« 石清水八幡宮へ・・・。そして・・・。 | トップページ | シリーズ「2014年版 スルッとKANSAI 夏の3dayチケットを使って」1日目「2年ぶりに高野山へ」(1) »

2014年8月24日 (日)

シリーズ「過去の撮影記録から」(20)20年前に訪問した、JR阪和線和泉砂川駅付近などにて(番外編)

今回の土砂災害の被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

今回は、今年も熱中症などへの影響があった、猛暑にちなみ、20年前の涼しい(?)話題をお伝えします。

Img017

以前お伝えした、1994年当時のJR阪和線の和泉砂川駅の構内の様子です。

この画像は、天王寺方面のホームから、天王寺方面に向けてとらえたものです。

向かって左側から順に1番線2、3、4番線とホーム番号が振られています。

4番線には205系(1000番台)この駅折り返しの列車として停車、2番線の103系は快速天王寺行き()、3番線の103系は和歌山行きの普通列車となっています。

今回、採り上げるのは、中央のスカイブルーの103系です。
よ~く見てみると、今ではあまり見られないモノが、屋根上に載っています。

これは、JR西日本が当時(1988年~)、改造コスト削減と車両の早期の冷房化推進のため、WAU102形と呼ばれる、インバータクーラーを3台搭載しているのです。

WAU102形は、東芝製と三菱電機製と2種類あり、形状の違いや外部ルーパー(吹き出し口)形状などに違いがありますが、性能には大きな差はないため、混載する車両も存在していました。

Img018

Img0019

上にあげたのは、東芝製のクーラーです(上はクモハ103-41、下はクハ103-164)。

Img0020

こちらは、三菱製のクーラーです(クハ103-158)。

WAU102形は、ご覧のようにJR西日本所属の103系初期製造の車両や113系などに取り付けられました。
しかし、従来のAU75形(集中型クーラー)に比べ、冷房能力が不足することから、特に関西地区では優先的に廃車が進められる結果となりました。

現在103系の搭載車として残っているのは、広島運転所に所属の4連3編成(12両)のみとなっています。

自分も実際に見たものは、ほんのわずかでしたが、以前はこのようなクーラーを搭載した車両が走っていたことを知っていただければ・・・と思った次第です。

web拍手 by FC2

|

« 石清水八幡宮へ・・・。そして・・・。 | トップページ | シリーズ「2014年版 スルッとKANSAI 夏の3dayチケットを使って」1日目「2年ぶりに高野山へ」(1) »

JR」カテゴリの記事

国鉄型車両」カテゴリの記事

過去の撮影記録から」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパです~。
20年前の阪和線103系のクーラー。
もしかしたら僕、体験してたかもしれません。
当時夏休みで大学の鉄研仲間と阪和線に乗りに行き「へえ~。この103系。クーラーがついてるんだ~。」と感慨深く思った想い出があります。
その後紀勢本線に乗り「はやたま号」に乗って戻ってきました。

投稿: モモのパパ | 2014年8月24日 (日) 09:42

モモのパパさんへ

こんばんは。

いつも、コメントありがとうございます。

当時の大学の鉄研仲間の方と、阪和線の乗りに行かれたのですね。

さて、「はやたま」が20年前に残っていたかどうか、調べてみましたが、当時の夜行普通列車だった「はやたま」は、今から30年前の1984年の旧国鉄時代に列車自体がなくなっているということがわかりました。

おそらくご覧になられたのは、クーラーが付いた(もしくは冷房化改造された)、当時の阪和線の103系ではないでしょうか・・・?

投稿: 京阪快急3000 | 2014年8月24日 (日) 16:59

こんにちは。
電車にはエアコン不可欠になりましたねぇ。
通勤電車なんて、エアコン付いてても、
風が届かないと、地獄でありますが・・・
目の前に弱冷房車が止まった日には、
乗り込むの最後になっちゃうの仕方なく、
隣の車両まで移動しちゃったりします。

投稿: やんぼー | 2014年8月27日 (水) 12:43

やんぼーさんへ

こんばんは。

いつも、コメントありがとうございます。

電車の冷房化(クーラー搭載)は、当時(1990年代半ばころまで)のJRや大手民鉄や地下鉄にとっては、早急にしないといけない「課題」でした。

こと車両数の多い、JR西日本や東日本、そして東海などは、この頃、搭載コストの安い「インバータクーラー増殖ブーム」状態でした・・・。

今や、鉄道車両にクーラー(エアコン)の搭載は常識化していますね。

通勤電車にクーラーのない時代(高度経済成長期の頃)の通勤って、おっしゃる通り「地獄」のようなイメージを持っています。

そういえば、クーラーのタイプによるのですが、(ここでは詳しく述べませんが)タイプや送風器具(扇風機など)の違いで、風の当たり方がかなり変わるようですね。

弱冷房車の位置だと移動されるそうで・・・。
そのお気持ち、分かりますよ、

投稿: 京阪快急3000 | 2014年8月27日 (水) 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石清水八幡宮へ・・・。そして・・・。 | トップページ | シリーズ「2014年版 スルッとKANSAI 夏の3dayチケットを使って」1日目「2年ぶりに高野山へ」(1) »