« 昨年~最近発売した鉄道グッズ・模型などを購入しました。 | トップページ | 念願の「くずはモール SANZEN HIROBA」へ(4) »

2014年8月10日 (日)

念願の「くずはモール SANZEN HIROBA」へ(3)

台風11号の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

**********************

こちらの記事の続きになります。

2度目の訪問時には京阪電車の模型が展示されていましたが、初めて赴いた6月13日の時は、違うものが展示されていました。

 

Img_3453

 

今回は、その展示物などを紹介します。

 

Img_3458

 

まずは、「なつかしのポスター展示コーナー」から。
右側のものから順に見ていきましょう。

右側は、冷房化や当時の6000系並みにリニューアルされ、2008年に引退した、1900系のリニューアル編成デビューのPRと、自律分散式列車運行管理システムというものが、「12月10日から稼働しました」という内容の広告ポスターです。

左側は開業80周年(1990年。上)と開業90周年(2000年。下)記念関連の京阪特急のPR広告です。

 

掲載時期ですが、右側(上)が1985年頃、(下)が1987年頃、また左側のものは、上が1990年頃、下は2000年頃のものと思われます。

 

Img_3459

 

こちらですが、右側の上の広告では、「7200系がまもなくデビューします」と記載されてあり、下は現在でも好評な8000系のダブルデッカー車がデビューしたという広告です。

また、左側の上の広告は、当時の6000系6011Fの写真が掲載され、「77両が快走中です」というキャッチフレーズ、下の広告は、1983(昭和58)年12月4日に当時の京阪線の架線電圧が1500Vに昇圧されるのを前に、「試運転を行っています」という内容のPR広告です。

話は逸れますが、6000系のリニューアルの第1弾編成は、情報収集の結果、6011Fの説が濃厚のようです

 

掲載時期ですが、右側(上)が1994年頃、(下)が1997年頃、また左側のものは、2枚とも1983年頃のものと思われます。

 

Img_3460

 

こちらですが、右側の上の広告は「鴨東線の開業工事が進んでいます」という内容、下は「深草駅のリニューアル(当時は「改装工事」と呼んでいた)工事が完了しました」という内容の広告です。

一方、左側の上の広告は「京都地下線(東福寺-三条間)の工事が着々と進んでいます」という内容、下の広告は「浜大津駅の移設・統合化工事を始めました」という内容です。

 

掲載時期ですが、右側(上)が1989年頃(広告の右下には「京阪電車」ではなく、「鴨川電鉄」と表記)、(下)が1987年頃、また左側(上)は、1986年頃、(下)は現在の駅舎の工事のPRで、1980年前後のものと思われます。

続いては、当時展示されていたHM(標識板)を見てみましょう。

 

Img_3462

 

これら3種は、かつて(1990年頃まで)よく見られたものです。

左から順に・・・。

●貨車に掲出されていたもの。

●直通急行(大阪-京都間。この場合は淀屋橋-三条間)に掲出されていたもの。

試運転列車に掲出されていたもの。

・・・となります。

 

Img_3455

 

これらですが、自分は見た記憶がまったくありません・・・

 

●左の2種は、京阪線-交野線直通列車に掲出されていたもの。

●右のものは、「源氏物語ウォーク」というイベントの開催で、2007年に8000系1編成に掲出。

 

Img_3461

 

これら3種は、交野線にまつわるものです。

このうち、中央のものは、七夕奉納列車と銘打って、2006年に1900系1929Fにより運転されたものだそうです。

これだけは、ここで初めて見ました・・・(^^ゞ。

 

Img_3456

 

これら3種は、この「SANZEN-HIROBA」に展示されている、3505号車を含む、旧3000系特急車(8000系30番台時代を含む)に掲出されていたものです。

中央のものは、旧3000系用のダブルデッカー車がデビュー記念に掲出されたもので、1995年12月の車番変更前に掲出されたものです。

 

Img_3464

 

これら3種は、現在掲出中の、2200系デビュー50周年、7000系および8000系デビュー25周年につながるシリーズ(笑)ですね。

左から順に・・・。

●1900系(1810系の編入車からカウントして)デビュー50周年を記念して掲出されたもの。

●5000系デビュー40周年を記念して、掲出。

●6000系デビュー30周年を記念して、掲出。

このうち、6000系のものは昨年(2013年)、デザインと色違いで計4種あり、記憶に新しところです。

 

Img_3457

 

これらは、京阪電車の歴史において、節目となった出来事があった際に掲出される類(たぐい)のものです。

左から順に・・・。

●ひらかたパーク 開園100周年を記念して、掲出。

●昨年(2013年)、淀屋橋延伸50周年を記念して、掲出。

京阪電車 開業100周年を記念して、掲出。

最後に紹介するのは・・・?

 

Img_3491

 

京阪特急のシンボルマークである、ハトの特急のHMを囲んで、HMのオンパレードです
(これらは、先ほど紹介したものとは別の場所に展示しています)

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 昨年~最近発売した鉄道グッズ・模型などを購入しました。 | トップページ | 念願の「くずはモール SANZEN HIROBA」へ(4) »

京阪電気鉄道」カテゴリの記事

鉄道博物館、施設」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(*^^*)
樟葉モールですか?

京阪の歴史ですね♪

こんなに天気悪いなら…行ってみようかな(*^^*)

スカッと爽やか…早く青空と白い雲帰ってこ~い♪!!

投稿: くるみ | 2014年8月12日 (火) 07:25

くるみさんへ

おはようございます。

いつも、コメントありがとうございます。

くるみさんの行動力の凄さには、私も驚愕しています。

スカッとしたお天気でない、こんな日は、この「SANZEN-HIROBA」はおススメですよ(^^)。

あの「テレビカー」、3505号車が見ることができますし、京阪沿線のジオラマや、京阪の歴史を紹介したパネルなど、見どころ盛りだくさんですよ。

投稿: 京阪快急3000 | 2014年8月12日 (火) 08:20

こんにちは~。モモパパです~。
ポスターに歴史あり。
ヘッドマークには更に歴史ありですね。
ヘッドマーク。
買ったらいくらぐらいするんだろう。
そういう下種なこと考えちゃダメですね。
あはははははは。

投稿: モモのパパ | 2014年8月13日 (水) 10:20

モモのパパさんへ

こんにちは。

いつも、コメントありがとうございます。

そうですね。
おっしゃる通り「ポスターに歴史あり。ヘッドマークに歴史あり」ですね。

さて、ここで展示されていたヘッドマークですが、2年くらい前に京都競馬場の特設会場で、また、京阪百貨店の販売会などで、このヘッドマーク(もちろん本物)が発売されたのを見たことがありますよ。

価格ですが、安いもので、2万円台。高いものだと、もっとしますよ。

つまり、それだけ値打ちがあるわけです。

自分も今のうちに貯金をして、好みのものを1枚でもいいので、購入したいと考えています。

投稿: 京阪快急3000 | 2014年8月14日 (木) 11:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昨年~最近発売した鉄道グッズ・模型などを購入しました。 | トップページ | 念願の「くずはモール SANZEN HIROBA」へ(4) »