サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« 阪急「宝塚歌劇トレイン」を求めて・・・。(2) | トップページ | 京都市東山区の青蓮院門跡と将軍塚青龍院へ(2) »

2015年1月13日 (火)

京都市東山区の青蓮院門跡と将軍塚青龍院へ(1)

今回は、昨年12月23日のお話です。

京都市東山区にある、青蓮院門跡 という場所に出かけました。
その理由は、HPやテレビ番組で興味をそそられ、国宝青不動明王の御開帳(公開)がこの日までだったからです。
当日、現地へは京都市交東西線の東山駅より向かいました。

Dsc_1468

当日はスマホのみ持参しました。

画像は京都市交東西線の東山駅のホームです。
この路線の駅は、床から天井までがホームドアとなっていて、車両を写すのは、これで精一杯なのですsweat01

Dsc_1471
東山駅から歩くことおよそ5分で現地に到着です。
画像は、HPにも記載されていた、大楠です。

Dsc_1475

受付けを済ませ、拝観です。

まずは、青蓮院からです。

Dsc_1481

中に入ると・・・。

「素晴らしいものに、久しぶりにお目にかかった」というような感覚にとらわれました。

Dsc_1491

Dsc_1492

いやはや、心が洗われるようでした・・・confident
境内と庭園は、こちらのページのようになっていました。

このあと、青不動明王の復元模写を見ました。

そして、次に向かう将軍塚青龍院に国宝青不動明王を見に行くべく、14時発のシャトルバスに乗車しました。

Dsc_1474

この画像は、拝観する前に写したものです。
わたしたちが乗車したのは、向かって右側のバス(京阪バス)でした。

このバスですが、中古のものを使用しているのです(左側のものは団体用で、同じ京阪バスでも、別物です)。

バスに乗車して、車窓を眺めると・・・。
自分が社会人になって初めて勤めたホテル、その勤め帰りなどで立ち寄った鉄道模型店、当時京阪の京津(けいしん)線の線路があった道路を進んだあと、山道を登ること、およそ15分・・・。

将軍塚青龍院に到着です。

Dsc_1498

いよいよ、国宝青不動明王を拝むこととなりました。
この建物に入る前に、とても緊張したのを、今でも覚えています。

「国宝」を拝む前に、青不動明王の色紙を購入(現在、自宅に部屋に祀っています)したり、朱印帖を購入したりしました。

そして、国宝青不動明王をこの目で初めて目にしたのでした・・・。
何とも言えない、神々しさを感じ取ることができました。


自分が来たときは、ちょうど法要をしていました。
法要のあと、門主さまのお話を聞きました。

このあと、テレビでも採り上げられていた、二つの展望台の眺めを楽しむことに。
まずは、西展望台へ。

Dsc_1508

先ほど訪れた、青龍殿を望みます。

Dsc_1514_2

Dsc_1515_3

西展望台からの眺めです(スマホでパノラマ撮影。画像をクリックすると、別窓で表示されます)。

このあと、北展望台へ赴きました。(つづく)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

« 阪急「宝塚歌劇トレイン」を求めて・・・。(2) | トップページ | 京都市東山区の青蓮院門跡と将軍塚青龍院へ(2) »

お出かけ、散策」カテゴリの記事

ネイチャー(自然)」カテゴリの記事

バス」カテゴリの記事

京都市交通局」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

風景写真」カテゴリの記事

コメント

>京阪快急3000さんへ
こんばんは。

昨年の天皇誕生日の祝日、
どなたかと一緒に回られたのですね。

東山駅の安全対策は万全ですね。

美しい庭園ですね。
日本人の感性のすごさに誇りを感じます!

将軍塚清龍院に入られる時、
緊張されたようで、
何かをお感じになられたのですね。
とてもいい経験をされました!
どういう事だったのか、
きっと、後日理由が明かされる日が来ることでしょう!
楽しみですね!

PCの事なんですけれど、
こうやってコメントを投稿しようとすると、
ブログパーツの新幹線が止まったり、
画像自体が無くなってしまう事が良く起こります。
何か、関係があるのでしょうか?
でも、こうやって投稿は出来ています!

青蓮院、大好きです。
夏行くと、庭が見える室内が涼しかった記憶あります。

播州太郎さんへ

こんばんは。

いつも、コメントありがとうございます。

この日ですが、自分ひとりで行きましたよ。

将軍塚青龍殿に入る時に緊張したのは、何か「オーラのようなもの」を感じとったのかも知れません。

記事本文には書いていませんが、ここでは御守りも購入しました。

「コメント投稿の際にブログパーツが関係かどうか不明だが、投稿はできている」とのことですが・・・。

閲覧する際の環境(PCもしくはスマホ、もしくはブラウザなど)などが関連しているものと思われます(自分がスマホで見ると、一部のパーツが表示されません。「アドビ・フラッシュ」とかいうアプリを入れたら見ることが出来るのですが、動作は重くなり、スマホにもよくないようなので、入れていません)。

一時的なものでしたら、特に気にしなくても良いかと思いますよ。

キハ58さんへ

こんばんは。

いつも、コメントありがとうございます。

青蓮院は、庭園の造りがすばらしかったです。

また時期を変えて、訪ねてみますね。

>京阪快急3000さんへ
こんばんは。

ありがとうございました!
PC了解です!
私達、とありましたから、
てっきり、どなたかとご一緒だったのかと。
そうでしたか(笑)、残念?!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪急「宝塚歌劇トレイン」を求めて・・・。(2) | トップページ | 京都市東山区の青蓮院門跡と将軍塚青龍院へ(2) »

京阪3000系「水の路」ラッピング電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ