« 今日の午後、自宅近所を散策してみました。 | トップページ | ここ最近発売された、鉄道グッズを購入しました。 »

2013年12月 5日 (木)

「きんてつ鉄道まつり 2013」に参加しました(9)

こちらの記事の続きになります。



近鉄の名車たちを見たあと、今度は保線用車両などを見学しました。



_dsc9089




遠くからなので、説明板はよく見えなかったのですが、左側は「軌陸(きりく)車」です。
そういえば、この「軌陸車」は高安の会場でもありましたね。





_dsc9041




次に見たのがこちら。



_dsc9093







_dsc9043


マルチプルタイタンパーです。
近鉄では「つくつくほうし」という名前が付いています。





_dsc9100




私が来た頃が、ちょうど実演の時間でした。
子供達の注目の的のように見えました。


では、実演の様子をわずかですがご覧いただきます。




_dsc9106




線路の砂利(バラスト)を突き固める作業の実演です。
なお、先ほどの画像では、職員さんの説明のあと、この画像の上の部分に見えるカバーが閉じた状態で、実演をしていました。






_dsc9108





_dsc9109




こんな感じで向かって左から右へ移動して行きました。
自分自身、改めて関心しました。(つづく)

web拍手 by FC2

|

« 今日の午後、自宅近所を散策してみました。 | トップページ | ここ最近発売された、鉄道グッズを購入しました。 »

イベント」カテゴリの記事

近畿日本鉄道」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
こういう実演って、子供達に大人気ですよね。
大人は、細かいところ見ちゃいますけど。
日本の技術って、ほんと素晴らしいなと思います。
うちの近所の京急工場にも似たようなのとまってます。
動いてるところは見たこと無いんですけどね(^o^;

投稿: やんぼー | 2013年12月 6日 (金) 09:13

やんぼーさんへ

こんばんは。

いつも、コメントありがとうございます。

そうですね。子供って好奇心が旺盛なので、なおさらでしょうね。

おっしゃる通り、日本の技術は素晴らしいですね。

マルチプルタイタンパー(略称:マルタイ)は、京急のほか、ほとんどの鉄道会社の車庫で工事用の車両として普段は佇んでいますね。

投稿: 京阪快急3000 | 2013年12月 6日 (金) 19:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の午後、自宅近所を散策してみました。 | トップページ | ここ最近発売された、鉄道グッズを購入しました。 »