« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月30日 (金)

更新一時休止のお知らせ

こんにちは。

ここ最近、バタバタしていて、記事を書くのもままならない状態となっています。
・・・というわけで、しばらくの間、更新はお休みさせていただきます。
何とぞ、ご了承のほど、お願い致しますm(__)m。

管理人より

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (4)

2015年1月26日 (月)

南海「ピーチラピート」&「トッキュウジャー・サザン」ほかを撮影(2)

こちらの記事の続きになります。

「トッキュウジャー・サザン」が7日までの運転のため、4日に「ピーチラピート」の撮影も兼ねて、出かけました。

いろいろと調べた結果、南海線の二色浜(にしきのはま)駅(以下、同駅)で撮影することとなりました。

同駅までの経路ですが、往復とも、京阪(最寄り駅)乗車→北浜(大阪市交堺筋線に乗り換え)→天下茶屋(南海線に乗り換え)→同駅となりました。

天下茶屋駅には、予定より早く到着したので、ホームでしばらく周囲を観察していました。
普通列車が大変混雑していたのが、目に留まりました。
おそらく、沿線の住吉大社(「すみよっさん」の愛称で親しまれている。阪堺の電停が最寄り)の初詣客だったかと思いました。

往路では初めて、特急「サザン」の「自由席車」に乗車しました。

編成は、12000系(サザン・プレミアム/指定席車)+8000系(自由席車)でした。
8000系ですが、こちらも初めての乗車でした。

岸和田駅までの乗車(立席)でしたが、乗り心地は結構、快適でした。

岸和田駅で接続している普通に乗り換え、同駅に到着です。

Dsc_1632

乗車したのは、1000系(50番台)という、4両1編成しかない車両に乗ることができました(^^)。

Dsc_1633

撮影のため、いったん改札を出ました。
同駅の駅舎は、このようなこじんまりとした佇まいの駅舎でした。
(以上、スマホで撮影)

ここから少し歩き、撮影できそうなポイントを探しましたが、目ぼしいところがなかったので、結局同駅で駅撮りすることとなりました。
同駅のなんば寄りは撮影しにくいので、ホームだけの和歌山市寄り(なんば方面ホーム)に移動しました。

同駅に到着したのが、12時過ぎでした。

「トッキュウジャー・サザン」と「ピーチラピート」の通過順序ですが、前者の方が先でした。

_dsc3555

12時46分、「トッキュウジャー・サザン」が通過します。
先頭車のラッピングが撮れるかどうか・・・。
一度限りのチャンスでした(当日は、結構寒かったので・・・)。

_dsc3556

うまく収まってくれました。
ホッとしました

_dsc3561

13時に通過した、普通の「ラピート」です。
「ピーチラピート」は、30分後に通過することになっていました。

_dsc3567

1000系の空港急行が通過します。

_dsc3562

同駅には、普通のみ停車します。
画像は7100系の6両編成です。
発車後、「コトコト・・・」いう走行音がなんとも言えなく、心地良く感じました

ここで、同駅の和歌山市方面の列車の通過(発車)順序を整理してみると、以下のようになります。

「ラピート」→「普通」→「空港急行」→「サザン」→「普通」→「空港急行」

これで、1サイクルとなります。

_dsc3568

9000系の普通なんば行きです。
通常のダイヤであれば、2扉車(2000系)の運用もあるのですが、この日は2000系の運用はありませんでした。

このあと、「ピーチラピート」が通過するのですが、この時間帯でこの方向がちょうど「順光状態」でした。

_dsc3577

13時30分、「ピーチラピート」が通過しました。

次に到着する列車で帰路に就こうとした、その時です。

Dsc_1636

元泉北高速3000系の3000系の普通が到着したので、とっさながらスマホで撮影しました。
ちなみに、この前面は中間車を先頭車化した車両(3550形)です。

このあと、到着した普通に乗車しました。
8000系でした。

JR東のE233系似」と聞いたことのある、8000系の室内インテリアは良しとして、座席に座ってみたら・・・。

すご~く、硬かったです(>_<)。

この普通は、岸和田駅で空港急行(7100系)と接続していたので、それに乗り換え、この日は帰宅しました。

Photo

今回も「ekiSh」を少しだけエンジョイしました。
今回は岸和田駅にちなみ、「岸和田だんじり祭り」のアイテムを購入しました。

Img096

昨年暮れに天下茶屋駅にて購入した、「ピーチラピート」の記念入場券です。

中身はなんば駅と関西空港駅の2駅の入場券(計4枚)が入っていて、「ピーチアビエーション社」の社名の由来である、「桃」の古来からの意味(長寿、繁栄、幸運)にあやかり、願い事を託すために、4枚すべてに願い事を書くことができるというと内容となっています。

期間が3月14日までなので、それまでにこの入場券を持って、関西空港駅へ足を運びたいと考えています。(完)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (5)

2015年1月23日 (金)

南海「ピーチラピート」&「トッキュウジャー・サザン」ほかを撮影(1)

今回は南海のお話です。

 

格安航空会社として知名度が高い「ピーチ・アビエーション」社とコラボし、あの50000系「ラピート」のうち1編成を塗り替え、昨年9月7日~今年の8月31日まで運行するPeach×ラピート ハッピーライナー」(以下、ピーチラピート。自分もそう呼んでいる)と、今年の1月7日まで運行された、特急「サザン」10000系のうちの1編成の和歌山寄り先頭車に、これまた子供達に大人気の「裂車戦隊トッキュウジャー」のラッピング車(以下、トッキュウジャー・サザン)を撮影するべく、昨年の12月19日、南海なんば駅にて開催された「クリスマスグッズ販売会」でグッズを購入したあと、帰路(南海線なんば-天下茶屋間)を利用して、上記の2列車などの撮影をエンジョイしました。

当日、わたしが撮影したの2列車の発車時刻は・・・。

「ピーチラピート」:14時5分

「トッキュウジャー・サザン」:14時20分


でした。

 

Dsc_1356

 

Dsc_1352

 

なんば駅ホームでまずわたしが撮影したのが、13時35分発の「ラピート」でした。
(今回は、すべてスマホによる撮影です)
下の画像の車番で分かったのですが、この編成はかつて期間限定で大好評を博した「赤いラピート」の編成でした。

 

詳しくは、当ブログのこちらの記事をご覧ください。

 

Dsc_1364

 

続いて、お待ちかねの「ピーチラピート」が到着しました。
ちなみにこのホームは、21年前の1994(平成6)年の50000系「ラピート」のデビューに合わせ、造られたラピート専用ホームとなっています。

 

Dsc_1376

 

この「ピーチラピート」には、50505Fが抜てきされています。

 

Dsc_1380

 

Dsc_1396

 

「トッキュウジャー・サザン」の撮影も兼ねていたので、発車シーンを見たかったのですが、あきらめて移動しました。

 

Dsc_1357

 

時刻は多少前後しますが、「ラピート」と同じ空港線を走る空港急行で、元泉北高速鉄道の3000系を譲受し、新たに南海3000系となった車両を見ることができました。

 

Dsc_1399

 

「ラピート」用ホームから移動した際に見た、連絡通路の列車発車案内です。
時刻がちょうど14時(午後2時)でした。

 

列車案内表示も、現在はLED、もしくは液晶表示が主流となってきましたが、この南海では、従来の主流であった「フラップ式(俗称:パタパタ式)」が使用されているのも、ひとつの特徴と言えるでしょう。

 

Dsc_1415

 

再びホームへ。
「トッキュウジャー・サザン」が到着していました。

 

Dsc_1404

 

Dsc_1408
10904号車に施された「トッキュウジャー」のラッピングです。本当は1枚で収めたかったのですが、ホームのスペースの都合上、2枚となりました

 

余談ですが、以前ある場所でこの「烈車戦隊トッキュウジャー」のオープニングテーマを聞いたのですが、歌詞を聞くとあらビックリ

作詞を担当した方は、きっと鉄道ファンに間違いありません

さて、この特急「サザン」は、和歌山市寄りに「指定席車」(12000系もしくは10000系)、なんば寄りに「自由席車」(7100系などの4扉の一般車)が併結して運転(12000系のペアは8000系。以前は指定席車のみの列車も存在していた)されています。

ちなみにこの時の「自由席車」は・・・。

 

Dsc_1426

 

8000系の増備で、今ではおよそ3分の1ほどまでに両数が減ってしまった7000系でした。

 

Dsc_1418

 

7000系の側面表示です。
「サザン」の文字に装飾がされていたのは、今まで気が付きませんでした

 

Dsc_1425

 

この日は、空港急行の運用に就いた7000系も見ることができました。

 

Dsc_1432

 

Dsc_1437
帰路に乗車する列車まで時間が少しあったので、高野線の車両をひとつだけ撮影しました。

オールステンレス製が幸いして、全車健在の6000系 による、橋本行きの急行です。
表示器の「高野山連絡」という表記は、初めて目にしました。

 

Dsc_1439

 

帰路は前述したとおり、天下茶屋駅まで乗車し、大阪市交堺筋線に乗り換えて帰宅しました。

 

画像は乗車した、2000系による普通列車でした。
車掌さんは女性の方でした。(つづく)

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (7)

2015年1月21日 (水)

今日の日記【124】今日はわたしの誕生日♪

皆様、おはようございます。

今日(21日)は、わたしの誕生日で、父の命日でもあります。

今日で40歳になります。ついに「アラフォー」に突入しました( ´艸`)プププ。

今日のお天気はあまり良くないですが、近所のスイーツ店でショートケーキを購入したり、先日守口の京阪百貨店で購入した商品などで、ごちそうを満喫します。

こんな自分ですが、今後ともよろしくお願い致しますm(__)m。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (14)

2015年1月19日 (月)

シリーズ MY PHOTO 【19】リニア・鉄道館の展示車両(10) C57形(139号機)

今回紹介するのは、こちらです。

Dsc_7166_6089dsc_7166

Dsc_7169_6092dsc_7169

ファンの間では「シゴナナ」という愛称で親しまれている、C57形蒸気機関車の139号機です。

同機の動態保存で一番有名なのは、何と言っても、JR山口線を走る「SLやまぐち号」でしょう(旧国鉄時代から継承)。

ちなみに、同機は「貴婦人」という呼び名もありますが、この呼び名は前述の1号機(1次形)と同機(2次形)のみに当てはまるのです(同機は1号機~201号機が製造され、1次形~4次形の4つに分類される)。

これは、わたしも知らなかったです。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (8)

2015年1月17日 (土)

今日の日記【123】守口の京阪百貨店へ。そして「あの日」から20年・・・。

皆様、こんばんは。

今日(17日)は、待ちに待った鉄コレ「京阪600系・700系」の発売日でした。

また、今週の新聞のチラシに、守口の京阪百貨店(以下、百貨店)で冬の北海道大物産展(以下、同催事)なるものを開催していました。

「鉄コレ」は、百貨店でも購入できるのと、同催事も楽しめて一石二鳥となるので、結構寒かったですが、百貨店へ出かけたのでした。

京阪のHPによると「鉄コレの百貨店の販売は、9時30分から整理券を配布します」と記載されていたので、9時前に京阪の守口市駅に到着し、整理券を受け取ったあと、まずは同催事のチラシを見て、どうしても欲しいお弁当があったので、まずは同催事場のある階へ向かいました。

開店時刻前にエレベーター前の入口で待つことおよそ20分、開店時刻となりエレベーターにて、催事場のある階へ。

会場はすでに混雑していて、大繁盛

まずは前述した、「どうしても欲しかった弁当」を購入しました。
それがこちら。

Dsc_1650

チラシには50折限定と記載してあった、「土産牛盛り弁当」(函館)です。

賞味期限が今日の17時だったので、昼食としてご馳走になりました。
久々のご馳走でした

この弁当以外にも、「牧場ミルクアイスクリーム」(十勝)や「北のめぐみコンビニ」というスペースで、「白くまらーめん」(あの「円山動物園」です)や「どさんこきび」(スイートコーン)など、いろいろな商品を購入しました。

このあと、整理券を持って、京阪の「鉄コレ」を購入し、帰宅したのでした。

ではここで、今回購入した「鉄コレ」を紹介します。
今回は京阪電車で「過去帳入り」した、2車種が発売されました。

Dsc_1652

Dsc_1654

600系(3両セット)は、元1650形を編入した、630形(上の画像の写真、下の画像の一番上の車両)と、オリジナルの600系(先頭車、中間車各1両)の3両で構成されています。

Dsc_1656

Dsc_1659

700系(2両セット)は、現在は1000系となっている車両です。

1000系の登場年(1977(昭和52)年)の関係から、わたしは「リアルな700系」を見たことはないのですが、手持ちの京阪電車の本で車両の写真は見たことはあるので、その写真にならい、4両編成が仕立てられるように、2セット購入しました。
(下の画像のように、パッケージの裏面に、その旨が記載されている)

************************

さて、話題は変わって・・・。

今日(1月17日)は、阪神・淡路大震災から20年という、節目の日でもあります。

お亡くなりになられた方々に、心より哀悼の意を表します 。

今回は、わたし自身のその当時の模様を振り返ってみます。



今から、20年前の1995(平成7)年のこの日の午前5時46分。
突然、大きな揺れを感じ、家族全員あわてて目が覚めた。
急いでテレビをつけてみると、思いもよらない映像のニュースが流れ、震源地を中心とした地域は大混乱の状態だった。
自分達の家族は当時、2階建ての古い木造住宅に住んでいて、高いところから物が落ちてきたりなど、部屋の中は大変なことになってしまっていた・・・。
自分達はしばらくの間、その時のショックからなかなか立ち直ることができなかった・・・。




先日見た、この震災を採り上げたテレビ番組で「大きな地震が起こった時はどうすればよいか?」という答えが・・・。

「とにかく、逃げろ」

・・・でした。

「大規模な地震は、いつ起こってもおかしくない」
というのが、現実なのです。

(自分もそうですが)この日を契機に、「地震」についてよく学ぶことが大切であると考えております。

・・・このような堅苦しいお話を読んでいただき、ありがとうございますm(__)m。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (4)

2015年1月15日 (木)

京都市東山区の青蓮院門跡と将軍塚青龍院へ(2)

こちらの記事の続きになります。

Dsc_1532

西展望台からの眺めを堪能したあと、次は北展望台へ向かいました。
画像は、他の方も写真を撮られていた場所です。

Dsc_1536

Dsc_1539

北展望台は上の画像(クリックすると、別窓で表示。下も同様)のように、かなり広かったです。

下の画像が、受付け時に受け取ったパンフレットとほぼ同じものです。
右手には大文字や比叡山などが見えました。

Dsc_1540

Dsc_1541

紅葉がまだ残っているところも見受けられました。

Dsc_1546

京都の街並みを一望。

Dsc_1550

画像の右側に見える赤いものは、平安神宮の鳥居です。

Dsc_1552

大文字と比叡山をバックに

Dsc_1553
いつまでも居たい気持ちにかられましたが、やはり、そういうわけにはいきません

15時発のシャトルバスに乗車し、青蓮院へ戻りました。

Dsc_1558

このバスに乗車して、青蓮院へ戻りました。
青龍殿へ向かった時とは違うバスでしたが、こちらも、中古の京阪バスでした。

このあと、帰路に就きました。

Dsc_1561

京都市交東西線の東山駅へ向かうので、三条通を歩きます。
この付近は、1997(平成9)年まで京阪の京津線(京津三条-御陵間)の線路があった場所です。

道中でこんな場所を見つけました。

Dsc_1562

Dsc_1564
水路と柳の並木に思わず見とれてしまいました

Dsc_1570

このあと、ふたたび歩き、東山駅に到着です。

Dsc_1573

京都市交東西線は、前述したようにホーム全体がホームドアで覆われ、乗車中も全線地下線なので、まさに読書やスマホいじり、居眠り(降車時に注意)にはピッタリだと思います。

画像は京阪電車との乗換駅である、三条京阪駅ですが、スマホでこんな感じの写真を写してみました

京阪の三条駅のアンスリーで夕飯の代わりとなる弁当を購入し、帰宅しました。

次回は、ライトアップの時間に訪ねたいと考えています。(完)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (8)

2015年1月13日 (火)

京都市東山区の青蓮院門跡と将軍塚青龍院へ(1)

今回は、昨年12月23日のお話です。

京都市東山区にある、青蓮院門跡 という場所に出かけました。
その理由は、HPやテレビ番組で興味をそそられ、国宝青不動明王の御開帳(公開)がこの日までだったからです。
当日、現地へは京都市交東西線の東山駅より向かいました。

Dsc_1468

当日はスマホのみ持参しました。

画像は京都市交東西線の東山駅のホームです。
この路線の駅は、床から天井までがホームドアとなっていて、車両を写すのは、これで精一杯なのです

Dsc_1471
東山駅から歩くことおよそ5分で現地に到着です。
画像は、HPにも記載されていた、大楠です。

Dsc_1475

受付けを済ませ、拝観です。

まずは、青蓮院からです。

Dsc_1481

中に入ると・・・。

「素晴らしいものに、久しぶりにお目にかかった」というような感覚にとらわれました。

Dsc_1491

Dsc_1492

いやはや、心が洗われるようでした・・・
境内と庭園は、こちらのページのようになっていました。

このあと、青不動明王の復元模写を見ました。

そして、次に向かう将軍塚青龍院に国宝青不動明王を見に行くべく、14時発のシャトルバスに乗車しました。

Dsc_1474

この画像は、拝観する前に写したものです。
わたしたちが乗車したのは、向かって右側のバス(京阪バス)でした。

このバスですが、中古のものを使用しているのです(左側のものは団体用で、同じ京阪バスでも、別物です)。

バスに乗車して、車窓を眺めると・・・。
自分が社会人になって初めて勤めたホテル、その勤め帰りなどで立ち寄った鉄道模型店、当時京阪の京津(けいしん)線の線路があった道路を進んだあと、山道を登ること、およそ15分・・・。

将軍塚青龍院に到着です。

Dsc_1498

いよいよ、国宝青不動明王を拝むこととなりました。
この建物に入る前に、とても緊張したのを、今でも覚えています。

「国宝」を拝む前に、青不動明王の色紙を購入(現在、自宅に部屋に祀っています)したり、朱印帖を購入したりしました。

そして、国宝青不動明王をこの目で初めて目にしたのでした・・・。
何とも言えない、神々しさを感じ取ることができました。


自分が来たときは、ちょうど法要をしていました。
法要のあと、門主さまのお話を聞きました。

このあと、テレビでも採り上げられていた、二つの展望台の眺めを楽しむことに。
まずは、西展望台へ。

Dsc_1508

先ほど訪れた、青龍殿を望みます。

Dsc_1514_2

Dsc_1515_3

西展望台からの眺めです(スマホでパノラマ撮影。画像をクリックすると、別窓で表示されます)。

このあと、北展望台へ赴きました。(つづく)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (5)

2015年1月10日 (土)

阪急「宝塚歌劇トレイン」を求めて・・・。(2)

こちらの記事の続きになります。

今回は21日の梅田駅(以下、同駅)での撮影の時のお話です。

結論から言いますと・・・。

「宝塚歌劇トレイン」(9000系/9009ほか8連)は、残念ながら姿を見せませんでした。

あくまでも憶測ですが、前日20日に宝塚線でダイヤが乱れていた(この日、わたしは神戸線の列車に乗車していて、アナウンスでそれを知った)のが関係あるのかもしれません。

そんなわけで、この日に同駅の宝塚線乗り場のホームから撮影した、神戸、宝塚、京都線のいろいろな車両を紹介します。

_dsc3431

同駅名物3線同時発車です(トリミングしています)。
これは、時刻によっては、3線が個別で発車するので、なかなか3線の列車が「揃う」ところをとらえるのは、なかなか難しいのです・・・。

Dsc3435

京都線のホームへ目を向けると、5300系のトップナンバー編成(5300ほか7連)が入線してきました。

_dsc3440

今度は神戸線です。
最新鋭車両1000系(1002ほか8連)です。

Dsc3446

続いて、7000系簡易リニューアル編成。7020ほか8連)が入線してきました。

Dsc3451

ここで、宝塚線ホームへ目を移すと、1000系(1103ほか8連)と5100系(5149ほか8連)で仕立てられた列車が並んで、発車待ちをしていました。

_dsc3456

_dsc3469

再び京都線です。
上の2300系現役最古参で、下の1300系の増備が進むと、形式消滅も時間の問題となっています。
撮影できて、良かったです

_dsc3464

神戸線ホームでは3本の列車がきちんと整列(右から6000系6150ほか8連(元2200系)、8000系(8101ほか8連)、7000系(7100ほか8連)と、数字も0か1ぞろいでスッキリ)

_dsc3472

_dsc3473

このあと、7000系(7021ほか8連)の特急が入線(上の画像)。

この編成は、同系では数少なくなった、乗務員室小窓未設置車(7021号車、7121号車を確認済み)です。

さらに下の画像のように、6000系(6550形、鋼製車体)の中間車2両が、編成の中にサンドされているところが、この編成の注目点です。

余談ですが、わたしは前日に20日に西宮北口駅での「グッズ販売会」に出向く際に乗車することができました。

Dsc3478

今回は、宝塚線の列車運用のサイクル(急行(梅田-宝塚間)、約1時間10分、普通(梅田ー雲雀丘花屋敷(ひばりがおかはなやしき)間)、約1時間20分)を知りたかったのも、目的のひとつでした。

画像では、宝塚線の9000系(9005ほか8連)、奥には神戸線の5000系が見えました。

この9000系のように、阪急の車両ではヘッドライトのLED化が進行中です。

_dsc3485

このあと、河原町へ向かう6300系の「京とれいん」と入れ替わるかたちで、6000系(6006ほか8連)が入線してきました。

_dsc3487

最後は以前紹介した6000系の能勢電鉄(のせでん)譲渡編成(6002ほか8連)です。

この編成を撮影後、帰宅したのでした。

************************

阪急京都線では、京都方面の名所旧跡をデザインしたラッピング列車(8300系1編成を使用)を、1月17日から運行されることが決まり、列車の愛称名とHMのデザインを募集しています。

こちらも楽しみです(^^)。

詳細は、阪急電鉄のHPをご覧ください。

※おまけ画像

Dsc_1463

今回はこの日、同駅へ向かう際に往路はJR(大阪環状線)を利用しました。
乗車した車両(201系)に、このようなラッピングが施されていました。(完)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (7)

2015年1月 7日 (水)

阪急「宝塚歌劇トレイン」を求めて・・・。(1)

今回は昨年12月のお話です。

阪急電鉄の宝塚線、今津線(宝塚-西宮北口間)で24日まで運転された、沿線にある宝塚歌劇団の100周年を祝った「宝塚歌劇トレイン」(宝塚線用/9000系9009ほか8連、今津線用/7000系7001ほか6連)を撮影するべく、12月7日と21日と2日にわたって、出向いたのでした。

まず7日ですが、路線規模の小さい今津線の編成を撮影するべく、宝塚大橋(宝塚-宝塚南口間。バックに宝塚大劇場が見える)の最寄り駅である宝塚南口で下車。宝塚駅の方へ線路沿いを歩くこと数分で到着です。

この場所へ赴くのは、およそ3年ぶりとなります。

_dsc3392

こちらが、今津線用「宝塚歌劇トレイン」(以下、同列車)です。
ちなみにこの日は、同列車以外に今津線を走っている車両は3000系のみでした。

このあと、宝塚行きの列車に乗車して、宝塚駅で下車しました。

この駅では、3月21日より駅の発車メロディー(阪急のHP上では「出発メロディー」)が変更されました

宝塚線用は、宝塚歌劇を代表する楽曲のひとつ「すみれの花の咲くころ」、今津線用は、宝塚になじみの深い漫画家である手塚治虫氏の代表作「鉄腕アトム」にそれぞれ変更されました。

阪急が駅にゆかりのある楽曲を発車メロディーにするのは、初めてだとのことです。

その発車メロディー♪を一度聴いてみたかったのが、この駅での目的でした。

_dsc3396

こちらが、宝塚線の急行が発着するホームです。
画像は阪急の最新鋭車両である、1000系(1003ほか8連)です。

_dsc3405

今津線のホームは、宝塚線の列車とスムーズに乗り換えができるように、宝塚線用ホームと並んだ位置にあります。

画像は先ほど紹介した、同列車です。

この場所でそれぞれのメロディーを聴きました。

「場と雰囲気にとても似合っている」と、わたしはとても感心しました

3000

今回も「ekiSh(エキッシュ)」をエンジョイしました(^^)。

今回は、阪急の3000系車両のグッズを購入しました。

往路は梅田から神戸線→西宮北口駅経由→今津線という経路でしたが、帰路はこの宝塚駅から宝塚線に乗車して、そのまま梅田まで乗車しました。

乗車したのは、「宝塚歌劇100周年」のHMとステッカーを掲出した、9000系でした。

乗車しながら、9000系の同列車とすれ違うかどうかを観察していました。

宝塚線の急行は、宝塚駅から豊中駅まで各駅停車で、豊中駅を発車すると、十三(じゅうそう)駅まで停まりません。

箕面線との乗り換え駅である、石橋駅で撮り鉄さんがいるのが見えました。
「この先だな・・・」と読んだわたし。

3000系の回送列車(レアかもしれません)、そしてターゲットの9000系の同列車は、豊中駅を発車後に普通列車として、すれ違いました。

「こうなったら、梅田駅で待っておこうかな・・・」とも思いましたが、この日は非常に寒く、撮影がちょうどお昼時だったのと、昼食も摂っていなかったので、この日はそのまま帰宅したのでした。

今回、阪急電車に乗って気付いたことですが、他社と比べ、スマホなどをいじっている乗客がほとんどいなかったことです。

「スマホいじりが悪い」という意味ではないのですが、阪急がいかにセレブな鉄道会社かということが、再認識できました。

※おまけ画像

_dsc3362

久々におまけ画像とまいります。

7日の前日(6日)の夜、「きれいな満月を見ることができる」という情報を入手し、7日の5時頃目が覚め、ベランダの方を見ると、きれいな満月が見えました。

デジイチを持ち出し、ベランダにて撮影しました。

時刻は5時16分と記録されていました。(つづく)

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (11)

2015年1月 5日 (月)

今年の初詣&「初撮り鉄」は・・・?

今回は、3日のお話です。

正月3が日の最終日である3日は、1日や2日より天候が良かったので、初詣に行ってきました。

当初の予定では、昨年と同じ六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)に行くことにしていたのですが、「おけいはん卓上カレンダー」欲しさに「京阪「洛楽」初詣1dayチケット」を購入したのでした(「卓上カレンダー」は、残念ながら当たりませんでした・・・)。

その結果、最寄り駅から一番近い成田山不動尊に赴くことにしたのでした。

Dsc_1619

ホームに上がったのは、7時過ぎでした。

乗車する列車が来るあいだ、大阪方面の列車を観察していました。

車両の屋根には、雪が残っていました。

京都の方ではかなり積雪したと聞いていましたが、その雪が確かな証拠となりました。

この日は、正月ダイヤ(4日まで)だったので、列車の発車時刻や行先などが普段とまったく異なっていました。

さて、画像は京阪のHP上には掲載されていなかった、8000系「トーマス号」の急行運用です(スマホで撮影)。

Dsc_1621

こちらが、今年の「初乗り」となった、7200系(7201F)による、急行 出町柳行きです。

この列車を写した香里園駅から、成田山不動尊へ向かうバス(京阪バス。購入したチケットを運転手さんに提示して乗車できた)に乗車すること、およそ15分。

成田山不動尊(以下、当山)に到着しました。

京阪電車や京阪バスにも、当山の「御守り」が供えてあるのをご存じの方も多いかも知れません。

くわしくは当山のHPのこちらのページをご覧いただくとして、また日本初の「交通安全祈願」も行っているため、車で来られる参拝者も非常に多いのです。

この場所のたくさんの車を見て、ふと思い出したことなのですが・・・。

今から20年前の1995(平成7)年に亡き父と、まだ薄暗い時間帯に父と共に参拝に行っていたのです

話を元に戻します。

行った時の写真は、久方ぶりに行った関係上撮っていないため、どのようなことをしたのか、簡単に説明します。

(1)参拝

(2)護摩木(ごまき)を供える

(3)おみくじをひき、御守りを購入

(4)「星まつり」の申し込みをする



(3)のおみくじですが、中吉でした。

その中の「旅行(たびだち)」という項目に、「遠くには行かぬが利」とありました。

(2)に名前と生まれた年を書く際に「数え年でお願いします」と、受付の方がおっしゃっていたので、その表を見ると、自分の数え年は41歳で「前厄」となっていました・・・。

来年は自分は厄年となるわけです・・・。

(4)「星まつり」というのは、本山のこちらのページに詳しく記載してありますが、今までしたことがなかったので、お願いすることにしました。

初詣を済ませたあとは、今度は「初撮り鉄」(デジイチ使用)です。

京阪の香里園駅まで戻り、準急(7200系/7202F)で守口市駅まで、普通(13000系/13022F)に乗り換え、滝井駅で下車しました。

Dsc_1624

滝井駅(以下、同駅)のコンコースには、「きかんしゃトーマス号 2015」のことをPRした、手書きのメッセージボードが掲示されていました(スマホで撮影)。

この日はなんと、以前紹介したあの8000系「トーマス特急」が、快速特急「洛楽」に抜てきされるのです

抜てきされる「洛楽」は、淀屋橋駅9時58分発ということが、京阪のHPで確認できていました。

・・・それで、やはり「目的は皆同じ」というわけで・・・

大和田駅や西三荘駅は、早くも熱狂状態

あらかじめ決めておいた、同駅(この駅にも、すでに数名いた)にしておいて正解でした

同駅に到着したのは、9時30分を過ぎたところでした。
「トーマス快速特急「洛楽」」には、充分に間に合う時間でした。

先行列車を「本番」に備え、練習撮影。

_dsc3508

そうこうしているうちに、折り返し「洛楽」となる8000系「トーマス特急」が通過しました。

Dsc3517

そのあと、1本目の「洛楽」(淀屋橋駅9時34分発)が通過しました。

_dsc3539

そして、10時9分に「本命」の「トーマス快速特急「洛楽」」が通過して、自分はお開きとなりました。

Dsc_1625

帰路は、守口市駅まで乗車した普通が、往路と同じ13000系、そして最寄り駅まで乗車した急行は、約4か月ぶりに再会できた、6000系リニューアル編成(6011F)でした。

画像からは見えませんが、この周囲にも撮り鉄さんが大勢いて、下車するのにやや躊躇(ちゅうちょ)してしまいました・・・。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (6)

2015年1月 2日 (金)

今年の元旦は、初日の出&大雪!!

今年最初の記事は、昨日(元旦)の出来事です。

昨年、新聞やスマホの天気予報アプリなどで、「今年は(自分の住んでいる地域は)初日の出が見られるチャンスあり」というニュースがずっと気がかりになっていました。

そして、自分が住んでいる地域の「初日の出」の時刻は7時3分ということが、スマホの天気アプリで分かり、その日は6時40分頃目覚め、あわてて着替えなどをして、自宅の近所にある河川敷公園から生まれて初めての初日の出を拝むべく、出向いたのでした。

この日は風がとても強く、寒かったです。
しかし、念願を叶えるために、わたしは初日の出が見える場所に急いで向かったのでした。

初日の出が見える場所に着いたのが、前述の時刻から少し過ぎていましたが、幸いなこと(?)に、太陽の周りは雲に覆われていました。

そして、およそ20分後のことです。

Dsc_1578

おおっ見えてきました

Dsc_1583

7時25分、念願の初日の出を拝むことができました

何とも言えない気持ちになりました

さて、この日の夕方ですが・・・。

この初日の出とは打って変わって・・・。

Dsc_1589

なんと
急に大雪が降り出してきたのです
(自宅の部屋の窓越しからスマホで撮影)

Dsc_1607

その雪は、まるで吹雪のようになり・・・。

Dsc_1612

辺りはこんな具合になりました(17時前)。

その後、その雪は寝る前には積もり、翌朝(今日)、外を見ると一面の銀世界となったのです・・・。

今日は冷え込みそうなので、初詣と「初撮り鉄」は、明日(3日)に行くことにしました。

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (11)

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年 2015

Dsc2951


皆様、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

この一年が良いお年になることを願っております。
                                    
         
                                 
2015年元旦 管理人より

鉄道コム

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

| | コメント (10)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »