« 昭和63年の京阪電車時刻表 | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」グリーンマックスの「着色済み商店セットC」を組み立てる(2) »

2020年11月10日 (火)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」グリーンマックスの「着色済み商店セットC」を組み立てる(1)

今回はグリーンマックス(GM)から先日発売された、着色済みストラクチャーキット「商店セットC」組立ての備忘録です。


Img_5331

 

Img_5332


セット内容です。建物本体、ファサードと看板パーツなど(上)、屋根と店舗部分、付属シールなど(下)。
※ファサード(フランス語)とは、建築物の正面デザインのことを指します。

Img_5797

 

Img_5798


組立てに入ります。(分かりにくいですが)上の画像のように窓ガラスを表現します。下の画像のように付属の透明プラ板を壁パーツの裏側に貼り付けます。この作業は、以前紹介した住宅セットと同じなので、割愛します。詳しい作業についてはこちら をご覧ください。

Img_5799


住宅セットでは車両キットと同様に、L字型を二つ作る→組み合わせてロの字型にするという組み方でしたが、この商店セットではファサードを後から取り付けるので、このようにコの字型に組みます。

Img_5803


屋根と窓手すりなどの小物パーツを取り付けます。小物パーツの取り付けは、建物本体を寝かせた状態で行うと作業がしやすいです。

Img_5804


ファサードに店舗部分パーツ(入口)を接着します。なお、ガラス部分などをていねいに塗り分けることでより実感的な仕上がりとなります。

Img_5805


ファサードを建物本体に接着します。
なお、一連の接着ではゴム系接着剤を使用したほうがよいでしょう。
今回は、ここまでです。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 昭和63年の京阪電車時刻表 | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」グリーンマックスの「着色済み商店セットC」を組み立てる(2) »

「自分なりのNゲージ鉄道模型」」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。