« 「鉄道のまち吹田 クイズ&スタンプラリー」に参加しました(後編) | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GM着色済みエコノミーキットをつくる」(2) »

2021年8月29日 (日)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GM着色済みエコノミーキットをつくる」(1)

みなさん、残暑厳しい中いかがお過ごしでしょうか。
エコノミーキットの2410系の組み立てが進んでないのと、私は暑いのが苦手なのもあって運転やメンテナンスに手を付けていない昨今であります・・・(+_+)。

Img_5182


というわけで、以前購入した着色済エコノミーキットのスロ54を組み立てることにしました。

 

Img_6645


では、組み立てに入ります。
まず、パーツがすべて揃っているか確認します。

Img_6647


妻面はこのパーツを使います(赤矢印)。このパーツには向きを表す数字が入っていないので、説明書を見ながらマジックで数字を書き込んでおきます。

Img_6651


両側面を切り出します。

Img_6655


付属の塩ビ版を貼り付けて窓ガラスを表現します。
このキットの特長は車体が塗装済なので、通常のエコノミーキットでは塗装後に取り付けるこの工程をこの段階でできることです。

 

Img_6660


赤矢印の小窓部分は塩ビ板をカットして貼り付けます。

Img_6661


客窓部分はカットせず貼っても特に問題ありません。

Img_6662


トイレ部分には乳白色のものを貼り付けます。

Img_6663


窓ガラスの貼り付け完了です。

Img_6673


続いて屋根を切り出します。妻面の番号と形式名を書き込んでおくとよいでしょう。

Img035_20210828095801


今回の製作にあたっては、この本が大変参考になりました。このスロ54はスハ43系のグループに属することが分かりました。また、グリーンマックスのスタッフブログ「GM通信」の記事も参考になりました。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 「鉄道のまち吹田 クイズ&スタンプラリー」に参加しました(後編) | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GM着色済みエコノミーキットをつくる」(2) »

「自分なりのNゲージ鉄道模型」 キット製作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。