« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月24日 (月)

阪急うめだ本店で開催された「鉄道模型フェスティバル2018」に参加しました。(4)

(3)の続きです。

 

P_20180809_1

 

 

 

次に「Nゲージ 昭和から平成を駆け抜けた列車たち」と題して、旧国鉄・私鉄のNゲージ各車両が展示されていました。


P_20180809_2

 

 



まずは、昭和に活躍した列車たち。
0系新幹線、キハ58系、流電モハ52形、近鉄10000系ビスタカー、南海20000系、京阪旧3000系などが並んでいました。


P_20180809_31

 

 



かつて阪神国道線を走っていた、「金魚鉢」という愛称で親しまれた、71形電車も展示されていました。


P_20180809_4

 

 



一方こちらは、「平成に活躍した列車たち」を展示。
近鉄の50000系「しまかぜ」、南海50000系「ラピート」やユニークなラッピングが特徴のJR西の287系「パンダくろしお」などが展示されていました。

 


P_20180809_5

 

 



続いて、HOゲージ(1/80スケール)の模型。


P_20180809_6

 

 



まずは昭和編。

Nゲージと同じく0系新幹線や24系客車のブルートレイン、D51形けん引の2軸貨物列車や南海10000系「サザン」などを展示。


P_20180809_7

 

 



続いて平成編。

500系新幹線、EF210形けん引のコンテナ列車、京阪の今や「旧塗装」となった8000系などが展示されていました。


P_20180809_8

 

 



このあとは、今年の4月に大阪市交通局が株式会社となり、「Osaka Metro」という愛称がついた、大阪地下鉄の特別展示コーナーを見に行きました。


P_20180809_9

 

 



もうすっかり定着した、「Osaka Metro」のロゴマーク。
わたしはまだ、堺筋線・阪急線乗り入れ用の66系しか見たことありませんが、東京メトロの車両のように、交通局の社章の上に、このロゴのステッカーを張り付けています。


P_20180809_10

 

 



次は車両模型の展示へ。
まずは、1969(昭和44)年に廃止された、大阪市電の2101形。
この車両の模型は初めて見ました。


P_20180809_11

 

 

P_20180809_12

 

 




続いては、1980年代に御堂筋線で活躍した車両、30系と10系。
わたしがまだ小学生~中学生くらいの頃は、相互乗り入れの北大阪急行2000系のほかは、この2系列のどちらかに当たりました。

子供心からやはり、30系より冷房車の10系が来た方が「ラッキー!!」と思っていました。


P_20180809_13

 

 



そんな思い出がある10系も、1991(平成3)年に登場した21系や、この30000系の登場により最古参となり、廃車も進んで、残った車両も見た感じは古ぼけた印象に見えます。


P_20180809_14

 

 



このあと、今は京都てっぱくの扇形車庫になった、梅小路蒸気機関車館のNゲージジオラマを見ました。

扇形車庫や「SLスチーム号」の運転エリアなど、的確に再現されていて、とても感心しまた。

このあと、会場をあとにしました。


P_20180815_1

 

 

 

P_20180815_2


で、今回はこれらの商品を購入。
阪急のマルーン色に仕立てた、KATO製の8両用特製車両ケース。


P_20180815_3

 

 



そして、トミックスのED62形電気機関車(14号機、浜松工場)。
この車両は同社の「ミニカーブレール」に対応しているので、いろいろな使い方ができそうです。

これらは、いずれもこのイベントのパンフレットに掲載されていて、迷わず購入しました。


P_20180815_4

 

 



その後、10Fの「モデルショップマルーン」さんにて、まもなくリニューアル品がリリースされるのですが、商品棚にあったトミックスのストラクチャー「角店セット」を「今のうち」に購入しておきました。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月13日 (木)

阪急うめだ本店で開催された「鉄道模型フェスティバル2018」に参加しました。(3)

しばらく間が開いてしまいました・・・<m(__)m>。

(3)の続きです。

次は、トミックスのジオラマを見に行きました。


P_20180809_1

 

 



ビルが立ち並ぶ、都会の光景です。
トミックスのストラクチャー(建物)も見受けられますが、今年に入り相次いでリニューアル品がリリースされ、ここに並んでいるものはほとんどが旧製品となってしまいました。


P_20180809_2

 

 



手前には列車が通過。
その奥には木造駅舎を配した、こじんまりとした駅が。


P_20180809_3

架線柱や信号機が並びながらも、郊外の雰囲気を感じ取れる光景。
ここで、赤矢印のご注目を。


P_20180809_4

 

 



トミックスから発売の「角店セット」の店舗表現シールでは「不二家」とともにインパクトが強かった「中華料理くるくる軒」。

個人的には気に入っているのですが、残念ながら旧製品のものとなっています。


P_20180809_5

 

 

P_20180809_6

 

 



別の場所へ移動。
去年、トミックスから発売された「走る美術館」、現美新幹線(E3系700番台)が走るシーンをとらえることができました。


P_20180809_7

 

 



カーブ区間を313系電車(?)が走ります。


P_20180809_8

 

 

P_20180809_9

 

 



勾配区間では、箱根登山鉄道の電車が活躍中。


P_20180809_10

 

 



北斗星色のDD51形の重連が通過する街並み。

線路際には踏切や信号機が設置され、建物群も色を塗り替えられたトミックス製品やグリーンマックス製品も見受けられました。


P_20180809_11

 

 



別の場所へ移動し、大きな鉄橋を「エヴァンゲリオン」ラッピングの500系新幹線が疾走
個人的にはあまり好みではなかったのですが、こうしてみると「結構かっこいい!」と思いました。

その奥に見えるのは、神戸電鉄の電車でしょうか???

このあと、別の場所へ移動しました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »