« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月30日 (土)

~JR西日本 鉄道むすめフェスタ2019~に参加しました(前編)

去る21日、わたしはJR大阪駅5階の時空(とき)の広場に出向いてきました。
そのきっかけは、某鉄道グッズショップからのメールでした。

「大阪駅なら移動もそれほどかからないし・・・」と思い立ち、出かけたのでした。
さて、出発前日まで「時空の広場」の行きかたがウェブサイトを見ても分からなかったので、時空の広場がある大阪ステーションシティに問い合わせることに。

同イベント開始時刻は13時からでした。
また、前述のメールのリンク先(同イベントのお知らせ)に大まかなプログラムも記載されていました。「鉄道むすめ」のグッズなどを販売するということを知り、グッズも早めに購入したかったので大阪駅に13時頃到着するように乗車する列車を経路検索アプリで調べておき、自宅を出ました。

大阪駅の大阪環状線ホームには13時頃到着。
この日は久しぶりに環状線を利用したので、環状線の大阪駅の発車メロディ「やっぱ好きやねん」を聞きたかったので、しばらくホームにいました。
ここでふとJR神戸線(姫路・網干方面)を発車する新快速を見ると、1両だけ見たことのない車両が・・・。
それは、今回のダイヤ改正で登場した新快速Aシートという有料座席サービスの車両でした。
帰宅後、JR西のHPで確認すると、その車両を組み込んだ列車は大阪駅13時発の列車でした。
いきなりだったので写真は撮れませんでしたが、ラッキーな気分になれました(^O^)。


022

前置きが長くなってしまいました・・・。
当日「時空の広場」で行われた同イベントは、JR西グループの鉄道むすめ4名が集結するという内容で、大阪では初めてとなるイベントでした。

グッズを購入後、14時から開始の地域の魅力発信や観光PRステージの実施を見ました。


030


まずはJR西和歌山支社白浜駅のキャラクター、黒潮しららちゃんと担当者が白浜(和歌山県西牟婁(むろ)群白浜町)が登場。
画像は黒潮しららちゃんが着用しているアロハシャツについてお話されていたものです。


069


続いてJR西福知山支社城崎温泉駅のキャラクター、城崎このりちゃんが登場。
画像は浴衣を着用した城崎温泉観光大使の皆さまが来場されたシーンです。


090
093


続いて、位置情報ゲーム「駅メモ」ことステーションメモリーズ!((株)モバイルファクトリーが開発・運営)についてのお話を聞きました。
このゲームの名前は聞いたことはありましたが、個人的にはあまり興味は持てず(失礼)でしたが、大まかな内容は知ることができたので、暇なときに入れてみたいと思いました。

110


このあとは会場内に設置された「鉄道むすめ」キャラクターの写真撮影用パネルで撮影を楽しみました♪。
まずは先ほど出演された、城崎温泉観光大使の皆さまと📷。
城崎このりちゃんのプチバージョンのパネルも登場しました(^^)。

129
132



続いて、今回登場した鉄道むすめ(城崎このりちゃん、黒潮しららちゃん、嵯峨ほづきちゃん)のパネルが登場。
嵯峨ほづきちゃんは、熊野詣姿のパネルも登場しました。

170


16時からは各社の「鉄道むすめ」プロジェクト担当者のトークショーがありました。
各社の鉄道むすめキャラクター製作のきっかけや今後の展開など、ディープな話も飛び交い面白かったです。
あと、周りの参加者の方を見てみると、自分より目上の人も見受けられました。
そのあとは、非売品のオリジナルグッズなど素敵な景品がゲットできるという「じゃんけん大会」が。
会場内は大変盛り上がって幕となりました。

172


このあと、もう一度パネル撮影。
JR西日本メイテックの米原はるかちゃんも加わりました(^^♪。

この日は皆さま、お疲れ様でした。


Img_0309
Img_0310


ここからはこの日購入できたグッズを紹介します。
今鉄道グッズで流行りのキラ鉄ファイル☆から。
今回は嵯峨ほづきちゃんとシーサイドラインの柴口このみちゃんの2種を購入。


Img_0307

続いて、アクリルフィギュア(画像中央奥)、缶バッジ(画像右上)など。


Img_0313


そして、今回登場した鉄道むすめがデザインされた記念硬券セットです。

次回はJR大阪駅ホームの列車撮影記録を紹介します。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございした。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (2)

2019年3月27日 (水)

大阪天満宮へ行ってきました。(後編)

前編の続きです。

梅の花を見たあと、気になっていた催し物である水墨画の奉納式をみました。

Dsc_0336


絵師の方が書き始めたところです。
舞台左に見える女性が朗読を、右側の女性が楽器(何かは不明)を奏でていました。


Dsc_0374


ダイナミックな音楽とともに、絵師の方の筆は進みます。


Dsc_0408



描く方がふえて、見ていて楽しくなってきました。


Dsc_0423


水彩画が完成しました。
このあと舞台にて挨拶がありました。
舞台の一番左の女性は「この奉納式ですが今年初めて行われました」と語っていらっしゃいました。


Dsc_0434


完成した水彩画です。
二つの巨木と鳥が二羽が描かれた作品となりました。


Dsc_0474


水彩画奉納式を見終えたあと帰路に着こうと思いましたが、そばでは賑やかな音楽と人だかりが。
この日、同時に催された伊賀NINJAフェスタという「伊賀忍者のショー」が始まっていました。
面白そうだったので、見ていくことにしました。


Dsc_0522


くのいちの方も出演されていました。


Dsc_0511


この日、出演された伊賀忍者の衣装をまとった皆さんです。
忍者の里、三重県伊賀市から来られたとのこと。
ちなみにショーの中でバク転をしたシーンもあり、迫力ありましたが残念ながらきれいに写っていなかったので割愛させていただきます(^^ゞ。
あと、ショーの後半では忍者衣装のちびっこたちが参加したものもあり、とても面白かったです。

Dsc_0524


このあと、帰路に向かうことに。


Dsc_0537



天満宮近くの商店街でパレードをやっていました。
わたしの手前には忍者姿のちびっこが歩いている姿が目に留まりました。


P_20190302_3


京阪のなにわ橋駅へ向かう途中に国指定重要文化財である大阪市中央公会堂が見えました。
帰宅してから調べてみると、中央公会堂は去年(2018年)の11月17日に開館100周年を迎えたとのことです。
この建物を見たのも本当に久しぶりでした。
(完)

**************************************

繰り返しますが、当ブログサービスの全面リニューアルが先日行われました。
管理画面の変更など、大規模なものとなりました。
リニューアル後しばらくはトラブルが多々見受けられましたが、少しずつ収束の方へ向かっているようです。

まだ記事作成に慣れていないわたしですが、今後とも当ブログをよろしくお願いします<m(__)m>。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月23日 (土)

大阪天満宮へ行ってきました。(前編)

去る2日、この日は気候が良かったので少し出かけることにしました。
この時期は梅のシーズン。
京阪のHP内の京阪沿線 梅の名所で目的地を探すことに。
その結果、枚方市の山田池公園か大阪市北区の大阪天満宮のどちらかに絞り込みました。
しかし、ツイッターで阪神なんば線開業10周年記念の1日乗車券が発売されることが分かり、まずは京阪で中之島駅まで乗車して徒歩で阪神の福島駅へ向かい、購入することができました。


Img258



この乗車券(1dayチケット)は阪神全線(神戸高速線をのぞく)と近鉄奈良線が1日乗り降り自由になるというもの。

わたしは特に奈良方面へ行く機会がないままだったので、この乗車券を使っていろいろと楽しんでみたいと思っています。
なお、有効期限は今月20日~5月31日までのお好きな1日となっています。

次は大阪天満宮まで向かうため、京阪の中之島駅まで戻り、なにわ橋で下車。
時刻は正午をまわっていたので、道中のコンビニでお昼を買って近くで少し休憩。

このあと大阪天満宮に到着。
地元では「天満の天神さん」として親しまれています。
大阪天満宮へ来たのはおよそ6年ぶりだったので、少し迷いましたが・・・。
参拝後、境内の出店でぜんざいをいただきました。

そのあと少し周辺を歩いてみました。
しかし、6年前に来た時と違って境内の様子が変わった感じがしました。
そう思ったのは自分だけかもしれませんが・・・。
梅の花が見当たらないのです・・・。
デジイチを持参したのですが、しかたがないのでスマホでぶらりと歩きながら撮影することに。



P_20190302_1


すると、こんなものを見つけました。

牛の石像です。
これについて、少し調べてみました。
「学問の神様」として名高い、菅原道真(845年-903年)と深い関係があることがわかりました。
よろしければこちらのサイトをご覧ください。


Dsc_0526
境内にはもう一つの牛の像があります。
6年前に出向いた時にこれを見ているとそばにいた方が「この牛の像を触ると、身体の不調な所が良くなるよ」と聞いたのを思い出しました。


P_20190302_2



こちらは梅花殿。
1928(昭和3)年の大阪天満宮1025年大祭の記念建造物です。
1999(平成11)年7月16日には、国の登録文化財に指定されています。
この日は小学生や中学生の皆さんの書写が展示されていました。

さて、この日にここに来た目的がもうひとつありました。
それは、水墨画の奉納式が13時から催されるのです。
しかし、本殿横の掲示板には13時半からに変更されていました。
その間にもう少し歩いてみると・・・。
Dsc_0272


ありました、ありました。
梅の花が。
周りではデジイチを持った方がチラホラと。
というわけで、わたしも撮影したのでした。


Dsc_0261


梅の花にぴったりの琴の音色が流れていました。


Dsc_0286


Dsc_0334


白い花ももちろんありました。


Dsc_0282

Dsc_0281


(おそらくですが)今まで見たことのなかった種類もありました。


Dsc_0290


蜜蜂(?)が止まっているところを狙ってみました。


Dsc_0316

Dsc_0330


ボケ味を出してみるのもデジイチならでは。


Dsc_0314


ほかの方をすこし入れてみました。

この頃、思わぬサプライズが!!
「神前挙式」をされているお二人を見ることができたのです。
このような体験は、はじめてでした。

そして時刻は13時半を回り、水墨画の奉納式が始まっていたので本殿前へ向かいました。


(つづく)

**************************************

2019.3.24 追記:当ブログの記事作成画面が先日大きく変化したため、「(管理画面に)ログインできない、画像が思うように貼れない、正しく画像が表示されない、(書いた)記事を「保存」すると、意味不明のエラーメッセージが出る」など、不具合が相次ぎ、本記事を公開するまでにかなりの時間を要することとなってしまいました・・・。
「前の画面の方が良かった」と正直感じています・・・。
今後、不具合が解消されるまで記事の更新間隔が間延びする可能性があります。
読者の皆様にはしばらくご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

「大津線感謝祭2018」に行ってきました(4)

(3)の続きです。


Dsc_9019

 

 


Dsc_9020

 

 



「ちはやふる」のラッピング車を見たあと、少し歩くとこんなものが。
アントという牽引車です。
メーカーをよく見てみると・・・
「アント工業」らしい・・・。


Dsc_9027

 

 


Dsc_9032

 

 


Dsc_9036

 

 



(順番は入れ替わりますが)最後に「ミニ京阪電車」を見物。
参加者の皆さんの楽しそうな雰囲気が伝わってきて良かったです


Dsc_9040

 

 


Dsc_9041

 

 



帰路へ着く途中で600形の新塗装編成(613+614)を見ることができました。


Dsc_9015

 

 



締めくくりはこちら。
かつて京津線で走っていた京阪の名車の一つ、80型の保存車(カットモデル)です。
この日は子どもたちが制服を着て記念写真撮影を楽しんでいました。


Dsc_9015_1

 

 



上の画像の左奥を拡大すると・・・
以前、石山寺駅で見た「鉄道むすめ」の石山ともかちゃんのイラストが描かれたごみ箱を見つけました。


Img_5606

 

 



ここからは少し懐かしい写真を。
今から8年前の2011(平成23)年に石坂線を訪問した際に、詳しい事情はほとんど覚えていませんが、錦織車庫に入ることができました。
この時に80型はこの81号車と82号車の2両を見ることができました。
まず81号車ですが、このようにカットモデルとして保存されていました。


Img_5607

 

 



81号車のそばにはこのようなものも。


Img_5611

 

 


Img_5608

 

 



もう一両の82号車は、このように車体がまるごと保存されていました。

80型はわたしが昔、通勤で利用していたこともあり、思い入れの深い車両でもあります。
この頃は仕事を覚えるのに必死で、撮影もできませんでした・・・。
また、当時の京津線の名所のひとつともいえる、蹴上-九条山間に存在した東山を超えるための66.7‰(パーミル)の急勾配区間も見たかったのですが、残念ながら実現しませんでした・・・・。


Dsc_2519_2

 

 



2年後の2013(平成25)年に訪れた際に、82号車を近江神宮前のホーム越しから見ることができました。
そのあと、姿を消したようです。
保存のためどこかへ移設されたのか、解体されてしまったのか・・・。
真相は不明です

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 5日 (火)

「大津線感謝祭2018」に行ってきました(3)

(2)の続きです。


Dsc_8939

 

 



このあと、この日展示されたほかのラッピング車を見に行くことに。
(2)の冒頭で紹介した新塗装の600形のそばを再び通ると、こんなものが。
それは、「パンタ工場」。
どんなところか、思わず気になっちゃいました(^^ゞ。


Dsc_8943

 

 



その横に留置してあった新塗装の600形の台車です。


Dsc_8945

 

 



その近くには、このようなものも。


Dsc_8948

 

 



これは検査中、もしくは検査済みの台車でしょうか?


Dsc_8950

 

 



その左側にも台車がありました。
その奥では「鉄道機器展示コーナー」というものをやっていましたが、長い行列だったので、見るのはやめておきました


Dsc_8953

 

 



続いて、2016(平成28)年3月19日から運用を開始した山と水の廻廊<比叡山・びわ湖>のラッピング車(600形609+610)を見に行きました(画像右横には台車がたくさん置いてありました)。


Dsc_8954

 

 



609号車の側面です。
ぱっと見は、JR西の103系や201系に施工された戸袋窓を閉鎖したものと似た感じに見えました

 

Dsc_8965

 

 


Dsc_8976

 

 



側面のラッピングの仕上がりは、素晴らしい出来栄えだと思います。
上の画像のイラストは、比叡山延暦寺の僧侶たちでしょうか?
下の画像には、坂本ケーブルのイラストがダイナミックに描かれています。
こうして間近で見ることはめったにないので、見れてよかったです


Dsc_8984

 

 



続いては「ちはやふる」のラッピング車(700形705+706)。
この日は車内も公開されていましたが、こちらも行列のため、見るのはやめました。


Dsc_8985

 

 



特製HMもバッチリ(v^ー゜)ヤッタネ!!


Dsc_9000

 

 



この「ちはやふる」ラッピング車は、今月の17日をもって運行を終了することが先日発表されました。
わたしもできれば、17日までに見に行きたいと思っているのですが・・・

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »