« 久々の撮影は・・・+@ | トップページ | 補足:引退迫る京阪5000系 »

2021年4月12日 (月)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GMエコノミーキット 近鉄2410系製作記」(3)

大変お待たせいたしました。
グリーンマックスのエコノミーキット「428 2410系 (2連×2本)4両セット」、組み立て再開です!!

ご参考までに過去の記事はこちら。

「GMエコノミーキット 近鉄2410系製作記」(1)

「GMエコノミーキット 近鉄2410系製作記」(2)

それでは、本題に入ります。

Img_6386


製品は2両分が2セット入っています。製作しやすいように2両分ずつ袋に分けました(店頭で売ってるようなジャンク品のバラ売りにも見える?)。1810系と書いた方は、また後日組み立てることにします。

Img_6387


先に組み上げた、ク2510形です。

Img_6388


続いて、モ2410形を同じように組み立てます。
まず、更新工事後の側面方向幕設置後の姿にするため、モールドされている側面表示器部分を瞬間接着剤を塗布してからやすりで平らにします。

Img_6391


続いて方向幕を作ります。t 0.5mmのプラ板を4mm×2mmを切り出したものを1両あたり2つ用意します。

Img_6392


瞬間接着剤でこのように取り付けます。

Img_6393


下半分を少しずつやすりがけします。

Dsc_4535


こちらが実車に設置されている側面方向幕。このように銀色のふちどりがあります(車両により若干形が異なります)が、ここでは省略します。

Img_6394


また、原型の側面窓はこのような形態(画像はトミックスのキハ58系キロ28の改造車キハ28形)に近いものとなっていましたが、のちに改造され、この形態は見られなくなりました。あくまでもご参考までに。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 久々の撮影は・・・+@ | トップページ | 補足:引退迫る京阪5000系 »

「自分なりのNゲージ鉄道模型」 キット製作」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。