« 「水泳」をはじめました(^^♪ | トップページ | 3連休の過ごし方【1】成田山不動尊へ。そして・・・。 »

2016年10月11日 (火)

「京阪5000系誕生45年記念」イベントに参加しました。(後編)

こちらの記事の続きになります。

では、5000系の「ラッシュ用扉の昇降実演」(車外から)をご覧いただきましょう(^^)。


Dsc_6181

同系のラッシュアワーはこのように座席が乗降扉の上に格納されます。


Dsc_6195

同じく、縦位置から。


Dsc_6196


Dsc_6197

座席がおりてきました。


Dsc_6198


Dsc_6201

座席がこのようになりました。

これが普段お目にかかることが多い、いわゆる「3扉状態」です。

このあと、逆の手順が実演されますが、割愛させていただきます。

※おまけ画像


Dsc_6164_2 Dsc_6147_2_2



ここで「トリビア」を少々。

今回取り上げた5000系のラッシュ用扉(ドア)構造は、初期製造車がアルミハニカム製の小窓タイプ(左)、後期製造車がステンレス製(右)で、窓の大きさが他の扉と同じになっています。

また、アルミハニカム製のドアの車両ですが、この5552Fもそうですが、一部がステンレス製に交換されているものも見受けられます。

あと、少し前から京阪すべての車両の乗降扉に設置された「扉位置点字案内板」も、この扉にも設置されています。

ちなみに、他の車両より窓の大きい1000系は窓に直接、設置されています。(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 「水泳」をはじめました(^^♪ | トップページ | 3連休の過ごし方【1】成田山不動尊へ。そして・・・。 »

イベント」カテゴリの記事

京阪電気鉄道」カテゴリの記事

コメント

話題になりましたね~!
しっかり見ることできました、ありがとうございます^.^/

投稿: キハ58 | 2016年10月12日 (水) 06:17

キハ58さんへ

おはようございます。

コメント、ありがとうございます。

自分の記事が参考になり、うれしく思います。

投稿: 京阪快急3000 | 2016年10月12日 (水) 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「京阪5000系誕生45年記念」イベントに参加しました。(後編):

« 「水泳」をはじめました(^^♪ | トップページ | 3連休の過ごし方【1】成田山不動尊へ。そして・・・。 »