« 京阪石山坂本線 京阪石山駅方面へお出かけ | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GMエコノミーキット2610系の動力をコアレスモーターに交換する」(2) »

2020年2月21日 (金)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GMエコノミーキット2610系の動力をコアレスモーターに交換する」(1)

今回は、手持ちのグリーンマックス(GM)のエコノミーキット2610系の動力ユニットを同社から発売されている「コアレスモーター」の動力ユニットに交換することにしました。それについての備忘録です。

Img_4423


今回、購入したのはコアレスモーター動力ユニット(品番:5712)と動力台車枠・床下機器セットA-04(新KDタイプ(KD301)+4064AM)(品番:8486)。この2点です。

Img_4425


中身を開封してみました。画像手前側の丸い穴が2つ開いている方が、向きが右になります。この2つの穴を見ると、トミックス車両の床下・座席部分と似た感じがします。

Img_4426


まずは取説の手順通り、台車を外します。この時、シャフトを外さないように気を付けます。

Img_4428


次に、この台車枠パーツを取り付けます。余分なランナーをニッパーなどでカットします。

Img_4431


交換前の動力ユニットやほかの車両には、いつやったか覚えてないのですが(汗)、カプラーをKATOカプラーNと交換していました。なので、このユニットの台車のカプラーもKATOカプラーに交換します。この画像はうっかり台車からパーツが外れてしまったのですが、この方が交換しやすかったです。

Img_4432


台車枠の取り付け方は、以前の記事で紹介した「鉄道コレクション」やバンダイの「Bトレインショティー」とほぼ同じなので割愛します。
この段階で、ほかの車両と確実に連結できるか確認しておくとよいでしょう。


Img_4435Img_4436


このあと、コアレスモーター本体に台車を取り付けてから、ほかの車両と確実に連結できるか確認しておきます。
(左がク2710形、右がサ2760形)

Img_4437


このあと、動作確認をしました。問題なく動きました。
なお、取説には「台車枠を付けない状態では動作が不安定になりますのでご注意ください」とあります。

Img_4438


上の画像の奥が交換前の動力ユニット(いわゆる「黒ダイキャスト製品」)、下が購入したコアレスモーターの動力ユニットです。交換前の動力ユニットがまったく動かなくなってしまったので、今回の購入に至りました。
今回は、ここまでです。
次回は、床下機器パーツの取り付けなどをお送りします。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 京阪石山坂本線 京阪石山駅方面へお出かけ | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GMエコノミーキット2610系の動力をコアレスモーターに交換する」(2) »

「自分なりのNゲージ鉄道模型」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京阪石山坂本線 京阪石山駅方面へお出かけ | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「GMエコノミーキット2610系の動力をコアレスモーターに交換する」(2) »