サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« この日は「お楽しみ」がいっぱいでした♪ | トップページ | 嵐電&京都の地下鉄でお出かけしてきました♪(2) 「野宮神社参拝と、京都国立近代美術館へ」 »

2014年6月24日 (火)

嵐電&京都の地下鉄でお出かけしてきました♪(1)「嵐電 嵐山駅 朝の情景」

21日、私は2つの所用を済ませるため、久しぶりに京都へ出かけました。

その所用ですが・・・。

(1)嵐山の野宮(ののみや)神社に参拝する。

(2)京都国立近代美術館において、開催中の企画展「上村松篁(うえむらしょうこう)展」を観に行くこと。

以上の2つです。

まずは、野宮神社のある、嵐山まで行くため、以下の経路で出向いたのでした。

京阪最寄り駅-祇園四条間乗車→阪急京都線河原町-大宮間乗車→嵐電四条大宮-嵐山間乗車

嵐電の四条大宮から乗車すること20数分で、嵐山駅に到着しました。

昨年7月13日にリニューアルオープンした、嵐電嵐山駅(以下、同駅)。
リニューアル後に同駅へ訪れたのは、初めてでした。
今回は森田泰道氏がデザインを手がけられた、同駅の約600本の友禅の林「キモノフォレスト」をほんの一部ですが、紹介します。(すべて、スマホのカメラで撮影したものです)

Dsc_0372

Dsc_0378

まずは、同駅の名物にもなっている「足湯」です。

Dsc_0379

四条大宮方向に向かって、一番左側の線路を望みます。
この辺りには、新緑の木々が見受けられます。

Dsc_0382

往路で乗車した電車(モボ630形633号車。夕子さんのラッピング電車)が出発したところです。

そのバックにも友禅のポールがずらりと並んでいました。

Dsc_0383

いったん、改札(というより、出札ゲート)を抜け、別のホームへ。
今度は、京つけもの「もり」のラッピングを施した、モボ2000形が到着しました。

Dsc_0384

別のホームには、こんな案内表示器が。
見やすくて、とても良いなと思いました。

Dsc_0385

Dsc_0388
まだ開店準備中の店舗のそばにも、さりげなく友禅のポールが添えられていました。

Dsc_0391

Dsc_0394

反対側を見ると、色々な店舗が並んでいて、気軽にくつろげるお座敷も並べられています。

この周辺は、はんなり・ほっこりスクエアと呼ぶそうです。

「はんなり」とは鮮やかさを、「ほっこり」とは「ホッとひと息。ゆったりとくつろぐ」という意味が込められていると、嵐電のHPには、そう書いてありました。

構内では、癒されるようなメロディが流れていました。

Dsc_0390

この画像に見える看板にあるように、同駅を出てから、最初の予定では野宮神社で夏越祓(なつごしのはらえ)を受ける段取りだったのですが・・・。

この時の様子は、後日お伝えします。

Dsc_0393

まもなく、先ほどの電車が発車する時刻となりました。

ちなみに、嵐電ではHPを見て知ったのですが、同駅と四条大宮駅の列車の発車時刻を毎時0分にしているとのこと。

これは、観光客にも分かりやすいように・・・という、嵐電サイドの配慮でしょう・・・。

Dsc_0395

こちらが、同駅の駅舎です。

野宮神社から駅舎へ戻り、ソフトクリーム屋さんでソフトクリームを購入して食べてから、同駅を少し散策してみました。

Dsc_0404

この階段をのぼると・・・。

Dsc_0402

「キモノフォレスト」の解説パネルを見つけました。

Dsc_0403

このあと、ホームを見ると、往路で乗車した電車から、観光客が次々と降りて行きました。(つづく)

*****************************

昨日(23日)、整形外科で診察を受けました。

前回の診察で「装具を用意するのに必要な書類を持ってきてください」と、先生はおっしゃっていたので、今回その書類を持参しました。

先生は「装具を用意できるので、また後でもう一度来てください」と、おっしゃっていました。

先生が言われた時間に再び病院へ出向くと、業者の方が装具を準備して下さっていて、装着の手順なども聞きました。

まさかこんなに早く装具が装着できるとは・・・。
正直、驚きました。

web拍手 by FC2

« この日は「お楽しみ」がいっぱいでした♪ | トップページ | 嵐電&京都の地下鉄でお出かけしてきました♪(2) 「野宮神社参拝と、京都国立近代美術館へ」 »

嵐電(京福電気鉄道)」カテゴリの記事

お出かけ、散策」カテゴリの記事

景観」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。モモパパでございます。
嵐電。
いいですね~。
僕ももう一度乗りに行きたいです。
あの頃とは変わっちゃったようですけどなんか味があって。

装具。
早くも完成してましたか。
びっくりするぐらいの速さですね。
早く完治することを願っております。

モモのパパさんへ

こんにちは。

いつも、コメントありがとうございます。

嵐電に以前乗ったことがあるのですね。

今の嵐電は、その頃と比べ物にならないくらい変化していますよ。

装具ですが、前回の診察のあと、装具の業者さんから装具のサイズを決めるため、あらかじめ自分の腕や手の寸法を測っていたのです。

それで、今回の診察のあと、装具を装着することができたのです。

これを機会に早く完治したいと、心から願っております・・・。

ご無沙汰しています。
「キモノフォレスト」ですか・・・少し異様な感じもしますね。トーテムポールみたいです。

2年前に、嵐山へ行きましたがその頃とも変わっているのでしょうね。嵐電も広告塗装以外は、新塗装化が進んでいるのでしょうか?

利きゅうさんへ

こんばんは。

こちらこそ、ご無沙汰しています。

「キモノフォレスト」・・・。
直訳すると「着物の森」となります。

確かに「トーテムポール」に見えなくもないですね。

そこで、「キモノフォレスト」の模様の「友禅」について、ウィキペディアで調べてみました。

「友禅とは、布に模様を染め技法のひとつ。本来でんぷん質(米製)の防染材を用いる手書きの染色を友禅と呼ぶが、(中略)日本の最も代表的な染色法である」

・・・とのことです。

また、嵐電のHPの現在の嵐山駅の「キモノフォレスト(友禅の林)について、こう書かれていました。

「「友禅」を用いたポール約600本を林に見立て、駅空間の中に、柔らかで、かつはんなりとした美しい光に包まれた風景です。」

お分かりいただけたでしょうか?

嵐電の電車ですが、広告塗装やレトロ電車以外の電車の塗色は、「京紫(きょうむらさき)色」という塗色に変わっていますね。

あと、古い車両は線路上では、1両だけ(パト電)しか見なかったですよ。

こんばんは、京阪快急3000さん

嵐山駅、人が少ないですね・・・
良いときに行けたのでは、
こんな空いた嵐山見た事がありません~^^

さて、装具を付けると少しは手の動きが良くなりますか
私も、靴を脱ぐと、足のくるぶしに力が入らず
装具なしで、足を浮かすとブラッ~と
足の指が地面に向かっちゃってます。
なので、だるい感じがいつまでも残っていて
辛いときがありますが、京阪快急3000さんも
手が同じような感じかな~。
リハビリ頑張って、少しでもましになればいいですね。

みっかんさんへ

おはようございます。

いつも、コメントありがとうございます。

嵐山駅ですが、以前新聞記事で「訪れるなら、早朝か夕方以降がおすすめ」と書かれていたので、この日は、午前9時前に到着しましたよ。

また、乗車中に前方を見ると「パト電」や「レトロ電車」、早朝限定の「ヤマト運輸」のHMが掲出された列車ともすれ違いました。

装具を装着して、今日(26日)で4日経ちましたが、手の動きがだいぶ良くなりましたよ。

今後はリハビリを続けながら、回復するように頑張りたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この日は「お楽しみ」がいっぱいでした♪ | トップページ | 嵐電&京都の地下鉄でお出かけしてきました♪(2) 「野宮神社参拝と、京都国立近代美術館へ」 »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ