« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

京阪大津線訪問記(2019.11.23)(3)

(2)の続きです。

Dsc_2648


坂本比叡山口駅から電車に乗ることおよそ30分、石山寺駅に到着です。
余談ですが途中、車窓から錦織車庫を見てみると、80形復刻塗装の700形(701+702)やデビュー35周年記念のヘッドマークを掲出した600形などが留置されているのが見えました。

Dsc_2647

この駅から徒歩10分ほどで石山寺駅に行けます。

Img_3393


石山寺駅に掲出してあった、紅葉の開花状況のポスターです。

Dsc_2649


乗車した電車を見送ってから少し移動。
ここは、石山寺踏切。
この反対側からは石山寺駅のホームが見えて、停車中の車両の写真が写せるのですが、この日は補正が効かないくらいの、まったくお話にならない逆光気味だったので、あきらめました・・・。
ちなみに、画像の奥に見えるドーム状のものは、名神高速道路です。

Dsc_2656


少し駅寄りに移動してからしばらくすると、デビュー35周年記念のHMを掲出した新塗装の600形(605+606)がやってきました。

Dsc_2662


このあと、再び石山寺駅に移動。
この日は日光の加減で石山ともかちゃんとのコラボもかなり暗め(>_<)。
この構図は、薄曇りあたりがちょうどいいかもしれません。

Dsc_2675


続いて、600形で唯一旧塗装で残った603+604が到着。
この編成はかつて、現在は消滅したオレンジと赤の京阪特急色に復刻された編成でもあります。

Dsc_2676


600形一次車は300型という車両の車体を流用して製造されました(書類上は新製扱い)。
前面窓は平面2枚窓となっています。(2次車以降は曲面ガラス使用のパノラミックウインドウ)また連結面は、300型の車体そのままの丸妻屋根になっています。

Dsc_2686


先ほどの600形が発車したあと、ホームを移動。
「ユーフォ」のラッピング電車がやってきました。(少し影がかかってしまいましたが・・・(^^ゞ)

Dsc_2688


「響け!ユーフォニアム」の人気は本当にすごいもので、石坂線沿線各所で撮影されている方を多く見受けました。
こういったことは「ユーフォ」に限らず、「京アニ」作品を好んでいる方が多い証かと、わたしは思います。
また、11月から発売された「ユーフォ」の大津線1dayチケット(全4種)は、すでに完売になったとのこと。

Dsc_2692


発車待ちの間に石山寺側の特製HMを写しておきました。

Dsc_2693


車内には、主要キャラをデザインしたつり革があります。

Img_3395


このあと、びわ湖浜大津駅までこの電車に乗車。坂本比叡山口側のHMも写しておきました(^^)。
この日はプチ紅葉と電車が両方楽しめた一日となりました。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年11月28日 (木)

京阪大津線訪問記(2019.11.23)(2)

(1)の続きです。

Dsc_2601

 

Dsc_2607


三井寺駅まで戻ってきました。すると、「600形デビュー35周年記念」のヘッドマークを掲出した605+606が姿を見せました。
このHMは、1984(昭和59)年に登場した600形一次車(計8両)に掲出されています。(12月22日まで(予定))

Dsc_2634


続いて、大津市役所前駅へ移動。

Dsc_2613

 

Dsc_2628


Dsc_2632


デビュー35周年記念HM付の旧塗装の600形(603+604)やユーフォのラッピング電車(617+618)などが写せました。

Dsc_2637


Dsc_2638


このあと、700形で旧塗装で残っている709+710に乗って、坂本比叡山口駅まで移動しました。
「水の路」のHMは、新しいデザインに変わっています。ただし、京阪電車のHP内では発表されていません。

Dsc_2639


改札口前には、ようこそ 比叡山の門前町 坂本への横断幕が掲げられていました。

Dsc_2644


駅前のバス停前には、ライトアップ告知の看板がありました。
車道の向こうの紅葉も見事です。
ここから日吉大社という紅葉スポットへ行くことができます。

Dsc_2646


今回は、これまたもったいないですが(汗)、観光客が多いようなので駅まで引き返したのでした・・・。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年11月25日 (月)

京阪大津線訪問記(2019.11.23)(1)

23日(勤労感謝の日)、わたしは京阪大津線の方へ出かけてきました。往路の京阪線は、最寄り駅から三条まで出町柳行きの普通に乗りました。途中、特急連絡駅の枚方市駅や丹波橋駅では、出町柳行きの特急が満員電車状態でした。また、10分程度の遅れも出ていました。まあ、この日は予報では翌日(24日)は天気が崩れることと、紅葉も見頃なところが多く、まさに行楽シーズンだったからでしょう。

Dsc_2558

 

Dsc_2559


びわ湖浜大津駅へ着いたのは、10時過ぎでした。
この日は「響け!ユーフォニアム」のラッピング電車(600形617+618)の運行日でした。少し待つと、石山寺行きの列車がやって来ます。
4日の時は山側を写したので、今度は反対側の湖側を写すことに。
で、結果はご覧の通り。ちょうど日光が石山寺側を向いていたので、やや逆光気味に・・・。

Dsc_2560

 

Dsc_2565


このあと紅葉狩りも兼ねて、三井寺に向かいました。
三井寺駅で下車したときに、沢山の観光客がいたのには驚きました。
三井寺に向かう道中でこれまた有名な琵琶湖疏水があったので、少しそれを見ながら三井寺に向かいました。

Dsc_2570


三井寺に着きました。
画像に見えるのは、仁王門といって、重要文化財に指定されています。


Dsc_2571


三井寺は、正式には「園城寺(おんじょうじ)」といいます。


Img_3389


紅葉を見ながら散策してもよかったのですが、40分もかかるとのことなので、(もったいないかもですが)今回はパスしました。

Dsc_2575

 

Dsc_2577


というわけで、今年は「プチ紅葉狩り」に。
上の2枚は同じもみじの写真です。上がぼけを強調(絞りを小さく)、下はその逆でピントの合う範囲を広く(絞りを大きく)したものです。

Dsc_2580


先ほど写したもみじをバックに遠景で。

Dsc_2584


三井寺を後にしたわたしは、前から一度行ってみたかった場所へ。
その前に踏切で、「ユーフォ」のラッピング電車が通りかかりました。

Dsc_2588


さて、その場所とは、京阪電車の広告などでも取り上げられらことのある、石坂線の電車が琵琶湖疏水を渡るシーンが見えるところです。
まず、石山寺行きの旧塗装の700形が通過。

Dsc_2597


続いて、坂本比叡山口行きの新塗装の600形をキャッチ。
念願かなって良かったです(^^)。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年11月21日 (木)

阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(スタンプラリー参加編)

2019(平成31)年3月20日、阪神なんば線が開業して10周年を迎えました。そして同線と近鉄奈良線との相互直通運転により、神戸(神戸三宮)-奈良(近鉄奈良)が一本の線路で結ばれ、文字通り「つながって10周年」となりました。
それを記念して、「阪神⇔近鉄1dayチケット」が3月1日~5月31日の間、発売されました。また、4月26日~6月30日には「10周年記念スタンプラリー」も開催されました。

Img258


わたしは3月に1dayチケットを2枚購入し、5月19日と26日の両日に利用してきました。
今回は、19日に出かけた中からスタンプラリー参加の時の模様をお送りします。


Img_0967


まずは京阪で京橋まで出て、JR大阪環状線に乗り換え、西九条まで移動、そして9時過ぎに阪神の西九条駅へ到着。

Img_0970 Img_0971

西九条駅で受け取った、スタンプラリーシート。
ルールは簡単。
シート裏面のスタンプ台紙にスタンプ設置駅(阪神:神戸三宮駅、西宮駅、尼崎駅。近鉄:大阪難波駅、東花園駅、生駒駅、大和西大寺駅)のスタンプをすべて押したものを引換え場所(尼崎城、近鉄大和西大寺駅)に持っていくと、景品のオリジナルマグネットシートがもらえるというものです。

Dsc_7703


最初に立ち寄ったのは、阪神尼崎駅。(その時に撮った写真がなかったので(汗)、2017年3月に出向いた時のものを再掲します)
画像の1000系1210Fが、阪神なんば線開業10周年記念ラッピング電車に抜てきされることとなりました。

Img_0998


続いて、西宮駅へ。

Img_1009


近鉄車の乗り入れ終点の神戸三宮駅。
駅は2013(平成25)年3月20日にリニューアルされました。

Img_1003


神戸三宮駅(阪神)に設置されたスタンプ台。


Img_1059


休憩をはさんだ後、近鉄の大阪難波駅へ。
新塗装の「ビスタEX」を初めてみました。

Img_1065


そして、画像の東花園行きの普通に乗って、東大阪市花園ラグビー場のある東花園駅へ。
先日、国内で初開催されたラグビーW杯では、大変盛り上がったようです。

Img_1076


続いて、生駒駅へ。
この駅では、近鉄けいはんな線や相互乗り入れ先のOsakaMetro中央線の電車も見ることができます。

Img_1083


最後に訪れたのは、近鉄でも屈指のターミナル駅、大和西大寺駅。
この日は「近鉄奈良線開業100周年記念デボ1形塗装色」の5800系5802編成が運用に就いていました。
最後のスタンプを押して、景品を受け取ったのが16時過ぎでした。
そのあと、40分ほど念願だった大和西大寺駅での車両撮影を楽しみました。


Img_1104


このあと帰路に着きました。
大阪難波行きの普通電車が、近鉄の一般車で一番のお気に入りの3200系(しかも、トップナンバー編成の3701編成)に乗れて、とても嬉しかったです(^^)/。

Img_1116


近鉄奈良線は、河内永和駅で下車。このあとJRおおさか東線に乗り換えました。
奥に見える高架線路が近鉄奈良線です。
JRおおさか東線が今年の3月に新大阪駅まで開業してから、京阪の野江駅と徒歩連絡ですが同線と乗り換えができるようになってからは、同線はわたしにとって、重宝する路線となりました。

Img_1119


京阪の野江からは、あまり見ることのない、普通樟葉行きに乗車しました。
帰宅したのは、19時頃でした。

Img_1121


スタンプを押して、完成したラリーシート。
阪神1000系と近鉄の「シリーズ21」のイラストができました。
スタンプ設置の各駅名には、その駅にちなんだイラストが描かれています。

Img_1122


これが、景品のオリジナルマグネットシート。
今や過去のものとなった、阪神&近鉄のヘッドマークがデザインされていて、(わたしもそうですが)この世代を知らない子供たちにも新鮮味を感じるデザインだと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

石清水八幡宮に参拝(後編)

前編の続きです。

Dsc_2419


石清水八幡宮を出て、ケーブル八幡宮山上駅へ向かいました。

八幡の竹とゆかりのある、エジソンの記念碑を見て・・・。


Dsc_2423


時計台の下で、こんなものを発見。

Dsc_2428


ここにも、小さな神社が。
三女神社です。

Dsc_2431


ケーブル八幡宮山上駅近くまで戻ってきました。

Dsc_2435


その前に、こちらへ。

Dsc_2436


急な階段をのぼると、展望台へ。
以前はなかった、こんなオブジェ(?)が!!

Dsc_2437


展望台からは、京都の風景が一望できます。この日は薄曇りでしたが・・・。
さて、この時ちょうど、鉄橋へ向かう京阪電車が見えました。

Dsc_2443


近くには、実際の眺めを縮小表示した案内板があります。


Dsc_2448


小説家、谷崎潤一郎の文学碑です。

Dsc_2454


ケーブル八幡宮山上駅へ戻ってきました。
展望台からはむしろ、下りの階段の方が結構きつかったです・・(>_<)。

Dsc_2459


Dsc_2462


ホームでは、「あかね」が発車待ちをしていました。

Dsc_2464


乗車してからほどなくして、ケーブル八幡宮駅へ到着です。

Dsc_2466


次に乗るのは、親子連れが多かったです。

Dsc_2476


京阪線の石清水八幡宮駅へ戻ってきました。
この駅の駅舎の写真は、あまり撮ることはなかったですが、せっかくなので・・・。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年11月14日 (木)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「トミーテック製品でお手軽ジオラマ」【4】

今回は、こちらです。

Img_3344


この製品も以前紹介したセットの中に含まれていた、建物コレクション「中古車屋B2~現代風~」を組み立てたものです。
この製品、ジオコレのHPによれば、2012年1月に発売されたものです。同時発売された「A2~昭和風~」も、紹介したセットに入っていました。
また、同製品は2009年夏に発売されたもののリニューアル版となります。

Img_3254


同梱のシールです。
今ではあまり見かけることのない「万国旗」や「車両ディスプレイ」。
「現代風」とありますが、地方のどこかにあるような少し古びた中古車販売店のような感じがします。
「プライスカード」は展示されている車の正面の窓ガラスに貼られているもので、大きな中古車販売店でも見かけたことが多いかと思います。

Img_3213


今は秋なので、同じセットに入っていた銀杏の木をプラスして、アクセントとしてみました。


Img_3342


正面側を拡大。
付属のパーツやシールを使って、「中古車販売店」の雰囲気を出してみました。
いかがでしょうか。

今回使用したアイテムは・・・。

●トミーテックのジオコレ製品の「建物コレクション」から・・・。

◎「中古車屋B2~現代風~」


●「情景コレクション」から・・・。

◎「ザ・樹木 銀杏(いちょう)」

●「乗物コレクション」から・・・。

◎「ザ・カーコレクション」オープンパッケージ各種。

以上となります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年11月11日 (月)

OsakaMetro堺筋線・阪急京都線相互直通50周年記念のスタンプラリーに参加しました

1969(昭和44)年12月6日、大阪市営地下鉄(現 OsakaMetro)堺筋線が開業、そして阪急京都線との相互直通運転(以下、相互直通)を開始して、今年で50年を迎えました。
それを記念して、記念乗車券の発売やイベント列車の運行などのイベントやキャンペーンが今月2日から始まりました。
9日、わたしも記念乗車券の購入も兼ねて、記念スタンプラリーに参加しました。
この日はまず、京阪の枚方市駅で所用を済ませた後、記念乗車券の購入のため、阪急京都線の高槻市駅へバスで向かいました。
高槻市駅で記念乗車券の購入とスタンプラリーのシートを入手後、スタンプ設置駅の同駅で最初のスタンプを押したあと、OsakaMetro堺筋線の方へ向かうため、ホームを上がりました。

Img_3286


天下茶屋行きの電車を待っていると・・・。なんと、いきなりサプライズが!!
「京とれいん雅洛」(7000系7006編成)が通過していきました!!
このほか、移動中に阪急名物のヘッドマーク「もみじ」や「阪急三番街50周年PR」の車両を見ることができました。

Img_3289


これが、イベント用のスタンプ台です(画像はOsakaMetro北浜駅のもの)。
ここで記念スタンプラリーのルールについて、説明します。
OsakaMetroと阪急の計9駅のスタンプ設置駅で、OsakaMetroで3駅以上、阪急で2駅以上のスタンプ(計5駅以上、5駅でもOK)を押して、ゴールポイントの駅(OsakaMetroの天神橋筋六丁目駅、または阪急の淡路駅)にシートを持っていくと、オリジナルシールセットがもらえるというものです。
また、スタンプラリー用とは別に、記念乗車券についてくる、当時の記念乗車券の複製券に、相互直通を開始した当時の改札印を模したスタンプを記念に押印できるスタンプも設置しています(画像では、向かって左側)。


Img_3300


このイベントについて書かれたポスターです。

Img_3293


堺筋線の駅構内には、こんなポスターも。
同線の開業時に導入された、60系が今では懐かしく感じました。


Img_3290


北浜駅の駅名標のデザインが、新しくなっていました。

Img_3295

 

Img_3296


こちらは、南森町駅の駅名標。従来からのデザインです。
下は堺筋線と阪急京都線の路線図。
わたしもたびたび分からなくなることがありますが、「阪急京都線」とは、正式には京都本線(大阪梅田駅-京都河原町駅間)、千里線(天神橋筋六丁目駅-北千里駅間)、嵐山線(桂駅-嵐山駅間)の総称です。しかし、基本的に(例えば)「阪急京都線の嵐山駅」でも間違いではありません。余談ですが、JR京都線はJR西日本が東海道線に付けた愛称です。

Img_3299


天神橋筋六丁目駅(天六駅)で、以前本町駅で見たものと同じものを発見!!
これはどうも、ホームにある列車案内表示器の次に来る列車の位置表示(この画像の例だと「柴島駅に着きました」、「都島駅に着きました」)を簡略化したもののようです。この表示器の場合は、左側が谷町線、右側が堺筋線の表示です。なお、この表示器は一般乗客の目線では見えにくい位置にあるので、OsakaMetroの駅係員向けのものと思われます。
(本町駅のものは、当ブログの過去記事(こちら)をご覧ください)


Img_3303


続いては、この日見れたり乗れたりした車両です。
OsakaMetro堺筋線の66系の一部の編成は、相互直通50周年記念のHM(ステッカー式)を掲出していました。画像は1990(平成2)年に製造された、66系のトップナンバー編成です。行先表示がLED化されたリニューアル車(OsakaMetroでは「中間更新」と呼んでいる)です。車内デザインも沿線の天王寺動物園をイメージして、乗降扉や乗務員室扉などの化粧板が動物柄になり、扉のガラスなどには動物のシルエットなど、「隠し動物」を盛り込んだユニークなものとなりました。また、2018(平成30)年からの施工車は、今宮戎や堀川戎にちなんだデザインとなっています。


Img_3297


阪急の車両では、画像の「SDGsトレイン 未来のゆめ・まち号」(2020年5月まで運行予定)のほか、「えほんトレインジャッキー号」の第2弾(2020年3月まで運行予定)などを見ることができました。なお、8300系については、復刻装飾の8300編成も含め、姿が見えませんでした。

Img_3319


これが、景品のステッカーセットです。OsakaMetro堺筋線版と阪急京都線版の2枚セットです。
2社の新旧の社章や車両のイラスト、駅名標など盛りだくさんの内容です(^^♪。

Img270


最後に紹介するのは、相互直通50周年記念乗車券です。
今回は、阪急電鉄版を購入しました。
機会があれば、OsakaMetro版を購入したいです。

Img271


乗車券(磁気カードタイプ)は、2社とも共通デザインです。

Img272


相互直通を開始した当時の記念乗車券の複製券です。
乗車券(黄色の部分)の丸い点線部分に当時の改札印を模したスタンプが押せます。(改札印がお見苦しくてすみません<(_ _)>)
阪急電鉄版には、相互直通を開始した日(昭和44年12月6日)に導入した2社の車両(大阪市営地下鉄(当時)60系、阪急3300系)が並んだ写真が印刷されています。この相互直通が、関西初の公営鉄道と民鉄の相互直通運転となりました。また、これにより、翌年開催の万国博覧会輸送に大きく貢献しました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年11月 6日 (水)

京阪大津線訪問&トミックス「ミニカーブレール」テスト運転

今回は4日のお話です。

あの事件の関係で延期されていた「京阪電車×響け!ユーフォニアム」のイベントが今月1日からスタートしました。
かく言うわたしも、人気にあやかって京阪大津線の方へ出かけてきました。


Img_3256


往路は、最寄り駅9時27分発の臨時列車、臨時快速急行 京都出町柳行き(3000系)に乗車しました。


Dsc_2477


Dsc_2493


現地へ到着後、まずは京津線の800系を撮影。
上は、往路で乗車した新塗装の811F、下は現在も旧塗装で残る803F。
このほか、旧塗装の編成は801Fが四宮車庫にて確認できました。


Dsc_2510


新塗装の600形が、びわ湖浜大津駅へ向かいます。
びわ湖浜大津駅から三井寺側へ向かう途中に、赤矢印で示した標識灯があります。これは、石坂線の電車が近づいてくると「電車接近」という文字が踏切の警報機のように上下2文字ずつ交互に点灯し、電車の接近の注意喚起をする効果があります。


Dsc_2525


「比叡山・びわ湖 山と水と光の廻廊」の副標を掲出した600形(607+608)。
この編成は、600形で最初に新塗装化されました。
過去には数多くのラッピング電車が多く見られた600形ですが、「ユーフォ」の編成を除くほとんどの編成が、新塗装になったように見受けられます。

Dsc_2545


700形で新たに塗色変更された編成も。
台車など床下がきれいなので、検査上がりかもしれません。画像の705+706は、元「ちはやふる」ラッピング電車の編成。


Dsc_2515


700形701+702の「80形復刻塗装」。運行期間は2020(令和2)年の3月31日までの予定となっています。
もうひとつのラッピング電車は、「ビール&おでん電車」の703+704です。
さて、700形の新塗装第1号は、707+708でした。上の705の編成も新塗装となり、旧塗装で残っているのは、709+710の編成のみと思われます。

Dsc_2532


「響け!ユーフォニアム」のラッピング電車(600形617+618)がやってきました。
前面には、「ユーフォ」のキャラをデザインした特製HMが掲出されています。
京阪のHPの発表によると、HMはこのデザインが前期(11月1日~18日)、後期は19日~12月3日の予定となっています。

Dsc_2541


びわ湖浜大津駅へ向かう「ユーフォ」のラッピング電車。こちら側にも特製HMが掲出されています。
写しているときには気がつかなかったのですが、帰宅後、画像を確認すると、手前で親子連れが電車を眺めていました。

この日は滋賀県に強風注意報が出ていて、このあとの移動場所も特に決めていなかったので、このあとわたしは帰宅したのでした。

**************************************

Img_3267


帰宅後、先日購入したトミックスの「ミニカーブレールセット」を広げてみました。
広げてみると、こんな感じです。
試運転には、同じくトミックスの「JR DE10・ワム80000形貨物列車セット」(品番92404)のDE10を用いました。


Img_3264


DCフィーダーとパワーユニット(コントローラー)は、レイアウト左側にあります。
危なっかしく見えますが(汗)、うまく走らせることができました(^^)。
このプランを手始めに、今後「ミニカーブレール」のレールセットも買い足していこうと思います。

**************************************

翌日、「きのうは、大阪府で木枯らし1号が吹きました」とニュースで言っていました。
そういえば、こちらも結構風が強かったような気がしました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~「ステッカー目当てで・・・」

今回は、先月30日のお話です。
近所の商業複合施設に買い物に出かけた折に、某家電量販店の玩具売り場に立ち寄りました。
目的は、トミックスのHPに掲載されていた、レールセットのパンフ(PDF版)の紙版が欲しかったのと、トミーテックの「ジオコレ」製品で何か欲しいものはあるか、見に行こうと思ったからです。
売り場へ行ってみると、「TOMIX製品(車両は除く)を税抜き2,000円以上購入すると、特製ステッカーをプレゼントします」という張り紙を見つけました。

Img_3231


というわけで、車両以外で2,000円ほどになるものを探してみると・・・。
ありました、ありました。

トミックスのレールシリーズのひとつ、「ミニカーブレール「基本セット」(レールパターンMA)」(品番91081)と「エンドレールE」(品番1421)の計2点を購入しました。
「ミニカーブレールセット」の方は、「ミニカーブレール対応」の車両を持っていたので、それを活かしたく、以前から欲しかったのです。こんな時に購入できるとは、予想もしませんでした。
レールセットの寸法は317×457mmと、同社のSDセット(入門セット)やマイプランLTシリーズの「レールパターンA」(560×1120mm)よりはるかに省スペースで運転を楽しめることが分かりました。

Img_3232


これが、プレゼント品のステッカーです。
特別な意味はないけれど、なんだか得した気分になりました。

**************************************

「石清水八幡宮へ参拝(後編)」は都合により、更新を延期させていただきます。
ご了承ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »