« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月30日 (土)

今年もお世話になりました。

今年(2017年)も、残りわずかとなりました。

今年は、昨年以上に体調不良や忙しい日々が多く、心身ともにとても苦労したと感じております。

また、ブログ作成に使用しているPCも、起動しないなど予期せぬトラブルに出くわすことも多く、とても大変でした・・・。

しかし、あまり覚えていないものもありますが、Nゲージ鉄道模型の再開など良いことも結構ありました。

それでは今回は、こちらです。


P_20171229_085452_vhdr_auto

 

 



P_20171229_085727_vhdr_auto

 

 



去る5月28日に参加した、京阪京都地下線開通30周年記念イベントに参加した際、三条駅のグッズ販売コーナーで購入した、「石山ともかクリアファイルセット」2種(左、600形特急色バージョン、右、700形80型復刻塗装色バージョン)です。

上は、各車両のイメージ写真、裏(下)は京阪大津線の「鉄道むすめ」の石山ともかちゃんのイラスト入りです。
左下には名刺(?)が入っています(^^)。


P_20171229_085846_vhdr_auto

 

 



さらにその中には、石山ともかちゃんのかわいいイラストが描かれた、一回り小さなクリアファイルがついていました。


Img241

 

 



一方こちらは、今月30日まで発売の「大津線新塗装車両登場記念1dayチケット」です。


Img242

 

 



今年から開始された、大津線車両(600形、700形、800系)の京阪線と同様の塗色変更(新塗装化)ですが、最初同社のHPの写真を見た時はかなり違和感がありましたが、これを購入しに24日に浜大津駅に出向いたときに、偶然新塗装化された800系と700形を見ましたが、意外と似合ってる感じがしました。


P_20171229_102713_vhdr_auto

 

 

P_20171229_102724_vhdr_auto

 

 




こちらはプレゼントとしてついてきた、石山ともかちゃんのクリアファイル。
先に紹介した「600形特急色」とデザインは同じですが、キラキラ☆彡仕様になっています。

来年の当ブログの目標ですが、更新はマイペースで(目標週1回)頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします<m(__)m>。

 

*************************************

 

最後にひとこと。

 

今年1年、みなさんには大変お世話になりました。

 

来年(2018年)が、みなさんにとって良いお年であることを心からお祈り申し上げます。

 

それでは、よいお年をお迎えください。

 

管理人(京阪快急3000)より

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

クリック、お願いします。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月24日 (日)

メリー・クリスマス(^^♪

今日(24日)は、クリスマス・イブ、そしてあす25日は、クリスマスですね。

楽しいひと時を過ごしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

まずはこちらから。


58378

今年も、こんなクリスマスカードを作ってみました。
(無料素材ダウンロードサイト、「SOZAI GOOD」さんより)


P_20171223_162324_vhdr_auto

今年のクリスマスケーキはこの2種類。
定番の「苺ショート」(右)と「クレープ・オ・リュイ」(左)。


P_20171222_123637_vhdr_auto

今年は、なんとサンタさんからクリスマスプレゼントが


P_20171222_195837_vhdr_auto

中身はこちら。
TOMIXの鉄道模型(ストラクチャー)でした・・・
工作するのが今から楽しみです(^^♪。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月19日 (火)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」「ポイントを使った運転」(その2)

今回も前回に引き続き、電動ポイント(レール)(PR541-15およびPL541-15)とPCボックスを使用した運転を紹介しましょう。

 

 

 

P_20171009_063939_vhdr_auto

 

 



この画像は取説からの抜粋です。
今回のような待避線の場合、各ポイントの操作は、2か所を同時に切り替えるPCボックス(N-W)1台でOKです。


20170109_150419

 

 



では、実際に運転してみます。
今回は、待避線部分に駅(TOMIXの島式ホーム(近代型・大型車両用)、橋上駅舎(近代型))を設置しています。

まずレール上にのせた列車(1)は、TOMIXの113系(阪和線快速色)です。


20170109_155324

 

 



列車(1)は、島式ホームの曲線側に配置。
もうひとつの列車(列車(2))は、かつての「北近畿色」の183系です。

やや見にくいですが、PCボックスのレバーは奥に倒しています。


20170109_160429

 

 



この状態(赤矢印)で走らせると、直線側の列車(2)が周回します(青矢印)。


20170109_155951

 

 



レバーを手前に倒すと(赤矢印)、曲線側の列車(1)が周回します(青矢印)。

PCボックスの操作の注意点としては、レバーの切り替えは1秒以上間をあけることです(ガチャガチャやってはいけない)。


20161209_070104

 

 



今回は、見たら幸せになれる(?)という、この「ドクターイエロー」も走らせました。


20170109_165641

 

 



まずは、ホームの直線側へ置きました。


20170109_1700081

 

 



周回しているところを撮影。
わたしは実車は一度も見たことがありませんが、こんな感じで疾走しているのでしょうか・・・?
つい、ワクワクしちゃいました(#^.^#)。


20170109_170514

 

 



ポイントの切り替えひとつで、ホームの曲線側を通過させました。


20170109_171308

 

 



最初の場所へ戻して運転終了。

楽しいひと時を過ごすことができました

それでは、今回はこの辺で

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

京阪電車撮影日記(2017.10.1)

10月1日、この日は京阪の「プレミアムカー・デビュー」記念のHM掲出の最終日でした。

1週間前の9月24日の撮影で残念ながら完了しなかったので(T_T)、寝屋川6号踏切でリベンジすることとなりました。

8000系の「プレミアムカー」も、3000系もすでに「ネタバレ」となってしまっていますが、どうぞご笑覧ください。


Dsc_8434

「京都地下線開通30周年記念」HMを掲出した、2200系2209F。
この2200系を見たのは、最初で最後でした。
このHMだけ「左差し」なのが、ほかの写真のHMを見て気が付きました。

ちなみに、この2209Fが車番上では、現役の2200系では一番古い車両になります。


Dsc_8420

「比叡山・びわ湖観光ルート」のHMを掲出した、7000系7004F。


Dsc_8415

次に、終日点灯されることとなった京阪線車両のライトの点灯を見てゆきましょう。
この6000系(6013F)は、LEDタイプ。

最初の2200系のライトは、以前ライトケースに格納してあった電球(シールドビーム)と交換したものです。


Dsc_8479

こちらは、同じく6000系による快速急行。
この快速急行の場合は、テールライト(標識灯)が2灯点灯します。


Dsc_8448 Dsc_8427

3000系のデザインの流れを汲む130000系は、進行方向の反対側のライトは、半円形のものがテールライトとして点灯します。
(ちょっと、分かりにくいですが・・・)


Dsc_8455 Dsc_8471

電球(シールドビーム)装備の5000系と2600系30番台。

2600系による急行は、向かって右側のテールライトが点灯します。
このあたりは、近鉄の列車を参考にしたのでしょうか?


Dsc_8470

「プレミアムカー」を連結して、新時代の京阪特急を築いたともいえる、8000系。
大阪側先頭車の8050形は号車設定により、「8号車」を差す「8」の文字が添えられました。


Dsc_8441

そしてこれが、その「プレミアムカー」。
編成として走行しているのは見たことがありますが、こういった形で拝見したのは初めてです。


Dsc_8452 Dsc_8452_1

最後は、3000系です。
8月4日から導入された液晶ディスプレイや装飾灯で前面の雰囲気が結構変わりました。
(これで同車も晴れて特急用車両の仲間入り

ちなみに、わたしは以前に前面の中央部分が黒くなった姿を見たことがありましたが、まさかこうなるとは思いもよりませんでした。


Dsc_8476 Dsc_8476_1

そして、快速特急「洛楽」の運転時が、この姿。
従来のイメージとは全く異なる、「純和風」な印象が感じられます。
まさに、「和洋折衷」とはこのことを差すのでしょうか?

※おまけ画像


Dsc_8436

電車の撮影している間に、シロサギを見つけました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »