« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月29日 (木)

京阪宇治線沿線へお出かけ(2)

(1)の続きです。

 

休憩後、散策を再開しました。


Dsc_9062

 

 



鐘楼(しょうろう)を見つけました。
この鐘をついていた人を見たので、納経所の方に訊いてみると「ついても構いませんよ」とのことでした。

初めての鐘突きを体験。
良い思い出ができました


Dsc_9063

 

 



もう少し歩いてみると・・・。


Dsc_9065

 

 



三重塔です。


Dsc_9063

 

 



Dsc_9066

 

 



三重塔を背景に。


Dsc_9067

 

 



鐘楼の裏手から。
紅葉がいい感じ


Dsc_9073

 

 



これは、阿弥陀堂。


Dsc_9074

 

 


Dsc_9080

 

 


Dsc_9082

 

 



この日は天気も良く、見応えがありました。


Dsc_9077

 

 



こんな花も見つけました。


Dsc_9085

 

 



「7月より8月にかけて百種のハスが開花します」という看板を見つけました。
ウィキペディアによるとハスの花は「早朝に咲き昼には閉じる」とのこと。
ハスの花は、自分の目ではまだ見たことがないので、機会があれば早起きして見てみたいと思いました。


P_20181119_1

 

 



境内を後にし、お土産屋さんでこんな商品を購入しました。

このあと、三室戸駅まで向かいました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

京阪宇治線沿線へお出かけ(1)

私事で恐縮ですが、10月下旬あたりから体調が比較的良くなってきたので、久しぶりにお出かけすることにしました。

 

今は紅葉狩りのシーズン。
まずは京阪のHPをチェック。
5年前に紫陽花を見に行った、三室戸寺(みむろとじ)へ行くことにしました。


Img254

 

 



中書島駅でいったん下車し、これを購入しました。

宇治線の一部の駅に設置されている、この作品のキャラの等身大パネルも見ておきたかったので。
こちらについては、後ほど。

三室戸駅(こちらは「みむろど」と呼ぶ)で下車。
三室戸寺は三室戸駅から徒歩15分のところにあります。

何せ五年ぶりに訪れるので、経路も忘れてしまいました・・・。
しかし、前を歩いていた人のあとをついていくと、問題なく現地へつきました(笑)。

途中、JR奈良線の踏切が鳴ったので一旦停止。
すでに大阪環状線と阪和線では姿を消した103系。
(JR西の一部路線をのぞく)同系の「最後の牙城」となったウグイス色の103系(吹田総合車両所・奈良支所)が残り数編成となったことと、先日の「中之島線クイズラリー」の移動中にスカイブルーの205系の姿を目撃したので、それも気になっていました。

通過した列車は、やはりスカイブルーの205系
言うまでもなく、元阪和線用(吹田総合車両所・日根野支所)の車両です。

 

気になっていた車両を間近に見ることができました。
こちらについても。詳しくは後ほど。


Img002

 

 



さて、到着した三室戸寺。
受付でパンフレットをいただきました。

五年前は本堂まで行かず、紫陽花鑑賞だけで帰宅したのを思い出しました・・・。
今回は、改めて本堂まで行きました。


Dsc_9044

 

 



この三室戸寺、紫陽花だけではなく、ツツジやシャクナゲも見ることができるとのこと。
中でもツツジは二万本。
またの機会に訪れてみたいと思いました。


Dsc_9046

 

 



この階段をのぼります。
やや急な階段でしたが、問題なく上れました(汗)。


Dsc_9047

 

 



Dsc_9052

 

 



Dsc_9053

 

 



階段をのぼる前に周辺の紅葉を写しました


Dsc_9057

 

 



本堂へ着きました。


Dsc_9055

 

 



西国十番観音霊場・明王山三室戸寺の重要文化財などの解説が書かれた看板。


Dsc_9056

 

 



参拝を済ませた後、付近を散策。

このようなものを見つけました。

宇賀神(狛蛇)・・・財運、金運の蛇神。撫でると、財運、良運がつくといわれている。

 

Dsc_9061

 

 



こちらは、「狛犬」ならぬ「狛兎」。

福徳兎(狛兎)・・・幅60センチの大きな球を抱いている。玉の中に卵型の石があり、それが立てば願いが通じるといわれている。


Dsc_9059

 

 



本堂前には・・・。

宝勝牛・・・勝運の牛。大きく開いた口の中石の玉があり、これを撫でると勝運がつくといわれる。


Dsc_9058

 

 



これは若乃花、貴乃花の両横綱の運勝祈願の手形。

あとこのあたりではハスの花も見ることができるとのこと。

このあと、少し休憩しました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

京阪交野線を走る「きかんしゃトーマス号2017」に会いに行きました。(後編)

前編の続きです。


Dsc_8798

改札前にはトーマスの植栽(フェイクグリーン)が展示されていました。


Dsc_8803

改札を出ました。


Dsc_8803_1


スタンプラリーの横の掲示板を見ると、先日の台風の影響で不通となった叡電鞍馬線(貴船口-鞍馬間)のお知らせや、ハイキングコースのくろんど池も「倒木の為、閉園します」という旨の貼り紙がありました。


Dsc_8804


私市駅の駅舎です。
今回は、トーマスの装飾もなく、寂しい限り・・・。
また、近くにあった「おりひめちゃん」のイラストが描かれた、「織姫の里~かたの~アンテナショップ」もなくなっていました。


Dsc_4960

2016(平成28)年1月に出向いたときのものです。


Dsc_8806

私市駅のホームに戻りました。
ちょうど枚方市行きの電車が発車したところでした。
手前には、きかんしゃトーマスの自販機が。
トーマス関連のグッズ販売のものでしたが、ほとんどが売り切れていました。


Dsc_8807

次の電車が来るまでの間、周辺を観察してみました。
ホームの先の線路は、両渡りのポイントである、シーサスクロッシングになっていました。


Dsc_8809

ホームの乗車位置標記です。
向かって左側の消されているものは、かつて交野線-京阪線で運転されていた「おりひめ」および「ひこぼし」用の乗車位置標記と思われます。
(「おりひめ」と「ひこぼし」は、当時2600系ないし1900系の5両編成で運転されていたため)

この日は時間の関係で、昼過ぎで引き上げることにしていたので、交野線の撮影名所である、河内森-私市間にも立ち寄りたかったのですが、残念ながら諦めました。

このあと、到着した列車に乗り、再び村野駅で下車しました。


Dsc_8831 Dsc_8836

今度は私市駅で写した側の反対側のラッピングを撮影しました。


Dsc_8837 Dsc_8838

ホームの反対側を見ると、黄金色の田んぼを見ることができました。


Dsc_8839

枚方市方面には踏切が。
今思えば、画像に見える踏切を渡り、田んぼから走る電車を写すこともできたのかも・・・


Dsc_8842_

私市行きの13000系がやってきました。
この130002Fは、私市寄りに貫通ホロが取り付けられていました。
これを写してから、この日は帰宅したのでした・・・。

さて、「きかんしゃトーマス号」の今後の動向(あくまでも憶測)ですが、京阪は毎年クリスマスのシーズンに中之島駅においてクリスマスイベントを開催しているので、それに合わせて新しい「きかんしゃトーマス号」が登場するものと思われます。
(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

京阪交野線を走る「きかんしゃトーマス号2017」に会いに行きました。(前編)

先月28日のラストランイベントで運用を終えた、京阪の「きかんしゃトーマス号2017」。
今回の「きかんしゃトーマス号」は、京阪線バージョンや大津線バージョンもなく、ラッピングされた10000系10004Fが、いわゆる「宇治線出張運用」もなく(宇治線では「響け!ユーフォニアム」関連のイベントが多い関係か?)、交野線を終始走り続けていました。
また、皮肉なことに(失礼)、8000系の「プレミアムカー」の話題ばかりでほとんど目立たなかったようにも見えました・・・。

わたしは今まで、京阪線のホームからチラリと見る程度でしたが、ガチで見ておきたかったので、去る9月27日に交野線へ赴きました。


Img253

今回は、香里園駅でこのチケットを購入しました。
この日の往路では、香里園駅行きのバスが遅れてきてしまったので、予定より2本後の列車に乗り、枚方市駅まで向かいました。


P_20180927_1

交野線乗り場の5・6番線へ移動。
トーマスのラッピングが施されたエレベーターがありました。
手前には、去年のダイヤ改正で新設された座席指定列車「ライナー」乗り場の案内も見受けられました。


P_20180927_2

ホームの「ライナー」の乗車位置標記。
同駅発の「ライナー」は、この5番線から発車することを初めて知りました。


Dsc_8751

13000系(13006F)の私市行きが到着。
これに乗車しました。


Dsc_8753

まずは村野駅で下車。
しばらく待っていると「きかんしゃトーマス号」が到着しました。
大阪方面の前面は青色基調でした。
京阪のHPなどでは赤色基調の写真しか見たことがなかったので・・・初めて間近で観察できました。


Dsc_8760 Dsc_8764

そのあと、13000系(13003F)が到着。
枚方市寄りの先頭車(13053号車)には前面に貫通ホロが取り付けられていました。
調べたところ、8両運転に備えたものだそうです。


Dsc_8767

続いて、13000系(13002F)が到着。
この日の運用は、「きかんしゃトーマス号」以外はすべて13000系による運用でした。


Dsc_8774

このあと、「きかんしゃトーマス号」(私市行き)が到着。
終点の私市まで乗車することにしました。


Dsc_8779 Dsc_8781


車内を観察してみると、逆三角形のフラッグと中吊り広告にトーマス関連の広告はありましたが、車内のラッピングはまったくなく、、しかも「トーマスの車内放送」(京阪の「トーマス号」の特設サイトを確認しても、車内放送の表記なし)もないという、正直あっけらかんとなりました・・・(';')。
また、過去の運転では交野線の各駅にトーマスなどのキャラクターのラッピングがありましたが、車内から観察するとそれもなし・・・

やはり「プレミアムカー」や宇治線の「ユーフォニアム」絡みの方に力を注ぎこんでいるのか、かなりの手抜き感が感じ取れました・・・

Dsc_8795

そんなこんなで私市駅に到着。
線路終端には立派な車止めがありました。


Dsc_8797

続いて、お約束の編成写真の撮影。
赤色基調のデザインの10004号車。


Dsc_8792

青色基調の10054号車。

このあと、ホームをあとにしました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »