このブログとの関連リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

鉄道コム

  • 鉄道コム

最近のトラックバック

お天気娘の天気予報

« 阪急京都線沿線へ(後編) | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~ 「はじめての「鉄コレ」Nゲージ化」(2)走行用パーツセットとパンタグラフの取り付け »

2019年7月31日 (水)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~ 「はじめての「鉄コレ」Nゲージ化」(1)付属パーツの取り付けと中間車への動力ユニット取り付け

 

Img_1564


今回はトミーテックさんから発売されている、模型好きの方を中心に根強い人気を持つ鉄道コレクション(「鉄コレ」の愛称で呼ばれている、全国の鉄道車両をモデルとしたディスプレイモデル)で初めてNゲージ化(Nゲージのレイアウトで走行させる)した備忘録を紹介します。
初めてNゲージ化にトライした商品は、トミーテックさんの「ジオコレ」のサイト内の動画などでも紹介された伊豆箱根鉄道3000系(3506編成)ラブライブ!サンシャイン!!「HAPPY PARTY TRAIN」ラッピング電車3両セットです。
この車両の実車は見たことはありませんが、このラッピングに用いられている作品は個人的に好みなので、初めて鉄コレでNゲージ化した製品としました。

Img_1920


まずは付属パーツの取り付けから。
無線アンテナはパッケージに記載のとおり、先頭車の屋根パーツ裏側の指定の位置に、1mmドリル(ピンバイスを使用すると良い)で穴をあけ、アンテナを差し込みます。差し込んだら、屋根パーツの裏側にプラ用接着剤(タミヤセメントがおすすめ)を塗布すると、安定します。
なお、パーツは非常に小さいので、破損や紛失には気をつけてください。
ちなみに、この取り付け作業は「上級者向け」とパッケージに記載されているので、あくまでもアクセント的なものととらえて、無理におこなう必要はないでしょう(わたしも進んでしないほうです(^^ゞ)。

Img_1921


次に、付属のヘッドマークパーツを先頭車に取り付けます。付属のシールのなかからお好みのものをヘッドマークパーツ(円形のもの)に張り付け、両面テープやゴム系接着剤などで取り付けます。
画像のようにHMは実車より大きく見えますが、ここは目をつぶるとしましょう(笑)。

Img_1924


さて、ここからはタイトル通り、鉄コレのNゲージ化作業に入ります。
鉄コレのほとんどは、パッケージにNゲージ化に必要な別売りパーツが記載されています。まずは、これらを用意するところからはじめます。
この製品に使用するものは、動力ユニット、Nゲージ走行用パーツセット、トミックス製分売パーツのパンタグラフです。

Img_1925


この製品に必要なパーツです。
なお、動力ユニットに取り付ける台車枠(レリーフ)は、動力ユニットに付属のものは取り付けず、製品パッケージに記載しているとおり、製品に付属の台車枠を使用します。

Img_1930


まず、鉄コレ車両を分解します。
ボディから床板と座席パーツを取り外します。
そのあと、製品に付属の台車枠(レリーフ)を動力ユニットに取り付けます。
バンダイから発売の組み立てキットの「Bトレインショーティー」を組み立てたことがある方ならお気づきかと思われますが、取り付け方は、そのBトレとほぼ同じです。

Img_1931


製品の床下機器も動力ユニットに取り付けます。取り付けがゆるい場合は、プラ用接着剤で固定させると良いでしょう。
製品のパッケージに記載のイラストなどを見ながら、向きを間違えないようにしましょう。
なお、この作業はグリーンマックスの車両キットの組み立ての際の、床下機器パーツを床板に固定させる作業とほぼ同じです。

Img_1932


次に動力ユニットに付属しているカプラー(アーノルドカプラーユニット)を取り付けます。
動力ユニットは、多くの鉄コレ車両に対応できるように車体より若干短めに作られています。
余分に開いてしまう隙間を埋めるパーツがこのスペーサーと呼ばれるもので、S・M・Lの3種類付属しています。
この製品ではパッケージに記載のとおり、画像のSサイズを使用します。これをランナーから切り出します。

Img_1941


スペーサー(Sサイズ)を前後に取り付けた状態です。

Img_1943


Img_1944


スペーサーを取り付けたら、カプラーを取り付けます。
上は動力ユニットの下から見たもの、下は同じく上から見たものの画像です。
取り付け作業は、さほど難しいものではないのですが、はじめてのわたしはよく分からなかったので(汗)、メーカーさんに問い合わせてようやく分かりました。
この製品の場合は中間車となるので、前後2か所に取り付けます。
一つつけることができたら、2つ目からは大体のコツはつかめて、取り付けにも苦労しないと思います。

Img_1946


最後にボディを組み合わせて完成です。
次回は走行用パーツの取り付けについてです。

この作業に取り組むにあたり、以下のサイトを参考にさせていただきました。
鉄コレをNゲージ化する/鉄道模型通販・Nゲージ ミッドナイン
ホビーサーチブログ 鉄コレ101系鶴見線を"Nゲージ化”する
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

« 阪急京都線沿線へ(後編) | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~ 「はじめての「鉄コレ」Nゲージ化」(2)走行用パーツセットとパンタグラフの取り付け »

「自分なりのNゲージ鉄道模型」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪急京都線沿線へ(後編) | トップページ | シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~ 「はじめての「鉄コレ」Nゲージ化」(2)走行用パーツセットとパンタグラフの取り付け »

貸切電車として走る阪堺モ161形161号車

当ブログへようこそ!!

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ