サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

「春の阪急レールウェイフェスティバル 2015」に参加しました。(3)

こちらの記事の続きになります。

乗車会を終えたあと、向かったshoeのは、(1)で紹介したブースの向かい側にあった、このブースです。

Dsc_3808

レアな部品が手に入るwobbly「入札会」ですsign03

Dsc_3812

Dsc_3813

これらは、言うまでもないですが、実物の電車に設置していた「部品」なのです。
わたしも「欲しいな~」と思いましたが、最低入札金額が最初から高い・・・coldsweats02sign03

Dsc_3807

Dsc_3807_1

・・・なので、撮影して「拝むだけ」にしましたcoldsweats01

ちなみに、上の画像の貫通扉(3300系もありました)は、下の画像の通り「運送会社による配送となります」とのことです。

まぁ、これを自分たちで持ち帰るのは、アクセス上できませんから・・・coldsweats01
(会場には、駐輪・駐車場はないので、自転車・バイク・車での来場は不可)

Dsc_3811

ブースの片隅には、小学生以下の対象商品もありました。

このあと、11時からの「35トンクレーンの実演」を見るべく、工場内へ入りました。

Dsc_3814

こういった時にしか入れない工場内、やっぱりスゴい。

Dsc_3816

Dsc_3818

工場内も多数の来場者であふれていました。
ご覧のようなパンタグラフの上昇・下降の実演や・・・。

Dsc_3815

「はしれ!ちびっこ電車!」など、子供たちが楽しんでいるオーラを感じ取ることができました。(つづく)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2015年5月27日 (水)

「春の阪急レールウェイフェスティバル 2015」に参加しました。(2)

こちらの記事の続きになります。

このあと、同イベントでも人気のコーナーへ向かいましたshoe

Img103

「P-6・900形乗車会」です。
自分ですが、今回はP-6(デイ100)形を選びました。

では、現場の様子を見てみましょう(笑)。

Dsc_3750

Dsc_3752

Dsc_3753

Dsc_3754

多数の参加者を乗せた、2両の電車が戻ってきました。
手前の車両が、P-6(デイ100)形、奥の車両が900形です。

P-6形は、長年の功績をたたえ、116号車が永久保存する運びとなり、1974(昭和49)年に復元され、一時期動態保存となりましたが、その後静態保存となり、1997(平成9)年に再び動態保存が実現し、現在に至っています。

一方、900形は、阪急電鉄の創業80周年となる1988(昭和63)年に、トップナンバーの900号車が技術遺産として、新造時の状態に復元される運びとなりました。
電装品が600Vなので、自走は不可能ですが、線路上を走ることは可能なので、前述の116号車と併結して、このように同イベント時に乗車会が行われているのです。

数分後、わたしたちに順番がまわってきました。

Dsc_3769

900形との連結側です。

Dsc_3772

Dsc_3775

Dsc_3778

Dsc_3794

何とも言えないノスタルジックな雰囲気を醸し出していますconfident

Dsc_3780
しばらくして、動き出しました。
今年デビューした、京都線用ラッピング列車「古都」(同イベントでは洗車体験に使用された)を見ながら、釣り掛け音をうならせながら、ゆっくりと走行します。

Dsc_3781

Dsc_3782

しばらく進むと、知る人ぞ知る、撮影スポットへ。
動態保存の2300系2両(2301号車、2352号車)が見えてきました。
塗装はかなりあせており、何やらいろいろと書き込まれています。

Dsc_3786

Dsc_3787

台車や床下機器はきれいに塗装されていました。
この乗車会では、同じ線路を2往復します。

Dsc_3797

乗車会が終わり、記念に1枚camera
スタッフさん、ありがとうございました(^^)。

※おまけ画像

Dsc_3799
移動してから気がついたeyeのですが、最新鋭車両の1000系の最新編成(1005ほか8連)を見ることができましたhappy01
(つづく)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2015年5月23日 (土)

鉄道友の会選考 2015年 ブルーリボン賞・ローレル賞受賞車両が決定

今日(23日)、とある鉄道関連のサイトを見ていたら、鉄道友の会が選考した、2015年のブルーリボン賞およびローレル賞受賞(選定)車両が公表されていました。

気になる受賞結果
ですが、以下の通りとなりました。

ブルーリボン賞東日本旅客鉄道(JR東日本) E7系・西日本旅客鉄道(JR西日本) W7系

ローレル賞:東日本旅客鉄道(JR東日本) EV-E301系

        箱根登山鉄道 3000形

くわしくは、以下の鉄道友の会の公式サイトをご覧ください。

2015年 ブルーリボン・ローレル賞選定車両

…自分は諸般の事情で元会員になりましたので・・・ think

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2015年5月19日 (火)

「春の阪急レールウェイフェスティバル 2015」に参加しました。(1)

17日ですが、このイベントに出向いてきました。

Img098

「春の阪急レールウェイフェスティバル 2015」(場所:阪急電鉄 正雀工場)です。

わたしがこの類の「鉄道イベント」に参加するのは、2年前の大阪市交のイベント以来で、阪急のイベントへの参加は、3年ぶりになります。

会場に到着したのが、8時40分頃でした。
すでに長蛇の列ができていました。

そして、開始時刻より15分早い、8時45分に入場となりました。

まず、わたしが向かったdashのは、阪急電鉄グッズの臨時販売所(?)でした。

Img099

そこでは、これが即売(?)されていました。

自分が購入したのは、梅田駅20時発の特急のスタフでした。
よ~く見るとeye、(左から)運転時分、最高速度、停車時秒など、きめ細かく表記されていました。

Img100

スタフを購入したあと、となりにあった阪急のグッズを購入すると、今年の3月に引退した、2300系がデザインされたクリアファイルがついてきましたhappy01

このあと、同イベント名物の「P-6・900形乗車会」に参加するため、整理券配布場所に行き、整理券を受け取ったあと、「技術部電気部門の物品販売」のブースへ向かいました。

こちらも、かなりの行列でした。

順番待ちをしている間に、「P-6・900形乗車会の整理券の配布は終了しました」とのアナウンスが流れました。

受け取っておいて良かったーbearing

では、ここでこのブースで購入したものを紹介します。

Img101

これは、クリアファイルなのですが、神戸・宝塚・京都の3大幹線のフラップ式(パタパタ式)の見本がデザインされていました。

各路線の下の2種類が、過去に運行されていた列車となっています。

Dsc_1858

で、下の2種類も販売されていたようなのですが、すでに売れてしまったので、代わりになるようなものを探してみると・・・。

ありました、ありました(^^)。
一昔前の急行列車の表示のものが。
画像のものを含め、計4種類購入しました。

Dsc_1861

こちらは、説明が必要ですね(^^ゞ。

これは、大きな規模の踏切の遮断機の棒の下に付いている、くぐり抜け防止用(?)の垂れ幕(細長い棒状のものをたばねたもの)です。

Dsc_1863

Img102

これは、スタッフの方が「人気商品なので、完売が予想されます。お取り置きしておきましょうか?」と言っていたので、取り置きをお願いして、購入しました。

実際に使用されていた、トロリー線(下の画像の説明の通りです)を使った文鎮(ぶんちん)です。

ここで、だいぶ時間を割いてしまったので、このあとは「あの場所」へ向かいました。(つづく)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2015年5月15日 (金)

シリーズ MY PHOTO 【23】リニア・鉄道館の展示車両(14)モハ63系電車

今回は、こちらです。

Dsc_7058_5984dsc_7058

1944(昭和19)年から1951(昭和26)年にかけて大量に製造された、63系電車です。

当時の時代背景の関係から、粗悪かつ不完全な設計で、1951年に発生した車両火災事故である「桜木町事故」において、設計の欠陥があらわにされ、同車は全車両が安全対策をメインとした更新修繕を受けて、72系に改称されました。

同館に保存されているのは、JR東海浜松工場に保存されていたクモヤ90005(クモヤ90形事業用車)がモハ63638に復元されたものです。

余談ですが、自分がこの目でこの種の旧形国電を見たのは、今から24年前の1991(平成3)年にJR西の森ノ宮電車区(当時)で開催された、「大阪環状線開業30周年イベント」の時にクモヤ91形という車両(前述のクモヤ90形と同グループ。1999(平成11)年に廃車)を見たのが、今現在、最初で最後です。

詳しくは、当ブログのこちらの記事をご覧ください。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2015年5月10日 (日)

GWの「こどもの日」に、京阪電車を撮影しました。

GWの5日(こどもの日)は、天気も良く、体調も良かったです。

そんなわけで、京阪の春の特別ダイヤの列車などを撮影に出かけました。
今年の1月以来のデジイチでの撮影となりました。

この日は、「京阪百貨店30周年HM」が2枚看板に、「7200系20周年記念HM」も登場し、さらに大原連絡の「洛楽」は、トーマス特急が抜てきされることが同社のHPから確認できましたhappy01.。

場所は、昨年の10月に出向いた、最寄り駅から徒歩10分ほどの場所です。

現地到着は、8時35分頃でした。

では、十数枚撮影した中から、ピックアップしたものを時間順に紹介します。

Dsc_3709

まずは、最寄り駅8時59分発の普通 出町柳行き。
この列車が7200系(7201F)でした。
前述のHMも確認でき、ヘッドライトの白色LED化と7連化されていました。

Dsc_3715

同駅9時11分発の比叡山連絡快速急行です。
6000系のリニューアル編成(6007F)でした(前面下部が欠けてしまったのが、残念・・・weep)。
こうして見ると、同車のリニューアル編成は、全体が引き締まったように見えますね。

Dsc_3719

そのつぎが、比叡山連絡快速特急「洛楽」です。
この日は、ご覧のように晴れ渡っており、気温も高めでした。
で、この向きがちょうど「順光」でした。

Dsc_3723

このあと、9時25分同駅通過の特急のあとに回送列車が通過しました。
よ~く見るとeye、6000系の6002F。

8連に戻っていました。
また、大阪方面に向かった6001Fも8連になっていました。
6004Fは、見ませんでしたthink

Dsc_3731

同駅9時41分発の大原連絡快速急行です。
「水の路(みち) 琵琶湖疏水(そすい)」のキャンペーンHMとステッカーを掲出した、3000系(3001F)でした。
この編成のヘッドライトも白色LED化されています。

あくまでも憶測ですが、このヘッドライトの白色LED化は、7200系や3000系で確認できているので、今後は7000系以降の車両が、変更の対象になるのでは、と思います。

Dsc_3732

そして、お待ちかね(笑)のトーマス特急による、大原連絡の「洛楽」です。

Dsc_3733

京阪百貨店30周年HM(「海洋堂展」との2枚看板)は、この日はこの2600系(2609F)と13000系(13021F)で見ることができました。

Dsc_3734

同駅9時50分発の急行 樟葉行きも、「水の路」装飾の3000系(3006F)。
この3006Fは、ヘッドライトは原形でした。

Dsc_3735
同駅9時55分通過の特急は、7200系(7202F)。
こちらは、8連のままでした。

Dsc_3737

同駅10時5分通過の鞍馬・貴船連絡の特急です。
白色LEDの8009Fでした。

Dsc_3740

最後は、鞍馬・貴船連絡の「洛楽」で〆としました。
天気は良かったですが、結構暑くてsunsweat01、帰宅したら疲れてしまいました・・・(*_*;。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2015年5月 4日 (月)

25年前に鶴見緑地で開催された、「花博」の記念品など・・・。

今から25年前の1990(平成2)年の4月1日~9月30日まで、大阪市鶴見区の鶴見緑地(当時)において、国際花と緑の博覧会(通称「花博」)が開催されました。

現在は、花博記念公園鶴見緑地と名を変え、花博のパビリオンのひとつだった「咲くやこの花館」など、大阪市の一大レジャー施設となっています。

今回は、当時高校生だったわたしが何度か行った、この「花博」に行った際に手元にとってあるモノを紹介します。

Img001

現在は、大阪市交長堀鶴見緑地線となっている、大阪市交から発行され購入した、花博の記念乗車券です。

花博の開催にあわせて開業した同線は、京橋-鶴見緑地間が当時の区間で、路線名も「鶴見緑地線」と名乗っていました。こういった当時のいきさつから、花博のアクセス路線だったことがうかがえます。

Img002

Img003

花博の入場券2種(普通、夜間割引)です。
先ほどの大阪市交の記念乗車券もそうですが、これらはすべて磁気カードとなっています。

上の普通入場券の金額ですが、「税込」となっています。
当時の税率は3パーセントなので、現在ですと、3,000円を超えてしまいます。

Img004
現在、手元にある「花博グッズ」で唯一確認できたものが、このキーホルダーです。

Dsc_1854

こちらは、5年ほど前に守口の京阪百貨店の「鉄道用品販売会」で購入した、花博の標識板です。
「花博」のイメージキャラクターである、「花ずきんちゃん」がえがかれています。

どこの鉄道会社のものかは分かりかねますが、手ごろな価格だったので、購入しました。

当時の京阪は、この花博のPRのために1989(平成元)年から1990年まで、京阪線の3編成にラッピング車を走らせていました。

その3編成は、「はな号」(1000系1001F(当時))、「みどり号」(2200系2217F)、「みず号」(6000系6009F)でした。

当時はカメラも母の遺品を使っていて、運用もランダムだったので、写真は撮れませんでしたが、高校の通学時にこれらの編成に「乗り鉄」できた時は、思わず「ラッキーhappy01sign03」と喜んでいたのが、今となっては懐かしい想い出です・・・confident

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ