄(現、東急電鉄)から引退した初代7000系(以下、7000系)やその更新車、7700系についての記事が掲載されており、読みごたえのある内容です。
東急7000系は1962(昭和37)年1月にアメリカのバッド社と技術提携して製造された日本初のオールステンレスカーです。生い立ちなどその他の内容については、この特集や数多くの本、また、ネット上でも紹介されているので、ここでは割愛させていただきます。

File0011


さて、今から13年前の2007(平成17)年、当時ネットで情報を知ったのか水間鉄道(今は「すいてつ」の愛称で呼ばれている)の旧東急7000系に乗りたくて、出かけてきました。その日、この記念乗車券を購入したようです。

File0012


南海線の貝塚駅で下車して水間鉄道の起点、貝塚駅から終点、水間駅(現、水間観音駅)へ向かいました。水間まではこの電車(東急デハ7128→水間デハ7050形7051→デハ1000形1005)に乗ったようです。見ての通り、この車両は中間車からの先頭車への改造車です。

File0016


車内の様子。ワンマン運転のため、料金箱があります。また、吊り手には東急当時の広告が残っています。

File0017


乗務員室後部には、1000形への更新を示す銘板(佐伯工業 平成19年)や非常時に使用するレバーも見えます。

File0018


寺院風の水間駅駅舎。わたしが訪問した2年後の2009年に現駅名の水間観音に改称されました。

File0013


駅周辺を軽く散策後、再び水間駅に戻ってきたようです。ATSの整備により1000形に更新後は、前面に排障器取り付けなどが施工されました。

File0014

 

File0015


この日水間鉄道を訪れたもう一つの目的が、これらの車両を見ておくことだったようです。
更新から外れ、水間駅に留置されているデハ7003とデハ7103(上)、静態保存車501形553号車(もと南海1201形)(下)。
553号車は現在、赤とクリームのツートンカラーとなっています。
かすかな記憶では、この日は貝塚-水間間の乗車しか使用しておらず、元は取っていなかったようです・・・。
現在は鉄道むすめ「水間みつま」も登場しており、機会ができたら訪れたいと考えています。

Img031


最後に紹介するのはこちら。
わたしが小学生の頃に購入したカラーブックス「日本の私鉄8 東急」(保育社刊)。なんとこんな本も持っていたのです!!この本の発行日は1981(昭和56)年9月5日となっており、当時の最新鋭は表紙の8090系。当時は7000系や8000系(日本初のワンハンドルマスコン採用)はもちろん、「青ガエル」の愛称を持つ5000系や旧型の3450形もまだまだ東急で現役でした。現在はご存知の通り、すっかり様変わりしています。
地方私鉄に譲渡されたもと7000系も一部は現役を退いていますが、2019年より養老鉄道でもと7700系が新たに運転を開始しました。
最後に「日本初のオールステンレスカー」である、もと東急7000系(7700系)の末永い活躍を心から願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

久々のイベント参加

去る3日、わたしは京阪のイベントに行ってきました。
それは、中之島駅でグッズ販売と京阪特急70周年にちなんだヘッドマークを展示するという内容でした。
グッズ販売ではやはり行列ができていましたが、こういった状況下なので、さほどストレスは感じませんでした。

Img_5699

 

Img_5700

 

Img_5701


お目当てのグッズを購入後、ヘッドマーク展示を見てきました。
今回の展示では、見たことのないヘッドマークもありました。こうしてみると、いろいろあったのですね。

Img_5688


今回のテーマは京阪特急70周年。それにちなんで、歴代の京阪特急車両に掲出されたヘッドマークが展示されていました。
これらは8000系に近年掲出されたもの。(左から「8000系25周年、「プレミアムカー1周年」、「プレミアムカーデビュー記念」)

Img_5691


琵琶湖を就航する観光船「ミシガン」をPRするヘッドマーク。右のミシガンショーボートはおしゃれなデザイン♪。

Img_5693


ミシガンと同じく琵琶湖を就航する大型客船「ビアンカ」をPRするヘッドマーク。これはいつ頃掲出されたものなのか・・・?また、結構年季が入っています。

Img_5685

 

Img_5695


「京阪特急70周年」と「京阪グループ110周年」記念のヘッドマーク。これらは今年8000系に掲出されたもの。

Img_5683


1900系まで使用された、京阪特急のシンボルの鳩マークをデザインした差し込み式のヘッドマーク。特急色用(右)と一般色用(左。臨時列車などで使用された)の2種類がありました。

Img_5696


これは言うまでもなく、初代3000系(旧3000系)が掲出していた電照式ヘッドマーク。

Img_5713


今回購入したグッズ。
京阪電車110周年記念のクリアファイルと京阪特急の鳩マークをデザインしたラバーキーホルダー。

Img_5714


こんなものも売っていました。優先座席用のステッカー。現行のものは「マタニティマーク」や「ヘルプマーク」が表示されているので、これはそれ以前に使われていたものですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

京阪&近鉄110周年記念で・・・

今年は、京阪グループ開業110周年、近鉄(近畿日本鉄道)が創業110周年を迎えました。
近鉄では創業110周年を記念して記念乗車券がこの度発売されました。19日それを購入すべく、出かけてきました。

Img_5520


購入後、京阪特急誕生70周年記念のHMを見るため、枚方市駅へ立ち寄りました。
この時は交野線を走る「きかんしゃトーマス号」と並んでくれました(^^♪。
「きかんしゃトーマス号」も本来ならば撮影に出かけていたはずですが、新型コロナの影響で先延ばしになってしまっています・・・(>_<)。
石山坂本線のラッピング電車同様、早く出かけなければ・・・と日々考えています。

Img_5523


HMをアップで。
(車体が結構汚れてます・・・)

Img_5525


この時、運転士さんの「出発進行!!」の指差呼称を見ることができました(^^)。


Img_5611


購入した近鉄創業110周年の記念乗車券です。
関西版と東海版の2種が発売されました。台紙表面には110年の歴史において活躍した歴代車両の写真と、それぞれ合計1,100円分の乗車券3枚がセットになっています。

Img_5612


裏面は、近鉄110年の年表が掲載されています。
このほか、記念のグッズ(A4サイズのノート、スポーツタオルの2種)も発売されました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年8月12日 (水)

久々のおでかけは、泉北高速方面へ

3連休の中日の9日、久々に電車を使ってお出かけしてきました。
その目的は・・・。
先日、泉北高速鉄道のHPを見たら、「鉄道むすめ」のクリアファイルが発売されたという情報を見つけ、泉北高速鉄道の泉ヶ丘駅の近くにあるパンジョ2階サービスカウンターという場所で発売されているとのこと。そんなわけで何年ぶりかの泉北高速鉄道を利用することになったのでした。

Img_5303


まずは、泉北高速鉄道の泉ヶ丘駅へ向かうことに。経路は乗換も少ない京阪線→OsakaMetro堺筋線を乗り継いで、南海高野線の天下茶屋駅へ。
今年のお盆休みは新型コロナの影響で帰省を控えるという結果となり、鉄道や空の便は利用者がかなり減っているというニュースを聞きました。電車のほうも思いのほかすいていました。
さて、南海の天下茶屋駅は南海線と高野線のホームが2面2線ずつあります。画像手前の2線が高野線、奥の2線が南海線乗り場です。

Img_5305


往路で乗車した区間急行和泉中央行きは泉北高速5000系の桃山学院大学ラッピング編成(5503F)でした。
南海では京阪などとは異なり、準急より区間急行の方が上位の列車ということは今まで知りませんでした。泉北和泉中央行きの列車で比べてみると、南海高野線堺東駅までは停車駅は同じですが、準急はここから各駅に停車します。

「パンジョサービスカウンター」は泉ヶ丘駅から少し離れた場所にあったので、最初は迷ってしまいました・・・(>_<)。しかし、どうにか見つけてグッズを購入できました。
このあと、泉北で現在は引退した100系の保存車(588号車)を見に行くべく、大型児童館・ビックバンの中にある冒険遊び場・ちょっとバンに行くことにしていましたが、あまりの暑さにまいってしまい、あきらめました・・・(+_+)。また涼しくなってから出向こうと思います。

Img_5306

 

Img_5307


このあと、和泉中央行きの電車に乗って終点の和泉中央駅へ。「鉄道むすめ」の和泉こうみとせんぼくんのラッピング編成(7000系7521F)に乗れました(^^♪。

Img_5308

 

Img_5309


目的は、和泉中央駅に設置された「鉄道むすめミューラル」を見に行くこと。(ミューラルは壁画を意味する)関西の「鉄道むすめ」が一堂に会する、なかなかユニークな展示物だと思います。

Img_5310


信号を渡った先の歩道から見た全景。

Img_5313


同じ場所からの駅舎全景。
駅舎の屋根上には風に揺れる泉北高速の旗が見えました。

Img_5317


このあと、帰路に着きました。南海天下茶屋までは泉北高速の3000系に乗れました。

Img_5320

 

Img_5321


購入した「鉄道むすめコラボキラ鉄ファイル」。デザインは「和泉こうみ」(泉北高速鉄道)と「嵯峨ほづき」(嵯峨野観光鉄道)、「楚原れんげ」(三岐鉄道)のコラボデザイン。裏面(下画像)にはそれぞれのキャラクターのプロフィールが記載されています。

Img_5322


せっかくなので、これらも購入しました。「和泉こうみアクリルミラーキーホルダー」と「泉北7020系ハンカチタオル」。

ここ数日、記録的な猛暑が続いています。どうぞご自愛くださいませ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

京阪石山坂本線 京阪石山駅方面へお出かけ

今回は15日のお話です。

Img_4308


この日は京阪石山坂本線の京阪石山駅の方に出かけてきました。

Img_4307


京阪石山駅はJR琵琶湖線の石山駅との乗換駅です。
今回は、JR茨木までバスに乗り、JR線を利用しました。
移動中の車内からは、TWILIGHT EXPRESS 瑞風や285系ハローキティはるかとのすれ違いで初めて実車を見たり、京都総合運転所の留置車両や石山駅を降りてから通過したコンテナ列車でテンションが上がったり・・・(笑)。楽しいひと時を過ごせました。
画像は京阪石山駅からびわ湖浜大津方面を望んだものですが、このように石坂線とJRの車両を一緒に見ることもできます。

Img_4305


京阪石山駅の名物(?)、「鉄道むすめ」のひとり、石山ともかちゃんのパネル。
パネルの下には以前来た時にはなかった広告が入っていました。

Img_4321


京阪石山から往路はこれに乗りました。かつて、京阪特急色をまとった600形(603-604)が、3月8日に開催される「第75回びわ湖毎日マラソン大会」のPRラッピングが施されていました。

Img_4323


石山寺駅を出ると、こんな案内看板があります。これを見ると、瀬田の唐橋も石山寺も歩いて10分ほどのところにあると書いています。

Img_4324


少し歩くと白髭(しらひげ)大明神社、その横には今では数少なくなった丸型の郵便ポストもあります。

Img_4327


バス停の向こうに見えるのは、瀬田川。ちょうどカヌーを漕いでいるのが見えました。

Img_4331

 

Img_4333


この辺りは、東海自然歩道と呼ばれているそうです。

Img_4340


このあと、石坂線の電車撮影のため、少し移動。
隣の駅の唐橋前駅に向かって線路沿いに歩き、踏切の手前辺りでこんな写真が撮れます。

Img_4342


そして、待っていたのがこちら。
今年の3月3日までの運行となり、15日よりラストランのヘッドマークを掲出することとなった、700形(701-702)の「80型復刻塗装」。
なんと、2枚看板でした。

Img_4344


去年の11月に出向いたときは逆光気味でしたが、この日は薄曇りでした。こんな天候だとこんな写真が撮れます。

Img_4347


石山寺駅に戻ってきました。今年の大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公である明智光秀にちなんで、石坂線でもラッピング電車が21日から運行開始します(600形609-610を使用)。
詳しくは知りませんが(汗)、明智光秀はこの辺りがゆかりの地のようです。

Img_4348


まずは、お約束の(?)の石山ともかちゃんのパネルと一緒に(笑)。

Img_4351


折り返し、坂本比叡山口行きとして発車待ち。
この702号車をよく見ると、外板に補修してあるのが見られ、やや車体に傷みがあるように見受けられました。何はともあれ、見れてよかったです(^^)。
帰路はこの電車に乗車し、往路と同じ経路で帰宅しました。

Img_4358


当初の目的はこのグッズを買うだけでしたが、前出の700形の80型復刻塗装のラストランの情報が入り予定変更、それも写せて良かったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

OsakaMetro御堂筋線&北大阪急行 相互直通運転50周年記念グッズを購入しました

OsakaMetro御堂筋線(当時は大阪市交通局御堂筋線)と北大阪急行(北急)は、1970(昭和45)年2月24日に相互直通運転を開始して、今年で50周年を迎えることとなりました。この相互直通運転により、同年開催された万国博覧会輸送に大きく貢献したことは、言うまでもありません。

今回は去る1日、北大阪急行千里中央駅にて行われた、OsakaMetro御堂筋線&北大阪急行 相互直通50周年記念グッズ販売会で購入したグッズを紹介します。

Img_4198


まずはこちらから。1月27日~9月30日にOsakaMetro御堂筋線の30000系と北急9000形に掲出される、記念ヘッドマークをデザインしたマグネットです。
左が千里中央側、右がなかもず側に掲出されるデザインで、前後で異なるものとなります。

Img_4201


こちらは、クリアファイル2枚セットです。
左は、北急2000形と交通局(当時)の30系アルミカー、右は現在の両社の車両(OsakaMetro御堂筋線新20系(21系)と30000系(注:谷町線用と区別するため、31系とも呼ばれる)、北急8000系と9000系の並び)のデザインとなっています。
ちなみに、北急2000系は北急桃山台車庫に、30系アルミカーの方は3008号車(元3042号車)が製造当時の姿に復元され、OsakaMetro森之宮車両管理事務所にそれぞれ保存されています。

Img_4199


最後に紹介するのは、北急開業50周年記念のフォトカードセットです。開業記念・相互直通運転開始記念のヘッドマークを掲出した2000形や、「POLESTARII」こと9000形の揃い踏みの写真などが入った全12枚入りのポストカードセットです。これらの記念グッズは、大切にとっておきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

福袋が届きました 2020\(^o^)/+@!!

今年も昨年同様、鉄道グッズの通販サイトで「のせでん福袋2020」を注文して、昨日届きました。

Img_3951


では、中身を紹介します。
今年のものもいろいろ入っていました。
昨年、能勢電鉄より発売された「鉄道コレクション」(鉄コレ)、320形未更新車(B)2両セットが入っていました。これ欲しかったんです。

Img_3952


DVDも入っていました。能勢電鉄妙見線・日生線の展望DVDです。

Img_3953


これは、川西能勢口-平野間複線営業開始50周年記念硬券4枚セット。


Img_3961Img_3960


特製クリアファイル4枚セット。のせでんの車両はすべて、阪急宝塚線で活躍した車両で揃えられています。
このほかに7200系デザインの組み立て式のペン立ても入っていました。

Img_3947


今年も購入しました。トミックス製の貨車、コム1形のカモノハシのイコちゃんと干支のコラボデザインです。

Img_3949

 

Img_3950


今年の干支であるねずみが相撲を取っているデザインです。貨車の番号は「コム2020」です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

初めて見ました!!

去る14日、阪急西宮北口駅のカリヨン広場付近で、阪急・阪神・能勢電のグッズ販売会が開催されました。
わたしも阪急電鉄のHPを見てほしい商品があったので、出向いてきました。

Img_3694


今回の販売会では、8000系デビュー35周年記念グッズや「京とれいん雅洛」のグッズなど、いろいろなグッズが販売されていました。
わたしは、画像のトレーディングカード(トレカ)や缶バッジなどを購入しました。

Img_3686


帰路に就く際、電車を待っていると・・・。
なんと!!8000系デビュー35周年記念の復元装飾が施された8300系(8300編成)に遭遇したのでした!!これにはさすがにびっくり!!
同時進入の列車(66系)の車内からは、子供たちが眺めている様子がうかがえました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

OsakaMetro堺筋線50周年記念イベントに参加しました(後編)

前編の続きです。
今回は、Nゲージ模型運転会の様子をお送りします。

Img_3537


今回のイベントで披露されたNゲージのジオラマ。
いわゆる「モジュールレイアウト」で、線路類もトミックス製で統一されています。
レールはトミックスのワイドレール使用し、複々線に見立てたものとなっています。
ちなみに、左側に見えるコントローラーはなんと、トミックスの制御システム「NECST-neo(ネクスト・ネオ)」初期モデルの「N-500」なんです!!
こんな所でお目にかかるれるとは・・・。

Img_3541


手前の直線部分を拡大してみました。
走行用線路の一段高いところには北神急行電鉄の7000系、その下には熊本電鉄の01形(元東京メトロ銀座線01系)のくまもんラッピング電車らしき車両が停められています。

Img_3546


反対側に回ってみました。今は旧製品となった、トミックスのストラクチャー(建物)が目を引きました。
さて、この運転会。
運転台型のコントローラーを使って、運転士気分で楽しむ「参加型イベント」でした。

Img_3549


子供さんたちの視線も興味津々の様子。
向こう側には、カメラを構えている子供さんも。

Img_3551


ホーム部分を見てみましょう。
ホームはトミックスの「島式ホーム(都市型)」をとても長く連ねたもの。いったい、何両分あるのでしょう?
一方、左側の留置線には長堀鶴見緑地線の70系(らしき車両)が見えます。
それから、右側に見えるモニターから、運転士目線の様子を見ることができます。その近くには・・・。
なんと、今度はわたしも昔使っていた、トミックスのグリーンのパワーユニットがありました!!

Img_3555


室内灯装備の電車が横切りました。
「あ、中央線の電車!」と、子供さんの声も。
その通り。この車両は中央線を走る新20系(24系)です。

Img_3561


直線区間をひた走る、24系。
わたしが手持ちの車両には、「トワイライトエクスプレス」などの客車もありますが、室内灯は未装着・・・(汗)。
車両ばかり増やさず、「室内灯やTNカプラーなどのオプション品もそろそろ揃えていかないと・・・」と思っている昨今であります。

Img_3562


24系と60系が並走。
そばにある、小型ビルや住宅などのストラクチャー(建物)も、レイアウトに彩りを添えています。

Img_3563


再びホーム部分を観察。
手前には谷町線用30000系(32系)、そして阪急の車両も見えました。

Img_3566


60系冷房改造車(乗降扉大型化後)が疾走してゆきます。

Img_3569


Img_3573


「阪急の電車、早く動いてくれないかな・・・」と思っていたら、動いてくれました(^^)/。
パッと見た限りでは、京都線を走る5300系のようでした。
結局、この運転会で30分ほど見入ってしまいました・・・。
本当はもっと見ていたかったんですけど、きりがないので・・・(汗)。
そんなわけで、楽しいひと時を過ごせました(^^♪。

Img_3590


今回のイベントで購入した商品です。
左側からマイクロファイバーのハンカチ、大阪市営60系と阪急3300系のキーホルダー、相互直通50周年記念ヘッドマークのデザインの缶バッジ。


Img_3594


こちらは、OsakaMetroの現役車両がデザインされたクリアファイルです。
この中でわたしが見たことがないのは、南港ポートタウン線(ニュートラム)の200系です。ユニークな前面デザインかつ1編成ごとに車体カラーが異なっているのが特徴というこの車両。是非とも見てみたいです(^^)。

Img_3598

それから、OsakaMetro版の記念乗車券も購入しました。
有効期限が今月29日までなので、時間を見つけて利用したいと思っています。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

ふたつの「大阪梅田駅」をはしご。

今回は、1日のお話です。
この日は阪神と阪急の大阪梅田駅へと、ふたつの「大阪梅田駅」に出向いてきました。
まず、阪神の大阪梅田駅へは、京阪→JR大阪環状線と乗り継いできました。
JR大阪環状線の京橋駅と大阪駅のホームには、ホームドアが設置してあるのを初めて見ました。

Img_3456

 

Img_3458


このあと、阪急の大阪梅田駅へ移動。
梅田の阪急百貨店のある通路には、このようなクリスマス向けの装飾が施されてありました。

Img_3460


復路は、阪急京都線に乗りたかったので、そのまま阪急のホームへ。
少し時間があったので、しばしホームをぶらりと観察。
阪急の大阪梅田駅、本当に広いです(^^♪。

Img_3461


7号線ホーム(神戸線ホーム)では5000系(5000×8)が発車待ち。
神戸線運用に就く5000系、久しぶりに見ました。
手持ちの編成表によると、8両編成の5000系は現在この編成しかなく、ほかの編成はすべて6連となり、今津(北)線(宝塚-西宮北口間)の運用に就いていることが分かりました。


Img_3464


阪急の一部の駅ホームにはこのような花壇が添えられていて、華やかさが感じ取れます。模型の世界でも取り入れやすい要素の一つではないかと思います。


Img_3465


今回、この駅に来た理由はこちら。
今年の10月に駅名変更が実施され、それと共に駅名標も四角いものに交換されました。

ではここで、阪急と阪神の駅名変更についてまとめてみます。

※阪急
梅田→大阪梅田
河原町→京都河原町
石橋→石橋阪大前

※阪神
梅田→大阪梅田
鳴尾→鳴尾・武庫川女子大前

・・・となりました。

ちなみに、京都線特急用の9300系の行先表示は、新駅名に変更されていました。
LED式表示なので、即座に変更できたようです。
一方の字幕式のものは、どうなるのでしょうか・・・?


Img_3466

 


Img_3468


最初は特急に乗ろうと思いましたが混んでいたので、高槻市行きの普通に乗ることにしました。
この日乗った3300系には、OsakaMetro堺筋線&阪急京都線相互直通運転50周年記念のHMが掲出されていました。


Img_3475Img_3476


今回購入したのはこの二点。
阪神&近鉄奈良線相互乗り入れ10周年記念グッズの第2弾は、クリアファイル3点セット。
阪急の今回発売のミニチュアマグネットは、以前今津(北)線で使用されていたものです。
そんなわけで、この日は「ふたつの大阪梅田駅をはしご」してきました(^^)/。

※おまけ画像

Img_3472


この日見た、銀杏並木です。

**************************************

先日、わたしが利用しているブログサービスのサポートページを見たところ、画像の貼り方について、オリジナルのサイズのまま貼り付ける方法が分かりました。ですので、今回の記事より画像が、前の記事より大きく見えるようにしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 阪急電鉄 近畿日本鉄道 南海電鉄 南海高野線 こうや花鉄道 阪神電気鉄道 阪堺電気軌道 えいでん(叡山電鉄) JR JR貨物 嵐電(京福電気鉄道) 嵯峨野観光鉄道 大阪市交通局 Osaka Metro(大阪市高速電気軌道) 泉北高速鉄道 神戸電鉄 能勢電鉄 北急(北大阪急行) 和歌山電鐵 大阪モノレール 山陽電気鉄道 北神急行電鉄 京都市交通局 地下鉄 モノレール ケーブルカー・ロープウエイ 地方交通、第3セクター 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 鉄道模型 MY PHOTO 過去の撮影記録から 交通科学博物館 京都鉄道博物館 梅小路蒸気機関車館 リニア・鉄道館 鉄道博物館、施設 SL 新幹線 国鉄型車両 鉄道の話題 イベント 記念切符、鉄道グッズ、鉄道部品 鉄道関連書籍 鉄道DVD 花と鉄道 博物館・美術館・展覧会めぐり 鉄道景観 ブルーリボン賞・ローレル賞 ご挨拶 お出かけ、散策 お知らせ お店訪問 グルメ スイーツ ネイチャー(自然) イルミネーション 神社・仏閣 バス 景観 旅行 日記 風景 風景写真 建築物 工事中現場の様子 空港 飛行機 PHOTO カメラ アート クッキング PC 写真加工 ekiSh TV テレビ観戦 動画(YouTube) アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 スポーツ 日記・コラム・つぶやき