サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

鉄道コム

  • 鉄道コム

« シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~(4)「「ジオコレ」でプチジオラマを作る(その2)」 | トップページ | 第4回寝屋川ハート・アート展を見てきました。 »

2018年3月19日 (月)

京都鉄道博物館で、オレンジ色の103系を見てきました。(前編)

今回は、京都鉄道博物館(京都てっぱく)で去年の11月に期間限定で展示された、オレンジ色(大阪環状線で活躍した)の103系を見てきた備忘録を書かせていただきます。

この日は、大阪環状線(以下、環状線)で運転され、「103系」にちなんだ2017年10月3日をもって運行終了した、森ノ宮支所所属のLA04編成の先頭車(クハ103形)2両(843号車および802号車)が同館の車両工場にて展示されました。

Dsc_8500


Dsc_8506


Dsc_8516


Dsc_8519


この日展示されたクハ103-802号車には、環状線開業30周年記念、843号車には同じく開業50周年記念の際に掲出されていたHMを取り付けて展示されました。


Dsc_8489

ここで、展示された車両の細かな場所を見てゆきましょう。
環状線内回り向き先頭車の802号車は、「弱冷房車」となっています。


Dsc_8492

乗務員扉の手掛け。
わたしは、ここまで観察してなかったのですが、JRになってから取り付けられたものと思われます。


Dsc_8487

なお、末期の森ノ宮支所に在籍していた103系には、新車のようリニューアルする「体質改善40N」と、製造後30年程度まで使用できる工事「体質改善30N」の2種の車両が使用されていました。

LA04編成には、この2種が混結されていました。
詳しくはわかりませんが、このLA04編成が最後まで環状線に残った理由は、乗降扉や側窓が、このような原型だったのかもしれません。

ちなみに、2005(平成17)年からの環状線への201系転入後の103系は、先頭車が高運転台で、車齢が比較的若い車両で揃えられていました。


Dsc_8512

Dsc_8513

この日には、こんなものが。
子供にもわかりやすいように、展示されている2両の103系について説明されたパネルが掲示されていました。

※おまけ画像


Img502

以前、当ブログで記事に書いた、1991(平成3)年4月に森ノ宮区(当時)で開催された、環状線開業30周年のイベントの中の1枚です。

この頃は、環状線は103系の天下でした。


20140329__1

在りし日のクハ103-802号車の1枚。
丸ビルと絡めて。

次回は、車内などを紹介します。(続く)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

« シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~(4)「「ジオコレ」でプチジオラマを作る(その2)」 | トップページ | 第4回寝屋川ハート・アート展を見てきました。 »

JR」カテゴリの記事

京都鉄道博物館」カテゴリの記事

国鉄型車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1777104/73124050

この記事へのトラックバック一覧です: 京都鉄道博物館で、オレンジ色の103系を見てきました。(前編):

« シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~(4)「「ジオコレ」でプチジオラマを作る(その2)」 | トップページ | 第4回寝屋川ハート・アート展を見てきました。 »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ