« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月31日 (金)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」2020年7月25日の運転会より

今回は2020年7月25日の運転会の様子をお送りします。

Img_5213

 

Img_5210


プランは、複線エンドレスにホーム部分の両端にカーブレール(C605-10)をつないで、島式ホームが違和感なく設置できるようにしてみました。

Img_5211


ホームだけでは寂しいので、先日購入したニュー橋上駅舎、商店セット、角店セット、そして商業ビル(A、C)を置いてみました。

 

Img_5227

 

Img_5228


それでは、出発進行!!
今回はKATOの117系と同じくKATOのSLやまぐち号(けん引機はC57 1号機)を走らせました。

Img_5218

 

Img_5225



Img_5221


駅を通過。結構、スピード感があります。

Img_5239

 

Img_5240


30分ほどで運転終了。
反省点としては、カーブレールを置いたホーム側で列車(117系)がホームギリギリで走行したので、脱線しそうになったことですね。
また、時間が出来たら走らせたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年7月24日 (金)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」はじめて作ったGMの旧型客車キット+@

今回はわたしがはじめて作ったGM(グリーンマックス)の客車キットを紹介します。同社の客車キットの単品販売品は「お試しの1両の組み立て」に向いているかと思います。

Img_5197


今から25年ほど前だったかと思います。購入したのはオハ61形。
なぜこの車両にしたのか、まったく覚えていませんが・・・。このキットは同社が昔から販売している、エコノミーキット(別名、板キット)と呼ばれるもので、言うまでもなく一から組み立てます。塗料、台車、車番インレタは別売りです。電車だとこのほかにパンタグラフや動力車には動力ユニットが必要になります。

Img_5198


こうして見てみると、車体と屋根の接合部の塗装の甘さが見て取れます。まあ、これはこれで、良い経験かと思いますが・・・。

Img_5199


組立説明書です。
当時の同社は「作る楽しみいっぱい」をキャッチフレーズにしていました。今は同社も完成品がメインとなりました。ただ、価格が高いと思うのはわたしだけでしょうか。ちなみにここに描かれているイラストは、とある有名な方が描いたものだとか。

Img_5182


そして、先日購入したのがこちら。いつも利用している通販サイトでたまたま見つけた「着色済みエコノミーキットシリーズ」のスロ54形(青色、淡緑色帯付き)。

Img_5200


車体と屋根部分、床下などのパーツ。車体はあらかじめ車体色に塗装してあります。これだけでもある程度塗装の手間が省けて、今風のキットかと思います。

Img_5201


こちらは、屋根上の機器類(クーラーやベンチレーター)や床下機器、ウエイトなどのパーツ類。こちらも塗料(床下など一部)や台車、車番などのインレタは別売りです。今回は車体だけ購入しましたが、別売り品をそろえて時間が出来たら組み立ててみたいと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

久しぶりの撮影は近場で。

去る18日、約5か月ぶりに撮影に出向きました。今回は近場の京阪電車にしました。メインの目的は現在掲出している、京阪開業110周年記念(8000系に掲出)と7200系デビュー25周年のヘッドマーク、そして、今後の行方が気になっている5扉車の5000系。
デジタル一眼もしばらく使っていなかったので、勘が戻らずピンボケ作品ばかりになってしまいました・・・。なので、あまり期待しないでくださいね。

Dsc_3211

 

Dsc_3256


まずは、110周年記念HM掲出の8000系から。

Dsc_3205

 

Dsc_3259


Dsc_3265


続いては、デビュー25周年の7200系。この日は7201Fと7203Fを見ることができました。大阪方(旧塗装・3枚目)と京都方(新塗装・1、2枚目)とデザインが異なっています。去年の2400系や2200系、そして7000系とおなじパターンです。

Dsc_3192

 

Dsc_3193

 

Dsc_3195


そして、5000系。この日は5553Fと5556Fの2編成を見ることができました。以前もお話しましたが、5000系は今年の12月でデビュー50周年を迎えますが、その時に同車の行方はどうなるのか・・・。気になっています。

Dsc_3189


さて、ここからはほかの車両を。
3000系は来年(2021年)1月から「プレミアムカー」を連結することが正式に発表されました。

Dsc_3186


9000系9005F。現在、9000系の中で唯一の8両編成。9001F~9004Fの中間車の一部(9600形)は後述する10000系(10001F、10002F)の7連化により7両編成になりました。

Dsc_3237


画像の10001F、そして10002Fは9000系と7200系の中間車の組み込みにより、4→7連化され、本線系で運用されています。

Dsc_3187

 

Dsc_3269


古豪、2600系の0番台は急行運用についていました。まだまだ活躍が期待できそうな気がします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」 トミックスのストラクチャー、ニュー橋上駅舎について

今回は先日初めて購入した、トミックスのストラクチャー(建物)「ニュー橋上駅舎」(品番:4040)の紹介です。

Img_5155


製品の中身です。本体(駅舎/階段付)、歩道延長部、取り付け金具、シールとなっています。この製品は実はリニューアル品で、発売が2006年となっています。
トミックスのHP(https://www.tomytec.co.jp/tomix/index.html )内の「N情報室」(第66号)にこの製品についての紹介があります。
それによると、この製品は以前ホームへの階段部分だったところがエスカレーターに変えてあるのです。ちなみに階段だった製品は1996年に発売されました。元をたどれば初代製品は、「木造駅舎セット」の旧製品(品番:4002)と同様の塗り分けで、跨線橋の手すり部分が網目状になっています。しかし、ニュー橋上駅舎では破損のリスクが高いのか、一体成型となっています。

Img_5156


付属のシールです。取説では駅舎内部に貼るシール(1・2・3)はいったん屋根部分を外す作業が必要で、この作業は「上級者向け」と記載されていました。

Img_5157


この製品は、同社の島式ホーム各種に設置して使用します。(ホームは別売り)
画像は島式ホーム(近代型)大型車両用(品番:4067)への設置例です。トミックスのカタログやHPでは、島式ホームセット(品番:4021)への設置例の画像がありますが、もちろん島式ホーム(近代型)や同大型車両用にも設置可能です。ただし、品番4021においては付属品の取り付け金具を使用します。また、島式ホーム(都市型)各製品にも付属の高さ上げパーツを使用することで取り付けが可能です。

Img_5158


上から見ると、こんな感じに。製品では、手前部分の階段の向きを変えることができます。

Img_5170


今度は手持ちのレールと車両(画像の車両は昔、GMのエコノミーキットを組み立てたものです。後日改めて紹介したいと思います)を置いてみました。この駅舎はどちらかというと、郊外向けのイメージだと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年7月12日 (日)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」わたしのコンテナコレクション【3】

今回はトミックスから発売されている、いろいろな31フィート級コンテナを紹介します。

Img_5147


まずは、こちら。
手前右は2012年10月より運用を開始した、JR貨物初の31フィート級両側面ウイング式開閉、妻面開きのコンテナ。これはのちに塗装を変えたものも登場しました。左はすっきりとしたデザインが印象的なパナソニックのコンテナ。奥右側はキューソー便のコンテナ、左側は全国通運のコンテナです。どちらも両側面ウイング式開閉、片面両開きとなっています。

Img_5148


続いて、ランテックと日本通運所有のコンテナです。手前のランテックのコンテナは冷凍品を輸送するもの。2個ともデザインが若干異なっています。奥右側は青色の「エコライナー」、左側は「スーパーグリーンシャトルライナー」です。日本通運所有コンテナはこのほか、少し小ぶりでクラシックなデザインのU46A-30000形、白色の「エコライナー」もあります。

Img_5150


最後はこちら。
まず奥右側は西濃運輸のコンテナ。片妻面開きで、主に北海道と本州間で活躍しています。
奥左側と手前の3つは、イオン・サントリー・ネスレ日本・花王の共同デザインコンテナ(側面ウイング、妻面1方開き)。

これら31フィート級のコンテナは共通仕様として、規格外マーク(ダイヤ型のマーク)が印刷されています。
ここで紹介したもののほか、フレートライナーのコンテナも製品化されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2020年7月 8日 (水)

阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(2日目)(5)~最後は近鉄瓢箪山駅へ~

(4)の続きです。

Dsc_1782


この日、最後に訪れたのは・・・。
瓢箪山駅です。
沿線には瓢箪山稲荷神社や大阪経済法科大学などがあります。
この駅に来た特別な意味はないのですが、手持ちの本などでこの駅での写真を見て、一度訪れたかったからです。

Dsc_1783


では、撮り鉄の記録を時系列順に紹介します。
「下手の横好き」なので、あまり期待しないでください(汗)。
まずは、1026系ほかの快速急行奈良行き。阪神&近鉄乗り入れ10周年のヘッドマーク付き。

Dsc_1788


この日、奈良駅へ向かった時に乗った1026系ほかの快速急行神戸三宮行き。

Dsc_1790


新塗装の12410系の回送列車。

Dsc_1792

 

Dsc_1794


8000系+1233系の計6両編成の普通大和西大寺行き。近鉄では80000系「ひのとり」や50000系「しまかぜ」、23000系「伊勢志摩ライナー」など固定編成を組む以外の特急用車両(30000系「ビスタEX」や22600系「Ace」など)や一般車のほとんどは、このように他形式と併結して編成を組むことが特徴となっています。これは見ててもおもしろいものだとわたしは思います。

Dsc_2672


ちなみによく聞く「ブツロク」というのは2両編成を3つ組み合わせて6両編成を組むことを指すのだとか。
自分が写したもので「ブツロク」を探していたらこんなものが見つかりました。
これは2014年9月15日に阪神尼崎駅に出向いた時のものの中の1枚ですが、先頭が1252系、続いてシリーズ21、その後ろにさらに2両編成(1252系と同じタイプの車両?)、となっています。この編成はちょうど「シリーズ21」がサンドされたようなものでした。

Dsc_1797


8600系ほかの急行大阪難波行き。

同駅ではホームのない2番線と3番線は通過列車が使用する「通過線」のため欠番。停車列車が入線する1番線(奈良・大和西大寺方面)と4番線(大阪難波、神戸三宮方面)が「副本線」となります。このような配置の駅を模型の世界で再現してみるのもよいかと思います

Dsc_1799

 

Dsc_1800


9020系+5800系「L/Cカー」計8両編成の急行奈良行き。

Dsc_1801


9820系先頭の区間準急(行先不明)。瓢箪山駅で停車する列車は区間準急と普通となっています。

Dsc_1807


最後は阪神車。1000系の区間準急。

Dsc_1812


こちらは1000系2両編成先頭の快速急行奈良行き。

このあと、帰宅しました。
この日はとても暑かったので、とても疲れました・・・。でもこの日と前回の19日で阪神線と近鉄奈良線の行きたい場所のほとんどが回れました。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(2日目)(4)~近鉄生駒駅へ~(後編)

前編の続きです。

Dsc_1704


階段を上り、コンコースへ。通路にはこんな広告がΣ(゚Д゚)!!

Dsc_1706


ここからまっすぐ進むと・・・。

Dsc_1712


生駒ケーブル乗り場です。
ちょうど、生駒ケーブル100周年の記念装飾がなされています。
ちなみに生駒ケーブル乗り場の駅名は「生駒」ではなく、「鳥居前」となっています。

Dsc_1725


宝山寺1号線には「IPCペットふれあいの森」にちなんだコ11形「ブル」(11号車)と「ミケ」(12号車)(2000年から導入)で運行されており、特に親子連れには人気があるようです。改札前には記念の撮影スポットがあります。

Dsc_1721


今回は別料金となるので乗らずに改札越しに車両だけを見ることに。
1号線の乗り場には「ミケ」が停車中。向かって右側は2号線。こちらは多客期や1号線の点検時(毎週木曜日)に運行されます。

Dsc_1726


宝山寺駅は生駒聖天(いこましょうてん)宝山寺への最寄り駅となっています。

Dsc_1727

 

Dsc_1728


(上)生駒ケーブルの運賃表、(下)発車時刻表です。
生駒山上遊園地への足となる「山上線」は次の宝山寺駅で乗り換えます。
ちなみに山上線の車両は宝山寺1号線と同じく2000年に導入されたコ15形が使用されていて、「ドレミ」(15号車)、「スイート」(16号車)という音楽会と誕生日会をイメージした可愛らしいデザインとなっています。
新型コロナの影響で5月6日まで運休していましたが、現在は通常運行に戻っているので機会があれば乗りに行きたいと思っています。

Dsc_1734


このあと、生駒駅に戻って今度は奈良線のホームへ。奈良線のホームの向こうには、けいはんな線のホームがあります。けいはんな線には乗り換え改札があるので今回はみるだけに。
けいはんな線はOsakaMetro中央線と相互乗り入れをしています。画像はOsakaMetroの20系(30番台)。かつては谷町線にも配置されていましたが、現在は中央線に集められています。

Dsc_1751


この新20系(24系とも呼ばれる)24656編成は最初から中央線に配置されたものではなく、四つ橋線から移ってきた編成(旧06編成)です。前面の車号が大きいのが特徴です。

Dsc_1743


このあと、大阪難波・神戸三宮方面の電車を観察。これは阪神1000系「Go!Go!灘五郷!」ラッピングの快速急行神戸三宮行き。

Dsc_1749


近鉄「シリーズ21」の第一陣であり、京都市営地下鉄烏丸線乗り入れ対応の3220系による、急行大阪難波行き。行先表示はフルカラーLEDになっています。この日は前回(19日)と異なり、3200系は姿を見せませんでした。また、ほかの2編成はかつて「京都」と「奈良」をイメージしたフルラッピングで走っていましたが、2011年でこの塗装に変わりました。

Dsc_1760


こちらは奈良線系統では最古参となった8000系。省エネ改造された後期グループです。よく見ると標識灯がLEDになっています。現存する8000系には3両編成もあります。これがたまに6両を組んで京都・橿原線の急行で活躍することもあるとか。

Dsc_1772


近鉄のOsakaMetro乗り入れ用の7000系と並んだ「L/Cカー」の5800系。この5800系も阪神線乗り入れ対応車です。

Img_1289


せっかくなので奈良名物「柿の葉寿司」をごちそうになりました。この日購入したのは4種詰め合わせでした。ごちそうさまでした(合掌)。

(つづく)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »