サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

このブログとの関連リンク

最近のトラックバック

鉄道コム

  • 鉄道コム

お天気娘の天気予報

« 阪堺電車訪問記(2018.12.15)(3) | トップページ | 阪堺電車訪問記(2018.12.15)(5) »

2019年2月 7日 (木)

阪堺電車訪問記(2018.12.15)(4)

(3)の続きです。

今回は出発前に調べておいた、阪堺電車の架線柱などについてです。


Dsc_9339

 

 



住吉電停から住吉鳥居前電停の方へ、住吉大社の通り沿いに歩いていくと・・・。
このような電柱があります。
実はこれ、阪堺電車の架線柱でもあるのです。


Dsc_9340

 

 



まずはこちら。
この柱に貼ってあるものが、架線柱の銘板なんだとか。
この架線柱は「平23.12」=平成23年(2011年)12月に建てられたものです。


Dsc_9338

 

 



この架線柱の銘板の左側に見える文字ですが、「住我」と書いて「住吉・我孫子道3A」という名前になります。
こちらは「昭37.10」=昭和37年(1962年)10月に建てられたものになります。
先に挙げたものも、やや見にくいですが「住我4A」と書いてあります。


Dsc_9341

 

 



こちらは「住我9A」の架線柱。
その横には「明44.7」の文字が
これが明治時代の開業時(阪堺電気軌道(初代)の開業は明治44年12月)に建てられた貴重な架線柱だとか。
今までまったく気が付きませんでした
ちなみに、車道を挟んだ反対側の道にもこのような架線柱が建てられているようです。
次の機会に見ておきたいと思います。


Dsc_9356

 

 



さて、この車道を渡って、左側の道へ入ると・・・。


Dsc_9351

 

 



南海の住吉大社駅のホームが見えてきます。
画面向かって右側の建物は薬局のようですが、派手な広告が目に留まりました

住吉大社駅のホームの手前の角を曲がると、コンビニがあります。
コンビニの向かいに(2)の記事で採り上げた、住吉公園電停の駅舎があります。


Dsc_9427

 

 



ふたたび、住吉大社がある車道の方へ向かったところに、こんなものを発見。


Dsc_9428

 

 



「住友家の燈籠」について書かれた解説が書かれています。
詳しくはこちらをご覧ください。

電車の撮影のみならず、こんな沿線巡りも良いものだと思います。


Dsc_9430

 

 



このあと、住吉鳥居前の電停へ戻り、11時30分発の「堺トラム」による浜寺駅前行きに乗車して、浜寺公園まで向かいました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

鉄道コム

web拍手 by FC2

« 阪堺電車訪問記(2018.12.15)(3) | トップページ | 阪堺電車訪問記(2018.12.15)(5) »

阪堺電気軌道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 阪堺電車訪問記(2018.12.15)(4):

« 阪堺電車訪問記(2018.12.15)(3) | トップページ | 阪堺電車訪問記(2018.12.15)(5) »

貸切電車として走る阪堺モ161形161号車

当ブログへようこそ!!

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ