サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

市営交通フェスティバルに参加しました。(3)

こちらの記事の続きになります。






保存車の3062号車を見たあと私は、検車庫内をひととおり見学しました。




いろいろ見ていて、しばらくしてこんなものを発見しました。





_dsc9497






な、なんと!!
地下鉄車両の表示幕がぶら下がって展示(?)されていたのですcoldsweats02!!






_dsc9505




その近くでは、このように表示幕を楽しめる実演(?)をしていました。







_dsc9520





このあと見たのが、こちら。
御堂筋線用の10A系(VVVFインバータ制御改造編成)に搭載されている主電動機です。


_dsc9519




こちらは、御堂筋線用30000系の主電動機です。
「31系と書かれていますが・・・」と近くにいた職員さんに尋ねてみると・・・。

「「1」というのは、御堂筋線が1号線で、新20系と同じ意味(御堂筋線用)ですよ。ちなみに谷町線用のものは「32系」(谷町線は2号線)と呼んでいます」
・・・とのことでした。






_dsc9528






その「新20系」も、デビューしてから20年以上が経過しました。

堺筋線、長堀鶴見緑地線、今里筋線、南港ポートタウン線(ニュートラム)を除く路線に配属されている新20系は、順次上の画像の四つ橋線用の23系のように、外観や内装などのリニューアル工事が進行しています。


現在の大阪市交の車両では最大世帯を誇るこの車両も、あと20年くらいは、使えるものと思われます。(つづく)

※おわび:この記事の続きを書こうと思ったのですが、誤ってこれ以降の画像データを消去してしまったので、今回はここまでとさせていただきます。

申し上げございませんm(__)m。

web拍手 by FC2

2014年1月26日 (日)

阪急京都線に新駅誕生「西山天王山駅」

今回は昨年12月21日に開業した、阪急京都線の新駅「西山天王山駅」にまつわるお話です。




この西山天王山駅(以下、同駅)は、阪急京都線(以下、同線)の大山崎-長岡天神間の駅間距離が長いことと、同駅の周辺の交通の便があまり良くなかった(?)ことにより、造られた駅です。





Img026









Img027





この2枚の画像は、同駅の開業記念の際に発行されたパンフレットです。
下のイメージ図のように、同駅は京都縦貫自動車道の下に交差するような感じで造られました。




私はまだ、この駅に訪れたことはないのですが、私のブログにリンクを張らせていただいているなかっちょさんが、先日訪問されました。


以下の記事から、その時の模様をリポートしています。
興味のある方は、ご覧下さいませ。



【阪急】西山天王山駅初乗降&桂川鉄橋初撮り(前編)



【阪急】西山天王山駅初乗降&桂川鉄橋初撮り(後編)

さて、私ですが阪急電鉄の鉄道ファン向けサイト「レールファン阪急」を見て先日、以下の関連品を阪急梅田駅の「ごあんないカウンター」で購入しました。

Img028



こちらは同駅の開業記念の入場券です。







Img029





こちらは、同駅開業記念のHMのミニチュアマグネットです。
この商品は販売枚数が少なかったので、事前に阪急電鉄交通ご案内センターに在庫数などを聞いておきました。



この商品ですが、その前に発売された「1000系デビュー記念」のものと同様、現在は完売となっています。



ここで、この時立ち寄った「ごあんないカウンター」(以下、この場所)での雑談をさせていただきます。


私がこの場所へ入ると、とある女性を見ました。
その女性と応対している職員さんの会話をしばらく聞いていると、その女性は英語で職員さんに何かを訊いていました


自分は自慢ではないですが、英訳はある程度までは出来るほうなのでcoldsweats01、その内容を以下にまとめてみます。


その内容は・・・。


女性:「この駅まで行きたいのですが、何時何分のどの列車に乗ればいいですか?」

職員さん:「あなたの目的地ですと、〇線の△時□分発のこの列車に乗ればいいですよ」


女性:「OK(分かりました)!」
だいたい、こういった内容でした。


あくまでも憶測ですが、この外人女性は、京都方面へ行きたかったようです。



「さすがは、国際的な観光地「京都」に路線を持つ阪急だな」と、私はその時そう思ったのでした。





Img030





前述の商品を購入してから、近くにあったパンフレット置場を見てみると、同駅のポケット版の観光ガイドが置いてあったので、これも持って帰りました。




話は変わりますが、同線にも新型車両「1300系」が、この春にデビューするという情報を入手しました。




その1300系と引き換えに、同線の最古参車両である2300系 に廃車が発生する公算が高いと私は見解しました。



来月以降に、同線の2300系を記録しておきたいと思っています。

web拍手 by FC2

2014年1月23日 (木)

シリーズ MY PHOTO 【13】リニア・鉄道館の展示車両(5) 165系(クモハ165形&サロ165形)

今回は、久しぶりにこのシリーズをお送りします。



昨年2月に訪問した、名古屋にある鉄道博物館「リニア・鉄道館」の展示車両。



今回取り上げるのは、いまや車両そのものが「過去形」、「風前のともしび」、「終焉(しゅうえん)」といった言葉が当てはまる、国鉄時代に製造さらた「急行形電車」





今年(2014年)に入って、「現役」の車両は、JR西日本の北陸本線(金沢以東)を走る、交直流用車両475系、455系)のみとなっています。


Dsc_7040_5969dsc_7040





Dsc_7049_5978dsc_7049







リニア・鉄道館に保存されている車両は、JR東海で2001年まで走っていた、直流急行形電車の165系(クモハ165-108および、グリーン車のサロ165-106)の2両です。



この2両は、館内の奥に、こういった状態で保存されているので、車内の見学はできません。



ここで雑話を。



先日、手持ちの鉄道月刊誌「鉄道ファン」「鉄道ピクトリアル」のバックナンバーに触れる機会ができました。




これらに目を通してみると、直流急行形電車は、1958(昭和33)年に登場した153系の「準急」(のちの「急行」)「東海」、「比叡」に始まり、1997(平成9)年の165系「赤倉」が廃止となる約38年間、その役割を担い続けたそうです(交友社刊「鉄道ファン」1998年12月号(No.452)の特集記事より)。



また、当時の「急行列車」は高級志向のある「特急列車」に対し、「大衆向け」の列車として、当時重宝されたそうです(「鉄道ピクトリアル」のバックナンバーより)。



自分の場合、それまでは「写真を見て何となく知っていた」程度だったのですが、この時からこれら「急行形電車」に興味と関心を抱くようになりました。
web拍手 by FC2

2014年1月21日 (火)

今日の日記【119】今日は私の誕生日♪

皆様、こんばんは。

今日(21日)は、私の誕生日です。



今年が30代(アラサー)最後の年となります。



こんな私ですが、今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(__)m。





Dsc_0085













誕生日のお祝いpresentは、自宅の近所のスイーツ店でケーキcakeを購入する予定でしたが、体調がすぐれなかったので、レシピ検索サイト「クックパッド」から探したレシピより、ホットケーキミックスを使った「パンケーキ」を自作してみました(^^ゞ。

web拍手 by FC2

2014年1月19日 (日)

惜別:京阪旧3000系テレビカー・・・。(3)「最後」の乗車記録

本来の予定では、昨日(18日)に行くことにしていた「大阪 光の饗宴」の模様の記事をお伝えすることにしていたのですが、自宅出発後にスマホで京阪のサイトの運行状況を見ると「門真市駅で人身事故が発生し、ダイヤが乱れております」という内容を見て、最寄り駅へ着く前に引き返したのでした。



「スマホさまさま」とは、まさに、このことですね(^^ゞ。



というわけで、今回は「お蔵入り」していたこの記事を書くことにしました。


*************************************************************



こちらの記事の続きになります。


今回は、今月(2013年3月)8日に京阪旧3000系特急車の「最後の乗車」の記録を書かせていただきます。

乗車した車両ですが、やはり、当時の京阪の車両部の方々の「技術の粋」をもって誕生した、ダブルデッカー車両(8831号車)に1階席に決めました。


そして乗車した列車ですが、淀屋橋駅9時40分発の特急出町柳行き(列車番号:B0908Z)でした。
この駅から、およそ55分間の乗車が始まります。



この日は平日だったので、淀屋橋駅からの乗客は、さほど多くなかったと記憶しております。



Dsc_9734_8968dsc_9734





1階席の様子です。
私は1人席に座りました。


乗車してしばらくすると、隣の2人席から英会話が聞こえ、少し驚きました。



それから、どの辺りかは忘れましたが、「地震が発生しました」というアナウンスも入りました。



そうこうしているうちに、終点出町柳に到着です。




Dsc_9735_8967dsc_9735





Dsc_9742_8950dsc_9742




Dsc_9743_8951dsc_9743





Dsc_9745_8953dsc_9745



下車する直前に、座った座席など、いろいろ写しておきました。





Dsc_9737_8965dsc_9737





この告知も今となっては、「想い出」となりました・・・。


Dsc_9748_8956dsc_9748


降車後、乗車した8831号車を眺めている方がいらっしゃいました。
折り返しで、淀屋橋行きとして発車するまでのわずかな時間、名残りを惜しむのか、記念撮影をされている方が多く見受けられました。




Dsc_9751_8959dsc_9751





現在の京阪の特急用車両である8000系は、リニューアルと並行して、塗色変更されましたが、この旧3000系だけは、最後まで半世紀以上受け継がれた「京阪特急色」とこの「時代祭のイラスト」をまとっていました。


現在この「京阪特急色」を見ることができるのは、男山ケーブル(八幡市-男山山上間)の車両のみとなっています(少し前までは、石山坂本線用の600形(603-604)にもこの塗装をまとっていました)。


そして、いよいよ発車時刻となり、旧3000系は出町柳駅をあとにしました。

私は思わず涙ぐみながら、手を振って見送ったのでした・・・。


そして、そのあとの特急(8000系)に乗車し、最寄り駅まで戻りました。


Dsc_9753_8949dsc_9753

現在のシートですが、この転換式クロスシートといい、車端部のロングシートといい、座り心地は本当に快適goodだと思います。


現在は、日中の特急運用に充てられている「コンフォート・サルーン」3000系も、シートを交換する作業を実施しているそうです。


余談ですが、この8000系の特急では、淀屋橋寄りの先頭車に乗車しました。
運転手さんの掛け声の「気合いの入れ方」が、今まで聞いたことがないくらい、ものすごかったと記憶しておりますcoldsweats02




※おまけ画像

Dsc_9794_8941dsc_97941nef






翌9日の夕方、「夕陽と旧3000系」というテーマで、寝屋川第6踏切付近で、撮影をしました(実際の仕上がりは暗かったので、補正しています)。

web拍手 by FC2

2014年1月16日 (木)

スマホで、京阪電車を撮ってみました。

以前もお伝えしましたが、先日機種変更に手にしたスマホ(シャープ製。2012年モデル)のカメラ機能で、動く電車がどう撮れるかを、買い物ついでに立ち寄った、寝屋川第6踏切で試してみました。


撮影日はいずれも、14日です。


Dsc_0070_2




この急行樟葉行きは、2600系0番台でした。
やはり、望遠機能がないので、大きめに写して、トリミングをしてみました。





Dsc_0071







この8000系の特急は、トリミングはしていません。
まあ、カメラを向ける位置にもよりますが、このような感じに写ります。


ちなみにこのスマホのカメラは、(写真の)サイズ、ホワイトバランス、手振れ補正やシーン設定など、いろいろな設定ができます。


交通科学博物館など、展示物を普通に撮る場合などなら、このスマホでまったく問題ないと、私はそう思いました。


あと、便利(というか、よく解らないcoldsweats01)なのは、共有先を選択(Picasaなど)できることでしょうか・・・?


web拍手 by FC2

2014年1月13日 (月)

昨日は、久しぶりに・・・。

昨日(12日)は、先日京阪の駅のパンフレットで見た「ひらかたパーク」(以下、「ひらパー」)において開催されていたイベント全国うまいもの市に行ってきました。



さて、そのイベントの会場ですが、ひらパーの入場口付近(ひらパーのイベントホールI)で、参加費は無料でした。

この日は、お天気sunも良く、特に家族連れが多かったです。

「全国うまいもの市」の会場の写真は、人混みの多さのの関係で写していないのです・・・coldsweats01

Dsc_0043_2





会場の入り口の写真は、どうにか撮れました(以下の写真は、すべてスマホのカメラによるものです)。





さて、出店したお店はたくさんありました。
購入した食べ物ですが・・・。



〇宮崎肉巻きおにぎり(うまみ堂)


〇ドーナツ、サーターアンダギーなど(沖縄キムジナー)・・・などです。


あと、購入はしていませんが、「富士宮やきそば」などのブースは見ただけでも楽しかったです。



さて、会場は前述の通り、人混みが多く疲れたので(汗)、おそらくリニューアル(1996年ごろ?)後、初めて訪れた「ひらパー」の正面の写真を撮りました。

Dsc_0047_2





Dsc_0049






Dsc_0052




このあと、京阪の枚方公園駅まで戻り、帰路に就きました。






自分は枚方公園駅のホームの写真は撮ったことがないので、せっかくなのでこれを機会にスマホのカメラのアプリを使い、撮影してみました。

Dsc_0054




ひらパーのキャラクターなど、20年以上前と比べると、この駅も大きく変わったと思います。




Dsc_0053_2




この2400系の準急には乗車せず、あとから来た普通に乗車しました。


ここで雑話をひとつ。


実は、私が生まれた住所が調べた結果、ひらパーのちょうど真向いであることが分かりました。


もう一つは、隣の枚方市駅が高架になる前(小学生の頃)に、母が私と私の弟を連れて、枚方市駅前に当時あった三越デパートで食事をしたり、屋上のゲームコーナーで遊んだ記憶があります。


それから、枚方公園-枚方市間が高架になる前のお話ですが、電車に乗っていると、ものすごく甲高い音が聞こえました。
これはあとで分かったのですが、勾配によるブレーキなどの音でした。


そして、最近ハマり始めたのが、「エキッシュ(ekiSh)」というサイトです。


このサイトは、GPS機能(リンク先はスマホ向けです)が付いた、携帯やスマホなどで、現在位置を送信し、その結果から同サイトでの特典(後述)を受けることができる駅が表示されます。

その駅で再度同サイトの「現在位置を送信ボタン」を押すことにより、その駅に近い場所で「チェックイン」というボタンを押すと、その駅のスタンプやバッジがもらえ、オプション的ですが、ポイントと「エキカ」という電子マネーで、その地域にちなんだグッズと交換できるという、なかなか面白いサイトなのです。


私も今月からスマホの歩数計のアプリと組み合わせ、4日に最寄り駅と隣の香里園駅、翌5日は光善寺駅のスタンプとバッジをゲットできたのでした。


この日、枚方公園駅のスタンプなどもゲットできました。



この時にこの駅で現在位置を送信すると、「枚方市駅」と「宮之阪駅」と2つ候補が出てきました。
この段階で、かなりスタンプが集めることができました。


今回は、スタンプ、バッジ、そして購入したグッズをそれぞれ1個づつ紹介します。

2014112




こちらが「駅スタンプ」というものです。
これは枚方公園駅のものです。




Photo



こちらは、駅バッジです。
これは、最寄り駅でゲットできたものです。




Photo_2



そしてこちらが、駅へチェックインすると「エキスク」というショップのようなページがあるのです。

ここで、手持ちのポイントや「エキカ」(事前にチャージが必要です)と交換して上の画像のようなグッズをゲットできるわけです。

これは、「ハローキティのたこ焼き屋さん(大阪の名物にちなんでいます)」というかわいらしいもので、数量限定だったので、迷まず購入しました。

ちなみに、登録時には渋谷駅の忠犬「ハチ公像」のグッズがもらえます。


では、ここで失敗談をcoldsweats01


この日、駅のホームやコンコースなど、スマホの電波が届かない場所では、エキッシュでない、別のサイトが勝手に表示され、パニックになりそうになりました・・・。

この点だけ注意すれば、エキッシュは結構楽しめるサイトだと、私は思っています。


web拍手 by FC2

2014年1月10日 (金)

市営交通フェスティバルに参加しました。(2)

こちらの記事の続きになります。






_dsc9574_2





この画像は、30系3062号車の後部です。
その左下に銘板があります。

このあと、車内へ入りました。




_dsc9577



何ともレトロな銘板です。
「近畿車輛 昭和42年」と記してあります。




_dsc9580_2



連結面側には消火器がcoldsweats02!!





_dsc9582




連結面側のもう一方です。
のちに設置された貫通引戸も見受けられます。
号車板、銘板、そして廃車当時の広告がそのまま残っていました。




_dsc9583_2



30系といえば、やはりこの通風装置(ファンデリア)ですね。
懐かしいです。




_dsc9584



上のファンデリアと共に使用されている換気口(?)です。
下の「ひらかた大菊人形」の広告も懐かしいですね。




_dsc9585



乗降扉です。
7000形時代に採用された原型のスケルトンドアは、老朽化のため1983(昭和58)年にこのハニカムドアに更新(交換)されました。




_dsc9589




当時は現在と異なり、つり革など、車内広告類も多かったです。
今乗っている車両の車内はかなり清潔感があるように思います。

さて、赤い矢印にご注目下さい。
何と荷棚がこの部分しかないのですcoldsweats02(他の扉間も同様)。
これが、7000形時代の名残りとも言えますね。



_dsc9604



座席です。


竣工当時はベンチのようなビニールシート(のちに登場した、堺筋線用60系も同様)で乗客から不評poutを買われ、1976(昭和51)年より、順次このタイプの座席に替わりました。


また、座席への暖房装置の取り付けや貫通路妻引戸の設置も1978(昭和53)年より行われました。

_dsc9618


この日は特別に(?)、地下鉄車両において、祝日に掲げられる国旗と大阪市の市章が入った旗が掲げれていました。




_dsc9621_2




運転台側の客室内の上部です。

そういえば、当時は英会話学校がたくさんあったように思います。
今は、老舗のECC(某有名人の広告が現在走っている車体に広告ステッカーが貼られています)を含め、2社ほどしかないのでは残っていないのではないのでしょうか?

ちなみに元7000形7001号車である、この3062号車は1993年10月20日付で廃車となりました。




しかし、この3062号車とアルミカーの3008号車は解体保留となり、3062号車はこの緑木検車場に、3008号車は森ノ宮にある森之宮車両管理事務所にそれぞれ保管される運びとなりました。



最後に乗務員室を見てみましょう。




_dsc9619





車内のガラス越しからですが、どうにか写せました。
やはり、当時のままでした。




_dsc9623





こちらは、車掌室側です。
ATC機器搭載のため、窓が小さくなっており、前面を見ると「ウインクをしているように見える」という話も聞いたことがあります。



これらを見学後、私はほかの展示物などを見学したのでした。(つづく)

web拍手 by FC2

2014年1月 7日 (火)

市営交通フェスティバルに参加しました。(1)

昨年の11月10日、私は大阪市交通局の緑木検車場において開催されたイベント「市営交通フェスティバル」に2年ぶりに参加しました。



_dsc9440




今回は「市営交通110周年」という節目の年でもあったため、会場は多くの方が来場されていました。

今回の見どころですが、やはり大阪市交のHPにも記載されている30系3062号車(元は7000形7001号車)の自力走行でしょう。





_dsc9453




すでに多くの人が集まっていたので、側面の運転台側がようやく写せました。

廃車当時の姿のまま、同車は現在までここで静態保存されていました。

乗降扉のステッカー(1998年頃まで)や、側窓の広告ステッカーも廃車当時のものなので、現在のものと異なっています。

_dsc9466




このあと、車両部の方でしょうか?
この3062号車について説明されていらっしゃいました。


その説明をまとめてみると・・・(少々、長くなりますが・・・coldsweats01)。


この3062号車は、1967(昭和42)年の谷町線(当時は2号線と呼ばれていた)の開業(東梅田-谷町四丁目間)にともない、7000形と8000形で2両1組というセミステンレス製の「ユニットカー」として登場しました。

そして、前述の7000形、8000形も1970(昭和45)年の万国博輸送のため30系(後述)に編入され、1号線に移りました。

その後、1970(昭和45)年の万国博開幕にともない、御堂筋線(当時は1号線)用に30系(アルミカー。現在は3008号車が森ノ宮車両工場にて、製造当時の姿に復元され保存)を導入し、当時同線に在籍していた旧型車(100形~1000形)を一掃しました。

その後、御堂筋線への10系の投入により、四つ橋線(当時は3号線)に移り、幾度かの改番をへて、3062号車となりました。



説明のあと、まず室内灯の点灯が行われました。

_dsc9467


自分も含め、周囲にいる方たちから歓声が聞こえました。



続いて、乗降扉の開閉です。




_dsc9475




_dsc9476





_dsc9477_2




この作業は、乗務員室にいる職員さんの操作で行われました。



そして、このあとお待ちかねの復活走行が行われました。


内容ですが、まず遅いスピードで前進と後進、続いて当時を再現したかのような、ホームから発車するスピードで、走行したのでした。


どちらも、大阪市交伝統のタイフォンが鳴り、「懐かしいなぁ~」と思いました。



これで、30系の「復活走行」は終了し、のちに車内の公開をしますとのことでした。


では、ここであらためて3062号車の前面を見ていきましょう。




_dsc9634_2




ご覧のように車内の見学は長蛇の列となっていました。



_dsc9628




3062号車の前面です。


車番プレートと、貫通扉のカラー(四つ橋線用のブルー)などを除くと、ほぼ原形です。


「試運転」の表示がまたレトロさを感じさせますね。



_dsc9631





前面左上を見てみましょう。


表示幕の左隣がステンレス板で塞がれている部分には、7000形時代に運行番号表示器があったのです。(つづく)


※2014.1.8 追記 今後の記事の更新は、個人的な都合により、3日に一度を目安とします。

web拍手 by FC2

2014年1月 4日 (土)

今年のお正月 2014

皆様、お正月はいかがお過ごしでしたか?



私ですが、元旦はおせち料理(購入したもの)や、自作したお雑煮を食べながら、久しぶりにのんびりと過ごしました。



3日は、昨年出来なかった大掃除のやり残した部分と、部屋の片付けをしました。


残る2日ですが、この日に初詣をしました。



最初は市内の神社に行く予定でしたが、昨年は自分にとって災難続きだったので、京阪の駅に置いてあるパンフレット(「新春到来、おけいはん」)や京阪のHPの同じ内容を見ながら、「京阪電車に乗って、京阪沿線のどこかにしよう」と決めたのでした。

「災難続き」というキーワードから、前述に京阪のHPの初詣のサイトで「ご利益別」というのがあったので、それを見てみると京阪電車だけで行けて、なおかつ降りた駅から近い場所を見つけました。



その場所は六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)というお寺です。



そのお寺のサイトで、場所や経路などを確認したところ、拝観時間が午前8時からとなっていたので、「拝観開始時間の頃に行けば、電車も空いているし、現地もそんなに混んでいないだろう」と推測し、京阪のHPで列車検索をした結果、最寄り駅7時20分発の急行出町柳行きに乗車すれば、そのお寺の最寄り駅である、京阪の清水五条駅に8時に到着するということが分かったので、その日は早めに起きて、簡単に朝食を済ませ、6時45分頃、自宅を出発しました。



最初は最寄りのバス停から京阪バスを利用することにしていましたが、この日は風も弱く、あまり寒くなかったので、軽い運動も兼ねて、徒歩で最寄り駅へ向かいました。
あと、昨年の暮れに機種変更というかたちで手に入れたスマホも持参しました。



話は変わりますが昨年、今年用のシステム手帳を購入し、その手帳に今までしていた「乗車記録のメモをとる」という作業(手持ちの手帳とは別に、別にメモ帳に記入していた)を、その手帳に記入できるスペースがあったので、とても助かりました。



さて、その乗車記録のメモをもとに、今年の初乗りは前述した「最寄り駅7時20分発の急行出町柳行き」で、車両は6000系(6003F)でした。



乗車中、持参したスマホや本などを読みながら、清水五条駅で下車しました。



実は、この清水五条駅で下車したのは初めてなのです。


お寺のサイトの地図によると、「清水五条駅から徒歩7分」とあったので、プリントアウトした地図を見ながら、六波羅蜜寺に到着です。


初詣も実は久しぶりでした。

S








これはスマホのカメラ(正確な画素数は1312万画素で、ISO感度やホワイトバランスなども設定出来るという、かなり使えそうなものです)で撮影したものです。


私がこのお寺に到着したのが8時20分頃でした。


境内はひっそりと穏やかな雰囲気でした。


まずお参りを済ませ、昨年初めて訪れた大阪天満宮にもあった「牛さんの像」があったので、先になでていた方に続いて、私も自分の身体の痛い部分にあたるところをなでたのでした。


さて、おみくじですが、このお寺では「開運推命おみくじ」といって、自分の生年月日から占うものでした。

受付でおみくじを受け取り、さっそく見てみると「本年は家庭内外共に平穏安泰であり、世話事、依頼事が多く集まる年です。(中略)また世話事や社会奉仕も心よくやらねばなりません」といった内容で、このおみくじの内容をまとめてみると「今年は良い年になるでしょう」といった感じでした。


内心、ホッとしましたconfident


お寺をあとにし、今度はこの日から開催されている、京阪百貨店(守口店)の行事「鉄道趣味の市」に行く事にしました。


実は出発前にとある占いで「残り物に福あり」とあったので、それらしきものを探してみると、この商品を見つけ、この商品だけ購入しました。




Simg031




ご覧のタイトルの本は、500円で販売されていました。
「昭和62年4月1日現在」「日本の鉄道 全駅一覧」ということは・・・。
旧国鉄が分割民営化され、現在のJRグループになった時点でのデータです。
帰路の車内(普通三条行き)でひととおり目を通しましたが、巻末の「駅名クイズ」は、ほとんど分かりませんでした…coldsweats01



さて、今年の京阪の「正月ダイヤ」で注目すべきポイントはやはり、正月3が日限定の「ノンストップ京阪特急「洛楽初詣」」でしょう。



この列車は、午前の便(出町柳行き)と午後の便(淀屋橋行き)がそれぞれ8本ずつ運転されるもので、遠方からの初詣参拝客のために、初めて設定された列車で、すべて8000系で運転されました。


つまり、今年は普通の「特急」に3000系と3扉の8連の車両を、「急行」には7連を含む、それ以外の車両が運用され、見ていても面白かったです。



私ですが、この日の午後もお天気が良かったので、午後の第1便(出町柳15時14分発)を撮影するため、自宅から近い「寝屋川第6踏切」に出向きました。


_dsc0319



その第1便は、15時49分に通過しました。



このあと、ふとひらめいたのですが「24年前(1990年)と同じ場所を撮影(定点撮影)してみてはどうか」と。



で、その踏切から歩いて数分の場所が、その場所なのです。




Ssimg001



これは以前、紹介しましたが、どうやら時間帯が朝方だったため、このように「逆光状態」となってしまったのでしょう。
当時の私は高1でした。
カメラも母の遺品のニコン製のかなり古い形のカメラでした。



それでは、現在このあたりはどうなっているのでしょうか?





_dsc0325




この背後にはパチンコ店の駐車場がありますが、まだお正月だったので、場所の確保はできました。




_dsc0334




その1本あとの特急は、3000系でした。
うまい具合に淀屋橋行きの急行(2400系)とすれ違う瞬間という構図になりました。


初めての「定点対比撮影」でしたが、「良い記録になるかな?」と自己満足しております。

web拍手 by FC2

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年 2014

_dsc8612




皆様、明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

この一年が良いお年になることを願っております。
                                    
         
                                 
2014年元旦 管理人より

web拍手 by FC2

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ