« 阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(1日目)(3) | トップページ | 旧阪堺恵美須町停留所を訪ねて・・・(後編) »

2020年1月28日 (火)

旧阪堺恵美須町停留所を訪ねて・・・(前編)

阪堺電車の恵美須町停留所(電停)が、新ホーム(2月1日から使用開始)に移設されることがこの度発表され、1月いっぱいで長年親しまれた停留所も閉鎖されることになりました。これを機に、停留所を見ておこうと思い立ち、26日に出向いてきました。恵美須町に直接出向いても良かったのですが、およそ1年ぶりの訪問なので、OsakaMetro堺筋線の動物園前駅で下車し、徒歩数分の場所にある、新今宮駅前から一駅電車に乗って向かうことにしました。

Img_4091


新今宮駅前の駅名標。漢字表記の下には旧駅名の「南霞町」(みなみかすみちょう)の文字が。
どの路線でも駅名が変わってから慣れないのか、旧駅名で呼んでいる方も少なからずいますね。それに対する配慮なのでしょうか?

Img_4090


新今宮駅前に貼っていた移設のお知らせです。
お知らせの通り、約100m南方へ移設されるというものです。

Img_4096


恵美須町行きの電車がやってきました。これに乘ります。


Img_4103


恵美須町に着きました。乗ってきた電車はモ601形601号です。車体広告のスポンサーは新しいものに変わっています(以前は「堺チン電の会」)。

Img_4097


電車と通天閣とのコラボ。この構図も見納めに。

Img_4106

 

Img_4107


発車案内(上)、発車時刻表(下)。
これらも役目を終えます・・・。

Img_4108


車止め側から。
かなり痛みの激しい1番線の標識。
ここは、かつては2番線でした。今は乗車ホームとなっています。

Img_4105


こちらは、2番線の標識。かつては3番線でした。
「かつて」というのは、OsakaMetro谷町線が交通局時代に天王寺-八尾南まで延長された1980(昭和55)年11月27日までは、南海平野線(今池停留所-平野停留所間、当時は南海電気鉄道の大阪軌道線。平野線廃止後の1980年12月1日に大阪軌道線(阪堺線・上町線)が分社され、現在の阪堺電気軌道となる)という路線が存在し、この恵美須町にも乗り入れていました。

Img_4100


1番線(現・降車ホーム、旧2番線)から新今宮駅前方面を望む。向かい側に旧1番線、信号機の向こうには、かつては留置線がそれぞれありました。


Img_4110


出発信号機と架線柱。冬の空にうろこ雲が見えました。

Img_4113


架線柱には、こんな表記が。

Img_4111


そして、これが2月から稼働する新ホーム。阪堺のHPによると、バリアフリー対応のホームになるとのことです。
新ホームがある手前側にはかつて、シーサスクロッシングがありましたが、新ホーム建設の際に撤去されました。この結果、2番線には列車が入れなくなりました。

Img_4109


これは、列車扱小屋。いわば指令室といったところでしょうか。木の枕木の線路に構内踏切、そして古びた小屋。模型のジオラマにも使えそうな感じです。

Img_4101


その小屋には詳しくは分かりませんが(汗)、行燈式の標識があります。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(1日目)(3) | トップページ | 旧阪堺恵美須町停留所を訪ねて・・・(後編) »

阪堺電気軌道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(1日目)(3) | トップページ | 旧阪堺恵美須町停留所を訪ねて・・・(後編) »