サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

梅小路公園へ行ってきました。(2016.3.6)(2)

こちらの記事の続きになります。

Dsc_5154

京都市バスの七条(ななじょう)大宮・京都水族館前のバス停で下車し、南へ歩くと京都水族館へ向かいます。

その目の前に、京都市電(以下、市電)の車両(935号車)が案内所として展示されています。

Dsc_5167
その車内はこんなふうになっていて、京都市内を市電が走っていた、当時の写真などが展示されています。

Dsc_5172
車内にいらっしゃったスタッフさんのお話や掲示物によると、この車両(900形)は1957(昭和32)年に製造され、うち一部の車両はワンマン化(1900形)され、市電全廃の1978(昭和53)年9月まで活躍しました。
その後、15両は広島電鉄に移籍し、広島電鉄1900形になり、現在も全車現役です。

わたしが小学生の修学旅行(広島と山口)に行った際、広島電鉄に乗車したのが、この1900形だったのを、今でも記憶していますconfident

将来、機会があれば、広島に行きたい・・・と考えています。

それでは、車内の様子を紹介します。

Dsc_5156
運転台です。
赤矢印で示した、「開ひ運転厳禁」と書かれていたのが、どういう意味なのか、気になっています。

Dsc_5171
当時の路線図です。京都市内を縦横無尽(じゅうおうむじん)に走っていたことがうかがえます。

Dsc_5175
こちらは、「終車通過時刻表」、現代風に表現すると「終電案内」でしょうか・・・?
どちらも下部には、当時の広告が掲示されています。

Dsc_5168
Dsc_5173
この広告は、当時上映された、映画のPRでしょうか?

Dsc_5174
こんな広告も発見coldsweats02sign01
「長崎屋」・・・。
昔、地元の駅前にありました。
思わず、なつかしさが込み上げてきました・・・confident

このあと、「市電ひろば」へ向かいました。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年3月27日 (日)

梅小路公園へ行ってきました。(2016.3.6)(1)

6日、気候が良かったので、京都の梅小路公園に出向いてきました。
また、2年前(2014年)の3月にオープンした、「市電ひろば」にも立ち寄りました。

今回は、4月29日に開館が決定した、「京都鉄道博物館」(以下、博物館)の建物ができる場所を見てきたので、それを紹介します。

Dsc_5234
左に見えるのが、昨年の8月に閉館した、梅小路蒸気機関車館(以下、同館)です。その右隣に見えるのが・・・。

Dsc_5241
博物館の入口と思われる建物がすでに完成していました。
自分が3年前に訪れた、名古屋の「リニア・鉄道館」とよく似ていると思いました。

Dsc_5239
展示車両もちらっと見えました(左からSLのC62形、80系電車、0系新幹線)。
すべて、大阪市港区にあった交通科学博物館から運ばれたものですね。

Dsc_5248

わたしが同館へアクセスしていた時は、京都市バスで、梅小路公園前のバス停から向かっていました。
上に見える高架は、JR嵯峨野線(山陰線)です。

2019年の春には、このあたり(京都-丹波口間)に新駅ができるとのこと。
その新駅ができると、アクセスが今より良くなりそうですねconfident

Dsc_5233
上の看板の近くにポツンとたたずむ、京都市電の静態保存車、2000形。
ウィキペディアによると、この2000形は1964(昭和39)年~1965(昭和40)年に計6両製造され、この2001号車を除く5両は、伊予鉄道へ譲渡され、現在も活躍中とのことです。
(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年3月24日 (木)

京阪石山坂本線訪問記(番外編)(2016.2.27)

こちらの記事の続きになります。

今回はこの日の訪問で見つけた「モノ」を紹介します。

Dsc_5125
Dsc_5124
Dsc_5123
坂本駅のホームで見つけたこのモニュメントは昔、使用されていたレールを使い、今井昭雄氏が作りあげたものです。

Sdsc_5098 Sdsc_5099

Sdsc_5075 Sdsc_5128


車内の注意書きのデザインも変わっていました(上2枚は「ユーフォニアム」のラッピング電車、下2枚は左「鉄道むすめ」ラッピング電車、右はその他の車両)。

昔(30年以上前)の電車(国電など)や、客車(国鉄の旧形客車など)の写真(夏場や車両の「さよなら運転」など)を見ると、(2段窓は上下どちらも)窓を開けて顔や手を出している場面が多いように見受けますが、当時は国電の場合、新幹線や特急形以外の車両は、クーラーがない車両が多かったので、窓開けはOKだったのかもしれない(転落の危険性があったのかどうかは、不明)というのが、わたしの考えです。

しかし、旅客車両にクーラーがあるのがごく普通のご時世、特に子供があやまって転落する危険性は高いので、やはり「こういった注意書き」は必要ですね。

Sdsc_5126 Sdsc_5127

Ss20160227_134723 Ss20160227_132119

最後は、石山坂本線の「看板むすめ」(笑)に成長(?)した、京阪(大津線)の「鉄道むすめ」、石山ともかちゃんのパネルを紹介します(京阪石山駅は本記事の(1)、石山寺駅のパネルは(2)をご覧ください)。

左上が坂本駅、右上が近江神宮前駅。左下が京津線の京阪山科駅、そして右上がおまけcoldsweats01で、浜大津駅の「耐震補強工事のお知らせ」のパネル(?)です。(完)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年3月21日 (月)

京阪石山坂本線訪問記(4)(2016.2.27)

こちらの記事の続きになります。

このあと、ふたたび「響け!ユーフォニアム」のラッピング電車に乗車し、車両基地のある近江神宮前(おうみじんぐうまえ)駅で下車。

ほどなく同駅発の石山寺行きの列車に乗車し、三井寺駅で下車。

ここから、となりの駅の浜大津駅まで歩いて数分なので、浜大津駅まで歩きながらshoe、およそ20分ほど電車を撮影cameraしました。

Dsc_5129
まずは、一般色の600形(609+610)を撮影。

Dsc_5130
続いて、「ふれあい号」(600形605+606)を撮影。

Dsc_5135
「ちはやふる」ラッピング電車(700形705+706)。

Dsc_5138
「日本遺産滋賀」ラッピング電車(600形615+616)。

何故だか分かりませんが、この日は人通りや走るクルマcarもとても少なく、撮影しやすかったですconfident

あと、このあたりにいると、踏切の音と、電車のタイフォンの音が聞こえたら、「電車が来る合図」となります。

このあと、少し浜大津駅寄りに移動しました。

つぎに来たのが「鉄道むすめ」のラッピング電車(700形709+710)でした。

Dsc_5141
背後が狭かったので、引き寄せてみました。

Dsc_5142
Dsc_5143
Dsc_5144
Dsc_5145
と、こんな具合になりました(^^)。

Dsc_5148
このあと、現在のラッピング電車では一番古い「坂本ケーブル号」(600形611+612)を撮影しました。
「もう少し、引き寄せたほうがよかったかも?」と思いました。

Dsc_5146
このあたりで列車を待っているあいだ、見つけたのが丸い記号がたてに4つ並んだ信号機(?)です。

よ~く見るとeye、「電車〇〇」と表示されていました。

惜しむらくは、「きかんしゃトーマス号」が運転日でなかったことでしょうか・・・?

このあと、浜大津駅まで歩き、帰宅しました。(つづく)

**************************************

このところ、気分の浮き沈みの変動があり、体調もあまり良くなく、天気の良い日も外出できずで、もどかしい気持ちになっている昨今ですdespair

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年3月17日 (木)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(7)

こちらの記事の続きになります。

Dsc_2380_2119dsc_2380
このあと、「プラットホームプラザ」と呼ばれる展示スペースを撮影しました。
2両のSLと1両のディーゼル特急車両が並んでいます。
2両のSLの間にそびえ立っているのは、腕木式(うでぎしき)信号機と呼ばれる、現在の自動信号機に代わる前に使用された、手動の信号機です。
この信号機は、現在では非常に貴重な存在となっています。

Dsc_2374_2113dsc_2374
最初は特急「はつかり」に使用された、キハ81形です。
晩年は、画像のように特急「くろしお」に使用されました。

Dsc_2376_2115dsc_2376
「こうはく50周年」のHMを掲出したSL、C62形26号機です。

Dsc_2377_2116dsc_2377
Dsc_2386_2125dsc_2386

Dsc_2378_2117dsc_2378
そのとなりが、「デゴイチ」の愛称でおなじみのD51形2号機です。
(6)で紹介した、食堂車ナシ20形は、このSLの後ろに展示されています。

Dsc_2700_2424dsc_2700
Dsc_2701_2423dsc_2701

ナシ20形の後ろには、「鉄道記念物」に認定されたSL、230形が展示されています。
「プラットホームプラザ」には、ほかにも展示物がありますが、それはのちほど。

Dsc_2382_2121dsc_2382
Dsc_2383_2122dsc_2383
「プラットホームプラザ」のななめ向かいには、こちらも「鉄道記念物」で、国内最古のSL、7100形「義経号」が展示されています。

この「義経号」は、京都の「梅小路蒸気機関車館」の最後の訪問(2015年5月)の際に見ることができました。

Dsc_2384_2123dsc_2384
その「義経号」が展示されている背後には、1階が企画展示室、2階がホールとなっている建物があります。

自分ですが、2階のホールには入った記憶がないですcoldsweats01

Dsc_2381_2120dsc_2381
この建物の階段からは、こんな感じの見晴らしです。
ちなみに、奥には大阪市交中央線が横方向に走っています。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年3月 8日 (火)

京阪石山坂本線訪問記(3)(2016.2.27)「響け!ユーフォニアム」をもとめて(石山坂本線ラッピング車両&HM編)

こちらの記事の続きになります。

今回は去年、京阪線でパネルとHMを撮影した、「響け!ユーフォニアム」の石山坂本線を走るラッピング電車採り上げます。

Dsc_5080

石山寺寄りの先頭車は、黄色をベースとしています。

HMのキャラは川島緑輝(さふぁいあ)ちゃんです。

Dsc_5088

「鉄道むすめ」のラッピング電車が発車したころには、他の撮影者さんも結構見受けられました。

Dsc_5081

Dsc_5082

Dsc_5085

自分は、原作の小説もアニメも見たことがありませんが、テレビアニメ版があの「けいおん!」と同じ京都アニメーションさんが手掛けている関係からか、ファンが多いのでしょう。

Dsc_5086

こちらも先ほどの「ちはやふる」と同様、4月23日より劇場版が放映されます。

以前実現(?)した「けいおん!電車で石山坂本線完乗」と似ていますがcoldsweats01、今回、次の目的地である、坂本駅までこのラッピング電車に乗車しました(笑)。

Dsc_5091

「けいおん!電車」と同じようなラッピングが車内にも施されていました。

Dsc_5103

Dsc_5104

そして、な、なんとつり革にもラッピングがcoldsweats02sign03
ここまで細工されるとは、正直おどろきました。

Dsc_5106

ちなみに、このラッピング電車は600形(619+620)で、先代の「鉄道むすめ」に抜てきされたのが、この2両でした。

このあと、このラッピング電車に乗車し、終点の坂本駅まで前面展望を楽しんだのでしたhappy01

途中、石山坂本線の車両基地のある錦織(にしごおり)では、今月の21日で運転を終了する、「京阪特急色」の600形(603+604)と、同じく27日で運転を終了する「きかんしゃトーマス号」(700形(701+702))の姿が見えました。

Dsc_5112
坂本駅に到着しました。
さっそく、撮影cameraタイムclock

坂本寄りの前面はピンク基調となっています。

Dsc_5114

Dsc_5116

Dsc_5117

Dsc_5118

湖側は「夏服の主要キャラ」がデザインされていました。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2016年3月 4日 (金)

京阪石山坂本線訪問記(2)(2016.2.27)

こちらの記事の続きになります。

Dsc_5054

このあと到着した電車は、競技かるたを主題とした漫画「ちはやふる」のラッピング電車(700形705+706)です。

同作品の今年3月からの実写映画化の上映記念によるもので、HMは主人公の女性(綾瀬千早)を演じる広瀬すずさんがデザインされています。

この電車は、自分が出向いた前日(26日)から運転が始まりました。

Dsc_5057

ラッピングのない一般色の電車も「比叡山・びわ湖」をPRするHMが掲出されていました。

Dsc_5061

Dsc_5061_1

このあと、お待ちかねhappy01の「鉄道むすめ10周年」のラッピング電車(700形709+710)が到着しました。

Dsc_5071

Dsc_5072

Dsc_5073

Dsc_5074

このあと、側面のラッピングを撮影camera
こちらは山側。

Dsc_5064

Dsc_5067

Dsc_5068

Dsc_5063

Dsc_5062

こちらは、湖側。

デザインはスタンプで使用している背景に、全国を渡る鳥たちと一緒に全国各地を巡れるイメージです。

「鉄道むすめ」の各キャラは、きっぷに見立てたボードを持って、「駅名を使ってバトンタッチ」をしているように見えました。

Dsc_5078

同駅に設置している、石山ともかちゃんのパネルとのツーショット。
1番線停車だと、チョットきびしい・・・coldsweats01。(つづく)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ