« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月27日 (日)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」2020年9月20日の運転会より

今回は2020年9月20日の運転会の様子をお送りします。およそ2か月ぶりの運転会です。

Img_5528


今回は、複線エンドレスに留置線(車両基地)をつくってみました。

Img_5531


留置線の末端には、信号所と詰所を置いてみました。

Img_5566


それでは、出発進行!!
まずは先日購入した117系「新快速」とわたしが高校生の時に購入した165系「ムーンライト」(のちに「ムーンライトえちご」に改称)(ともにKATO)を走らせました。

Img_5553


ライトのちらつきがありましたが、ちゃんと走りました。

Img_5563


165系「ムーンライト」と117系「新快速」が力走!!このような地域と年代を超えた車両同士を運転できるのも、模型ならでは。

Img_5568


続いては、近鉄の50000系「しまかぜ」(トミックス)を走らせました。留置線にはこのあと走らせる221系(KATO)と伊豆箱根鉄道の7000系「ラブライブサンシャイン」ラッピング電車(トミーテックの鉄道コレクション、実車は運転終了)を留置させました。一方、レールはポイントを一つ追加して、もう一線留置線を作りました。

Img_5581


「しまかぜ」が駅を通過します。

Img_5584


このあと、近鉄2610系(グリーンマックスのエコノミーキットを組み立てたもの)も走らせました。

Img_5585

 

Img_5586


近鉄2610系には先日、動力をGMのコアレスモーターに交換させました。静かで安定した走行でした。

Img_5587


駅周辺には、都市中心部をイメージしたビルや車を多数配置してみました。

Img_5595


伊豆箱根7000系には、鉄コレ車両用動力ユニットを組み込みました。思いのほかモーター音が大きいのが気になりました。

Img_5600


続いて、221系「大和路快速」(KATO)を走らせました。
バックにはトミックスのコンビニエンスストア(デイリーヤマザキ)とトミーテックのトラックコレクションの「ヤマザキパン」の大型トラックを並べてみました。

Img_5601


221系が留置線を横切ります。

Img_5604


近鉄「しまかぜ」と221系が駅ですれ違います。

Img_5609


個人的にはお気に入りの221系。安定した走りです。

Img_5606


今回も楽しかったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

京阪&近鉄110周年記念で・・・

今年は、京阪グループ開業110周年、近鉄(近畿日本鉄道)が創業110周年を迎えました。
近鉄では創業110周年を記念して記念乗車券がこの度発売されました。19日それを購入すべく、出かけてきました。

Img_5520


購入後、京阪特急誕生70周年記念のHMを見るため、枚方市駅へ立ち寄りました。
この時は交野線を走る「きかんしゃトーマス号」と並んでくれました(^^♪。
「きかんしゃトーマス号」も本来ならば撮影に出かけていたはずですが、新型コロナの影響で先延ばしになってしまっています・・・(>_<)。
石山坂本線のラッピング電車同様、早く出かけなければ・・・と日々考えています。

Img_5523


HMをアップで。
(車体が結構汚れてます・・・)

Img_5525


この時、運転士さんの「出発進行!!」の指差呼称を見ることができました(^^)。


Img_5611


購入した近鉄創業110周年の記念乗車券です。
関西版と東海版の2種が発売されました。台紙表面には110年の歴史において活躍した歴代車両の写真と、それぞれ合計1,100円分の乗車券3枚がセットになっています。

Img_5612


裏面は、近鉄110年の年表が掲載されています。
このほか、記念のグッズ(A4サイズのノート、スポーツタオルの2種)も発売されました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年9月18日 (金)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」グリーンマックスの「着色済み住宅セットC」を組み立てる

今回はグリーンマックス(GM)から先日発売された、着色済みストラクチャーキット「住宅セットC」組立ての備忘録です。

Img_5143


製品パッケージはこのように袋詰めの状態です。
ちなみにヘッダー部分左下にある「SK」とは、「ストラクチャーキット(Structure Kit)」の頭文字です。

Img_5329


建物本体のランナー。いわゆる「板状キット」です。

Img_5330


屋根とベース部分のランナー、付属のステッカー。屋根パーツは選択式です。上の三角形のパーツは複数の建物を組む際のジョイントパーツです。

Img_5333


それでは組立てに入ります。
まず、画像左側(赤矢印)の窓ガラスパーツ(透明プラ板)を建物の窓ガラス部分に貼り付けます。

Img_5334


接着には合成ゴム系ボンドを使用するとよいでしょう。

Img_5335


壁面側から見ると、こんな感じになります。

Img_5340

 

Img_5341


窓ガラスを装着した建物パーツは、板状の車両キットと同様に、まずL型に組んでから□形に組みます。

Img_5344


次に壁面装飾のパーツを取り付け・・・。

Img_5346


屋根パーツを接着し、小物類(手すり、雨戸袋、ポストなど)をお好みの位置に取り付けて完成です。
この住宅の場合は、屋根パーツを画像のようにしたので、装飾パーツは片側にしか取り付けませんでしたが、それ以外のパーツの場合は両側に取り付けます。また、この屋根はプラパーツ特有の艶があるので、つや消しに塗装するか、ウェザリングするとリアルになります。

Img_5374


残りの2件も同じ手順で組立てました。
いかがでしたでしょうか。
このキットは素組でもこのように仕上がります。組立ては鉄道車両のキットより簡単なので、初心者にもおすすめです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」 A5サイズジオラマベースを使った鉄道ジオラマをつくる(6)

(5)の続きです。

Img_5469


人形などの小物類を配置していきます。ベンチなどは情景コレクションの「駅前・公園」から、中央に見える車輪は、鉄コレの動力化で不要になったものを使用しました。

Img_5474


同時に建物も固定します。人形の配置により、ジオラマが活気づいてきました。

Img_5476


ついに完成です!!

Img_5477


親子連れが保存車両を眺めています。こうしたストーリー性を出すと生活感が出てきます。

Img_5481


保存車両は樹木などに埋もれた感じになりました。それに、このままだと雨ざらしになりますね・・・(^^ゞ。

Img_5478


クリーニング屋に向かう女性、電車を見て驚いている(?)女性。

Img_5479


角度を変えてみました。

Img_5482


手前の道路は遊歩道にしてみました。こうして見てみると、遊歩道はクリーニング屋の手前まででも良かったかも・・・と思いました。

Img_5483


飾る車両を変えると、ジオラマの変化も楽しめます。
機会があれば、テーマを変えて制作してみたいと思っています。

Img281


今回の制作にあたっては、この本も参考になりました。
また、以下のサイトも参考にさせていただきました。

ジオラマ製作講座 地面の作り方 その1 /鉄道模型通販・Nゲージ ミッドナイン

ジオラマ製作講座 地面の作り方 その2 /鉄道模型通販・Nゲージ ミッドナイン

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」 A5サイズジオラマベースを使った鉄道ジオラマをつくる(5)

(4)の続きです。

Img_5443


今回は、茂みの表現と植樹を行います。
今回使用したフォーリッジです。個人的には容量たっぷりのKATO製品がお勧めです。

Img_5444


最初に、ボードの地肌の部分を隠す意味で、フォーリッジを使って茂みを表現します。
まず、ボンド(シーナリーボンド)を薄めずに、こんな感じでたらします。

Img_5445


その上に小さくちぎったフォーリッジを載せます。白いボンドは乾けば透明になるので、はみ出ても構いません。

Img_5446


上の作業を繰り返して、ボードの地肌を埋めていきます。
実際やってみると根気のいる作業ですが、気軽にのんびりとやっていきましょう。

Img_5448


手前のレールにも同じくフォーリッジを使って草むらを表現します。

Img_5453


茂みの表現、完了です。

Img_5456


続いて、植樹です。樹木を植えたい場所に薄めていないボンドを付けます。

Img_5457


ボンドを置いた部分に樹木を軽く押し付けて設置します。このままだと取って付けたような見栄えになるので、綿棒を使って、境目(樹木のベース部分の周辺部分)にボンドを付けていきます。(画像は付けた部分がダマになった、良くない例です(汗))。

Img_5459


その上にカラーパウダーを撒いて、境目を曖昧ににします。このあと乾燥させます。
今回は、ここまでです。

次回は、小物などを配置していきます。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »