サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

鉄道模型

2017年11月 3日 (金)

梅田の阪急百貨店で開催された「鉄たび展」を見てきました。(後編)

こちらの記事の続きになります。


P_20170827_143859_vhdr_auto P_20170827_145730_vhdr_auto

ここからは、会場奥で行われた運転会の模様をお伝えします。
レイアウトの中央にはいろいろな車両がズラリ。
これらは原信太郎氏が製作、収集した一番ゲージ(縮尺約1/32)という大型模型です。


P_20170827_143953_vhdr_auto

それでは走行写真をどうぞ。
スマホで撮影したので、画質の方はあまり期待しないでくださいcoldsweats01

まず目に飛び込んだのは、SLがけん引する旅客列車。


P_20170827_144659_vhdr_auto

続いて、同じくSLによる貨物列車。


P_20170827_145628_vhdr_auto

留置線ではこんな感じに。


P_20170827_145648_vhdr_auto P_20170827_145657_vhdr_auto


こちらは寝台特急「あさかぜ」。
紺色のEF58と20系客車を組み合わせでナイスgood


P_20170827_144748_vhdr_auto

このあと、いよいよ「或る列車」の運転の時間に。
画像奥に見えるのが、「或る列車」をけん引する機関車(だったはず?)です。


P_20170827_150041_vhdr_auto

「或る列車」は約20分ほど運転されました。
スマホで撮影した拙い写真ですがcoldsweats01、雰囲気だけでも感じ取っていただければ幸いです。

P_20170827_150046_vhdr_auto P_20170827_150049_vhdr_auto

この時は結構人が集まっていました。
列車が走行しているのを見ているだけでも楽しかったです。

「或る列車」の運転終了後、この会場をあとにしました。


P_20170827_150902_vhdr_auto

ここでは、JR九州が運行している「JRKYUSHU SWEET TRAIN 或る列車」のPRをしていました。


Img235

最後にこの「鉄たび展」にて購入した、オリジナルグッズの紹介。

こちらは、見事な仕上がりの鉄道模型のワンシーンをデザインしたクリアファイル。


P_20171024_194400_vhdr_auto

一方こちらは水戸岡鋭治氏がデザインを手がけた、JR九州の人気列車を系統樹に見立てたおしゃれなデザインのトートバック。
ちなみに同じデザインのクリアファイルも購入しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年10月27日 (金)

梅田の阪急百貨店で開催された「鉄たび展」を見てきました。(前編)

Img230

去る8月17日~28日に、梅田の阪急百貨店にて開催された、「鉄たび展」。
わたしは、25日に見てきました。

概要は割愛させていただき、当記事では同イベントの展示物を中心に紹介していきます。


P_20170827_140105_vhdr_auto

2014(平成26)年に亡くなられた「鉄道模型の神様」、原信太郎氏の紹介です。


P_20170827_140114_vhdr_auto

神奈川県横浜市にある、原鉄道模型博物館の紹介です。

ちなみにわたしは、2011(平成23)年の8月20日に天六(天神橋筋六丁目)にある「大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館」にて開催された「原信太郎 鉄道模型を極める-関西の鉄道・まち」という特別展を見てきました。

その時の模様は、こちらの記事をご覧ください。 


P_20170827_140817_vhdr_auto

それでは、展示物を見ていきましょう。
これは、スイスの国鉄の車掌鞄(カバン)。


P_20170827_140910_vhdr_auto

その横には、世界各国の古い時刻表が。


P_20170827_140945_vhdr_auto

続いて、車両模型の展示。
上からオリエント急行(ベルギー)、ナハ22000系(日本)、サザン・パシフィック鉄道客車(アメリカ)。


P_20170827_141307_vhdr_auto

「ガラス電車」で知られる、ドイツ国鉄ET91形電車です。
わたしは「鉄道ファン」(交友社刊)の記事ではじめて実車を知りました。


P_20170827_142641_vhdr_auto

一方こちらは、日本の車両。
左に見えるのは阪急の「京とれいん」、その隣は近鉄の「しまかぜ」。


P_20170827_141345_vhdr_auto

再び車両以外の展示品です。
これは、オリエント急行の食堂車のランプ。

かつて運転されていた「北斗星」や「トワイライトエクスプレス」の食堂車のランプも、これをヒントにしたのかもしれません。


P_20170827_142131_vhdr_auto

原信太郎氏が青年時代に駅で押されたスタンプ帳です。
これらは、1934(昭和9)年~1936(昭和11)年に押されたものです。


P_20170827_142157_vhdr_auto

戦前に発行された切手(夫婦岩のデザイン)に、昭和11年12月27日付けの消印が押してあります。
「那智の滝」がデザインされていて「那智」と記載されているので、おそらく(当時の)那智郵便局で押されたものと思われます。


P_20170827_142603_vhdr_auto

関西の観光列車・豪華列車と題して、阪急の「京とれいん」、近鉄の「しまかぜ」、「青の交響曲(シンフォニー)」のイメージが展示されていて、その下に先ほど紹介した模型が展示されていました。


P_20170827_141757_vhdr_auto


現在JR九州が運行している観光列車「JRKYUSU SWEET TRAIN 或る列車」の原点となった豪華客車列車「或る列車」について解説したパネルです。

「或る(ある)列車」という、なんともいえない不思議なネーミングがとても印象に残りましたthink

(後編につづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年9月21日 (木)

梅田の阪急百貨店で開催された「鉄道模型フェスティバル 2017」に参加しました。(後編)

こちらの記事の続きになります。

順序が逆になりましたが、会場に着いてからまず、グッズ・部品販売コーナーで商品の購入をしました(くわしくは、後ほど紹介)。

そのあと、販売コーナー正面にあるジオラマ(レイアウト)の展示を見つけ、見物しました。
振り返ってみると、これだけで良かったかも・・・と思っているのですがcoldsweats01

では、展示されていたジオラマをいくつか紹介します。


P_20170815_141142_vhdr_auto

これは、メルクリンという海外の鉄道模型メーカーの「トータルセット」とも言うべきものなのでしょうか?

車両、レール、コントローラー(メーターのようなもの)が一式入っています。
以下、メルクリン製のものです。


P_20170815_141214_vhdr_auto

このセットのレール配置はスタンダードな小判型。
風景もメルヘンチック(#^.^#)。


P_20170815_141156_vhdr_auto

こちらはアタッシュケースに入った、雪景色を彩ったレイアウト。
結構、いい値段dollar


P_20170815_141230_vhdr_auto

こちらも同じくメルクリンのレイアウト。
見ているだけでも楽しい(^^♪。
でも価格は・・・べらぼうに高いcoldsweats02sign03


P_20170815_141009_vhdr_auto

さて、今度は日本の風景をテーマにしたジオラマです。
これは、「人生の楽園」というドキュメンタリー番組で発表されたもの。


P_20170815_141339_vhdr_auto

こちらは、昭和の風景のようなジオラマ。
こんな感じのサイズとテーマなら自分でも作れそうかな?と思いました。


P_20170815_141412_vhdr_auto

こちらは小規模の機関区でしょうか。
小物などの配置具合もなかなかグーgood

ここからは、今回購入した鉄道グッズなどを紹介します。


Img232

今回購入した部品は、近鉄特急のスタフ。

内容は、京都連絡(橿原神宮前駅にて連絡)の吉野特急(南大阪線・吉野線経由)です。
(画像が上り列車(吉野行き)、裏側は下り列車(あべの橋(現・大阪阿部野橋)ゆき)となっている)


Img233
これは2016年に運転された、日本旅行の企画ツアー「サロンカーあかつきで行く長崎」(列車は「サロンカーなにわ」を使用)の乗車記念品のマウスパッドです。

パッドの写真は、20系客車使用の「臨時あかつき」です。調べてみると1980年代後半、GW、お盆、年末年始などに運転されていた「あかつき81・82号」だということが分かりました。

余談ですが、わたしが20系客車をこの目で見たのは、今から20年以上前、東海道線で通勤した時に見た「ホリデーパル」色の列車が最初で最後でした・・・。


Img234

最後に紹介するのは、こちら。
子供向けの本、「すきすきはんきゅうでんしゃ2017」です。

イベントのチラシに記載されていて、興味を持ちました。
最初は「絵本かな?」と思ったら、大間違い。


れっきとした「阪急電車の写真図鑑」なのです!!

阪急の各路線(神戸、宝塚、京都)別に「○○線の電車」と題して、形式の新しい順(神宝線は1000系、京都線は1300系)に各形式が、大きな写真と大人でも分かりやすい解説で紹介されていて、とても感心しました。

ちなみに1000系の第12編成目は、ゾロ目(1111号車)の車両が先頭を務めていることで、何かと話題になっているとのこと。

わたしも一度「お目にかかりたい」と思っています。

この本を見ながら、梅田駅などで親子で「電車見物」をするのもいいものではないかと思いました。

以上で、今回のレポートを終わります。

※おまけ画像


P_20170824_211226_vhdr_auto
「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」にあわせて2016年4月より運行開始した、キハ47形による観光列車「みまさかノスタルジー」。

今年、トレインボックス(JR西日本商事)より限定発売された、そのNゲージ模型を購入しました。
左に見えるのは、特典のトートバックです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年9月 6日 (水)

梅田の阪急百貨店で開催された「鉄道模型フェスティバル 2017」に参加しました。(前編)

Img229

お盆休み中の先月15日、この日が最終日となる、梅田の阪急百貨店で開催中の「鉄道模型フェスティバル2017」を見に行ってきました。

今回は午後から出向きましたが、すごい人だかりでゆっくり見て回ることは困難でした・・・(>_<)。

なので、自分が気に入ったところだけを少し時間をおいて見物し、あとはササっと見て回るだけにしました。


P_20170815_142549_vhdr_auto

まずは、TOMIXの新製品ブースを見てから、ジオラマを見てきました。

ドクターイエローが鉄橋を横切ります。


P_20170815_142601_vhdr_auto

少し分かりにくいですが、SL列車が通過するところを見られました。
模型ですが実車同様に動輪と連結棒が動くのですから、正直驚きました。


P_20170815_142621_vhdr_auto

奥のホームには1両のディーゼルカーがちょこんと停車しています。

建物類も、「ジオコレ」製品などを含め、すべて同社の製品を使用しているのには、あらためて感心しました。

ちなみに、この画像右下の緑色の屋根の建物(アミューズメントショップ)は、別売の乾電池を挿入すると、電飾がピカピカ光るというものです。
この商品の姉妹品には、「パチンコ店」があります。


P_20170815_142637_vhdr_auto

視線をすこし右へ向けると、タンク貨車の貨物列車が通り過ぎていきました。


P_20170815_142740_vhdr_auto

次は阪急電鉄のブースへ。
これは、日本一のターミナル駅である梅田駅を再現したもの。

とても精巧な作りだと思いました。


P_20170815_143026_vhdr_auto


こちらは、歴代の阪急電車の模型などを展示したもの。
今はもう見ることができない運行標識板のミニチュアも多数展示されていました。


P_20170815_143418_vhdr_auto

こちらは、今では鉄道模型ファンご用達のアイテムとなった、阪急の「鉄道模型コレクション」(鉄コレ)を展示したもの。

このほか、今回の展示の主役は「阪急京都線」ということで、各駅の今昔写真なども展示されていました。
これもゆっくり見ていきたかったのですが、写真だけ撮ってパス・・・weep


P_20170815_143609_vhdr_auto

というわけで、今度は今回の大きな出し物である、阪急京都線を再現したジオラマを見に行きました。

こちらでも標識板を展示。
ちなみにわたしは中央の「快速」は、今から約20年前にみたことがあります。


P_20170815_143750_vhdr_auto

ここでまず結果からですが、チラシに掲載されていた水無瀬駅のジオラマはどこにあるのか分からず、見ずじまいに終わってしまいました・・・weep

さて、最初に目に入ったのがこちら。
なぜか山陽の須磨浦公園駅のジオラマでした。

阪急と阪神の車両がすれ違っていくのが見れました。


P_20170815_143819_vhdr_auto

続いて、わたしの親戚の住んでいる大山崎駅。
JRの車両を横目に京都線のラッピング車「古都」が走り去ってゆきました。


P_20170815_143931_vhdr_auto P_20170815_143943_vhdr_auto

この駅は駅名の表示はないですが、左側に見える、地下鉄御堂筋線の高架の駅(西中島南方駅)が設置されているところからすると、南方駅ではないかと思われます。


P_20170815_144059_vhdr_auto

ところ変わってメルヘンチックなこの光景は、海外の車両が走るHOゲージ(1/80スケール)のジオラマです(#^.^#)。


P_20170815_144107_vhdr_auto

角度を変えて、もう1枚camera

このあと、HOゲージの豪華寝台列車や「Nゲージ 関西を彩った寝台列車たち」と題した展示(ここもすごい人だかりだったので、写真を写しただけ・・・)を見て、会場をあとにしました。

(後編につづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年7月29日 (土)

トミックスの40年の足跡が辿れる1冊。

昨年(2016年)、ブランド誕生40周年を迎えた「トミックス」。
それを記念して、このような本が発売されました。


Img003


それがこちら。
「TOMIXの40年」。

巻頭には、広告やパンフレットなどに掲載された秘蔵写真。

以下、40年間の製品の歴史の振り返りや、トミックスを現在のかたちに育て上げた「証言者」の皆さんのインタビュー、復刻版「TOMIX 最初期製品パンフレット」etc・・・。

これを読めば「トミックスの40年間」がよくわかる、とても中身の濃い内容となっています。

中でも「復刻版パンフレット」の内容(1976年)は、当時のこれだけの商品ラインナップを見て、「現在のものと比べて、まったく遜色なし」と、思わず感激しました。

この本の車両が走る写真集も、自分が過去に鉄道雑誌の広告でみたことがあるのと、その昔、購入したことのある製品もありました。

車両では、113系電車(関西線快速色)の先頭車と動力車を各1両。
これらは、記憶ではわたしが小4の頃に母におねだりして、わけもなくレールやコントローラー(パワーユニット)と一緒に購入しましたcoldsweats01

今風でいうと「鉄道コレクション」といった感じでしょうか・・・。

その他でいえば今は残念ながら手元にありませんが、高校生の頃にアルバイトの収入で購入した、建物(ストラクチャー)の中で、特に広告が印象に残っている「商業ビルセット(キットタイプ)」(これらは3種あり、現在は仕様を変更して単品販売している)があります。

この製品の看板広告には「カゴメトマトジュース」やソニーの「ウォークマン」の当時のロゴや同「ベータマックス」があり、今思えば、手放した(のか処分した)のがとても後悔しています・・・weep

あと、この本には記載がありませんでしたが、かつては「トミックステレフォンガイド」というものもありました。


Img004


一方こちらは、現在も毎年販売されている「トミックス総合ガイド」(製品カタログ)の最新版(2016-2017年版)です。
右下に「トミックス40年記念」のロゴマークが添えてあります。

現在は発売元がトミーテックと社名が変わり(以前はトミー)、「ジオコレ」などの製品の多様化など、これからもどんどん進化しているのが見て取れます。

トミックスでは40周年を記念して、新たな新商品(「新型カメラシステム」、「新型ホーム」など)の展開をスタートしました。

トミックスが今後も「鉄道模型をユーザーの皆さんが楽しみを共有できるブランド」として、より一層の発展を願うばかりです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年6月10日 (土)

JR大阪環状線訪問記(2017.1.28)‐玉造駅にて~新旧世代交代のとき~-

1月28日、もう一度JR大阪環状線の玉造駅へ出向きました。

その目的は前回と同じく、以前見た雑誌と同じアングルの写真(今回は商業施設「ビエラ玉造」の建物(巨大な103系を模したデザイン)を横目に大阪環状線を走る電車が疾走するもの)を撮るため、もうひとつは営業運転に就いた大阪環状線用の新型車両「323系」に乗車と撮影をすることでした。

まずは、京橋駅から外回りの電車に乗車。
画像はありませんが、乗車できたのが大阪環状線の新型車両の323系でした。

すれ違う電車を見ても、環状線の電車は201系か、この323系。
「環状線プロジェクト、順調に進んでるなぁ」
心の中でそう思いました・・・。

玉造駅で下車し、同じアングルの場所へ。


Dsc_7375 Dsc_7377

しばらく待っていると、またもや323系。
「323系、着実に数を増やしているな」
この時、そう思いました。

ちなみに、この先の線路はS字カーブになっていて、見ているだけでも楽しいです(^^)。


Dsc_7378

そのS字カーブの先に見えたのが・・・。


Dsc_7383

103系ですsign03写せてよかったですhappy02


Dsc_7387

カメラをホーム側へ向けて撮影して、見送りました。


Dsc_7426

時間は前後しますが、201系を撮影。
オレンジ色の201系が見れるのもあとわずかでしょうか・・・。


Dsc_7417

大阪環状線改造プロジェクトによる新車として大阪環状線専用として導入された、323系。
今後の活躍が楽しみです。


Dsc_7418

外回り電車の201系と並ぶ。


Dsc_7419

そして、大阪方面へ向かう同系を見送りました。
このあと帰路へ着くことに。


20170128_101706

乗車した電車は、先ほど撮影した103系。
車番を確認すると、ちょうど1周してきた編成となります。
左側に見える電車は・・・。


20170128_101740

323系です。
まさに「新旧の世代交代」の一場面を撮影できました。

このあと、103系に乗車し帰宅しました。

**************************************


20170312_09560411

20170311_2148151

先日購入した、323系のNゲージ(1/150スケール)鉄道模型(トミックスから発売)。
側面には「トミックス40周年記念」のロゴも。

トミックスさん、遅ればせながら40周年、おめでとうございます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年2月13日 (月)

祝!ブログ開設7周年!!

おかげさまで、当ブログ「ひらめき★フォト・ギャラリー」は、めでたくshine7周年shineを迎えることができましたhappy01
(注:旧ブログサービスから含む)

これもひとえに、みなさんのおかげと感謝しております。

さて、今回は・・・。

「700」と名の付く京阪電車の模型を紹介してまいります。

では、まずはこちら。


2017213_1


一昨年に発売された、「鉄道コレクション」(鉄コレ)の「700系」です。

(前面のHMは気になさらないでください。(こう見えても、こういうの苦手な方なんです・・・(汗)。))


2017213_2


車番は、付属のステッカーより「おまけ」をチョイス♪
前面の列車標識は「競馬臨時急行」(愛称:ウマ急、淀行き)、側面は「臨時急行」としてみました(^^♪

この電車は、のちに「1000系」となり、リニューアル工事を施し、現在も走っています。
(大きなドア窓、2連×2個の側面窓がこの電車の特徴です)

さて、側面の表示器ですが、手持ちの本の写真には設置されていなかったので、おそらく1000系に改造前の晩年の姿のようですね。


2017213_3

2017217_4

2017213_5


続いては「大津線」編です。

ここでは、現在も活躍している「700形電車」を紹介します。

上から順に「鉄道むすめ10周年」、「けいおん!5周年」、「80型デビュー55周年記念」のラッピング電車です。

やはり「鉄コレ」の印刷技術は素晴らしく、完成度の高さが見受けられます。

さて、ここでお伝えしたいことがあります。

旧ブログサービス時代の記事をPDFファイルで作成したものを先日、外付けHDDから見つけました。

これを参考に、今後「アーカイブ」と題して記事にアップしていきたいと思います。
また、今月25日に施行される「ダイヤ改正(変更)」など、ここ最近何かと動きのはげしい京阪の情報もわたしなりに記事にしたく思いました。

今後も週1~3日を目安にマイペースで記事をアップしていきますので、じっくり(≒ガン見)、もしくは少し(≒ちょい見)でお付き合いされると、うれしく思います。

これからも、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m。

管理人 京阪快急3000

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年2月 1日 (水)

「せんぼくトレインフェスタ2016」に参加しました。(4)

こちらの記事の続きになります。

わたしが最後に訪れたのは、こちらの模型コーナーでした。


Dsc_6460

Dsc_6463

泉北高速の開業とともにデビューした、100系です。


Dsc_6465

100系の基本編成表も掲示されていました。


Dsc_6471

こちらは3000系です。

このほか、5000系や7000系も展示されていました。


Dsc_6478


このあと見たのが、鉄道模型の運転会。
南海「ラピート」が停車中。
そのホームから、電車(泉北3000系?)が発車。


Dsc_6479

そのあと、泉北の「ハッピーベアル」ラッピング電車が通過。


Dsc_6484

2つの列車のすれ違いを堪能(^^)。


Dsc_6495

こちらは、別のフロア運転会。

近鉄「しまかぜ」や・・・。

Dsc_6496

2種類のラピート(?)と2両編成の車両たち。


Dsc_6500

本物そっくり(?)のコントローラーの前を、懐かしい「国鉄新快速色」(のちに阪和線の113系も同じカラーとなった)の電車(165系?)が通過。

ちなみに、このフロア運転のレールやコントローラーは、上の画像の赤丸で囲っているように、すべて「KATO」製のものを利用しているのが見受けられました。

こちらを見物後、会場をあとにしました。
(完)

※次回は、去年11月に京阪大津線を訪問した記録をお送りする予定です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年1月21日 (土)

今日の日記【131】今日はわたしの誕生日です。

みなさん、こんばんは。

今日(21日)はわたしの誕生日であり、父の命日でもあります。

ちなみに、父が天国に逝ったのは5年前の土曜日の夜でした。

今日は奇遇にも5年前と曜日が同じなのが、「何らかの縁で結ばれているのかもしれない」のだと感じました・・・think

20170121_1

自分の誕生日のお祝いに、近所のスイーツ店にてケーキcakeを購入して、いただきました(合掌)。

今は半年ほど前から体調がすこぶる悪かった時に比べ、格段に回復してきました。

そこで、5年ほど前から家庭の事情などで、放置状態だった「Nゲージ鉄道模型」(1/150スケール。新幹線車両は1/160スケール)でメーカーはトミックス、カトーほか各社、「鉄コレ」(トミーテック)の運転などに取り組む始めることができるようになりましたhappy01

20161211_172639

以前は実家から持ってきたタンスの中で眠っていましたが、それらを引っ張り出して、横に並べてみました。


20161210_221523

こちらは、運転シーンの一コマ。
まずは、7年前くらいに購入した、トミックスのレール発展プランの「小判型配置」(「レイアウトともいう。運転はエンドレス)で試運転。

最初は列車がまったく動かなくてcoldsweats02不安を感じましたが、落ち着いて対処法を実践してみると、列車が走ることができました(v^ー゜)ヤッタネ!!。

走行シーンを眺めていると、まるで童心に帰ったようで、楽しいひと時を過ごせましたconfident

今後は、車両やレールなどを買い足して、もっと楽しみたいと考えております。


こんな自分ですが、今後ともよろしくお願いいたします<m(__)m>。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年11月 2日 (水)

京阪「鉄コレ2600系」&「Bトレ5000系」を購入しました。

先月の29日に一般販売された、京阪の「鉄コレ(トミーテック)2600系/1次車&2次車」と「Bトレ(バンダイ)5000系」を、29日に香里園駅で購入しました。


2600_1_1

「鉄コレ2600系」は2種類(AセットおよびBセット)が発売されました。

Aセットは、先頭車両(2600形、2800形)が「スーパーカー」こと2000系の初期製造グループから2600系となった車両がモデルとなっています。


2600_1_3

これは、上の画像の中央の車両(2700形)をパンタグラフなしの2900形とするための「屋根パーツ」です。


2600_1_2

これは、Aセットに入っている2800形。

上の画像の2600形(一番奥の車両)の前面左側の窓が「2段窓(サッシ)」になっているのに対し、この2800形は1枚窓となっています。


2600_2_1

こちらは、側面窓が2000系の後期製造グループを2600系とした「Bセット」です。

この商品は2900形(画像中央の車両)がいわゆる「運転台撤去」されたものとなっています。


2600_2_2

「Bセット」の車両の前面部分です。

両端の先頭車両(2600形、2800形)との違いは、2900形の前面はヘッドライトが原型のままとなっており、また貫通扉もないところ(先頭車を中間車化したもの)がポイントとなっています。

ちなみに、これら(AセットとBセット)を組み合わせるにより、4両~8両編成のバリエーションを楽しむことができるという、一言では説明できないcoldsweats01京阪電車でも「マニアックな車両」なのです。


Img015 Img016


一方、こちらは有名な「5扉電車」である5000系をモデルとした、Bトレです。
旧塗装と新塗装(現行色)の2種類が発売されました。

1箱で先頭車と中間車が各1両組み立てられるので、2箱で1編成(4両)が制作できます。


Img017
Img018

この製品を購入後、気に入ったのが電車のイラストではなく左側にある風景を描いたような画像です。

現在、自宅にあるカラーボックスで購入した鉄コレやBトレを飾っている背景画に使えそうだと思いました。

時間ができたら、チャレンジすることにしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 | 阪急電鉄 | 近畿日本鉄道 | 南海電鉄 | 南海高野線 こうや花鉄道 | 阪神電気鉄道 | 阪堺電気軌道 | えいでん(叡山電鉄) | JR | JR貨物 | 嵐電(京福電気鉄道) | 嵯峨野観光鉄道 | 大阪市交通局 | 泉北高速鉄道 | 神戸電鉄 | 能勢電鉄 | 北急(北大阪急行) | 和歌山電鐵 | 大阪モノレール | 山陽電気鉄道 | 北神急行電鉄 | 京都市交通局 | 地下鉄 | モノレール | ケーブルカー・ロープウエイ | ローカル私鉄 | 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 | 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 | 鉄道模型 | MY PHOTO | 過去の撮影記録から | 交通科学博物館 | 京都鉄道博物館 | 梅小路蒸気機関車館 | リニア・鉄道館 | 鉄道博物館、施設 | SL | 新幹線 | 国鉄型車両 | 鉄道の話題 | イベント | 鉄道グッズ・部品 | 鉄道関連書籍 | 鉄道DVD | 花と鉄道 | 博物館・美術館・展覧会めぐり | 鉄道景観 | ブルーリボン賞・ローレル賞 | ご挨拶 | お出かけ、散策 | お知らせ | お店訪問 | グルメ | スイーツ | ネイチャー(自然) | イルミネーション | 神社・仏閣 | バス | 景観 | 旅行 | 日記 | 風景 | 風景写真 | 建築物 | 工事中現場の様子 | 空港 | 飛行機 | PHOTO | カメラ | 写真加工 | PC | ekiSh | TV | テレビ観戦 | 動画(YouTube) | ウェブログ・ココログ関連 | スポーツ | 文化・芸術 | 日記・コラム・つぶやき

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ