サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« 「きんてつ鉄道まつり 2013」に参加しました(7) | トップページ | 「きんてつ鉄道まつり 2013」に参加しました(8) »

2013年11月30日 (土)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」【1】「GMエコノミーキット「近鉄2410系制作記」(2) 

こちらの記事の続きになります。




張り切ってスタートしたこのシリーズでしたが・・・。

結局今回で、その続きとなってしまいました・・・(;´д`)トホホ…。


Simg003




なお、このキットの制作の手順やノウハウは、2000年に購入したこの本を参考とします。




また、工具や塗料、パーツ類は、すでに揃っているので(塗料による塗装は以前購入したエアブラシを使用します。塗料は、今年の4月に購入しました)、時間があれば、いつでも出来る状態ですが、ここ最近何かと忙しく、また塗装に関しては、天候がよく、できるだけ風がない日が最適なので、なかなか作業に移れないのが現状です・・・(汗)。



・・・というわけで、今回はHDDに保存しておいた画像をアップします。

Img_2733



これは、かなり以前に組み立ての段階までいった状態のキット(画像は部分的ですが、完成時はク2510形となります)です。

屋根の部分は誤ってヒビが入ってしまったのですが、瞬間接着剤(以下、瞬着)と自作のヤスリでどうにか修復できました。



Img_2736_2




最初に紹介した本を参考に、こういったヤスリを自作しました。
前述の修復作業では、これらのヤスリを活用しました。




さて、もう1両のパンタ付きの車両(モ2410形)ですが・・・。
これを始めから作らなくては、ならないのです・・・(ーー;)。

Img_2741




前述の本の手順の通り、まず車体の側面をこの画像のように仕上げます。





Img_2743




現在の2410系は、側面にも表示幕が設置されているので、種別標識灯(行燈(あんどん)式)のあった部分に瞬着を適量塗り、乾燥後、ヤスリで仕上げると、このような感じになります。


現在は、この段階で中断しています。
願わくば、早く完成させたいと思っています。(つづく)

web拍手 by FC2

« 「きんてつ鉄道まつり 2013」に参加しました(7) | トップページ | 「きんてつ鉄道まつり 2013」に参加しました(8) »

近畿日本鉄道」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
Nゲージを、実際に自分で作るんですねぇ。
楽しそうですが、難しそうですね。
私は息子とガンプラ作って遊んでますが、
塗装は面倒で、組み上げるだけになってます(^o^;

やんぼーさんへ

こんにちは。

いつも、コメントありがとうございます。

実は最初に画像として出した本を以前のブログサービスの記事で取り上げて、ネット(ブログ)で知り合った方がいるのです。

その方ですが、自分のレベルをはるかに超え、市販されている商品を実車に近づける加工をされている、いわゆる「模型鉄」と呼ばれるような方です。

さて、この組み立てですが、本当に時間さえあれば、のめり込めるのですが・・・。

おっしゃる通り、難しいですね。

息子さんとガンプラですか。
自分の弟も子供の頃は「ガンプラ」や「マクロス」にはまっていましたね。

かくいう当時の自分は、情景模型(大阪城など)から始まって、このNゲージにたどり着いたわけです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「きんてつ鉄道まつり 2013」に参加しました(7) | トップページ | 「きんてつ鉄道まつり 2013」に参加しました(8) »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ