このブログとの関連リンク

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

鉄道コム

  • 鉄道コム

最近のトラックバック

お天気娘の天気予報

« ことしのお花見は、新幹線公園へ。(保存車両編【3】) | トップページ | 阪急神戸線へ 。(前編) »

2019年5月14日 (火)

ことしのお花見は、新幹線公園へ。(保存車両編)【4】)

【3】の続きです。

今度はEF15形120号機の外観を見てみることに。

Dsc_0952


0系新幹線の反対側のデッキ(1エンド側)は扉が開いた状態で開放され、また、デッキに上ることできる階段が設置されています。

Dsc_0978


その反対側はこのように締め切られています。
手持ちの「鉄道ピクトリアル」(電気車研究会刊)のバックナンバー(後述)によれば、晩年の関西のEF15形はデッキ両サイドの手すりを白く塗っていたとあります。
この120号機も当時の状態そのままとなっています。
また、前面窓は晩年の多くの他車のようなHゴム支持になっておらず、原型を保っています(注:あくまでも目視による判断です)。

Dsc_0959


ヘッドライトはシールドビーム2灯(103系などと同じ形態)に交換されていました。

Dsc_0965


ナンバープレートとメーカーズプレートです。
メーカーズプレートは新三菱重工となっています。
(注:プレート類はレプリカ)

Dsc_0961


旧型機関車特有の武骨な台車。

Dsc_0961_1


運転室部分を拡大してみました。
「鷹取工 56-2」という標記が目に留まりました。
また、こちら側の「2」という数字は「2エンド側」(簡単に言えば、車両の向き)を指すとのことです。

Dsc_0966

Dsc_0974


床下機器類にも標記が。
「56.2.24 T.T」とあります。
こちら側は「1エンド側」となります。

Dsc_1029


同機の0系車両へ向いた側の側面です。

Img_0437


同機の前には同機の詳しい経歴や、EF15形の主要数値表(諸元表)が書かれた看板が立ててありました。

Dsc_1023

 
同機を手前から見ると、0系新幹線とは背中合わせになっていることが分かります。

Img021


同機については、わたしが持っている「鉄道ピクトリアル」のバックナンバー(2006年12月号/No.783)を参考にさせていただきました。

Img_0446

ここからは、帰路のモノレールの車内から。
新幹線公園の桜のトンネルは、モノレールの車内からはこんな風に見えます。

Img_0450


このあと前記事でアップした大阪貨物ターミナル駅に続いて、新幹線の鳥飼車両基地が見渡せます。見える車両はN700系ばかりです。(少し右寄りに700系が一編成見えました)


20170304_1_1


こちらは2年前に同じモノレールの車内から撮影したもの。
N700系のほか、700系の姿も見受けられます。
(左奥には元「ひかりレールスター」用の7000番台(E編成)らしき車両も見えます)
さて、700系は2019年度をもって、東海道・山陽新幹線から引退するとの発表がありました。
そのタイミングで、トミックスからは700系の「のぞみ」16両編成が組めるセット(0番台基本&増結セット)が今年4月に発売されました。

※おまけ画像

Dsc_1005


最後にこちらを。
公園内の展示車両や桜のトンネルを抜けた先に大阪貨物ターミナル駅に続く、コンテナ積載のトラックが見えました。

**************************************

この日は新幹線公園の桜と展示車両、そして大阪貨物ターミナル駅のコンテナなど、「一度に3度おいしい」(?)内容でとても楽しむことができました(^^♪。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

« ことしのお花見は、新幹線公園へ。(保存車両編【3】) | トップページ | 阪急神戸線へ 。(前編) »

JR貨物」カテゴリの記事

国鉄型車両」カテゴリの記事

鉄道博物館、施設」カテゴリの記事

新幹線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ことしのお花見は、新幹線公園へ。(保存車両編【3】) | トップページ | 阪急神戸線へ 。(前編) »

貸切電車として走る阪堺モ161形161号車

当ブログへようこそ!!

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

無料ブログはココログ