サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

このブログとの関連リンク

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

にほんブログ村

鉄道コム

  • 鉄道コム

お天気娘の天気予報

« 「平成最後の紅葉狩り」in京都府八幡市(3) | トップページ | メリー・クリスマス!! »

2018年12月22日 (土)

「平成最後の紅葉狩り」in京都府八幡市(4)

(3)の続きです。

神應寺を出て少し歩くと・・・。


Dsc_9287

男山ケーブルが渡る、鉄橋が見えてきました。
時計を見ると、13時45分だったので、ケーブルカーはまもなくこの鉄橋を渡ります。
ちなみにこの日のケーブルカーは、15分間隔運転です。


Dsc_9289

実はこれ、手持ちのカメラの画像編集ソフトで加工したものです。
元の写真はまともな逆光で写ってしまいました(>_<)。
それを露出補正でマイナス寄りに調整するとこんな風に、自分でもびっくりcoldsweats02するくらいの写真になりました。


Dsc_9296

このあと、初めて男山ケーブルの鉄橋の下などを見ることができました。


Dsc_9298

こんなダイナミックな光景もsign03


Dsc_9301

鉄橋の下を通り、先ほどと反対側の場所に来ました。
このような場所を見つけました。
次にケーブルカーが通るのは15分後の14時頃なのでもう一度撮影にチャレンジすることにしました。


Dsc_9302
Dsc_9304

下り(八幡市駅方面)のケーブルカーがやってきました。
今度は、ほぼ順光になりました。


Dsc_9308
Dsc_9311

今度は上り(男山山上駅方面)のケーブルカーです。
このあと、先へ進みました。


Dsc_9315

神社らしきものが見えました。


Dsc_9317

苔むした灯篭を見つけました。
なかなかいい感じだと思いました。


Dsc_9318

どこまで行ったのか、自分でも分からなくなりました・・・(汗)。


Dsc_9319

画像右側の階段から降りてきたと記憶しています。
そばに神應寺への案内板が見えます。


Dsc_9320
Dsc_9320_1

下の画像は帰宅後、確認したものです。
杉山谷不動尊ということが分かりました。

時計を見ると14時を回っていたので、このあたりで帰宅しました。
この日は平成最後の紅葉狩りmapleを楽しむことができて、良かったですhappy01


Img009

観光案内所でいただいた観光散策マップです(一部抜粋)。
この日は緑色の矢印の場所を巡りました。
これを見ると、石清水八幡宮も徒歩で行けることが分かりました。
また機会があれば訪れようと思いました。
(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

« 「平成最後の紅葉狩り」in京都府八幡市(3) | トップページ | メリー・クリスマス!! »

京阪電気鉄道」カテゴリの記事

お出かけ、散策」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

 “こもれびコース”は、ちと しんどそうですね。でも、ケーブルの橋脚を俯瞰できるのと、紅葉が濃そうなのが善いですね。来シーズン、横着な自分は、ケーブルで登って、下りで訪れたいと思いました。ご案内、ありがとうございます。

南太郎さんへ

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

自分のナビゲートがお役に立てて良かったです。
男山ケーブルカーをあの場所から見たのは、自分は初めてでした。

ちなみに、おっしゃっているケーブルカーで登って下りで向かうというのは、京阪のHPの紅葉情報の「八幡コース」のモデルコースの一部となっていますよ。
また、来シーズン出かけてみてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1777104/74800149

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成最後の紅葉狩り」in京都府八幡市(4):

« 「平成最後の紅葉狩り」in京都府八幡市(3) | トップページ | メリー・クリスマス!! »

貸切電車として走る阪堺モ161形161号車

当ブログへようこそ!!

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

無料ブログはココログ