このブログとの関連リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

鉄道コム

  • 鉄道コム

最近のトラックバック

お天気娘の天気予報

阪神電気鉄道

2019年5月30日 (木)

きょうは久々に・・・

先月の21日のお話です。
阪神なんば線((阪神)尼崎-(近鉄)大阪難波間)が開業して今年の3月20日で開業10周年を迎えました。
同線が開業したことにより、阪神の三宮(現・神戸三宮)から近鉄奈良線の奈良(現・近鉄奈良)が一本の線路で結ばれることとなり、神戸~奈良間の交通アクセスが飛躍的に向上しました。
それを記念して、阪神と相互乗り入れ先の近鉄では、相互直通運転開始10周年記念グッズが発売されました。
遅ればせながらその情報を聞いたわたしは、グッズの在庫状況を事前に問い合わせして、近鉄の大阪上本町駅でわたしが欲しかったものが手に入ることが分かったので、出かけてきました。

Img_0628


往路は京阪で天満橋まで乗車し、OsakaMetro谷町線に乗換え、谷町九丁目で下車。
現在の谷町線の日中の列車はすべて大日-八尾南間の通し運転になり、御堂筋線ほどではないですが、着席のチャンスはあまり見込めません・・・。
また、谷町九丁目駅の発車時刻表の掲出は、画像のように交通局時代と変わらずです。
堺筋線でも以前、同じようなものを見た記憶があります。
あくまでも個人的な見解ですが、(OsakaMetroは)どうも路線や駅にによって、掲出物関係の種類や設置位置などにはバラつきがあるようです・・・。

Img_0629


久しぶりに来た、地下鉄谷町線・谷町九丁目駅から近鉄の大阪上本町駅までの連絡通路。
まだ人気は少なかったです。
前回(およそ5年前?)に来た時と比べ、幾分きれいに見えたのは気のせいでしょうか?

Img_0636

近鉄大阪線の乗り場がある大阪上本町駅で記念グッズを購入後、ふと大阪線のホームを見渡してみました。
最初の予定では往路と同じ谷町線を使うことにしていましたが、近鉄大阪線の電車に乗るのもご無沙汰で、俊徳道駅で下車すれば今年3月のJR西のダイヤ改正で新大阪まで全線開通したJRおおさか東線に乗って帰れることが分かったのでその経路に変更しました。

Img_0637


俊徳道駅は普通(各停)しか停車しないので、ちょうど発車待ちをしていたこの「五位堂行き」に乗ることにしました。
大阪線の普通列車では「高安行き」や「河内国分行き」は見たことがありますが、五位堂行きの列車を見たのは初めてでした。
さらに、着席した車内から別の列車の車両の種別行先表示幕が動くのが見えました。
「普通大和朝倉行き」というのは初めて見ました。
それにしても、表示幕が動いて、いろいろな表示を見ていると、思わず楽しくなっちゃいます(^^♪。
ちなみにわたしの地元を走る京阪バスでは、ついこの間まで行先表示が「字幕表示式」のバスが走っていましたが、主流となったLED表示式の新車が導入され姿を消してしまいました。

Img_0645


大阪上本町から電車に揺られること8分ほどで、俊徳道駅に到着します。
近鉄の駅から少し歩いたところにあるのが、JRおおさか東線のJR俊徳道駅です。
開業から10年経過しましたが、きれいな印象を受けます。
ちなみに、JR西の駅ではじめて駅名のあたまに「JR」が付いた駅は、大和路線の「JR難波駅」(旧駅名は湊町)になります。
わたしは、まだ訪れたことがありませんが・・・(^^ゞ。

Img_0651


赤い四角で囲ったところが、JRおおさか東線で今回開業した区間になります(放出(はなてん)-新大阪間)。
新大阪駅まで開業する以前は、大阪府における難読駅名のひとつ、放出(はなてん)駅まででした。
例として京阪線からおおさか東線に乗る場合は、京橋で学研都市線(片町線)に乗り換え、四条畷・木津方面へ2駅目の放出駅で乗り換えるようになっていました。
現在は京阪の野江駅から、今回新たにできた「JR野江駅」で徒歩連絡で乗り換えることができるので、全線開業前のような手間は省けるようになりました(ただし、京阪野江駅は普通しか停車せず、自動化された車内放送でも乗換えの案内はない)。
もちろん、新幹線利用などで新大阪駅、久宝寺駅で大和路線に乗換え、奈良方面へ向かうのも、便利になりました。

Img_0653


同線の普通列車用の201系がやってきました。2018(平成30)年までは103系も運用されていました(いずれも吹田総合車両所奈良支所所属)。また、このほかに同線を経由して大和路線の奈良駅と新大阪駅を結ぶ直通快速(207系および321系を使用)も運転されています(新大阪開業以前は、奈良駅から学研都市線とJR東西線経由で尼崎駅までの運転だった)。
電車の後ろに見える鉄橋は、近鉄大阪線の俊徳道駅(名古屋・伊勢方面側)に設けられたものです。

Img_0654


わたしが乗った車両では、窓ガラスにおおさか東線全線開業記念のシールが貼られていました。

Img_0656


JR野江駅の駅名標です。次の駅は城北公園通駅です。

Img_0657


高架のホーム下にあるコンコースです。

Img_0658


JR野江駅の駅舎です。
かつては貨物線と人道が併設していた淀川橋梁(赤川鉄橋。2013(平成25)年10月で閉鎖)を渡り、京阪の野江駅の大阪側に見える鉄橋はおおさか東線の全線開業により、おおさか東線の201系や直通快速の姿も見ることができます。

Img_0667


さて、今回購入したグッズですが・・・。
ミニミニ方向幕2個セット、ピンバッジ(近鉄 ver.)、クリアファイルの3点です。

Img_0683


この中で面白いのはやはり、このミニミニ方向幕だと思います。
阪神車両は9000系(LEDタイプ)、近鉄車両は5800系(方向幕タイプ)をモデルとしています。
表示例として「区準(区間準急)大和西大寺行き(阪神)」と「快急(快速急行)三宮行き(近鉄)」にセットしたものがこちらです。
各社の実車通り、側面の列車種別は略称となっています。

Img_0685


どちらもそれぞれ25種類の表示が可能で、どちらの商品もこんな表示が収録されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

2019年3月23日 (土)

大阪天満宮へ行ってきました。(前編)

去る2日、この日は気候が良かったので少し出かけることにしました。
この時期は梅のシーズン。
京阪のHP内の京阪沿線 梅の名所で目的地を探すことに。
その結果、枚方市の山田池公園か大阪市北区の大阪天満宮のどちらかに絞り込みました。
しかし、ツイッターで阪神なんば線開業10周年記念の1日乗車券が発売されることが分かり、まずは京阪で中之島駅まで乗車して徒歩で阪神の福島駅へ向かい、購入することができました。


Img258



この乗車券(1dayチケット)は阪神全線(神戸高速線をのぞく)と近鉄奈良線が1日乗り降り自由になるというもの。

わたしは特に奈良方面へ行く機会がないままだったので、この乗車券を使っていろいろと楽しんでみたいと思っています。
なお、有効期限は今月20日~5月31日までのお好きな1日となっています。

次は大阪天満宮まで向かうため、京阪の中之島駅まで戻り、なにわ橋で下車。
時刻は正午をまわっていたので、道中のコンビニでお昼を買って近くで少し休憩。

このあと大阪天満宮に到着。
地元では「天満の天神さん」として親しまれています。
大阪天満宮へ来たのはおよそ6年ぶりだったので、少し迷いましたが・・・。
参拝後、境内の出店でぜんざいをいただきました。

そのあと少し周辺を歩いてみました。
しかし、6年前に来た時と違って境内の様子が変わった感じがしました。
そう思ったのは自分だけかもしれませんが・・・。
梅の花が見当たらないのです・・・。
デジイチを持参したのですが、しかたがないのでスマホでぶらりと歩きながら撮影することに。



P_20190302_1


すると、こんなものを見つけました。

牛の石像です。
これについて、少し調べてみました。
「学問の神様」として名高い、菅原道真(845年-903年)と深い関係があることがわかりました。
よろしければこちらのサイトをご覧ください。


Dsc_0526
境内にはもう一つの牛の像があります。
6年前に出向いた時にこれを見ているとそばにいた方が「この牛の像を触ると、身体の不調な所が良くなるよ」と聞いたのを思い出しました。


P_20190302_2



こちらは梅花殿。
1928(昭和3)年の大阪天満宮1025年大祭の記念建造物です。
1999(平成11)年7月16日には、国の登録文化財に指定されています。
この日は小学生や中学生の皆さんの書写が展示されていました。

さて、この日にここに来た目的がもうひとつありました。
それは、水墨画の奉納式が13時から催されるのです。
しかし、本殿横の掲示板には13時半からに変更されていました。
その間にもう少し歩いてみると・・・。
Dsc_0272


ありました、ありました。
梅の花が。
周りではデジイチを持った方がチラホラと。
というわけで、わたしも撮影したのでした。


Dsc_0261


梅の花にぴったりの琴の音色が流れていました。


Dsc_0286


Dsc_0334


白い花ももちろんありました。


Dsc_0282

Dsc_0281


(おそらくですが)今まで見たことのなかった種類もありました。


Dsc_0290


蜜蜂(?)が止まっているところを狙ってみました。


Dsc_0316

Dsc_0330


ボケ味を出してみるのもデジイチならでは。


Dsc_0314


ほかの方をすこし入れてみました。

この頃、思わぬサプライズが!!
「神前挙式」をされているお二人を見ることができたのです。
このような体験は、はじめてでした。

そして時刻は13時半を回り、水墨画の奉納式が始まっていたので本殿前へ向かいました。


(つづく)

**************************************

2019.3.24 追記:当ブログの記事作成画面が先日大きく変化したため、「(管理画面に)ログインできない、画像が思うように貼れない、正しく画像が表示されない、(書いた)記事を「保存」すると、意味不明のエラーメッセージが出る」など、不具合が相次ぎ、本記事を公開するまでにかなりの時間を要することとなってしまいました・・・。
「前の画面の方が良かった」と正直感じています・・・。
今後、不具合が解消されるまで記事の更新間隔が間延びする可能性があります。
読者の皆様にはしばらくご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年5月 8日 (火)

阪神尼崎駅にて(2017.3.12) -5700系ジェット・シルバーBL賞ラッピング列車を求めて。-(後編)

前編の続きです。


Dsc_7728

5000系の普通・梅田ゆき。
この5000系のヘッドライトは、原型でした。


Dsc_7730

そのあと、8000系同士の並びが。


Dsc_7734

まず、急行が到着。


Dsc_7736

急行は、先着の普通と接続。
3・4番線(阪神なんば線系統)は、近鉄車が停車中。


Dsc_7751

普通発車後、特急が停車。
ホームを観察すると、電車見物でしょうか?
親子連れを見つけました。


Dsc_7750

このあと、ようやく5700系のブルーリボン賞受賞記念ラッピング編成が到着。
この位置だったのが、少し残念(>_<)。

ほかの方が写した写真では、尼崎駅より梅田寄りにひとつ手前の大物駅で写したものを見たことがあったので、そこに行けば・・・と後悔しました。


Img_1004

こちらは、当時阪神最後の方向板車として話題になった、「ジェットカー」5311形5314号車。わたしがはじめて尼崎駅に撮影に行った2010(平成22年)に、上の写真と同じような感じになっていました(車番が隠れてしまってますが・・・)。

なお、同車は残念ながら、同年廃車されました。


Dsc_7753 Dsc_7757 Dsc_7758

悔やんでも仕方がないので、神戸三宮へ向かう姿を撮影しておきました・・・。


Img_9622

さて、こちらですが、その5700系導入と入れ替わりに廃車された、5331形です(2012年尼崎駅にて撮影)。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年4月16日 (月)

阪神尼崎駅にて(2017.3.12) -5700系ジェット・シルバーBL賞ラッピング列車を求めて。-(前編)

お待たせしました。久しぶりの更新です。

今回は、阪神が各駅停車用車両(ジェットカー)として、2015年に登場した「ジェット・シルバー」こと5700系のブルーリボン賞受賞記念ラッピング列車を見に行くべく、約3年ぶりに尼崎駅へ赴きました。

今回も前回と同様、阪神なんば線経由で下車しました。


Dsc_7673

まずは、下車したホームの4番のりば付近から。
山陽5000系の直通特急梅田ゆき。


Dsc_7687

続いて近鉄のシリーズ21、9820系。


Dsc_7691


阪神8000系の特急と並ぶ。
近鉄車の列車は、区間準急・大和西大寺ゆき。


Dsc_7696

このあと、80000系の急行が到着。


Dsc_7697

震災で6両中3両を被災してしまい、のちに編成替えされた8502号車ほか3両。


Dsc_7703

4番のりばでは、1000系の当駅どまり(列車種別不明)が到着。


Dsc_7706

6番のりばには9300系の急行・西宮ゆき。
5番のりばには5000系の普通・高速神戸ゆきがそれぞれ停車。


Dsc_7709

ここで、停車中の5000系を観察。
前面右側にCI(コーポレートアイデンティティーの略)マークの貼り付け、ヘッドライトがLED化されたところが、前回の撮影時との変化したところでしょうか。


Dsc_7710

このあと、ふたたび梅田方面の列車を撮影。
5500系の普通・梅田ゆき。


Dsc_7714

今度は、2番・3番のりばへ移動。
1000系の普通・東花園ゆきが到着。


Dsc_7717

9000系の快速急行・神戸三宮ゆき。


Dsc_7721 Dsc_7722

ふたたび山陽の5000系。
「神戸開港150年」の記念HM付き。


Dsc_7725


近鉄のL/Cカー、5800系の区間準急・大和西大寺ゆきが到着。
近鉄車はやっぱり字幕の方がわかりやすいと思います

お目当ての5700系はまだ見ていないので、もう少し粘ってみることにしました。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2014年12月24日 (水)

メリー・クリスマス(^^♪

今日(24日)は、クリスマス・イブ、そして25日はクリスマスですね。

楽しいひと時を過ごしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

それでは、まずはこちらから。

_dsc3411

_dsc3423

今月20日から運転がスタートした、京阪のきかんしゃトーマスとなかまたち 2015で、本線バージョンでは初めての抜てきとなる、8000系(8010F)です(21日に野江駅にて撮影)。

車両のラッピングですが、両先頭車とダブルデッカー(2階建て)車がフルラッピング、その他の車両は部分ラッピングですが、デザインはけっこう大胆で、お子様向け特急のイメージに変身(?)したかのような、まさに「京阪マジック」です。

遅ればせながら、なかっちょさん、この日はご一緒下さいましてありがとうございましたm(__)m。

なお、交野線バージョンは10000系(10006F)、石山坂本線バージョンは700形(701-702)がそれぞれ抜てきされ、また、京阪バスも「ダイレクトエクスプレス直Q京都号「トーマス直Q」」(H-3274)に「きかんしゃトーマス」のラッピングが施されました。

詳細は、京阪のHPをご覧ください。

続いては、わたし自身への「クリスマス・プレゼント」のお話です。

19日にわたしは、南海のなんば駅2階サービスセンターのある場所で、催された「クリスマス特別販売会」(18日~21日)に出向き、南海と子会社の阪堺のグッズを購入しました。

Img015

南海のグッズをたくさん購入したのでしょうか
関西空港のアクセス特急ラピート デビュー20周年記念のクリアファイルをプレゼントされました。

Img016

高野線「こうや花鉄道」を走る観光列車、「天空」のグッズも数点購入しました。

その中から、ひとつ紹介します。

画像の商品は、実際の列車編成に仕立てた、ユニークなデザインの2色ボールペンです。

右側が「天空」で、色は黒。
左側は2300系で、色は赤です。

Img017

Img018

続いては阪堺です。

上は、標識板のミニチュアマグネット。
今は無き、南海平野線で使用されていたものを、1種類購入しました。

下は、「鉄道コレクション」(鉄コレ)の堺トラムこと、1001形「紫おん」です。

このあと、なんば駅ホームでスマホを使い、今年9月7日~来年(2015年)8月31日まで運転されるピーチ×ラピート・ハッピーライナー(ラピートの1編成を塗り替え)や、同じく1月7日まで運転の人気戦隊もの特撮の烈車戦隊トッキュウジャーのラッピングの特急「サザン」(10000系1編成のうち、和歌山市寄り1両をラッピング)などを撮影してから、帰宅しました。

こちらについては、後日お伝えします。

翌20日は、阪急の西宮北口駅で催された「西宮北口駅・合同グッズ販売会」(阪急電鉄、阪神電気鉄道、神戸電鉄、北神急行電鉄の4社合同での開催)に出向きました。

Img020

まずは、北神急行のブースへ。

画像はピンバッジなのですが、初めて見るキャラクター、販売スタッフの方に訊いてみると、「ツイッターで情報は送っているのですが・・・」とのこと。

ふとそばを見ると、販売ブースの横には大きなポスター(看板?)がありました。

写真を撮っていらっしゃる方も見受けられました。

帰宅後、自分のツイッターのページで調べてみると、その看板の写真をアップされているのを見つけ、キャラクターの名前は、左側の女性が「北神弓子(きたがみきゅうこ)」、右側のマスコットは「ノリノリス」とのことでした。

Img019

こちらは、鳥瞰(ちょうかん)図絵師、青山大介氏が手掛けられた、北神急行の谷上車庫周辺の鳥瞰図を8枚のポストカードに描いたものです。

販売の方いわく、「この商品はおすすめですよ」とのことだったので、迷わず購入しました。

続いては、阪神のブースへ。

Img021

鉄コレ「阪神3011形3両セット」。
この商品のみ、購入しました。

Img022

そのあと、景品として頂いたのが、こちら。
販売スタッフさんいわく「メガネ拭きとして使ってください」とのことでした。

あとは、沿線の京阪なのですが、後日鉄コレ(こればっかり)「600系3両セット」および「700系2両セット」が、来年の1月17日に発売(今月27日に、くずはモール「SANZEN-HIROBA」にて先行販売あり)されます。

今回も前回の「石山坂本線600形「鉄道むすめ」ラッピング」と同様、守口の京阪百貨店にて、発売済みの商品と一緒に購入することにしています。

それでは皆様、楽しいクリスマスをお過ごしくださいませ。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2014年10月23日 (木)

4年ぶりに、阪神尼崎駅へ(2)

こちらの記事の続きになります。

「近鉄奈良線開業100周年」のラッピング電車が、今度同駅に姿を見せるのが、同駅15時8分発の快速急行神戸三宮駅行きだということを事前に聞いていたわたしは、いったん駅を出て、昼食も兼ねた休憩を取り、14時過ぎに再び同駅へ戻り、先ほどと同じホームへ上がりました。

_dsc2576

1000系と同様の塗色(近鉄乗入れ対応とするため)に変更された、9000系の直通特急が、後半のスタートとなりました。

この日は珍しく(?)、9000系は直通特急の運用に就いていました。

_dsc2579

この8249Fをもって、この日1日で、8000系の原色編成(8239F、8241F、8249F)全3編成をすべて見ることができました。

_dsc2584

こちらは、1981年~83年にかけて、当時阪神の車両で唯一の非冷房車だった、5231形を置き換える目的で製造された、5131形(および5331形)です。

同じ時期に製造された、5331形との識別点は、制御装置(電機子チョッパ)のメーカーの違い(5131形は東芝製、5331形は三菱電機製)です。

のちに、5001形とともに4両固定編成化されましたが、2009年3月20日の「阪神なんば線」開業に伴う、近鉄奈良線との相互直通運転に先立って、2006年度~2009年度にかけて、先頭車の連結器を、阪神の車両が以前より使用していたバンドン型連結器から、近鉄の車両で採用されている密着連結器へ換装はこの2形式には実施されませんでした。(このほか、武庫川線用の車両および、電動貨車、救援車、5001形のうち5002.5003号車も交換されていない(「鉄道ファン」2014年12月号(No.644号)(交友社刊)より)

_dsc2598

このシーンは、1000系が停まっている留置線の前を5500系が走り去っていくところを狙いました。

_dsc2602

_dsc2605

こちらは、近鉄車による区間準急 大和西大寺行きがホームに到着する直後に、阪神の特急梅田行きがホームに到着するシーンです。

けっこう、迫力がありました。

_dsc2615

神戸・姫路方面のホームへ目を移すと、山陽の5030系による、直通特急が停車していました。

NHKで放送されている大河ドラマ「軍師官兵衛」をイメージした、キャラクターが描かれたHMを掲出しています。

_dsc2641

そのあと到着した9000系(9201F)は、阪神の2014年現在のキャッチフレーズである「”たいせつ”がギュッと。阪神電車」のラッピングが施されていました。

_dsc2654

留置線に視線を移すと、あれ
5500系の先頭車と中間車の2両だけ・・・

でも、車内に作業員の方はいたので、何かの試験走行かと思われます。

_dsc2658

再び視線をホームへ移します。
(1)で駅名が書かれた青色の看板ですが、ホーム側には、こんなPRが。

_dsc2662
8000系の1次車(8502号車。相方の8202号車ほか3両は1995年の震災で被災し、その後廃車)と、表示器とテールライトがLED化された、8233Fが並ぶシーンを写すことができました。

_dsc2672

そのあと、近鉄車による、同駅停まりの普通を見ました。
この編成は、2+2+2の6連という「変わり種」で、しかも中間の2両は「シリーズ21」(をサンドした)という編成で少し驚きました・・・。

_dsc2687

この日の「オオトリ」は、同駅15時8分発の「快速急行 神戸三宮行き」の運用に充てられた、「奈良線開業100周年ラッピング編成」(5800系5802F)となりました。

このあと、帰路に就いたのでした。

_dsc2695

Dsc_0965

同駅15時15分発の区間準急 大和西大寺行き(上の画像)で、阪神なんば線経由で西九条駅まで乗車し、JR大阪環状線に乗り換え、京橋駅へ。京阪線に乗り換え、帰宅したのは、16時30分頃でした。

さて、わたしですが、この阪神の1000系、見たことは何度もあるのですが、乗車は今回が初めてなのでした・・・(なかなか、こちらの方に来る用事が無いのも、関連しています・・・)。

この日は(1)で述べた通り、「敬老の日」だったので、国旗が掲揚(けいよう)されていました。

祝日に車内に「国旗を掲揚する」といえば、あとは大阪市交くらいしか、見たことがないです・・・。

※おまけ画像

Dsc_1037

「ハロウィンケーキ」シリーズ(パート2)(笑)。

今回は「おばケーキ」という商品名のハロウィン向けケーキでした♪

けっこう、美味しかったです。(完)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2014年10月20日 (月)

4年ぶりに、阪神尼崎駅へ(1)

先月の15日(敬老の日)、わたしは今年4月29日に開業100周年を迎えた、近鉄奈良線などを走る、(開業時の車両デボ1形のカラーリングの)奈良線開業100周年ラッピング電車5800系5802編成)を8月の神戸電鉄に初乗車した帰路の阪神尼崎駅で見たので、「まだ撮影のチャンスはあるかも・・・?」と、左手の装具を外した日(先月8日)からタイミングを見計り、デジイチを持って、4年ぶりに阪神の尼崎駅に出向いたのでした。

この日の往路は・・・。

京阪の最寄り駅から乗車→京橋でJR大阪環状線で大阪駅へ→阪神線(梅田駅)に乗り換えるといった経路でした。

Dsc_0962

JR大阪環状線では、USJのラッピング編成の2つのうちの1つ(もう1つは「ハリー・ポッター」)のかわいいデザインの201系に乗車することができました。(スマホのカメラで撮影)

また、大阪駅へ到着する頃に、引退が決まった「トワイライト・エクスプレス」が札幌へ向かって大阪駅を後にした姿も見ることができました。

さて、阪神電車を梅田駅から乗車するのは、母と自分の弟の3人で、須磨の水族館に行くために乗車して以来なので、27年ぶりと記憶しています。

梅田から乗車した列車は、12時5分発の直通特急 姫路行き(神戸高速線・山陽電車線直通)でした。

車両は山陽の5000系でした。

梅田を発車した直通特急は、下車する尼崎駅が次の停車駅となっており、所要時間はおよそ8分です。

梅田-尼崎間には7つの駅があるのですが、その通過する駅の駅名票が読めないくらいの早さで走るという高速さです。
山陽の5000系は車内から運転台が見えないので、走行中の最高速度は残念ながら分かりませんでした…。

尼崎駅(以下、同駅)へ到着後、あらかじめ聞いておいた「ラッピング電車の同駅の到着時刻と停車するホーム」を再確認し、「なんば線」へ向かう列車が停車する3番線ホームへ向かいました。

その場所は、4年前に初めて訪問した時と同じ場所でした。

列車が来る前に、奥に見える留置線を望みました。

_dsc2508

画像右側から中央にかけて、梅田や神戸三宮へ向かう線路や、同駅折り返し列車の留置線が見えます。

電車が停めてある線路が留置線です。

その留置線には、主に近鉄奈良線-阪神なんば線尼崎駅経由-阪神線神戸三宮駅の運用に使用される、1000系が右側に見えます。

そのとなりには・・・?

_dsc2509

武庫川線で、現在の阪神の車両で唯一片開き車である、7861形・7961形とともにのんびりと余生を過ごしている、7890形・7990形(旧3801形・3901形)ではありませんか

3年前のGWに「スルッとKANSAI 3dayチケット」を使って、阪神武庫川線を乗車した車両が、この車両でした・・・。

_dsc2517

さて、ホームへ目を移すと・・・。
9300系の直通特急が姿を見せました。
この日、同形式を見たのがこの時が最初で最後でした。
この形式は、阪神の現在の最大勢力である8000系とともに、「阪神なんば線」には乗り入れない車両です。

_dsc2523

このあと、列車はひっきりなしにホームを出入りします。

しかも、阪神、山陽、それに車両の規格が異なる近鉄の3社なのです。

車両の規格統一がほぼ決まっている関西の鉄道においては、珍しいケースと言えるでしょう(まあ、阪神が「なんば線」で近鉄奈良線へ直通運転を実現させたことが、このようなケースを作るきっかけとなったと言えますね)。

さて、ホームへ入ってくるのは、8000系の中でも最末期に製造された、8245編成です。

8000系は1984年~1995年にかけて製造され、現在は6連×19編成の計118両在籍し、製造から20年を超えたものが多くなり、3編成(2014年現在)を除き、2002年からリニューアル工事を進めています。

このタイプ(8245F)は、行先表示器・ヘッドライト・テールライトがLED化、扉部にドアチャイム、扉開閉予告灯設置などがリニューアルのメニューとなっています。

今年3月に出場しました。

_dsc2531

そして、お待ちかね(^^)の「近鉄奈良線開業100周年記念ラッピング電車」が姿を見せたのでした

_dsc2532

前回は近鉄奈良線の鶴橋駅に突如現れたので、側面のデザインなどはしっかりとチェックできなかったでしたが・・・。

なかなか良い感じです。

_dsc2537

_dsc2544

_dsc2546

このあと、(上から順に)8000系の原色編成(8241F)、山陽5000系(トップナンバー「5000」ほか6連、「ジェットカー」の愛称を持つ、各停列車専用の5001形(5001F)と、奇遇にも今となっては「レアもの」や、「トップナンバー編成」など、存分に楽しめました。

_dsc2562

この「新旧2色」の8000系が並んだ写真を撮った時点で、時刻は13時前になっていたので、駅から降りて、お昼も兼ねた休憩をとることにしました。

_dsc2566

同駅の西改札を出て、中央公園の近くから見た、同駅です。

うろこ雲が秋を彩っていました。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2014年9月25日 (木)

シリーズ「2014年版 スルッとKANSAI 夏の3dayチケットを使って」3日目「神戸電鉄(神鉄)に初乗車」(4)

こちらの記事の続きになります。

前回お伝えした「ある列車」とは・・・。

Img_3678

Img_3680

しんちゃん&てつくん ミュージアムトレイン6000系で運転)なのです。

Img_3681

乗務員室に乗っているぬいぐるみや、HM、そして側面にイラストが描かれている「しんちゃん」とは、慢性的な赤字路線となってしまった粟生線活性化のシンボルキャラクターなのです。

これは、わたしも自宅に帰るまでわかりませんでした・・・(^^ゞ。

Img_3682

明るい未来に向けて、頑張る列車・・・。

そんな気持ちで、わたしはこの列車を見送ったのでした・・・。

このあと、15時21分発の三田行き(3000系)に乗車し、終点の三田駅へ向かったのでした。

Img_3684

Img_3685

ほどなくして、三田駅に到着です。

N3qq4s

「ekiSh(エキッシュ)」でもらえた、三田線完乗のバッジです。
残る有馬線と粟生線は、またの機会に・・・と考えております。

Img_3687

この三田駅は、JR福知山線(愛称:JR宝塚線)と接続しています。
なので、JR線の列車も見ることができます。
今回、たまたま目に留まったのが、こちら。

両端の黄色い車体に、かつて使われていた(と思われる?)、インバータクーラー(WAU102)が乗っかった、よく分からない車両保線用車両が置かれていました。

Img_3689

いったん、改札を出ました。

Img_3690

暗くて、分かりにくいかもしれませんが、JRの三田駅です。

時刻は15時半を廻っていました。
これから大阪まで戻るのには、およそ2時間かかるので、帰路に就くことにしたのでした。

Img_3691

再び神鉄三田駅のホームに戻りました。
1番線には、1100形のウッディタウン中央行き(横山駅経由、公園都市線)の列車が発車待ちをしていました。

Img_3692

さて、この日の最後に乗車する、新開地行きの3000系。
先ほどこの駅まで乗車し、新開地駅で最初に見た、あの3015編成でした。

帰路ですが、この新開地行きで新開地駅まで乗らず、北神急行の乗り換え駅である谷上(たにがみ)駅まで乗車します。

Img_3698

車内は、汚れた外観とは裏腹に(?)、とてもきれいでした。

Img_3696

発車前に運転台も見ることができました。

Img_3699

車内で見つけた広告枠に、前述した粟生線にまつわるイベントのPR広告を見つけました。

15時38分、三田駅をあとにし、谷上駅へ向かいます。

Dsc_0937

乗車することおよそ30分ほどで、谷上駅に到着です。
左隣りのホームには、すでに北神急行線の列車(西神中央行き。神戸市交1000形)が発車待ちをしていたので、スマホでこの装飾を撮影する時間しかありませんでした。

北神急行線は、谷上-三宮間をトンネルの中をひた走り、三宮までの所要時間が10分という、早くて便利な路線です。

この北神急行線は、神戸市交と相互直通運転をしているので、神戸市交の車両にも乗れるのです。

このあと、昨年(2013年)に大規模な改装工事が完了した、阪神の神戸三宮駅を見たかったので、帰路は阪神線で梅田まで乗車することとしたのでした。

3年ぶりに乗車した阪神線(神戸三宮(今年(2014年)4月に、阪急と共に駅名を改称)-梅田間)は、16時31分発の直通特急に乗車しました。

以前、「阪神の電車は高速で飛ばす」ということを聞いていましたが、その通り、本当に早かったです。

ちなみにこの日は、甲子園球場で試合があった日で、神戸三宮-甲子園間の車内は、さながらラッシュ時と見紛うほどでした。

乗車すること30分ほどで、梅田駅に到着です。

Img_3700

乗車したのは、この山陽の5000系でした。

Img_3703

Img_3704

Img_3705

電車のHMやPRステッカーを撮影後、大阪市交御堂筋線で淀屋橋へ→京阪線に乗り換え、最寄り駅に到着したのが、18時前でした。

この日は、本当にいろいろな路線に乗車でき、またいろいろな体験が出来て、有意義に過ごせました。(完)

web拍手 by FC2

2012年4月30日 (月)

今日の日記【67】今日は阪神全線完乗♪

 皆様、こんばんは。



 今日(30日)、私は「スルッとKANSAI 3dayチケット」(以下、同チケットと呼称)を利用して、阪神電気鉄道(以下、阪神と呼称)全線(阪神本線、武庫川線、阪神なんば線)を完乗してから、京阪の「ミテ・キテ ミュージアム」の7000系7001Fを撮影してきました。



画像




 「阪神なんば線」は、近鉄の大阪難波駅から乗車しました。そして同線の終点、尼崎駅でいったん下車しました。



画像




 この後、乗車する列車を間違えてしまいながらも、どうにか武庫川線も乗車してきました。



画像




 阪神は尼崎まで乗車したのが約2年ぶり、阪神なんば線は開業から3年目、この元町まで乗車したのが、かすかな記憶では、小学生の遠足の時以来となります。



画像




 三宮駅のホーム構内も見てきました。ご覧のように、2013年の完成を目指して現在改良工事中でした。



画像




 阪神梅田駅までは、初めて9300系に乗車できました。



 この後、大阪市交御堂筋線、京阪本線、中之島線を経由して、中之島駅まで移動しました。



画像




 目的はこのHMが掲出された7000系7001Fを撮影するためでした(この写真の撮影は京橋にて)。



 帰路の京阪線で、地上に出てから雨が降っていましたが、傘などを持参していたため、無事帰宅できました。



 こうして今日は自分にとって、充実した1日でした。(^^)



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2012年1月 8日 (日)

阪神三宮駅 アーチ状の梁よみがえる

 阪神三宮駅で、改修工事に伴い、1933年の開業当時のアーチ状の梁(はり)が姿を現しました。



 阪神は、戦災や1995年の阪神淡路大震災を乗り越えた梁を駅舎の一部に活用しレトロな雰囲気を演出しています。

 

 梁はホームの約5m上で線路をまたいで架かっており、長さは約8mです。1970年頃、梁の下面に空調の配管を設置した際、併せて天井を張ったため、アーチ部分が隠れてしまいました。



 改修工事は2007年に着手しました。東側に改札口を新設し、ホームを拡張するなど、2013年の全面完成を目指すとのことです。



 2011年5~7月、ホーム中央約70mで天井を剥がすと、梁63本が連なる往時の空間がよみがえりました。



 阪神は今回の“発見”に63本のうち27本はホームから見渡せるよう計画しているそうです。



 この梁は、モダンな街の地下を支える優美な意匠を後世に伝えていくことでしょう。



 私は、阪神の三宮では下車した事がないので、完成の暁(あかつき)には、ぜひともお目にかかりたいと思いました。



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 阪急電鉄 近畿日本鉄道 南海電鉄 南海高野線 こうや花鉄道 阪神電気鉄道 阪堺電気軌道 えいでん(叡山電鉄) JR JR貨物 嵐電(京福電気鉄道) 嵯峨野観光鉄道 大阪市交通局 Osaka Metro(大阪市高速電気軌道) 泉北高速鉄道 神戸電鉄 能勢電鉄 北急(北大阪急行) 和歌山電鐵 大阪モノレール 山陽電気鉄道 北神急行電鉄 京都市交通局 地下鉄 モノレール ケーブルカー・ロープウエイ ローカル私鉄 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 鉄道模型 MY PHOTO 過去の撮影記録から 交通科学博物館 京都鉄道博物館 梅小路蒸気機関車館 リニア・鉄道館 鉄道博物館、施設 SL 新幹線 国鉄型車両 鉄道の話題 イベント 鉄道グッズ・部品 鉄道関連書籍 鉄道DVD 花と鉄道 博物館・美術館・展覧会めぐり 鉄道景観 ブルーリボン賞・ローレル賞 ご挨拶 お出かけ、散策 お知らせ お店訪問 グルメ スイーツ ネイチャー(自然) イルミネーション 神社・仏閣 バス 景観 旅行 日記 風景 風景写真 建築物 工事中現場の様子 空港 飛行機 PHOTO カメラ アート クッキング PC 写真加工 ekiSh TV テレビ観戦 動画(YouTube) アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 スポーツ 日記・コラム・つぶやき

貸切電車として走る阪堺モ161形161号車

当ブログへようこそ!!

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ