« 京阪「淀屋橋地下延長線開通55周年記念イベント」に参加しました。(移動編) | トップページ | 藤森神社の紫陽花を見てきました。(前編) »

2018年6月10日 (日)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「「ジオコレ」でプチジオラマを作る(その3)」

その2 の続きです。


P_20180505_1


ベースとなるプラ板を15㎝四方にカットし、4隅を丸くカットします。

プラ板の上に重ねる「草地」も同様にカットします。
そのあと、プラ板の上に草地を両面テープで貼り付けます。


P_20180505_2


もう一度、各種パーツを仮置きしてみました。

この段階で写真を撮っておくと良いかと思います。
そのあと、道となる部分を下書きしておきます。


P_20180512_1


次に、道となる部分をカットします。


P_20180512_2

 

今度は道の部分にその2で紹介した砂利をまいて接着します。

ここでは、トミックスのシーナリーボンド(市販の木工用ボンドでも可)、中性洗剤、水、混ぜる容器(今回は100均の紙コップを使いました)を用意して、ボンド水溶液を作ります。


P_20180512_3

これを使います。

今回はこのように少量で良いでしょう。


P_20180512_4

砂利をまいてゆきます。

このように、アバウトで構いません。


P_20180512_5


スポイトを使って、ボンド水溶液をまいてゆき、しばらく乾燥させます。


P_20180512_6


乾燥後、余分な砂利を落とします。

なんと、シミが出来てしまいました

次回は、これをリカバリーしてゆきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 京阪「淀屋橋地下延長線開通55周年記念イベント」に参加しました。(移動編) | トップページ | 藤森神社の紫陽花を見てきました。(前編) »

「自分なりのNゲージ鉄道模型」 ジオラマ製作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「「ジオコレ」でプチジオラマを作る(その3)」:

« 京阪「淀屋橋地下延長線開通55周年記念イベント」に参加しました。(移動編) | トップページ | 藤森神社の紫陽花を見てきました。(前編) »