このブログとの関連リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

鉄道コム

  • 鉄道コム

最近のトラックバック

お天気娘の天気予報

« 阪急神戸線へ 。(後編) | トップページ | 大阪環状線の201系運用終了にちなんで~わたしの撮影記録より~(前編) »

2019年5月30日 (木)

きょうは久々に・・・

先月の21日のお話です。
阪神なんば線((阪神)尼崎-(近鉄)大阪難波間)が開業して今年の3月20日で開業10周年を迎えました。
同線が開業したことにより、阪神の三宮(現・神戸三宮)から近鉄奈良線の奈良(現・近鉄奈良)が一本の線路で結ばれることとなり、神戸~奈良間の交通アクセスが飛躍的に向上しました。
それを記念して、阪神と相互乗り入れ先の近鉄では、相互直通運転開始10周年記念グッズが発売されました。
遅ればせながらその情報を聞いたわたしは、グッズの在庫状況を事前に問い合わせして、近鉄の大阪上本町駅でわたしが欲しかったものが手に入ることが分かったので、出かけてきました。

Img_0628


往路は京阪で天満橋まで乗車し、OsakaMetro谷町線に乗換え、谷町九丁目で下車。
現在の谷町線の日中の列車はすべて大日-八尾南間の通し運転になり、御堂筋線ほどではないですが、着席のチャンスはあまり見込めません・・・。
また、谷町九丁目駅の発車時刻表の掲出は、画像のように交通局時代と変わらずです。
堺筋線でも以前、同じようなものを見た記憶があります。
あくまでも個人的な見解ですが、(OsakaMetroは)どうも路線や駅にによって、掲出物関係の種類や設置位置などにはバラつきがあるようです・・・。

Img_0629


久しぶりに来た、地下鉄谷町線・谷町九丁目駅から近鉄の大阪上本町駅までの連絡通路。
まだ人気は少なかったです。
前回(およそ5年前?)に来た時と比べ、幾分きれいに見えたのは気のせいでしょうか?

Img_0636

近鉄大阪線の乗り場がある大阪上本町駅で記念グッズを購入後、ふと大阪線のホームを見渡してみました。
最初の予定では往路と同じ谷町線を使うことにしていましたが、近鉄大阪線の電車に乗るのもご無沙汰で、俊徳道駅で下車すれば今年3月のJR西のダイヤ改正で新大阪まで全線開通したJRおおさか東線に乗って帰れることが分かったのでその経路に変更しました。

Img_0637


俊徳道駅は普通(各停)しか停車しないので、ちょうど発車待ちをしていたこの「五位堂行き」に乗ることにしました。
大阪線の普通列車では「高安行き」や「河内国分行き」は見たことがありますが、五位堂行きの列車を見たのは初めてでした。
さらに、着席した車内から別の列車の車両の種別行先表示幕が動くのが見えました。
「普通大和朝倉行き」というのは初めて見ました。
それにしても、表示幕が動いて、いろいろな表示を見ていると、思わず楽しくなっちゃいます(^^♪。
ちなみにわたしの地元を走る京阪バスでは、ついこの間まで行先表示が「字幕表示式」のバスが走っていましたが、主流となったLED表示式の新車が導入され姿を消してしまいました。

Img_0645


大阪上本町から電車に揺られること8分ほどで、俊徳道駅に到着します。
近鉄の駅から少し歩いたところにあるのが、JRおおさか東線のJR俊徳道駅です。
開業から10年経過しましたが、きれいな印象を受けます。
ちなみに、JR西の駅ではじめて駅名のあたまに「JR」が付いた駅は、大和路線の「JR難波駅」(旧駅名は湊町)になります。
わたしは、まだ訪れたことがありませんが・・・(^^ゞ。

Img_0651


赤い四角で囲ったところが、JRおおさか東線で今回開業した区間になります(放出(はなてん)-新大阪間)。
新大阪駅まで開業する以前は、大阪府における難読駅名のひとつ、放出(はなてん)駅まででした。
例として京阪線からおおさか東線に乗る場合は、京橋で学研都市線(片町線)に乗り換え、四条畷・木津方面へ2駅目の放出駅で乗り換えるようになっていました。
現在は京阪の野江駅から、今回新たにできた「JR野江駅」で徒歩連絡で乗り換えることができるので、全線開業前のような手間は省けるようになりました(ただし、京阪野江駅は普通しか停車せず、自動化された車内放送でも乗換えの案内はない)。
もちろん、新幹線利用などで新大阪駅、久宝寺駅で大和路線に乗換え、奈良方面へ向かうのも、便利になりました。

Img_0653


同線の普通列車用の201系がやってきました。2018(平成30)年までは103系も運用されていました(いずれも吹田総合車両所奈良支所所属)。また、このほかに同線を経由して大和路線の奈良駅と新大阪駅を結ぶ直通快速(207系および321系を使用)も運転されています(新大阪開業以前は、奈良駅から学研都市線とJR東西線経由で尼崎駅までの運転だった)。
電車の後ろに見える鉄橋は、近鉄大阪線の俊徳道駅(名古屋・伊勢方面側)に設けられたものです。

Img_0654


わたしが乗った車両では、窓ガラスにおおさか東線全線開業記念のシールが貼られていました。

Img_0656


JR野江駅の駅名標です。次の駅は城北公園通駅です。

Img_0657


高架のホーム下にあるコンコースです。

Img_0658


JR野江駅の駅舎です。
かつては貨物線と人道が併設していた淀川橋梁(赤川鉄橋。2013(平成25)年10月で閉鎖)を渡り、京阪の野江駅の大阪側に見える鉄橋はおおさか東線の全線開業により、おおさか東線の201系や直通快速の姿も見ることができます。

Img_0667


さて、今回購入したグッズですが・・・。
ミニミニ方向幕2個セット、ピンバッジ(近鉄 ver.)、クリアファイルの3点です。

Img_0683


この中で面白いのはやはり、このミニミニ方向幕だと思います。
阪神車両は9000系(LEDタイプ)、近鉄車両は5800系(方向幕タイプ)をモデルとしています。
表示例として「区準(区間準急)大和西大寺行き(阪神)」と「快急(快速急行)三宮行き(近鉄)」にセットしたものがこちらです。
各社の実車通り、側面の列車種別は略称となっています。

Img_0685


どちらもそれぞれ25種類の表示が可能で、どちらの商品もこんな表示が収録されています。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

鉄道コム

web拍手 by FC2

« 阪急神戸線へ 。(後編) | トップページ | 大阪環状線の201系運用終了にちなんで~わたしの撮影記録より~(前編) »

JR」カテゴリの記事

阪神電気鉄道」カテゴリの記事

近畿日本鉄道」カテゴリの記事

鉄道グッズ・部品」カテゴリの記事

Osaka Metro(大阪市高速電気軌道)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪急神戸線へ 。(後編) | トップページ | 大阪環状線の201系運用終了にちなんで~わたしの撮影記録より~(前編) »

貸切電車として走る阪堺モ161形161号車

当ブログへようこそ!!

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

無料ブログはココログ