このブログとの関連リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

鉄道コム

  • 鉄道コム

最近のトラックバック

お天気娘の天気予報

« シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~ 「2019年7月14日の運転会より~SLやまぐち号&オリエントエクスプレス’88~」 | トップページ | 阪急京都線沿線へ(後編) »

2019年7月24日 (水)

阪急京都線沿線へ(前編)

去る20日、わたしは阪急電鉄のカレンダー「マルーンの疾風(かぜ)」(壁掛け版)の今月の写真や、ほかの方のブログ記事などでよく出てくる場所に行きたくなりました。

Img_1893


それは、阪急京都線茨木市駅-南茨木駅間にある、田んぼが広がった場所です。そこを電車が颯爽と走るシーンにあこがれを感じていました。
その場所をグーグルマップで探してみると、奈良街道上三番踏切という名前の踏切がある場所とわかりました。
この日に出かけたのは、ちょうど「祇園祭」、「天神祭」のPRヘッドマーク掲出や、8300系のトップナンバー編成(8300ほか8連)に掲出したデビュー30周年記念の特製ヘッドマーク、そして6300系「京とれいん」や7000系「京とれいん雅洛」など、いろいろ写したいものがあったからです。
当日は、2種類の「京とれいん」を写すタイミングで滞在時間を決めていましたが、この場所は午後から梅田寄りが逆光となるので、梅田方面行きの列車しか撮れない(例外もあるかと思いますが)という制約があることがわかりました(この日は曇り空でした)。それから、2種類の「京とれいん」を写すと滞在時間がとても長くなることがネットで調べて分かったので、この日は6300系「京とれいん」のみとした結果、現地での滞在時間は40分程度でした。


Dsc_2056


今回は、この日見ることができた、この時期の阪急名物のHM(祇園祭&天神祭)掲出編成などを紹介します。
まずは、「天神祭」のHMから。
阪急電鉄のHPの発表では、神戸・宝塚・京都の各線で7月18日~24日まで、それぞれ2編成に掲出されると記載されています。
この日は画像の9300系(9303ほか8連)を見ました。



Dsc_2109


Dsc_2145


続いて、「祇園祭」のHM。
掲出期間は、7月1日~24日。3線それぞれ6編成。18日以降は4編成の掲出と発表されています。
この日は、9300系(9306ほか8連)、1300系(1306ほか8連)を確認できました。

Dsc_2069


京都線で毎週土休日に運転される観光特急「京とれいん」。今年の3月からは新たに7000系6連を改造した「京とれいん雅洛」が加わりました。
今回は前述のとおり、6300系の「京とれいん」のみ撮影しました。
編成全体を見ると、検査出場後も入場前とほとんど変わりないように見えました。


Dsc_2069_1 Dsc_2074










しかし、前面部分を拡大してみると、小さな変化が。
乗務員室扉とその後ろにある小窓と乗降扉の間にロゴマーク(のようなもの)を見つけました。
さて、列車種別は「雅洛」が「快速特急」を名乗ることとなりましたが、こちらは「快速特急A」という種別に変更されました。
ウィキペディアによると、これは、ホームドアが設置された十三(じゅうそう)駅には、「京とれいん」は扉の位置が異なるため対応できず、十三駅は通過とされたため、「雅洛」と区別するためだとのこと。
ちなみに、「快速特急A」の表記は白地に赤文字です。
これは、かつての急行の表示と同じです。その後、1982(昭和57)年に黒地にオレンジ文字、1992(平成4)年には「「普通」の表記と区別しにくい」との理由から、現行のオレンジ地に黒文字に変わりました。
それから、この「快速特急A」の下に小さな文字が書いてあるのが気になったので調べてみたら「十三通過」と表記されていることがわかりました(ウィキペディアより)。

Dsc_2112


これは、7月7日から運転を開始した、絵本「くまのがっこう」との初コラボによる装飾列車「えほんトレインジャッキー号」です。(1300系1305ほか8連)
この装飾列車は神戸線、宝塚線でも運行しており、それぞれ異なるデザインのHMが掲出されています。


Dsc_2117



「ジャッキー号」が通り過ぎたその時、その先の高架線路にJR貨物のコンテナ列車が通過して、ツーショットの1枚が!!


Dsc_2121


トラス鉄橋に吸い込まれていくコンテナ列車。
この高架線路、安威川近くにあるJR貨物の大阪貨物ターミナル駅の線路からつながっているのです。
大阪貨物ターミナル駅は、となりの新幹線の鳥飼車両基地とともに、大阪モノレールの車内から見ることができます。

Img_1891


この画像は前出のものとは別の時間に写したもの。
けん引機が単機で走行しているように見えましたが、実際はコンテナを積載していないコンテナ車(コキ)をけん引していたのでしょうか・・・?

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

« シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~ 「2019年7月14日の運転会より~SLやまぐち号&オリエントエクスプレス’88~」 | トップページ | 阪急京都線沿線へ(後編) »

阪急電鉄」カテゴリの記事

JR貨物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~ 「2019年7月14日の運転会より~SLやまぐち号&オリエントエクスプレス’88~」 | トップページ | 阪急京都線沿線へ(後編) »

貸切電車として走る阪堺モ161形161号車

当ブログへようこそ!!

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ