サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

このブログとの関連リンク

最近のトラックバック

鉄道コム

  • 鉄道コム

お天気娘の天気予報

阪急電鉄

2019年1月 6日 (日)

祝!阪急電鉄8000系デビュー30周年!!

今年(2019)年は、阪急電鉄の神戸線・宝塚線用8000系、京都線用8300系がデビューして30年を迎えます。
8000系は今から30年前の1989(昭和64)年1月1日に8000編成(8両編成)が阪急の新しい仲間8000系のヘッドマークを掲出し、宝塚線の初詣臨時特急で華々しくデビューを飾りました。


Img020

先日発行された「鉄道ピクトリアル」2018年10月号の特集では、その8000系・8300系(以下、8000シリーズ)を採り上げています。

8000シリーズには、神戸・宝塚線用8000系、京都線用8300系、神戸線ラッシュ時混雑対策のための増結車8200系、日生エクスプレス用増結車の8040形(当時)などの形式別や製造年ごとの前面形状のバリエーションなど、様々な変化があります。

さて、わたしが過去に撮影した阪急電車の写真を探してみると、8000シリーズの写真がいろいろ見つかりました。
今回はそれらの中から紹介したいと思います。
なお、写真の並びは撮影日順でなく、編成(古い)順とし、撮影日などは別途記載しています。
あと、必然的に京都線用の8300系が多くなっていることを予めご了承ください。


Img_3515

まずは8000系から。

8001編成(塚口 2011.5.21)
1989(平成元)年3月に6両編成で今津(北)線で運転を開始。その後8両編成となり神戸線で運用されるようになりました。
この8001編成など初期に製造されたグループは、登場時(8300系も含む)には前面窓の下に白帯(反射板)がありましたがのちに撤去されました。


Img_4888

8003編成(三宮(現・神戸三宮) 2011.10.8)
1990(平成2)年に登場したクロスシート車を連結した編成です。神戸線に配置。
写真は「額縁」の改造に伴い前面の車番が車掌台側の窓下に移設された姿です。
その結果、ヘッドマークを掲出しても車番が隠れないようになりました。


Img_4602

8008編成(西宮北口 2011.10.8)
1991(平成3)年に登場。
1995(平成7)年に阪神淡路大震災が発生し、被災車両の取替用パンタグラフを供出するため、翌1996(平成8)年3月にパンタグラフがシングルアーム式に換装されました。また、クーラーの改良でカバーも新しくなり、「額縁タイプ」では異色のスタイルとなっています。


_dsc3442

宝塚線用8000系(編成名不明)(梅田 2014.12.21)
こちらはHMに隠れて車番が分かりませんが、「額縁タイプ」の初期製造編成と思われます。


Img_5232

続いて京都線用の8300系です。

8300編成(南茨木 2011.11.8)
1989年5月に登場し、同年7月より営業運転を開始した京都線用8300系の第1編成です。
例の「額縁スタイル」に諸問題が発生したことに際して、前面窓下部分の厚みを高くして額縁部分の段差を小さくした形態となりました。


Img_5256

車番は分かりませんが、上写真の8300編成と同じスタイルと思われる編成が嵐山線直通臨時列車「ほづ」に活躍。
(南茨木 2011.11.20)


_dsc8101

8330+8310編成(摂津市 2013.10.14)


Img_2726

嵐山(2011.4.10)
1990年度増備の8300系は2両+6両の8両編成となり、分割して6両編成単独でも可能な編成となりました。


_dsc8110

8312編成(摂津市 2013.10.14)
1991年に登場した6両編成。現在は8331編成と連結した8両編成を組んで運用されています。




Img_5735

8331編成(南茨木 2011.12.30)
1992年に2両編成単独で製造された編成。
通常は8312編成(上写真)と8両編成を組んで運用されています。


Img_5696

8332+8313編成(南茨木 2011.12.30)


Img_5241

行楽シーズンに運転される、嵐山線直通臨時列車「さがの」に活躍する同編成。
(南茨木 2011.11.20)


Dsc_3912

春の阪急レールウェイフェスティバル2015にて(正雀工場 2015.5.17)
1993年に8303編成に続いて2+6の8両編成で登場しました。
同編成は、2015(平成17)年1月から京都線の沿線PRラッピング列車「古都」(同年3月に愛称決定)として2017年11月まで運転されました。
また、ヘッドライトのLED化は2015年度から開始され、8000・8200・8300系では全編成の施工が完了しました。


Img_2630

8333+8314編成(嵐山 2011.4.10)
2+6の8両編成として1994年に製造。
はっきりとした記憶はないのですが、行楽期の嵐山線の線内運用と思われます。

Img_8488

8304編成(河原町 2012.4.1)
1994年に製造された編成。
この編成から前面の窓をさらに下へ拡大し、車番も窓内に入り電照式となりました。
登場当時は8両編成でしたが、のちに中間車2両を8315編成に供出して6両編成となりました。通常、8両編成で運用される場合は7000系の2両編成と連結されます。
写真は嵐山線直通臨時列車「さがの」の運用に就く同編成です。

※おまけ画像


Img_4603

わたしが撮影したものには、こんなものもありました。
8200系の正面を模したデザインに、今では想い出となった今津線が舞台となった映画「阪急電車 片道15分の奇跡」のHMがついた、記念撮影用パネルです。

おそらく、西宮北口駅のイベントでの一コマだと思われます。(撮影日:2011.10.8)

以上、京都線用8300系を中心に8000系のいろいろな編成を概観してきました。

こうしてまとめてみると、その時は何となしに写していた車両が何かしらの変化などに気づいたり、新たな発見が出来たりと、写した車両に対して再認識するきっかけが出来たと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年7月17日 (火)

この日見た、阪急電車のHM3種。

去る6月23日、阪急の西宮北口駅のカリヨン広場前において、グッズ販売会が開かれました。

わたしも何となしに足を運びました。
販売品は阪急のHPで事前に発表されていたので、購入するものはあらかじめ決めておいたのですが、気がついたらいつもの癖で衝動買い・・・(>_<)。

そんなわけで、今回は移動中に見ることのできた、そのころ阪急各線の車両に掲出されていたHM(一部ラッピング電車)を紹介します。


P_20180623_1

まずは、西宮北口駅で見た、神戸線に新たに登場したラッピング電車「爽風(かぜ)」(1000系1002編成)。
なお、宝塚線では「宝夢(ゆめ)」(1000系1001編成)、京都線では「古都(こと)」(1300系1301編成)がそれぞれ運転されています。


P_20180623_2

これはどの駅で見たのか忘れてしまいましたが、「宝塚線7月7日ダイヤ改正」のPRHMです(1000系1003編成に掲出)。


P_20180623_3

これは、帰路の京都線の下車駅で撮影できた、「大阪万博2025年誘致PR」のHMです。
蛇足ですが、帰路の西宮北口駅で梅田ゆき特急に乗車した際に、各停梅田ゆきの車両を見ると、話題の1000系1011編成(神戸寄りの先頭車の車番がゾロ目の「1111」)で、しかもこちらも話題の「スヌーピー」のラッピング電車だったので写そうと思ったのですが、乗車した特急でないと、下車駅と接続するバスに間に合わなくなるので、泣く泣くあきらめました

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年9月21日 (木)

梅田の阪急百貨店で開催された「鉄道模型フェスティバル 2017」に参加しました。(後編)

こちらの記事の続きになります。

順序が逆になりましたが、会場に着いてからまず、グッズ・部品販売コーナーで商品の購入をしました(くわしくは、後ほど紹介)。

そのあと、販売コーナー正面にあるジオラマ(レイアウト)の展示を見つけ、見物しました。
振り返ってみると、これだけで良かったかも・・・と思っているのですが

では、展示されていたジオラマをいくつか紹介します。


P_20170815_141142_vhdr_auto

これは、メルクリンという海外の鉄道模型メーカーの「トータルセット」とも言うべきものなのでしょうか?

車両、レール、コントローラー(メーターのようなもの)が一式入っています。
以下、メルクリン製のものです。


P_20170815_141214_vhdr_auto

このセットのレール配置はスタンダードな小判型。
風景もメルヘンチック(#^.^#)。


P_20170815_141156_vhdr_auto

こちらはアタッシュケースに入った、雪景色を彩ったレイアウト。
結構、いい値段


P_20170815_141230_vhdr_auto

こちらも同じくメルクリンのレイアウト。
見ているだけでも楽しい(^^♪。
でも価格は・・・べらぼうに高い


P_20170815_141009_vhdr_auto

さて、今度は日本の風景をテーマにしたジオラマです。
これは、「人生の楽園」というドキュメンタリー番組で発表されたもの。


P_20170815_141339_vhdr_auto

こちらは、昭和の風景のようなジオラマ。
こんな感じのサイズとテーマなら自分でも作れそうかな?と思いました。


P_20170815_141412_vhdr_auto

こちらは小規模の機関区でしょうか。
小物などの配置具合もなかなかグー

ここからは、今回購入した鉄道グッズなどを紹介します。


Img232

今回購入した部品は、近鉄特急のスタフ。

内容は、京都連絡(橿原神宮前駅にて連絡)の吉野特急(南大阪線・吉野線経由)です。
(画像が上り列車(吉野行き)、裏側は下り列車(あべの橋(現・大阪阿部野橋)ゆき)となっている)


Img233
これは2016年に運転された、日本旅行の企画ツアー「サロンカーあかつきで行く長崎」(列車は「サロンカーなにわ」を使用)の乗車記念品のマウスパッドです。

パッドの写真は、20系客車使用の「臨時あかつき」です。調べてみると1980年代後半、GW、お盆、年末年始などに運転されていた「あかつき81・82号」だということが分かりました。

余談ですが、わたしが20系客車をこの目で見たのは、今から20年以上前、東海道線で通勤した時に見た「ホリデーパル」色の列車が最初で最後でした・・・。


Img234

最後に紹介するのは、こちら。
子供向けの本、「すきすきはんきゅうでんしゃ2017」です。

イベントのチラシに記載されていて、興味を持ちました。
最初は「絵本かな?」と思ったら、大間違い。


れっきとした「阪急電車の写真図鑑」なのです!!

阪急の各路線(神戸、宝塚、京都)別に「○○線の電車」と題して、形式の新しい順(神宝線は1000系、京都線は1300系)に各形式が、大きな写真と大人でも分かりやすい解説で紹介されていて、とても感心しました。

ちなみに1000系の第12編成目は、ゾロ目(1111号車)の車両が先頭を務めていることで、何かと話題になっているとのこと。

わたしも一度「お目にかかりたい」と思っています。

この本を見ながら、梅田駅などで親子で「電車見物」をするのもいいものではないかと思いました。

以上で、今回のレポートを終わります。

※おまけ画像


P_20170824_211226_vhdr_auto
「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン」にあわせて2016年4月より運行開始した、キハ47形による観光列車「みまさかノスタルジー」。

今年、トレインボックス(JR西日本商事)より限定発売された、そのNゲージ模型を購入しました。
左に見えるのは、特典のトートバックです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年9月 6日 (水)

梅田の阪急百貨店で開催された「鉄道模型フェスティバル 2017」に参加しました。(前編)

Img229

お盆休み中の先月15日、この日が最終日となる、梅田の阪急百貨店で開催中の「鉄道模型フェスティバル2017」を見に行ってきました。

今回は午後から出向きましたが、すごい人だかりでゆっくり見て回ることは困難でした・・・(>_<)。

なので、自分が気に入ったところだけを少し時間をおいて見物し、あとはササっと見て回るだけにしました。


P_20170815_142549_vhdr_auto

まずは、TOMIXの新製品ブースを見てから、ジオラマを見てきました。

ドクターイエローが鉄橋を横切ります。


P_20170815_142601_vhdr_auto

少し分かりにくいですが、SL列車が通過するところを見られました。
模型ですが実車同様に動輪と連結棒が動くのですから、正直驚きました。


P_20170815_142621_vhdr_auto

奥のホームには1両のディーゼルカーがちょこんと停車しています。

建物類も、「ジオコレ」製品などを含め、すべて同社の製品を使用しているのには、あらためて感心しました。

ちなみに、この画像右下の緑色の屋根の建物(アミューズメントショップ)は、別売の乾電池を挿入すると、電飾がピカピカ光るというものです。
この商品の姉妹品には、「パチンコ店」があります。


P_20170815_142637_vhdr_auto

視線をすこし右へ向けると、タンク貨車の貨物列車が通り過ぎていきました。


P_20170815_142740_vhdr_auto

次は阪急電鉄のブースへ。
これは、日本一のターミナル駅である梅田駅を再現したもの。

とても精巧な作りだと思いました。


P_20170815_143026_vhdr_auto


こちらは、歴代の阪急電車の模型などを展示したもの。
今はもう見ることができない運行標識板のミニチュアも多数展示されていました。


P_20170815_143418_vhdr_auto

こちらは、今では鉄道模型ファンご用達のアイテムとなった、阪急の「鉄道模型コレクション」(鉄コレ)を展示したもの。

このほか、今回の展示の主役は「阪急京都線」ということで、各駅の今昔写真なども展示されていました。
これもゆっくり見ていきたかったのですが、写真だけ撮ってパス・・・


P_20170815_143609_vhdr_auto

というわけで、今度は今回の大きな出し物である、阪急京都線を再現したジオラマを見に行きました。

こちらでも標識板を展示。
ちなみにわたしは中央の「快速」は、今から約20年前にみたことがあります。


P_20170815_143750_vhdr_auto

ここでまず結果からですが、チラシに掲載されていた水無瀬駅のジオラマはどこにあるのか分からず、見ずじまいに終わってしまいました・・・

さて、最初に目に入ったのがこちら。
なぜか山陽の須磨浦公園駅のジオラマでした。

阪急と阪神の車両がすれ違っていくのが見れました。


P_20170815_143819_vhdr_auto

続いて、わたしの親戚の住んでいる大山崎駅。
JRの車両を横目に京都線のラッピング車「古都」が走り去ってゆきました。


P_20170815_143931_vhdr_auto P_20170815_143943_vhdr_auto

この駅は駅名の表示はないですが、左側に見える、地下鉄御堂筋線の高架の駅(西中島南方駅)が設置されているところからすると、南方駅ではないかと思われます。


P_20170815_144059_vhdr_auto

ところ変わってメルヘンチックなこの光景は、海外の車両が走るHOゲージ(1/80スケール)のジオラマです(#^.^#)。


P_20170815_144107_vhdr_auto

角度を変えて、もう1枚

このあと、HOゲージの豪華寝台列車や「Nゲージ 関西を彩った寝台列車たち」と題した展示(ここもすごい人だかりだったので、写真を写しただけ・・・)を見て、会場をあとにしました。

(後編につづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年3月 5日 (日)

阪急北千里駅の記念イベントに行ってきました。

今月4日、5日の2日間、阪急千里線の北千里駅にて「自動改札機実用化、南千里-北千里間延伸開業50年」の記念イベントが催されていました。

わたしは4日に出向いてきました。

このイベントは1967(昭和42)年3月1日、千里線の南千里-北千里間の開業において、北千里駅では世界初の自動改札機を採用し、今年(2017年)の3月に50周年を迎えることができた記念として開催されました。


20170304_1

イベント会場となった、北千里駅改札口の上には記念のメッセージプレートが掲げられていました。

この日の会場(駅構内の改札内、一部改札外)では、北千里駅開業当時の改札口や自動改札機などが紹介された写真パネルの展示、開業当時の動画放映、当日に配布された記念磁気きっぷによる改札機の通過体験などが行われました。

50周年に相応しい内容で、満足したひとときを過ごすことができました。

※おまけ画像


20170304_2


20170304_3

この日は久しぶりに大阪モノレールを利用しました。

移動中の車内から、「太陽の塔」が誇らしい万博記念公園や、大阪貨物ターミナル(その向こうには新幹線の車両基地)を見ることができました(^^)。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年12月25日 (日)

阪急「スヌーピーのスタンプラリー」に参加しました。(後編)

こちらの記事の続きになります。


20161211_131718

宝塚駅のスタンプを押した後、このような掲示物を見つけました。
観光シーズンには各方面から嵐山駅へ向かうアクセスする列車がラインナップされて、快適になっています。


20161211_131901

20161211_131915

同駅の別の場所では、阪急のHMでおなじみの「西国七福神」の石像を見つけました。
ググってみると、宝塚線沿線にある7つの神社仏閣にまつわるものだそうです。


20161211_132223
ふたたびホームへ。
今度は西宮北口駅のスタンプを押すべく、今津線の電車に乗車。

乗車中にすれ違ったほかの電車にHMが


20161211_134119

とりあえず、上の電車(3000系)に乗って、西宮北口駅へ。


20161211_135017

同駅で少し休憩をとり、次に到着した列車を待ってみました。


20161211_135131

今津線の仁川(にがわ)駅が最寄り駅である、阪神競馬場で開催される2つのG1レースをPRするHMでした。
両先頭車でHMのカラーなどが異なっています。

そして、掲出されたこの電車は、神戸線を走る5000系。


20161211_135213

20161211_135317

詳しいことは分かりませんが、神戸線では8両編成で運転されるのに対し、今津線を走る電車は6両編成。
同系の1編成を6両にばらしたもののようです。


20161211_143647

スタンプを押した後、ゴールポイントがある梅田駅へ。
やはり、梅田駅は本当に完成度の高いターミナル駅だと感じました


Img219 Img035


ここでスタンプラリーの用紙(左)を。
各スタンプラリー駅のデザインは、1950年代~90年代のスヌーピーとチャーリーブラウン(男の子のキャラクター)をテーマとしたもの。

「それぞれの年代の描写は、こんな感じだったのか」とあらためて感心しました。
右はゴール駅で受け取った、かわいらしいマグネットボード(非売品)です。
ちなみに、黄色い鳥のようなキャラクターはウッドストックといいます。


20161211_152243
このあと、帰路につきました。
京都線の各停高槻市行きに乗車して茨木市駅で下車し、往路と同じバスに乗りました。

約5時間あまりの「ゆったりとした鉄道旅」でした(^^)。
(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年12月20日 (火)

阪急「スヌーピーのスタンプラリー」に参加しました。(前編)

11日、わたしは阪急が12月25日まで開催されているイベント、「スヌーピーのスタンプラリー」に参加しました。


Img218



Img220

上の画像がスタンプラリーの台紙、下がこの日に購入した「1日乗車券」です。
これを使えば、いわゆる「元が取れる」というものです

ちなみにスタンプ設置駅は、京都線の河原町、神戸線の西宮北口、宝塚線の宝塚、豊中の以上4駅です。


20161211_102218

今回は自宅近くのバス停から同駅に行けるバスに乗車して、京都線の茨木市駅からスタート。


20161211_105805

まずは、河原町ゆきの特急に乗車して、終点でスタンプ設置駅の河原町駅へ。
乗車した特急ですが、やはり観光客が多いのか、満員電車なみの混雑でした・・・


20161211_110120

20161211_110136

ふと向かいのホームを見ると、ラッピング電車「古都」を見ることができました。
乗車したかったのですが、スタンプラリーに向かわないといけないので、「見るだけ」しておきました・・・。


20161211_110627

河原町駅のスタンプラリーポイントは、ここでした。

このあと、時間にゆとりがあったので、準急に乗車しました。

20161211_112602

嵐山線の乗換駅である桂駅。
河原町方面の準急が、最新車両の1300系のトップナンバー編成でした。
(電車の車内から撮影)


20161211_121424

20161211_122449

十三(じゅうそう)駅で、宝塚線に乗り換えました。
宝塚線の豊中駅、宝塚駅にスタンプが設置されているからです。


20161211_123851

20161211_123903

急行でもよかったのですが、座れる方が楽なので各停に乗車しました。

まずは豊中駅。
この駅で下車してスタンプを押印しました。


20161211_1248130

20161211_130216

ふたたび各停に乗車して、雲雀丘花屋敷(ひばりがおかはなやしき)駅へ。
この駅で宝塚ゆきの急行に乗り換えます。


20161211_131409

今回は以前何度か見たことがあるのですが、乗車したことがなかった最新車両の1000系に乗ることができました

列車を見送ったあと、スタンプを押印してきました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年10月24日 (月)

3連休の過ごし方【2】手塚治虫記念館へ(3)+α

こちらの記事の続きになります。

「ウルトラマン」の特設イベントを見終わったあと、もう少し館内をめぐってみました。


20161009_140038

ここは「塗り絵コーナー」。
子ども達が楽しんでいました。

ちなみに、昨今は塗り絵が大人から子供までブームになっているとか・・・。

この近くに手塚治虫さんが描いた漫画本が並んでいるコーナーがありました。

わたしも少しだけ読んでみることに。

「鉄腕アトム」、「リボンの騎士」、「ジャングル大帝」、「ブラックジャック」。

以上の作品を少しずつ拝見しました。
ちなみに、ここに展示されている本は、ほとんどの作品(?)が初版とのことです。

実はまだ、お昼をとっていないので、あとは気になったコーナーをササッと見てゆきました。


20161009_143738

エレベーターのドアにも手塚さんの作品が。


20161009_144013

その近くには「鉄腕アトム」のオブジェが。
「鉄腕アトム」のOPソング♪をふと思い出していました


20161009_144108

こちらは「アニメ工房」。
コンピューターを使って簡単にアニメを作る体験ができます。

今回は時間の都合でここから見るだけに。
次回訪問の際に立ち寄ろうと思いました。


20161009_140309


20161009_144340

いろいろな場所に手塚さんが描かれたキャラクターが満載


20161023_172156

せっかくなので、記念品を購入。
今回は「火の鳥」が描かれたキーホルダーにしました。

このあと、近所のファストフード店で昼食をとり、帰路につきました。


20161009_160611

帰路に乗車した急行も奇遇(きぐう)なことに、「のせでん」ロゴの6000系でした。

ちなみにこの日は、手塚作品のキャラが描かれたラッピング電車「宝夢(YUME)」は運用に入っていませんでした。


20161011_112555

20161011_114435

時は下って、11日。

守口の京阪百貨店で開催されていた「手塚治虫版画展」と、手塚さんの長女である手塚るみ子さんの作品展を見てきました。

展示作品は撮影禁止でした。
なので、感想を少々。

一言でいえばやはり「素晴らしい作品ばかり」でした。
ちなみに各作品の下に金額(おそらく購入価格?)が記載されていましたが、自分から見たら、とてつもない金額でした

なので、記念グッズをいくつか購入しました。


20161024_061148 20161024_061442


その中のひとつ。
鉄腕アトムがデザインされた、3Dバッジ。

この画像のように角度を変えると、デザインが変わるというものです(右の画像の電卓は、角度を変えることに使用するために使ったので、気にしないでください。(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。


にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年10月17日 (月)

3連休の過ごし方【2】手塚治虫記念館へ(1)

10月の3連休の2日目の9日は、先日の阪急宝塚線のイベントに参加していて見つけた「ウルトラマン放送開始50年の歩み」というイベントが阪急宝塚駅の近くにある手塚治虫記念館(以下、同館)で開催されているとのことで、同館へ赴いてきました。


20161009_124725

20161009_124930

今回往路にて梅田駅から乗車したのは、2014年8月1日に能勢電鉄(のせでん)が阪急電鉄より譲り受けた6000系(6002ほか8連)です(阪急のロゴではなくのせでんのロゴに変更されている)。

宝塚駅から同館まで少し距離があるので、ぶらりと歩いてみました。


20161009_131040

阪急東宝グループ(現・阪急阪神東宝グループ)の創業者である小林一三の石碑を見つけました。


20161009_131537

さらに少し歩くと、同館が見えてきました。


20161009_131958

入口付近には、手塚治虫さんの代表作のひとつ「火の鳥」のモニュメントが飾られています。

ちなみにこの「火の鳥」ですが、自分が幼少期の頃、京阪の光善寺駅-枚方公園駅の国道1号線の近くに以前あった三洋電器(現・パナソニック)の何かの建物で、この「火の鳥」の絵皿をもらったという、おぼろげな記憶があります。


20161009_131916

話が少し脱線しましたが、本題に戻ります。

同館前に「ウルトラマン」のイベント開催のポスターが掲示されています。
ちなみに、このイベントは今月の24日まで開催されています。

イベントの詳細はこちら。

http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/tezuka/4000020/4000134.html


20161009_132107

同館へ入館しました。
こちらも代表的のひとつ、「鉄腕アトム」や・・・。


20161009_132114

「リボンの騎士」の主人公、サファイアのモニュメントがお出迎え。



20161009_132149

このような掲示物も見受けられました。


20161009_132122

その近くには、「ウルトラマン」のモニュメントも。
「いやぁ。どれも懐かしい・・・」。
わたしが子供の頃、テレビで見て夢中になっていました・・・


20161009_132408

まずは「漫画界の神様」と称えられる、手塚治虫さんの足跡を見てきました。
(つづく)

※おまけ画像


20161009_213945

これは、去年参加した阪急の春のイベントで景品として受け取ったものです。

何に使うものなのか分からなかったのですが、この日の往路は列車の最前部に乗っていて、運転手さんが到着した駅を過ぎたあとに、セットされている「スタフ」にこの棒を下に下げていくことが分かり、疑問が解決できたのでした(^^)。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年9月13日 (火)

阪急宝塚線のスタンプラリーに参加しました。(後編)

こちらの記事の続きになります。


Img_20160807_123823

次に向かったのは、川西エリアの多田神社です。

川西能勢口駅で能勢電鉄(のせでん)に乗り換えます。


Img_20160807_124025

1700系(元阪急の2000系。ヘッドライトがLED化)の4両編成。
これに乗車しました。

しばらく車内を見渡すと、「1500系引退記念」のスルッとKANSAIカードの販売の広告が目に留まり、発売場所の平野駅で下車しました。

改札で1dayチケットを通すと、ブザー音が
駅員さんにたずねると「きっぷを購入してください」とのこと。
「のせでんは、阪急の系列会社」だと、単純に考えていた自分がバカでした・・・。


Img211

このカードを購入しました。

この電車(1500系/元阪急2100系)が引退したのは、後日購入した雑誌の記事で知りました・・・。



Img_20160807_132059

さて、きっぷをあらためて購入し、多田駅に到着です。

念のため、帰路のきっぷを購入しておいて、スタンプ設置場所の多田神社へ向かったのはよかったのですが、スマホのグーグルマップを見ても場所が分からず、かなり歩いてようやく到着しました。

ここで、また道に迷ってしまい(多田駅までの経路を度忘れしてしまった・・・)、神社の受付の方にその旨を伝えたところ、「近くのバス停から(阪急の)川西(能勢口)に行けますよ」とのこと。

しかし、このあとで最悪の事態に・・・

バス停が見えた時にバスが到着。
急いで向かいましたが間に合わず・・・

そのバスは14時発で、次のバスはおよそ50分後でした。

「それなら歩いた方が絶対早い
そう心の中でつぶやきつつ、大きな道路を炎天下のなか、のせでんの駅が見えるまで、ひたすら歩き続けるはめに・・・。

幸い、ペットボトルが手元にあって、水分補給ができたのが、運のつきでした。

どれだけ歩いたのかは、忘れましたが、ようやくのせでんの駅が見えました。
そこは、多田駅より川西能勢口方面よりひとつ手前の駅、鼓滝(なるたき)(つつみがたき)駅でした・・・。

この駅でふたたびきっぷを買うはめに・・・。
「あ~あ。今日はほんとについてない・・・

このあと、川西能勢口行きの電車に乗り、阪急の同駅まで移動し、パンフを見て・・・「しまった、(ひとつ手前の)池田駅を忘れてたー

しぶしぶ、池田駅に向かい、近くにある観光案内所でスタンプを押しました。

残るは、宝塚駅のみ。


Img_20160807_154504

Img_20160807_154802


空腹をガマンして、宝塚駅へ到着です。

この段階で16時をまわっていたので、近くのファストフード店で遅めの昼食をとり、そのあと宝塚大劇場でスタンプを押しました。


Img_20160807_160714

最後は手塚治虫記念館でスタンプ押印。
ここへは自分の記憶では、5年前に訪問したことを、ふと思い出しました。


Img209

このあと、宝塚駅から梅田行きの急行に乗車して、Wチャンス賞の応募はがきを梅田駅で受け取り、帰路へつきました。


001

各スタンプ場所で受け取った、手塚治虫さんが描かれた作品がデザインされた、ポストカードです。


Shealth_19_55_06_458

この日の歩数は、30000歩超えていました。
(自分のスマホアプリより)
「それにしても、よくこんなに歩いたものだ・・・」と正直、そう思いました。(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

京阪電気鉄道 阪急電鉄 近畿日本鉄道 南海電鉄 南海高野線 こうや花鉄道 阪神電気鉄道 阪堺電気軌道 えいでん(叡山電鉄) JR JR貨物 嵐電(京福電気鉄道) 嵯峨野観光鉄道 大阪市交通局 Osaka Metro(大阪市高速電気軌道) 泉北高速鉄道 神戸電鉄 能勢電鉄 北急(北大阪急行) 和歌山電鐵 大阪モノレール 山陽電気鉄道 北神急行電鉄 京都市交通局 地下鉄 モノレール ケーブルカー・ロープウエイ ローカル私鉄 「自分なりのNゲージ鉄道模型」 「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」 鉄道模型 MY PHOTO 過去の撮影記録から 交通科学博物館 京都鉄道博物館 梅小路蒸気機関車館 リニア・鉄道館 鉄道博物館、施設 SL 新幹線 国鉄型車両 鉄道の話題 イベント 鉄道グッズ・部品 鉄道関連書籍 鉄道DVD 花と鉄道 博物館・美術館・展覧会めぐり 鉄道景観 ブルーリボン賞・ローレル賞 ご挨拶 お出かけ、散策 お知らせ お店訪問 グルメ スイーツ ネイチャー(自然) イルミネーション 神社・仏閣 バス 景観 旅行 日記 風景 風景写真 建築物 工事中現場の様子 空港 飛行機 PHOTO カメラ アート クッキング PC 写真加工 ekiSh TV テレビ観戦 動画(YouTube) アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 スポーツ 日記・コラム・つぶやき

貸切電車として走る阪堺モ161形161号車

当ブログへようこそ!!

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ