« シリーズ「祝・東海道新幹線開業50周年」(1) | トップページ | 京阪鴨東線開通25周年記念乗車券購入&探究「京阪線・秋の特別ダイヤ」 »

2014年10月 4日 (土)

シリーズ「祝・東海道新幹線開業50周年」(2)

こちらの記事の続きになります。

1999年9月18日にはJR東海所属車が、そして、2008年12月14日には残るJR西日本所属車がさよなら運転をそれぞれ行い、0系は営業線上から姿を消したのでした。
(ウィキペディアより引用)

かくいうわたしですが、JR西車の「さよなら運転」の日には、混雑を考慮したのか出向いた記憶はなく、手持ちのHDDに保存した中から、2008年11月23日に出向いた写真が見つかりました。

 

Img_0583

 

もとの画像をトリミングしているので、分かりにくいかもしれませんが、この日も大変な混雑でした。

この画像を含め、この日の0系(R67編成の臨時列車?)は、3カットしか残っておりません。

なぜに、JRグループの優等列車の「さよなら運転」が運転されると、一部の撮り鉄の方々は熱狂的なまでになるのか、わたしは正直、理解できません・・・

話は変わりますが、2年前(2012年)のダイヤ改正において、定期運用が無くなった、寝台特急「日本海」やその前年(2011年のダイヤ改正)において、列車名と使用車両(485系)は廃止(その後、列車名を「サンダーバード」に統一)となった「雷鳥」の時もそうでした・・・(-_-)。

この2列車に「自分が撮影に出向いた日」の雰囲気は、ハッキリ言って異様でした・・・。

話を元に戻します。

 

Img081

 

Img080

 

上は、8月に発売された鉄道ピクトリアル、下は9月に発売された、鉄道ファン
自分がほぼ毎月購入している、鉄道月刊誌です。

上に挙げた2冊は、東海道新幹線開業50年を記念した特集を組んでいます。

特に「鉄道ファン」の方は、写真も大きくたくさん掲載され、本文も読みやすいので、興味のある方は、おすすめします。

最後に、「東海道新幹線」というより、「0系」にまつわる、想い出話を少しさせていただきます。

わたしが0系に初めて乗ったのが、今から30年以上前の小2の時でした。
母と弟と自分の3人が母の田舎に行くため、新大阪-小郡(現・新山口)間に乗車(「ひかり」か「こだま」かは忘れました)しました。

その次がわたしが小6の時の修学旅行で、広島と山口に行った時(列車名は忘れました)でした。

その時、鮮明に覚えているのが、山口に向かう際に乗車した0系の側面窓が大型(この頃は、窓の幅が狭い2000番台が主力だった)、つまり「古い車両」だったことにとても喜んでいたのでした。

最後に乗車したのが、中3の修学旅行の時で、浜松で下車するため、往復とも「こだま」でした。

この時はとある駅で、当時の最新鋭だった、100系の「ひかり」が自分たちの乗っている列車を高速で追い抜くさまを見て、「とてもカッコいい」と思ったのでした。

その100系や、のちに「のぞみ形」と呼ばれ、デビューした300系もすでに引退し、今はN700系の改良型であるN700A系が増備され、引換えに700系を置換え、N700系もN700A系に準拠した工事を進めているのが現状です。

今後も国内の新幹線の路線はどんどん増えて(北陸新幹線や建設中の北海道新幹線)いきます。

2020年の東京オリンピックの開催の頃には、日本の鉄道網はどのようになっているでしょうか・・・?(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« シリーズ「祝・東海道新幹線開業50周年」(1) | トップページ | 京阪鴨東線開通25周年記念乗車券購入&探究「京阪線・秋の特別ダイヤ」 »

JR」カテゴリの記事

国鉄型車両」カテゴリの記事

新幹線」カテゴリの記事

コメント

0系、愛らしくて好きです。
新大阪駅で見送ったこだまが最後でしたね。

投稿: キハ58 | 2014年10月 5日 (日) 15:57

キハ58さんへ

こんばんは。

いつも、コメントありがとうございます。

0系って、なんとなく愛嬌のあるマスクなので、自分も好きですよ。
(これが、マスコミで使われている「団子っ鼻」の由来かと思われます)

投稿: 京阪快急3000 | 2014年10月 5日 (日) 21:22

こんにちは。
さよなら運転、数日前に行けば余裕で撮れるのに・・・
まぁでも、お祭り事みたいなものでしょうね。
その場にいることに意味があるみたいな。
それだけならいいんですけど、トラブルは起こして欲しくないですね!
0系、自分は乗ったことあったかなぁ?
一番好きなのは500系です。JR東日本が開発したんじゃないと、
西日本に追いやられてしまいましたね。
形状から、窓際大変そうですけど、フォルムはピカイチかと。
地方の新幹線、カッコいい型が増えてますよね。
東海道新幹線も、もうちょっとカッコいいのを!!!

投稿: やんぼー | 2014年10月 7日 (火) 13:01

やんぼーさんへ

おはようございます。

いつも、コメントありがとうございます。

JRの「さよなら運転」や「臨時列車」のたぐいですが、後から記事となる鉄道雑誌などを見ると「すごい人だかりだなぁ・・・」と、思わず唖然としていまいます。

これが、表向き。

裏では、JRの係員や一部の「撮り鉄」とのトラブルの発生も結構小耳にはさんでいます。

なので、自分の場合は「JRもの」はできるだけ「避けて」いるのです。

さて、新幹線の車両ですが・・・。

0系は「新幹線の代名詞」のような存在なので、ほとんどの方がご存じかと思われます。

一番好きな車両は500系ですか・・・。

たしかにカッコいいし、自分も好きですよ。

ただ、自分が東海道・山陽新幹線で乗車したことのない車両が、この500系と700系「ひかりレールスター」なのです。

現在はどちらも、山陽新幹線区間を走り、500系は8連に短縮されて、もっぱら「こだま」用に、「ひかりレールスター」も、「のぞみ」の増発で、現在は減便されていて、希少価値はどちらも高めとなっていますね。

投稿: 京阪快急3000 | 2014年10月 8日 (水) 07:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シリーズ「祝・東海道新幹線開業50周年」(1) | トップページ | 京阪鴨東線開通25周年記念乗車券購入&探究「京阪線・秋の特別ダイヤ」 »