« 補足:引退迫る京阪5000系 | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GMエコノミーキット 近鉄2410系製作記」(5) »

2021年5月 6日 (木)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GMエコノミーキット 近鉄2410系製作記」(4)

(3)の続きです。

Img_6395_20210502185501


各部を組み立てます。
屋根パーツは配管付きを使います。

Img_6396


仮組みして、パーツの合いを確認します。

Img_6397

 

Img_6400


前面と側面、妻面と側面をL字型に瞬間接着剤を使って接着し(上)、そのあとロの字になるように接着します(下)。

Img_6401

 

Img_6402


前面の接合部にズレが生じた場合には紙やすりでていねいに処理し、平滑にします。

Img_6403


そのあと、屋根板を接着します。

Img_6405



Img032


屋根を接着すると、接合部に隙間ができます。ここで黒い瞬間接着剤を活用します。この接着剤はパテの代用にもなります。この接着剤の存在は以前紹介したこの本で知りました。もちろん、普通の瞬着でもOKです。お好みでどうぞ。

Img_6406


上の画像(手前のもの)のように隙間に盛り付け、乾燥後、やすりがけして仕上げます。

Img_6404


パンタグラフとクーラー、無線アンテナを取り付ける穴(1.2mm)をピンバイスを使って開けます。

Dsc_4475


更新工事を施工した実車(画像は2800系ですが、2410系も基本的に同じです)では、乗降扉上の雨どい(黄色矢印)や新設された表示灯(黄緑矢印)は表現に手間がかかるので、省略しました。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 補足:引退迫る京阪5000系 | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GMエコノミーキット 近鉄2410系製作記」(5) »

「自分なりのNゲージ鉄道模型」 キット製作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。