サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« シリーズ「過去の撮影記録から」(20)20年前に訪問した、JR阪和線和泉砂川駅付近などにて(2) | トップページ | 北急の新型車両9000形「POLESTAR II」のパンフレットです。 »

2014年5月15日 (木)

シリーズ「52年間ありがとう 交通科学博物館」(1)

大阪市港区のJR(当時は国鉄)大阪環状線の弁天町駅の高架下に設けられ、今年(2014年)の4月6日に閉館した交通科学博物館

52年間の間、鉄道ファンをはじめ、多くの方々に
乗り物への楽しみを提供してくれた場所・・・。

私自身も、子供の頃から幾度と足を運んだ場所でもありました。

そんな交通科学博物館(以下、同館)のお話が中途半端な状態で、途切れていたので、感謝の意味も込めて、お話の続きをさせていただきます。


*****************************

2012年5月26日に同館へ来館した時の模様です。

こちらの記事の続きになります。

このあと、私が見に行ったのがこちらでした。

Img_0707

言うまでもありませんが、当時の国鉄が技術の粋(すい)を結集し、2020年の開催が昨年決定した東京オリンピックの開会直前の1964(昭和39)年の10月1日に開業した東海道新幹線

世界に「SHINKANSEN」としてその名が通用し、その技術力を評価された記念すべき最初の新幹線用車両「0系」。

Img_0709

その0系の記念すべきトップナンバーの4両(21形、22形、35形、16形)が鉄道記念物として、展示されていました。
その解説のプレートが0系の左下にありました。

Img_0712

その下には、社団法人日本機械学会より機械遺産認定証を、2007年8月7日に授与されたという内容のプレートも見受けられました。

Img_0713

前述したプレートの右側には、「0キロメートル」のキロポスト(距離票)が線路の下に展示してありました。

Img_0714

全体的な構図は、ご覧のような感じです。

さて、画像右側に見えるのは・・・eye

Img_0705

いつ頃のものか、私は分かりませんが、当時の新幹線ホームで実際に使用されていたプラップ式(俗称:パタパタ式)の列車案内表示装置です。

余談になりますが、私が昨年2月に愛知県にあるリニア・鉄道館に来館した時にも、同じ類(たぐい)のものが展示されていました。

私はその時それを見て、そばにいた案内係の女性に「「今週の第○位」っていうのと、似ていますね」と言ったら、「ベストテン(黒柳徹子さんと久米宏さん(久米さんは、のちに他の方と交代)のお二人の進行で、1978年~1989年まで放送されていた、TBSの音楽番組)世代ですねhappy01というお話になった、今思うと面白い想い出話が脳裏に浮かびました(^^ゞ。

Img_0704

Img_0703

ではここで、展示されていた0系の車体の一部分を紹介します。

上は、博多寄り(下り向き)先頭車の21形。
下は、グリーン車の16形です。

画像のように16形は、乗降扉の周りが金色に縁どられ、グリーン車である証shineであったことをあらわしていました。

Img_0717

このあと見学したのがこちら。
JR西日本所有の700系ひかりレールスターの普通個室(コンパートメント)を再現したものです。

Img_0716

Img_0715

個室内の様子も写しておきました。
ちなみに私は、この列車に乗車したことはありません。(つづく)

*****************************

私の左手が、左腕の一部分のまひにより自由に動かなくなってから、1か月が経過しました。

整形外科の先生の診察や、リハビリに定期的に通っており、発症時より少しは動くようになりましたが、完治はしていません。

当面はやや不便な生活を強いられているのが、現状です・・・weep

web拍手 by FC2

« シリーズ「過去の撮影記録から」(20)20年前に訪問した、JR阪和線和泉砂川駅付近などにて(2) | トップページ | 北急の新型車両9000形「POLESTAR II」のパンフレットです。 »

交通科学博物館」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。モモパパです。
あれれ?
コメント書いてたら突然消えてしまいました。
重複してたらすいません。
交通科学博物館。
僕、一度行ったことがありますよ。
鉄道研究会のメンバーと一緒に行きました。
パタパタ式列車案内表示板。
懐かしいですね。
左手。
大丈夫でしょうか。
リハビリで早く治るといいですね。
僕、応援してますよ。

モモのパパさんへ

こんにちは。

いつも、コメントありがとうございます。

ご安心下さい。
コメントは重複していませんよ。

そうですか。
鉄道研究会のメンバーの方と行かれたことがあるのですね。

この「パタパタ式列車表示板」も、以前は至るところで見受けられましたが、現在は近鉄の一部の駅など、わずかしか見受けられません。

左手の件、ご心配してくださり、すみません。
今日(16日)、リハビリに行ってきましたよ。
あと2か月で治るように頑張りたいです。

初めまして朝比奈と申します。
交通科学館は大学のサークル時代に先輩に連れられて1回いきました。
東京に住んでいるのでそれっきり・・・。
閉館前に、もう1回行って見たかったなぁ。

朝比奈 ひなたさんへ

こちらこそ、初めまして。

コメント、ありがとうございます。

そうですか。大学時代に1度行かれたとのことで・・・。
今となっては、良き想い出になったのではないでしょうか・・・。

やはり東京からですと、遠いですからね。

閉館前ですが、私は2月の下旬と閉館日の2日前の4月4日に行ってきましたよ。

2月の時は、入館者がいつもよりあまりにも多いのにビックリしました。

最後となった4月の時は、平日の午後ながら、普段の土休日並みに入館者が多かったですよ。

また随時、アップして行きますので、よろしくお願い致しますm(__)m。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シリーズ「過去の撮影記録から」(20)20年前に訪問した、JR阪和線和泉砂川駅付近などにて(2) | トップページ | 北急の新型車両9000形「POLESTAR II」のパンフレットです。 »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ