« 今日の日記【132】京阪電車のちいさな変化。 | トップページ | 京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(6) »

2017年5月12日 (金)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(5)

こちらの記事の続きになります。

引き込み線の展示車両を見学したあと、次にまわったのはこちらでした。


Dsc_5546

「車両のしくみ」という、鉄道車両の動く部品などが展示されており、その名の通り、「鉄道車両の仕組み」が分かるというコーナーです。


Dsc_5534_2Dsc_5535


ここでは、車両を動かす「台車」を見ていきましょう。

(上)オハフ33形という客車に使用されていた、TR23形台車。
(下)京阪1700系に試験導入された、汽車会社製の空気ばね台車、KS50形台車です。


Dsc_5536 Dsc_5537


(上)スエ30形客車(救援車)に使用されていた、TR11形台車。
(下)阪急が誇る名車、2000系に使用されていたFS345形台車です。

こんな具合に、いろいろな台車が並べられていました。
   

Dsc_5540 Dsc_5539


次に見学したのはこちら。
いろいろな車両の「運転台」を、実車のものをモデルに紹介していくコーナーです。

ここでは、221系電車の紹介。

運転台は見れませんでしたが、パネルには「非常時における通り抜けの有無」についての解説があり、「通路を確保した運転台」の例として、この221系電車が取り上げられていました。


Dsc_5542

こちらは、0系新幹線の運転台。


Dsc_5543

解説パネルが見づらいですが、これはDE10形ディーゼル機関車の運転台。


Dsc_5544

こちらは、同じくディーゼル機関車のDD51形の運転台です。


Dsc_5541 Dsc_5545


最後はブルートレインもけん引した電気機関車、EF66形。
ちょうど、男の子が操作していていたので、少しだけ。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 今日の日記【132】京阪電車のちいさな変化。 | トップページ | 京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(6) »

京都鉄道博物館」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(5):

« 今日の日記【132】京阪電車のちいさな変化。 | トップページ | 京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(6) »